タグ別アーカイブ: Lester young

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月25日)

June 26.2018

昨日は阪急百貨店で開催されていたSPレコードコンサートの最終日に行ってきました。

解説 西口 正博氏(京都HOT STEP代表)

会場にはM氏(神戸ジャズサロン主宰者)とF川氏(大阪ジャズ同好会で新譜紹介担当)が来られていました。F川氏からは「竹針カッター」についても教えて頂きました。

当日ご紹介された7曲を記載しました。又、ミルドレッド・ベイリーとビリー・ホリデイの歌唱をお楽しみ下さい。

(1)

Photo by Discogs

Benny Goodman & his Orchestra
“Let’s Dance”

(2)

Photo by YouTube

(2)Artie Shaw & his Orchestra
”Star Dust”

(3)

ミルドレッド・ベイリーと小編成のコンボ演奏をご紹介されました。

Here is Mildred Bailey And Her Swing Band play “ I’d rather listen to your eyes ”.
Mildred Bailey (vcl) acc by Chris Griffin (tp) Chu Berry (ts) Teddy Wilson (p) Red Norvo (xyl-1) Dick McDonough (g) Artie Bernstein (b) Eddie Dougherty (d)
New York, September 20, 1935

(4)

Photo by Wikipedia

Glenn Miller Orchestra
“Moonlight Serenade”

(5)

Photo by eBay

Anita O’Day with Gene Krupa And His Orchestra
“Side by side”

SPレコードコンサートの最後にビリー・ホリデイを3曲ご紹介されました。

(6)

Here is Billie Holiday sings “Loveless Love”.
Billie Holiday(vo),Bill Coleman(tp),Benny Carter(cl & as)
Georgie Auld(ts),Benny Morton(tb),Sonny White(p),
Ulysesses Livingstone(g),Wilson Myers(b); Yank Porter(ds)
15th, October 1940 Okeh 6064 (28875-1)

(7)

Here is Billie Holiday sings “Lover Come Back to Me”.
Billie Holiday(vo),Eddie Heywood(p),John Simmons(b),Sidney Catlett (ds9
Commodore 559B (A4755-2) 8, April 1944

(8)

Here is Billie Holiday sings “All of Me”.
Shad Collins(tp) Leslie Johnakins, Eddie Barefield(as) Lester Young(ts) Eddie Heywood(p) John Collins(g) Ted Strurgis(b) Kenny Clarke(d)
New York, March 21, 1941 Okeh 6214 (29990-1)

京都HOT STEPのFacebookから写真をお借りしました

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月23日)

June 23.2018

本日も阪急百貨店で開催されているSPレコードコンサートに行ってきました。今日は「カンサスシティ」で活躍したベニー・モーテン楽団から解説が始まりました。

後半2曲はレスター・ヤングとチャーリー・パーカーが主役です。更にカウント・ベイシーのボーカル(スキャット)も聞かせて頂きました。

以下、本日ご紹介された6曲を添付します。

(1)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Yazoo blues”.
Lammar Wright (cnt) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,as) Laforet Dent (as,bar) Woody Walder (cl,ts) Bennie Moten (p) Sam Tall (bj) [as Banjoe Joe (bj) ] Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, December 13, 1926

冒頭のバンジョーの音が印象的でした。

Yazoo blues

(2)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Pass out lightly”.
Ed Lewis, Paul Webster (cnt) Thamon Hayes (tb,vcl) Harlan Leonard (cl,as,sop) Jack Washington (cl,as,bar) Woody Walder (cl,ts) Laforet Dent (as,ts,vcl) Bennie Moten (p,ldr) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d) Chicago, June 12, 1927

Pass out lightly

Andy Kirk And His Orchestra pose for a studio group portrait, with Pha Terrell and Mary Lou Williams sitting at the piano, in 1940 in the United States. (Photo by Gilles Petard/Redferns)

(3)
Here is Mary Lou Williams And Her Kansas City Seven play “Baby Dear”.
Harold “Shorty” Baker (tp) Ted Donnelly (tb) Edward Inge (cl) Dick Wilson (ts) Mary Lou Williams (p) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) New York, November 18, 1940

メアリー・ルー・ウィリアムについては「セサミストリート」に出演していた事も解説されました。

 

