タグ別アーカイブ: Louis Armstrong

Gordon Jenkins on Decca Records

September 14,2018

Photo of Gordon Jenkins

 

最近ネットラジオで「Dick Haymes: Sinatra’s Shadow」という放送を聴きました。この番組ではゴードン・ジェンキンス(Gordon Jenkins)についても語られていました。

上記ラジオ放送は  こちら 

Gordon Jenkinsはキャピタル時代のフランク・シナトラとの共演盤が有名ですが、デッカ時代にも有名歌手と多くの名曲を録音しています。

今回、デッカレコード専属時代のGordon Jenkinsが関わった録音からブログを作成しました。

最後に添付したThe Weavers(ピート・シーガーが参加)については門外漢でありますので余計なコメントは記載しておりません。

尚、Gordon Jenkinsについては1年前の拙ブログ(4回連載)も併せてご覧頂ければ嬉しいです。

1. https://wp.me/p6X2wH-3DJ

2. https://wp.me/p6X2wH-3Ex

3. https://wp.me/p6X2wH-3EM

4. https://wp.me/p6X2wH-3Fv

Photo above of Woody Herman by Wikipedia

Isham Jonesは歌手としてWoody Hermanを採用しました。
Here is Isham Jones Orchestra and Woody Herman sing “There is no greater love”.
Clarence Willard, Chelsea Qualey (tp) Wendell deLory, Russ Jenner (tb) Joe Bishop (tu,arr) Tommy Macey, Don Watt (cl,as) Woody Herman (cl,as,bar,vcl) Vic Hauprich, Saxie Mansfield (ts) Howard Smith (p,arr) George Wartner (g) Eddie Stone (vln,vcl,arr) Vince Allotta (vln) Nick Hupfer (vln,arr) Walt Yoder (b) Walter Lageson (d), Gordon Jenkins (arr) Isham Jones (dir) New York, February 3, 1936

 

下記の曲は大ヒットしました。シナトラの好敵手です。
Here is Dick Haymes (with Gordon Jenkins Orchestra) sings “Little White Lies”.
New York 1948

Peggy Leeのデッカ盤ではなくElla Fitzgerald による“Black coffee”です。
Here is Ella Fitzgerald sings (with Gordon Jenkins Orchestra) “Black coffee”.
Ella Fitzgerald (vcl) with Gordon Jenkins Orchestra, Gordon Jenkins (cond) New York, April 28, 1949

 

コロンビア盤のRay Ellis(楽団)の編曲と比べて下さい。
Here is Billie Holiday (with Gordon Jenkins And His Orchestra) sings “You’re my thrill”.
Bobby Hackett (tp) Milt Yaner (cl,as) John Fulton (fl,cl,ts) Bernie Leighton (p) Tony Mottola (g) Jack Lesberg (b) Bunny Shawker (d) + five strings Billie Holiday (vcl) Gordon Jenkins (cond) New York, October 19, 1949

 

ディスコグラフィーを読んで二人の組み合わせを初めて知りました。
Here is Hoagy Carmichael (with Gordon Jenkins And His Orchestra And Chorus) sings “Sacramento.
Hoagy Carmichael (vcl) acc by orchestra and chorus, Gordon Jenkins (dir)
Los Angeles, March 1, 1951

 

当時の看板スターはサッチモです。
Here is Louis Armstrong (with with studio orchestra and Gordon Jenkins(cond) )sings “Jeannine, I Dream Of Lilac Time”.
U.S. Royal Showcase: (Tv Show): NBC tv studio, New York City, June 8, 1952

 

この歌手を出さないと叱られます。
Here is Peggy Lee (with Gordon Jenkins (cond) sings “Sans souci”.
Los Angeles, July 31, 1952

 

下記文章は「Songwriters Hall of Fame」から引用しました。 HPは こちら

In 1938, he moved to California, where he worked for Paramount Pictures. In 1939 he became music director for NBC’s Hollywood based west coast division. From 1944 to 1948, he worked on Dick Haymes’ radio show. In 1945, he became a staff conductor for Decca Records. Jenkins soon became Decca’s musical director, and was responsible for bringing The Weavers (a group that included Pete Seeger among its members) to Decca.

