タグ別アーカイブ: Lucky Thompson

大阪ジャズ同好会第41回(2020年2月9日) ②特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

February 11,2020

特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

担当 竹村 功氏

以下、当日配付されたレジュメに記載されたコメントを編集せず転載いたします。尚、録音データ並びに写真についてはブログ作成者が追加した項目もございます。

(1)ドン・バイアス(1912~1972)
オクラホマ州出身、1937年にニューヨークに進出し、各バンドを経て1940年にカウント・ベイシー楽団に入ります。その後、ミントンズ・プレイハウスでビバップの洗礼を受けます。1946年に、ドン・レッドマン楽団で渡欧した後、そのままパリに拠点を移します。ジャズメッセンジャ ーズの一員として来日経験があります。

1.「I Got Rhythm」
Don Byas (ts) , Slam Stewart (b)
Concert “Town Hall”, New York, June 9, 1945

タウンホールでの、ベースだけをバックにした歴史的な演奏です。

2.「I can’t Get Started」

Don Byas (ts), Fats Sadi (vib), Maurice Vander (p), Pierre Michelot (b), Benny Bennett (ds)
Paris, France, May 10, 1955

欧州では、たくさんの名演奏を残しています。

3. 「I Remember Clifford」
Don Byas (ts),Bud Powell(p) ,Pierre Michelot(b), Kenny Clarke(ds)
Paris, France, December 15, 1961

キャノンボール・アダレーが、プロデュースした名作。貴重なパウエルとの共演です。

4. 「All The Things You Are」
Don Byas (ts) Bent Axen (p) Niels-Henning Orsted Pedersen (b) William Schiopffe (d)
Live (!), Copenhagen, Denmark, January 13 & 14, 1963

ブラック・ライオンレーベルのワンホーンです。

Photo by Wikipedia

(2)ラッキー・トンプソン (1924~2005)
サウスカロライナ州出身、1943年にニューヨークに進出。カウントベイシー楽団に参加します。1946年のパーカーのダイアルセッションや、マイルスの「ウオーキン」、ミルト・ジャク ソンとのサヴォイ・セッションは有名。1956年に、パリに移住し、その後は、米国と行っ 来たりします。70年代にフュージョン系の作品を吹込みますが、やがて大学で指導するも音楽界から離れ、ホームレス生活やアルツハイマー病を患ったりします。全盛期は1950年代で、レスター ・ヤングとホーキンスのいい所を合わせたテナーだと思います。

1. 「I Can’t Give You Anything But Love」

Lucky Thompson (ts), Michel Hausser (vib), Martial Solal (p), Jean-Pierre Sasson (g), Pierre Michelot (b), Gerard Pochonet (ds)
Paris, France, March 24, 1956

2. 「Gone With The Wind」

Lucky Thompson (ts), Henri Renaud (p), Benoit Quersin (b), Roger Paraboschi (ds)
Paris, March 7, 1956

3. 「Where Or When」

Lucky Thompson (ts), Billy Taylor (p),Sidney Gross (g) ,Oscar Pettiford (b), Osie Johnson (ds)  New York, October, 1954

典型的な中間派の演奏です。

4. 「Blues’n’ Boogie」

Lucky Thompson (ts) ,Tete Montoliu (p), Eric Peter (b), Peer Wyboris (ds)
Barcelona, Spain, May 1 & 2, 1970

晩年の秀作だと思います。

Buddy Tate and Lester Young by Burt Goldblatt Collection

(3) バディー・テイト(1913~2001)
テキサス州出身、ハーシャル・エヴァンスが急逝した後、カウント・ペイシー楽団に1948年まで10年間在籍します。その後は、ハーレムのナイトクラブ「セレブリティ・クラブ」のホストバンドの仕事を1970年代初めまでつとめます。1960年代は少しかったるい吹込みもありましたが、1970年代から晩年まで、好調を持続して豪快なテナーを聴かせてくれました。

1.「One O’clock Jump」
Pat Jenkins (tp) Eli Robinson (tb) Ben Richardson (cl,as,bar) Buddy Tate (ts) Skip Hall (p) ,Carl “Flat Top” Wilson (b) Bobby Donaldson (d) Inez Washington (vcl)
New York, November 28, 1954

セレブリティ・クラブ・オーケストラで、お馴染みの曲です。

2.「I Surrender Dear」を選曲されましたが、音源の関係で「Body and soul」に差し替えさせて頂きます。

Buddy Tate (ts),Tete Montoliu (p), Bo Stief (b), Svend-Erik Norregaard (ds)
Live “La Fontaine”, Copenhagen, Denmark, September 24, 1975

デンマークのクラブでのワンホーン、後期の代表作。

3.「Jive At Five」

Doc Cheatham (tp), Vic Dickenson (tb), Buddy Tate (ts), Johnny Guarnieri (p),George Duvivier (b), Oliver Jackson (ds)  Antibes Jazz Festival, Antibes, France, July 23, 1975

中間派のオールスターズの演奏です。

4. 「Topsy」

Al Grey (tb), Buddy Tate (ts), Richard Wyands (p), Major Holley (b) Al Harewood (ds) N.J., April 28, 1984

僚友アル・グレイとの楽しい演奏です。

三人の共通項は、カウント・ベイシー楽団に所属していたこと。ヨーロッパで活躍したこと。スイ ング時代からモダンジャズにかけてのいわゆる「中間派」(ドン・バイアスは自分は違うぞと言うで しょうが)を代表する黒人のテナー奏者であること。今回、一括りで紹介するのは、時間的に無理がありましたが、楽しんでもらえれば幸いです。

僭越ながら、ブログ作成者から映像等を追加させて頂きます。

「Don Byas in Paris, 1946-54」(JazzWax記事から)