Bennie Moten’s Kansas City Orchestra with Bennie Moten (right右), vocalist Jimmy Rushing (center), and Count Basie ( left左) 1931
Courtesy of the Frank Driggs Collection

(4)
Here is Bennie Moten’s Kansas City Orchestra play “Somebody stole my gal”.
Ed Lewis, Hot Lips Page, Booker Washington (tp) Eddie Durham (v-tb,g) Thamon Hayes (tb) Harlan Leonard (cl,sop,as) Woody Walder (cl,ts) Jack Washington (cl,as,bar) Count Basie (p) Ira “Buster” Moten (p,accor) Leroy “Buster” Berry (bj) Vernon Page (tu) Willie McWashington (d,vib) Jimmy Rushing (vcl) Bennie Moten (dir)
Lincoln Hall, Kansas City, October 31, 1930

曲の後半(1:57過ぎ)から聞こえるベイシーのボーカル(スキャット)は珍しいです。
Somebody stole my gal

 

Photo by Discogs

 

(5)
Here is Count Basie’s Kansas City Seven play “Dickie’s dream”.
Buck Clayton (tp) Dicky Wells (tb) Lester Young (ts) Count Basie (p) Freddie Green (g) Walter Page (b) Jo Jones (d)
New York, September 5, 1939

 

Photo above of Charlie Parker as a member of the Jay McShann Orchestra(1938) by courtesy of Pinterst

(6)
Here is Jay McShann And His Orchestra play “Hootie blues”.
Harold Bruce, Buddy Anderson, Orville Minor (tp) Taswell Baird (tb) John Jackson (as) Charlie Parker (as,arr) Harold Ferguson, Bob Mabane (ts) Jay McShann (p) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Walter Brown (vcl) William J. Scott (arr)
Dallas, Texas, April 30, 1941

『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』

April 30.2018

Photo by Pinterst

大阪ジャズ同好会例会2016年10月例会
特集「『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』解説  寺本泰規氏(同好会世話人)

はじめに 今月の特集は皆さんにとってあまりなじみがないと思われる人を取り上げました。テナーサックスの父と呼ば るコールマン・ホーキンスに比べて1941年に31才で事故死したためレコーディングもそれほど多くはなく、リ ーダー録音は2つしかありません。録音の多くはビッグバンドやコンボのサイドメンとしてのものでしたが、数々の印象的なソロを演奏して当時のジャズファンをうならせただけではなく、現在においても熱心なファンの間 で語り継がれています。
さて彼の生涯については資料としてプリントしてありますのでそちらを見ていただくことにして、早速その演 奏を聴いていただくことにしましょう。彼の演奏の特徴はホーキンスやべンのようにヴィブラートやアクセント をあまり効かせず、スムーズなフレーズを止めどなく聴かせることにあります。

それではまず最初に最も初期の演奏としてスパイク・ヒューズ楽団での演奏を聴いてみましょう。ソロはディ ッキー・ウェルズ、ベニー・カーター、チュー・ベリー、ホーキンス、ベニー・カーター、ヘンリー・レッド・ アレンです。
1.「Music at Midnight」(May 18,1933)(2:43)
SPIKE HUGHES AND HIS ALL AMERICAN ORCHESTRA
Henry Red Allen, Leonard Davis, Bill Dillard(tp) Dicky Well, Wilbur De Paris, George Washington(tb) Benny Carter(as, cl) Wayman Carver(as,fl) Howard Johnson(as) Coleman Hawkins, Chu Berry(ts) Luis Russell(p) Lawrence Lucie(g) Ernest Hill(b) Sidney Catlett(ds) Spike Hughes(dir,arr)

 

ホーキンスとの違いがおわかりになったでしょうか?よく似てはいますが、彼の独自性が感じられる演奏だと思 います。次にブルースの女王ベッシー・スミスの伴奏者としてのソロを聴いていただきましょう。彼は結構ヴォ ーカルの伴奏者としてレコーディングがあり、このセッションはその最も初期のものです。
2.「Do Your Duty」(NYC, Nov 24,1933)(3:31)
BESSIE SMITH – ORCHESTRA ACC. BY BUCK AND HIS BAND
Frankie Newton(tp) Jack Teagarden(tb) poss.Benny Goodman(cl) Chu Berry(ts) Buck Washington(p) Bobby Johnson(g) Billy Taylor(b) Bessie Smith(vcl)

 