Here is The Weavers (with Gordon Jenkins Orchestra) sing “Goodnight, Irene”.

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月22日)

June 22.2018

本日も阪急百貨店で開催されているSPレコードコンサートに行ってきました。今日はシカゴで活躍したジャズメンの録音を7曲聞きました。

最初の曲から私の大好きなクラリネットを聞くことができ楽しかったです。

ブログではSP愛好家の瀬谷徹氏がYouTubeにアップされている4曲を添付させて頂きました。

明日は「カンサスシティ」で活躍したベニー・モーテン楽団をご紹介されることを楽しみにしております。

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

(1)
Here is Johnny Dodds and New Orleans Wanderers play “Perdido Street Blues”.
George Mitchell(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj) Chicago, July 13, 1926
この曲におけるJohnny Doddsのイントロは個人的に大好きです。モダンジャズのファンの方にもお薦めします。

(2)
Here is Jimmie Noone’s Apex Club Orchestra play “Every Evening”.
Jimmie Noone(cl),Joe Poston (as),Earl Hines(p),Buddy Scott (banjo),Johnny Wells (ds) May 1928.

ニューオーリンズ出身のジャズメンとシカゴ生まれの若き白人ジャズメンの共演を2曲ご紹介されました。

(3)
Here is Elmer Schoebel and his Friars Society Orchestra play “Copenhagen”.
Dick Feige(cnt) Jack Reid(tb) Frank Teschmacher(cl) Floyd Townes(ts) Elmer Schoebel(p) Karl Berger(g) John Kuhn(tu) George Wettling(d) Chicago, October 18, 1929

個人的にはギターの音(曲の途中にブレイクとして短く挿入)が新鮮に聞こえました。

Photo above of Wingy Manone by courtesy of alchetron.com

(4)
Here is Benny Goodman and his Boys play “Muskrat Ramble”.

ベニー・グッドマンが20歳での録音です。個人的な与太話で恐縮ですがWingy Manoneの写真を見ると「丹下左膳」を思い出します。

Wingy Manone (tp) Benny Goodman (cl) Bud Freeman (ts) Joe Sullivan (p) Herman Foster (bj) Harry Goodman (b) Bob Conselman (d)  Chicago, August 13, 1929

by YouTube

(5)
Here is Earl Hines and His Orchestra play “Blue Nights”.

Shirley Clay, George Mitchell (cnt) William Franklin (tb,vcl) Lester Boone (cl,as,bar) Toby Turner (cl,as) Cecil Irwin (ts,cl,arr) Earl Hines (p,vcl) Claude Roberts (bj,g) Hayes Alvis (tu,vcl,arr) Benny Washington (d) Alex Hill (arr)  Chicago, October 25, 1929

以下2曲はSPレコードの面裏(所謂AB面)に収録されたルイ・アームストロングの名演です。解説の西口氏もサッチモの絶頂期の作品としてご紹介されました。

(6)
Here is Louis Armstrong and his Hot Five play “Struttin’ with Some Barbecue”.
Louis Armstrong(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj,g) Chicago, December 9, 1927
Col 37535,

(7)
Here is Louis Armstrong and his Hot Five play “Once In A While”.
Louis Armstrong(cnt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) Johnny St. Cyr(bj,g) Chicago, December 10, 1927
Col 37535,

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月21日)

June 21.2018

阪急百貨店パンフの一部を撮影

阪急百貨店で開催されている西口 正博氏(京都HOT STEP 代表)によるSPレコードコンサートの第2回目(6月21日)の概要をブログに纏めました。

今回は「ニューオーリンズ」をテーマとした特集でした。最初の曲以外はYouTubeから音源を添付しました。

上記の写真は「ヤフーオークション」からお借りしました。

(1)Here is Original Dixieland Jazz Band play “Darktown Strutters Ball”.

Darktown Strutters Ball(SP愛好家の瀬谷徹氏の音源です)

fullsizeoutput_9f

ブログ作成者所有の書籍「ジャズの歴史」から撮影しました。

 

Louis Armstrong standing beside King Oliver by courtesy of Pinterest

(2)Here is King Oliver’s Creole Jazz Orchestra play “Snake Rag”.

Joe Oliver, Louis Armstrong(cnt) Honore Dutrey(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Hardin(p) Bill Johnson(bj,) Baby Dodds(d) Richmond, Ind., April 6, 1923,Chicago

(3)Here is The Halfway House Dance Orchestra play “Let me call you sweetheart”

Albert “Abbie” Brunies (cnt) Charlie Cordella (cl,as,ts) Bill Whitmore (p) Bill Eastwood (bj) Leo Adde (d) New Orleans, LA, September 25, 1925
(いい音源を添付できないことについては御容赦ください。)

The Halfway House Dance Orchestraについてはこちらを参照しました。

Photo by YouTube

(4)Here is Sam Morgan’s Jazz Band play “Sing on”.

Sam Morgan (cnt,vcl) Ike Morgan (cnt) Jim Robinson (tb) Andrew Morgan (cl,ts,vcl) Earl Fouche (as) Tink Baptiste (p) Johnny Dave (bj) Sidney Brown (b,vcl) Nolan Williams (d)  New Orleans, April 14, 1927

(5)Here is George Lewis And His New Orleans Stompers play “Just a closer walk with thee”.

Jim Robinson (tb-1) George Lewis (cl) Lawrence Marrero (bj) Sidney Brown (tu) Edgar Mosley (d)Edgar Mosley’s Home, New Orleans, May 15, 1943

以下の曲は今回予定が無かったルイ・アームストロングでしたが、御来場のお客様のリクエストにお応えして急遽選曲されたようです。

(6)Here is Louis Armstrong And His Orchestra play “2:19 Blues”.

Louis Armstrong (tp,vcl) Claude Jones (tb) Sidney Bechet (cl,sop) Luis Russell (p) Bernard Addison (g) Wellman Braud (b) Zutty Singleton (d) New York, May 27, 1940

(7)Here is Bunk Johnson and his New Orleans Band play “When the saints go marching in”.

Bunk Johnson(tp) Jim Robinson(tb) George Lewis(cl) Alton Purnell(p) Lewrence Marrero(bj) Alcide Pavageau(b) Baby Dodds(d) New York, December 19, 1945

神戸ジャズサロン(2018年4月例会)「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」

May 2.2018

Photo by YouTube

先週の日曜日神戸ジャズサロンに参加しました。テーマは「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」でした。

自宅に帰ってから資料の順にYouTube映像を観て楽しんでいます。

今回もベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

小生にとって「Andrea Motis,Nicki Parrott,Esperanza Spalding」については馴染みがありませんでしたがバラエティに富んだ内容だったと思います。

以下、当日ご紹介されたミュージシャンをYouTube映像でお楽しみ下さい。

1.T川さん(トラッド愛好家)

Here is Jack Teagarden & Louis Armstrong sing “Old Rockin’ Chair”.
New York,on December 30, 1957

Here is Fats Waller sings “Ain’t Misbehavin’” and “Stormy Weather” (1943).

2.Tさん

Here is Les McCann & Eddie Harris play “Compared To What”.
Eddie Harris(ts),Les McCann(p, vo),c(tp),Leroy Vinnegar(b),Donald Dean(ds)
June 21, 1969  at The Montreux Jazz Festival

3.Fさん(大阪ジャズ同好会で新譜紹介を担当されています)

Here is Nicki Parrott with Les Paul Trio play “I’ll Be Your Baby Tonight”.

Here is Andrea Motis and Joan Chamorro Quintet with Scott Hamilton play “Lullaby of Birdland”.

4.Y瀬さん(いつもおしゃれな選曲をされます)

Here is Gerry Mulligan Sings “I Never Was A Young Man”.

5.Iさん

Here is Esperanza Spalding sings “Little Fly” .