次の演奏は臨時編成された白黒混合バンドで、スイング時代の名手達が顔をそろえた演奏としても有名です。 特にベリガンの参加は貴重です。
3.「Blues In E Flat」(Jan 25,1935)(3:03)
RED NORVO AND HIS SWING OCTET
Bunny Berigan(tp) Jack Jenny(tb) Jphnny lince(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) George Van Eps(g) Artie Bernstein(b) Gene Krupa(ds) Red Norvo(xyl)

 

次はピアニストでもあり歌手でもあるPUTNEY DANDRIDGEとの共演です。ここでのソロはくつろぎに満ちたもの となっています。
4.「Chasing Shadows」(NYC, June 25,1935)(2:40)
PUTNEY DANDRIDGE AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp) Chu Berry(ts) Putney Dandridge(p-2, vcl) Harry Grey(p-1) Nappy Lamare(a) Artie Bernstein(b) Bill Beason(ds)

 

1935年暮れにフレッチャー・ヘンダーソン楽団に入団した彼は30曲あまり吹き込みますが、その中からべニー ・グッドマンの演奏でも有名な「Stealin’ Apples」です。
5.「Stealin’ Apples」(Chicago, lar 27,1936)(2:58)
FLETCHER HENDERSON AND HIS ORCHESTRA
Dick Vance(tp,arr) Joe Thomas, Roy Eldridge(tp) Fernando Arbello, Ed Cuffee(tb),Chu Berry(ts) Buster Balley(cl,as) Scoops Carey(as) Elmer Fletcher Henderson(p-1, arr) Horace Henderson(p-2,arr) Bob Lessey(g)John Kirby(b) Sid Catlett(ds)

Roy Eldridge and Chu Berry – September 1935 by coutesey of Christopher Swing & Beyond

名演「Bluet In C Sharp Minor」と同じ日に録音された、日本でもおなじみの「メリーさんの羊」を聴いてください。唄はロイ・エルドリッジです。
6,「Mary Had A Little Lamb」(Chicago.May 14,1936)(2:57)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp,vcl) Buster Bailey(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Bob Lessey(g) Israel Crosby(b) Sid Catlett(ds)

 

1938年1月6日に録音されたビリー・ホリディのセッションではテナーがレスターヤングでしたが、それに先立 つ3週間前にテディ・ウィルソン以外異なるメンバーでこの曲が吹き込まれましたが、長い間未発表でした。レス ターのものと比較して聴いてみるのもおもしろいと思います。
7.「When You’re Smiling」(NYC, Dec 17,1937) (2:58)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Hot Lips Page(tp) Pee Mee Russell(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) unknown(b)unknown(ds)

 

今度のセッションはチュー・べリーだけではなく、ミルドレッド・べイリーの決定的名唱としても知られるもの です。別テイクも聴いてみると、ソロの出来はオリジナルテイクに分があるように思います。チュー・ペリーだけ ではなく、ハンク・ダミコや特にデーブ・タフのドラミングにも注目して欲しいと思います。
8.「Lover Come Back To Me」(NYC, Jan 10,1938)(3:18)
MILDRED BAILEY AND HER ORCHESTRA
Jimmy Blake(tp) Hank D’Amico(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) Pete Peterson(b) Dave Tough(ds) Mildred Bailey(vcl) Eddie Sauter(arr)

「Lover Come Back To Me」別テイク

Photo by mibandamemata

次の演奏はラジオ放送を収めたもので、司会者がソロイストを次々と紹介しながら演奏が続いていくところな どは正に臨場感あふれるものとなっています。
9.「Someday Sweetheart」(NYC, Jan 20,1939)(4:45)
Harry James, Charlie Teagarden(tp) Jack Teagarden(tb,vcl) Joe Marsala(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) John Kirby(b) George Wettling(ds)(Broadcast from the Hickory House)

 

Photo courtesy by Visual discography of Billie Holiday

彼はビリー・ホリディと何回かセッションを共にしていますが、この演奏はその一つです。レ スター・ヤングとの共演はあまりにも有名ですが、今となってはこのセッションも貴重というべきでしょう。
10.「That’s All Ask Of You」(Jan 20,1939) (2:59)
BILLIE HOLIDAY AND HER ORCHESTRA
Charlie Shavers(tp) Tyree Glenn(tb) Chu Berry(ts) Sonny White(p) AI Casey(g) Johnny Williams(b) Cozy Cole(ds) Bille Holiday(vcl)