6.Kさん

Here is 「小川理子」Riko Ogawa Swinging’ Stride Jazz Band play “How Long Has This Been Goin’ On”.
小川理子(P.Vo) 佐久間 和(G) 小林真人(B) 木村純士(Ds) ODJC 2017.11.19(島之内教会)

7.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

Here is Frank Sinatra and Louis Armstrong sing “Birth of the Blues”.

8.平野

Here is Joe Bushkin with Axel Stordahl and orchestra singss “I Love A Piano” (1951 TV)

Here is Woody Herman Orchestra play “Doctor Jazz” 1939

最後に番外編として最近気に入っている映像を添付致します。

Here is Louis Armstrong, Jack Teagarden, Barney Bigard & Earl Hines
Jack Teagarden(tb,vo), Barney Bigard(cl), Earl Hines(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)  December 26, 1950, L.A. “THE STRIP”

神戸ジャズサロン(2018年2月例会)

February 26.2018

神戸ジャズサロン会場 神戸居留地 高砂ビル 5階 「音楽サロン」

昨日「神戸ジャズサロン」(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

今回のテーマは「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」でした。ベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

以下、ベテラン会員の方がお持ちになったレコード.CDをご紹介します。

1.Yさん(大阪ジャズ同好会でいつも素敵な選曲をされます)

Lionel Hampton All Stars ‎– The “Original” Star Dust
昭和29年、ご親戚の家でこの演奏をお聞きになったそうです。
いつもはCDしかお持ちにならないのですが、今回は「ご購入された4枚のSP」(上記写真)、「10インチ」「12インチ」をご持参されました。
曲が流れると「僕もこれ買ったで」とか「ラジオでよう聞いたな」と皆さん盛り上がってました。

2.Fさん

高校生の時の音楽クラブの顧問を故油井正一さんにお願いされていたことから、油井さんの思い出話をされました。
ご紹介されたCDは「THE AMAZING SHOICHI YUI VOLUME 2」 じ・あめいじんぐ油井正一 Vol.2
Kさんが配付された曲リストも上記に添付しました。

3.Tさん(トラッド愛好家で私が神戸の例会に参加して以降懇意にさせて頂いています)
日本コロンビアのHistory Of Jazz Vol.1を自作CDにされていました。(写真)
尚、昭和25年に発売されたSPも購入されていたそうですが、最初の赴任地を離れる際に捨てられたということです。

(1)King Oliver’s Jazz Band: High Society Rag Okeh 4933
June 22, 1923

又、神戸ACC(アメリカ文化センター)でのジャズレコードコンサート(解説故末廣光夫さん)の思い出話を披露され、印象に残った3曲を紹介されました。
(2)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Original jelly roll blues
(3)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Doctor Jazz
December 16, 1926

(4)Louis Armstrong And His Hot Five: Muskrat ramble
February 26, 1926

「末廣さんは須磨の放送局(現在のラジオ関西)での生放送の直後に多くのレコードを風呂敷に包んで、市電(現在は廃線)に乗ってアメリカ文化センターに来られていた」

4.Mさん(本例会の主宰者)
末廣さんのお兄さんに貸したまま、長い間返却されなかった「Vic Dickenson Showcase」
(1)Jeepers creepers
(2) Russian lullaby
Ruby Braff (tp) Vic Dickenson (tb) Edmond Hall (cl) Sir Charles Thompson (p) Steve Jordan (g) Walter Page (b) Les Erskine (d)
New York, December 29, 1953

Photo by KobeJazz Jp.

Mさんは若い頃からレコードコンサートの主宰をしたかったそうですが、その当時故末廣光夫さんから「レコードコンサートなんか止めとけ」と言われたそうです。
その後、Mさんが開始された例会には末廣さんは解説をされていました。

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実(p)、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cl)、鈴木敏夫、?さん
Photo by courtesy of Kobejazz.jp

休憩中に最近お亡くなりになった小曽根実さんの写真をご覧になったTさんが「このクラ、油井さんの弟やで」と教えて頂きました。

最後に故油井正一氏がミュージックライフ(音楽誌)に故末廣光夫氏を紹介された記事を添付します。番組のテーマ音楽を聴きながらお読み下さい。

Teddy Weatherford and Buck Clayton(1)

January 17.2018

Photo above of Teddy Weatherford by courtesy of Alibaba

Teddy Weatherford was born Pocahontas,on 11 October, 1903.