 

彼は生涯に一度だけカウント・ベイシー楽団と共演していますが、その演奏が次の曲です。レスター・ヤング と共演した唯一の演奏です。レスターとの違いを味わってください。いつもの豪快さは影を潜め、おとなしめのソロとなっています。
11.「Oh Lady Be Good」(Feb 4,1939)(3:09)
COUNT BASIE AND HIS ORCHESTRA
Ed Lewis, Shad Collins(tp) Buck Clayton(tp, arr) Harry Edison(tp) Bennie Morton, Dicky Wells. Dan Minor(tb) Earle Warren(as) Lester Young, Chu Berry(ts) Jack Washington(as, bari) Count Basie(p) Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(ds)

 

スイング時代 には三つの代表的なセッションがありました。ライオネンル・ハンプトンをリーダーとするビクター・セッショ ンとミルドレッド・ベイリーをリーダーとしたコロンビアのセッション、最後はテディ・ウィルソンをリーダーとするブランズウィック・セッション(ビリーホリディ名義のものを含む)です。この演奏はハ ンプトンのセッションの一つで、曲の最初から最後までブロウし続けるチュー・ベリーのソロは正に聞き物です。
12.「Sweethearts On Parade」(NYC, Apr 5,1939)(3:02)
LIONEL HAMPTON AND HIS ORCHESTRA
Chu Berry(ts) Lional Hampton(vib, vcl) Clyde Hart(p) Allan Ruess(g) Milt Hinton(b)Cozy Cole(ds)

 

キャブ・キャロウェイ楽団におけるバラードの名演といえば真っ先に上げられるのが次の演奏でしょう。情感 にあふれた彼のバラードプレイは聴く者の胸を打ちます。
13.「A Ghost Of A Chance」(Chicago,June 27,1940)(2:56)
CAB CALLOWAY AND HIS ORCHESTRA
Mario Bauza, Dizzy Gillespie, Lammer “right(tp) Tyree Glenn(tb,vib) Quentin Jackson, Key Johnson(tb) Chu Berry, Walter Thomas(ts) Benny Payne(p) Danny Barker(g) Milt Hinton(b) Cozy Cole(ds) Cab Calloway(vcl) Benny Carter, Andy Gibson, Edgar Battle, Don Redman(arr)

Photo by Discogs

 

2回目(最後)の彼のリーダー・セッションからジャズのスタンダードである「明るい表通りで」を演奏します。 ジョニー・ホッジスを始めとした数々の名演と比べても、決して見劣りすることがないプレイだと思うのですが 皆さんはどう感じられましたでしょうか。
14.「On The Sunnyside Of The Street」(NYC, Aug 28,1941)(3:56)
CHU BERRY AND HIS JAZZ ENSEMBLE
Hot Lips Page(tp) Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) AI Casey(g) AL Morgan(b) Harry Yaeger(ds)

 

さて彼の演奏は如何だったでしょうか。有名なビッグバンドに在籍中の演奏はかなり残っているのですが、そ の他の演奏はリーダーセッションが2回しかないのと、コンボでの演奏が細切れに散在しているため、彼の演奏 を聴くには多大な努力が必要です。そのためコールマン・ホーキンスやベン・ウェブスターに比べ過小評価される のはやむを得ないと思いますが、その演奏をつぶさに聴くと彼の演奏の素晴らしさがわかっていただけると信じ ています。今回の特集がチュー・ベリーに対する皆さんの再評価につながれば良いなあと思います。

The early recordings by Dexter Gordon(2)

September 6.2017

Photo by courtesy of Pinterest

Today I carefully listened to his first leader recordings.

I think that his playing style at that time was strongly influenced by Lester Young.

I found an interesting interview about his influence.

I quoted his interview by Down Beat magazine.

“Lester … played very melodic.

Everything he played you could sing.

「…」

That kind of musical philosophy is what I try to do.”

Portrait of Thelonious Monk, Howard McGhee, Roy Eldridge, and Teddy Hill, Minton’s Playhouse, New York, N.Y., ca. Sept. 1947] | Library of Congress

When Dexter Gordon visited to New York City with the Hampton band, he sat in at

Minton’s Playhouse with Ben Webster and Lester Young.

This was to be one of the most important moments in his long musical career.