From 1915 through 1920 he lived in New Orleans, Louisiana, where he learned to play jazz piano.

After moving to Chicago, he worked with several top jazz orchestras including those led by Jimmie Wade and Erskine Tate(playing and recording with Louis Armstrong).

In 1926 he toured Shanghai as the pianist in Jack Carter’s Orchestra.

Jack Carter’s Orchestra played in Shanghai between 1926 and 1928, featuring among others Valaida Snow.

Despite Jack Carter and his orchestra left to USA,Teddy Weaterford stayed on Shanghai.

Photo by courtesy of Taj Mahal Foxtrot

Then he was invited to Paris by Hugues Panassie and played in the Paris World Exposition.

He recorded solo piano performance in the Swing label.

After he returned to Shanghai, he made a voyage to Culcutta for World War II.

Unfortunately Teddy Weatherford died of cholera in Calcutta, aged 41.

Please refer to the video about his activity in Calcutta.

Photo by courtesy of Taj Mahal Foxtrot

Teddy Weatherfordは1903年10月11日バージニア州Pocahontasで生まれました。

1915年から1920年までニューオーリンズでジャズピアノを学びました。

シカゴに移動しJimmie Wade楽団やErskine Tate楽団というトップクラスの楽団で演奏しています。

Louis Armstrongが在籍していたErskine Tate’s Vendome Orchestraでの録音は有名です。

1926年、Jack Carter’s Orchestraの一員(ピアニスト)として上海に渡ることになります。

上海でのJack Carter楽団の演奏にはValaida Snowが参加しています。(Valaida Snowの演奏を1曲添付しました)

Jack Carter楽団は米国に帰りましたが、Teddy Weatherfordは単独で上海に滞在することになりました。

Photo above of Hugues Panassie by courtesy of jazzpanassie.fr

その後、ジャズ評論家Hugues Panassieの招きでパリに行き、パリ万国博覧会でも演奏しています。

パリではSwingレーベルにソロピアノ演奏を録音しています。

上海に戻った後、戦禍を逃れるためにインドのカルカッタに向かいました。

カルカッタでもジャズ活動は順調でしたが疫病コレラで亡くなりました。享年41歳でした。

インドカルカッタでの音楽活動については添付のビデオをご覧下さい。

Here is Wade’s Moulin Rouge Orchestra with Teddy Weatherford play “Someday sweetheart”.
Jimmy Wade (cnt,dir) Bill Dover (tb) Arnett Nelson (cl,as) Vernon Roulette (cl,ts) Eddie South (vln) Teddy Weatherford (p) Buddy Gross (tu) Edwin Jackson (d)
Chicago, December, 1923
尚、この演奏はEddie Southの最初の録音だそうです。
Eddie Southについては長谷川光氏のブログをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。

 

Photo by Strictly Oompah This photo is taken sometime between December 1925 and June 1926. Erskine Tate’s own identification (courtesy Bertrand Demeusy/Floyd Campbell) from left (back row): Ed Wyer, violin. Will Armstrong, cello. Clarence Lee, violin. Teddy Weatherford, piano. John Hare, helicon. Alvin Fernandez, clarinet. Frank Ethridge, violin. From left (front row): James Tate, trumpet. Louis Armstrong, trumpet. Eddie Atkins, trombone. Elliot Washington, banjo. Erskine Tate with baton. Jimmy Bertrand, drums. Paul “Stump” Evans, saxes. Charles Harris, saxes, and Norval/Norvelle “Flute” Morton, saxes.