I listened to his performance ”Sweet Lorraine” again.

I guess that he was pleased to play with Harry Edison and Nat King Cole.

今日、Dexter Gordonの初のリーダー作品(4曲)を丁寧に聴きました。

当時の演奏スタイルは Lester Youngの影響を強く受けていたようです。

Lester Youngについて興味深いインタビュー記事がありました。

以下ダウンビート誌のインタビュー記事を引用しました。

「Lesterの旋律は新鮮でした。歌っているように演奏している。
(中略)
私は何としてもLesterのような演奏をしたかった。」

1943年、 Dexter Gordon がHampton楽団の一員としてニューヨークにきた時、Minton’s PlayhouseでBen Webster and Lester Youngと並んで座り共演しました。

この時の音楽経験は彼の楽歴の中で最重要な出来事でありました。

4曲の内「Sweet Lorraine」をもう一度聞き直しました。

Harry Edison and Nat King Coleと共演できLester Youngになった気分だったでしょう。

Here is Dexter Gordon Quintet plays “I Blowed and Gone”.
Harry Edison (tp),Dexter Gordon (ts),Nat King Cole (p),possibly Red Callender or Johnny Miller (b), Juicy Owens (ds) Los Angeles, CA, late 1943 or circa July, 1944

Here is Dexter Gordon Quintet plays “Rosetta”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Dexter Gordon Quintet plays “Sweet Lorraine”.
Members of the recording are the same as above.

Coleman Hawkins at Aladdin label

July 5.2017

Photo above by courtesy of 45 worlds

Last week I posted about Lester Young’s recordings on Philo label.

Also I mentioned about Coleman Hawkins.

Today I would like to post about Coleman Hawkins’ recordings in Aladdin label.

Coleman Hawkins made smooth transitions into bebop and cool jazz in the 40’s.

He always had a keen ear for new talent and styles.

Photo by courtesy of New York Neon:Postcards

So he led a combo at Kelly’s Stables on Manhattan’s 52nd Street and had been the first ever bebop recording session in 1944 with Dizzy Gillespie, Oscar Pettiford and Max Roach.

Although my writing will turn off from main theme,there is an interesting stoty.

He was the only leader to hire Thelonious Monk for a session at Kelly’s Stables.

Thelonious Monk’s first known recording was made in 1944 with Coleman Hawkins.

Photo by Wikipedia

Returning to main theme,in those days the name of Philo label was changed to Aladdin.

He had recorded in Aladdin label in June 1947.

Interestingly Miles Davis joined this recordings in New York.

This recordings clearly reflected Hawk’s commitment to the new sounds.

Coleman Hawkins and Miles Davis, Three Deuces, New York, 1947, by William P. Gottlieb

先週、Lester YoungによるPhiloレコードへの録音について投稿しました。
そして、Coleman Hawkinsによる名演「Body and Soul」についても書かせて頂きました。後年Coleman HawkinsもAladdin(旧社名Philo)レーベルに録音しており、今日はColeman HawkinsによるAladdinレーベルへの録音について投稿したいと思います。
1940年代になってColeman Hawkinsは「ビバップジャズ」に抵抗なく自らを移行して行きました。彼は常に新しい才能と演奏スタイルを見抜く鋭い感覚を持っていたようです。
彼はマンハッタン52番街にあった「Kelly’s Stables」でグループを率い、1944年には Dizzy Gillespie, Oscar Pettiford,Max Roach達とビバップジャズの録音もしています。
本日のテーマから以下の話は少し逸れますがご容赦下さい。
Hawkinsは「Kelly’s Stables」で行われるセッションのためにThelonious Monkを雇いました。(彼以外Monkを雇ったリーダーはいません)
又、Thelonious Monkの処女録音はColeman Hawkinsのメンバーとして制作されました。(1944年)
話は戻りますが1947年6月Coleman HawkinsはAladdinに録音しました。
参加したメンバーでMiles Davisの名前があるのは興味深いです。
Miles Davisはニューヨークでこの録音に参加していました。
その当時のColeman Hawkinsが如何に新しいサウンドに興味を持ち、自分に積極的に取り入れようとしているかが「この日録音された4曲」を聞くことによって解るような気がします。

Coleman Hawkins All Stars four tunes on Aladdin label.
Miles Davis (tp); Kai Winding (tb); Howard Johnson (as); Hank Jones (p);
Curley Russell (b); Max Roach (d)
New York, June 1947

Here is Coleman Hawkins All Stars plays “Bean-A Re-Bop”.