Here is Erskine Tate’s Vendome Orchestra play “Stomp off, let’s go”.
Louis Armstrong, James Tate (tp) Eddie Atkins (tb) Angelo Fernandez (cl-1,as-2) Stump Evans (as,bar) Norval Morton (ts) Teddy Weatherford (p) Johnny St. Cyr (bj) John Hare (tu) Jimmy Bertrand (d-1,wbd-2) Erskine Tate (ldr,shouting)
Chicago, IL, May 28, 1926

 

Here is Teddy Weatherford play “My blue heaven”.(solo piano)
Paris, France, July 20, 1937

Here is Teddy Weatherford And His Band play “Hoe down”.
George Banks, Bill McDermott (tp) George Leonardi (tb) Reuben Solomon (as,cl) Sonny Saldana (reeds) Cedric West (g,tb) Tony Gonsalves (b) Trevor McCabe (d) Teddy Weatherford (p,vcl) Paquita (vcl)
Calcutta, India, June 1942

 

Valaida-Snow

Photo above of Valaida Snow by courtesy of Atlanta Black Star

Here is Valaida Snow sings “Minnie the moocher”.(with Lulle Ellboj’s Orchestra)
Valaida Snow (tp,vcl) Bengt Artander, Gunnar Green (tp) Sture Green (tb) Lulle Ellboj (as,ldr) Gunnar Wallberg (as) Rudolf Eriksson (ts) Willard Ringstrand (p) Kalle Lohr (g) Roland Bengtsson (b) Olle Sahlin (d)
Stockholm, Sweden, August 28, 1939

Here is Teddy Weatherford in Calcutta.

SICILY JASS “The World’s First Man in Jazz”(3)

December 14. 2017

Photo above of Nick LaRocca by courtesy of We The Italians | Michele Cinque (Director of “Sicily Jass”)

Photo above of Ricky Riccardi by courtesy of dipper mouth.blogspot.jp

At the beginning of the movie, Ricky Riccardi appeared and pointed to a page with Louis’ the first biography of Louis Armstrong.

Ricky Riccardi is the Archivist for the Louis Armstrong House Museum and author of “What a Wonderful World”.

Ricky Riccardi’s Facebook Go here

There is written that Louis heard frequently the performance of Nick LaRocca in New Orleans.

Ricky said on film:”Louis often spoke about the Original Dixieland Jazz Band recordings.”

Louis Armstrong House Museum by NYCgo.com

映画の冒頭でRicky Riccardi(リッキー・リカルディ)が登場し、ルイ・アームストロングが最初に書いた自叙伝のあるページを指さししました。

Ricky RiccardiはLouis Armstrong House Museum(NYC)の管理責任者であり “What a Wonderful World”の著者でもあります。

Ricky RiccardiのFacebookはとても参考になります。こちらをクリックして下さい。

その自叙伝に「私はニューオーリンズにいた頃、ニック・ラロッカの演奏をよく聞きました」と書いています。

リッキーは「ルイはThe Original Dixieland Jazz Bandのレコードについてよく話していました」と映画の中で解説しています。

以下「ルイ・アームストロングが自叙伝に記した内容」をWikipediaから引用します。
「僕がウェイフ少年院でトランペットを習う4年前、1909年に最初の偉大なジャズオーケストラがドミニク・ジェームズ・ラロッカというコルネット奏者によってニューオリンズで結成された。みんな「ニック」ラロッカと呼んでいた。彼の楽団はたったの5人組だった。でも彼らはそれまでで最高にホットな5人組だった。(中略) 彼らが作り、当時世界中に新しいジャズ音楽をとどけた偉大なレコードの一部には『タイガーラグ』『リヴァリー・ステイブル・ブルース』 なんかがある。 ラロッカは数年前に引退してニューオーリンズに戻ったが、シンコペートされた音楽の偉大な開拓者としての彼の名声は永く永く、たぶんアメリカ音楽が続く限り残るだろう。 ディキシーランドバンドはすべてを変えた。」

Photo by courtesy of Library of Congress

Here is Original Dixieland Jazz Band play “Tiger Rag”.
Nick LaRocca, c, dir: Eddie Edwards, tb / Larry Shields, cl / Henry Ragas, p / Tony Sbarbaro, d.
New York, March 25, 1918.
21701-3 ,Vic 18472,

Here is Louis Armstrong plays “Tiger Rag”.
Filmed in Copenhagen, Denmark in 1933