Here is Coleman Hawkins All Stars play “The Way You Look Tonight”.

Here is Coleman Hawkins All Stars plays “Isn’t It Romantic”.

Here is Coleman Hawkins All Stars plays “Phantomesque”.

Lester Young at Philo label(4)

July 3.2017

I was listening to Philo’s recordings with my collection,which is “Nat King Cole meets the Master Saxes” by Spotlite Records.

Spotlite Records is a British jazz record company and label.

It was founded in 1968 by producer Tony Williams, originally as an outlet for Charlie Parker’s Dial recordings.

Also I have an interesting material for this recording.

It is “jazz solography series” by Jan Evensmo.

Please see below my images.



私は下記のレコードでLester Youngの名演を聞いています。
「Nat King Cole meets the Master Saxes」
このレコードはイギリスの Spotlite Recordsから発売されました。
この会社はジャズ研究家のTony WilliamsがCharlie ParkerのDial録音(完全版)を発売するために1968年に創業された会社です。
又、私が持っている面白い資料も紹介させて下さい。
ノルウエー在住のJan Evensmoによる「jazz solography series〜Lester Young(1936-1942)” 」というDiscographyです。
この資料を読みながらLester Youngのソロ演奏を聞くのが楽しいです。
下記の写真をご覧ください。

Here is Lester Young plays “Indiana” and “I Can’t Get Started”.
Lester Young (ts), Nat Cole (p), Red Callender (b) July 15, 1942

Lester Young at Philo label(3)

July 1.2017

lesteryoung

Photo by courtesy of Pinterest

Yesterday I introduced  ”Body and Soul ” by Lester Young.

Today I would like to consider about ”Body and Soul” by two tenor saxophonists.

Coleman Hawkins recorded the most historic version on October 11, in 1939.

lllwil-img600x600-1497161444tnbr9h17259

Photo by 45worlds

The influence of this recording on saxophonists after its release was immense.

This tune became a benchmark for tenor saxophonists.

Lester Young also recorded this with Nat Cole and Red Callender on Philo label.

I am glad that he recorded this tune before joining the army.

I guess Norman Granz choised ”Body and Soul ”on recordings.

R-9201087-1476553669-8466.jpeg

Photo by Discogs

Pleaese let to compare with Lester’s performance and  Coleman Hawkins’ masterpiece.

There was the endless controversy over the comparative merits of the tenor saxophone playing of Coleman Hawkins and Lester Young.

Coleman Hawkins had been called “The Father of the Tenor Saxophone” and was the first to establish the tenor sax as a jazz instrument.

On the other hand Lester Young  played with a relaxed, cool tone and used sophisticated harmonies.

His playing style influenced Charlie Parker and became the origin of modern jazz style.”

1100156

昨日、Philoに4曲録音された内の「Body and Soul」を紹介致しました。
今日は本題から離れますが御容赦下さい。
2人のテナーサックス奏者による「Body and Soul」について比較したいと思います。
1939年10月11日、Coleman Hawkins は歴史に残る傑作を録音しました。
このレコードが発売された後 、サックス奏者への影響はかなり大きかったそうです。
そして、この曲はテナーサックス奏者にとっていわゆる「ベンチマーク」のような存在になりました。
Lester Young もNat ColeとRed Callenderと共にこの曲に取り組みました。
私はLester Youngが入隊する前にこの曲を録音したことを嬉しく思います。
Norman Granz が「Body and Soul」を選曲したのではないかと推測します。
Lester YoungとColeman Hawkins の「Body and Soul」を比較してみましょう。
2人のテナーの巨匠が演じた「Body and Soul」の優劣について多くの論争があったそうです。
Coleman Hawkinsは「テナーサクソフォンの父​​」と呼ばれ、テナーサックスをジャズにおいて重要な楽器として確立しました。
一方、Lester Youngはリラックスしたクールな音色で演奏し、洗練されたハーモニーを展開しました。彼の演奏スタイルはCharlie Parkerに影響を与え、モダンジャズの起源となったと言われています。

Here is Coleman Hawkins plays “Body and Soul” .

Here is Lester Young plays “Body and Soul”.