こちら ▶️

「Texas Tenors Part Two – Buddy Tate」(KTRU JAZZから)

こちら ▶️

Lucky ThompsonがBobby Jasparと共演した映像

 

神戸ジャズ愛好会(2017年7月)『1940年代のジャズ』

June 28,2019

Photo by YouTube

一昨年から平野の個人ページで神戸ジャズ愛好会の例会概要を公開していました。

今回は2017年7月例会特集テーマ『1940年代のジャズ』

・N瀬氏(2016年12月に大阪ジャズ同好会で「1940年代のジャズ」を解説)

Here is Charlie Parker All Stars play “East of The Sun”(The Complete Royal Roost Live Recordings on Savoy).
Kenny Dorham(tp) Charlie Parker(as) Al Haig(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)
Royal Roost, NYC, January 1,1949

Here is Sidney Bechet All Stars(Paris Jazz Festival Jam Session) play “Farewell blues”.
Aime Barelli, Miles Davis, Hot Lips Page, Kenny Dorham, Bill Coleman (tp)Russell Moore, Big Chief(tb)Hubert Rostaing (cl)Sidney Bechet (ss)Pierre Braslavsky(ss)Charlie Parker (as) Don Byas ,James Moody (ts)Hazy Osterwald (vib) Toots Thielemans (g) Al Haig (p) Tommy Potter (b) Max Roach (ds)   “Salle Pleyel”, Paris,May 15, 1949

・F川氏(大阪ジャズ同好会で新譜紹介を担当)

Here is Lionel Hampton All Stars play ”Star Dust”.
Lionel Hampton(vib) Corky Corcoran(ts) Willie Smith(as) Charlie Shavers(tp) Tommy Todd(p) Barney Kessel(g) Slam Stewart(b) Lee Young(ds)
Civic Auditorium, Pasadena, California,Aug 4,1947

・K氏(本年4月に大阪ジャズ同好会で特集を担当)

Here is Charlie Christian play ”Swing To Bop”(from “Charlie Christian at Minton’s”) .
Charlie Christian(g) Joe Guy(tp) Thelonious Monk(p) Nick Fenton(b) Kenny Clarke(ds)NYC, May,1941

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

Dizzy Gillespie Big Band  “Round Midnight”from 46 Live at the Spotlite”.
Dave Burns, Talib Dawud, Kenny Dorham, John Lynch, Elmon Wright,Dizzy Gillespie (tp, vo)Leon Comegys, Charles Greenlea, Alim Moore (tb)Howard Johnson, Sonny Stitt (as)Ray Abrams,Warren Luckey (ts) Eddie ‘Lockjaw’ Davis (ts)Leo Parker (bars)Milt Jackson (vib) Thelonious Monk(p)Ray Brown (b) Kenny Clarke (ds)Spotlight Lounge, Washington, DC, May-June, 1946
上記音源は都合により添付出来ませんので、翌年録音されたTempo Jazzmenによる「Round About Midnight」を添付しました。

Here is Dizzy Gillespie Jazzmen (Tempo Jazzmen) play ”Round About Midnight”.
Dizzy Gillespie (tp) Lucky Thompson (ts) Milt Jackson (vibl) Al Haig (p) Ray Brown (b) Stan Levey (ds)Glendale, CA., February 6, 1946

Here is Billy Eckstine & His Octet play ”She’s Got The Blues For Sale”.
Ray Linn(tp) Gerald Vientine(tb) Sonny Criss(as) Wardell Gray(ts) Warren Bracken(p) unknown(g) Shifty Henry(b) Tim Kennedy(ds) Billy Eckstine(vo, valve tb) Los Angeles, CA, April 21,1947

Here is Bud Powell Trio play “Strictly Confidential”.
Bud Powell(p) Ray Brown(b) Max Roach(ds) NYC, February-May, 1949

・平野

 .
Here is Benny Goodman and Stan Hasselgard play “Opening~Stopmpin’ at The Savoy”.
Benny Goodman, Stan Hasselgard (cl); Wardell Gray (ts); Red Rodney(tp);Wardell gray(ts);Mary Lou Williams (p); Billy Bauer (g); Clyde Lombardi (b); Mel Zelnick (ds); Glen Adams (mc).Broadcast, WNEW “The Benny Goodman Show” broadcast,NYC, June 26,1948

Here is Benny Goodman and Stan Hasselgard play “Swedish Pastry”.
Members of the recording are the same as above

Here is Fats Navarro plays “Fat Girl”.
Fats Navarro(tp) Leo Parker(bs)Tadd Dameron(p)Gene Ramey(b) Denzil Best(ds)
NYC January 29, 1947

Here is Lennie Tristano Quintet play “Progression”.
Lennie Tristano(p);Lee Konitz(a) ;Billy Bauer(g); Arnold Fishkin(b); Shelly Manne(ds) NYC, January 11, 1949

(追記)
2020年4月15日、Lee Konitzさんがコロナでお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。
20年以上前ですが、岡山市表町のライブハウス「バード」での公演後にサインを頂戴しました。

93780112_2831847790270245_3345361700575510528_o

Russell Jacquet(1)

June 9.2018

Russell Jacquet (tp) and Illinois Jacquet (ts) Photo by courtesy of Texas State Historical Association

Russell Jacquet was the elder brother of  Illinois Jacquet.

From 1945 until 1953 he recorded occasionally as a band leader.

Russell Jacquet( イリノイ・ジャケーの兄)について2回に分けて投稿します。今回は2度目のレコーディング・ストライキまでの録音について調べました。

今回はRussell Jacquetによるリーダー作品から数曲を選んでブログに添付しました。(Illinois Jacqueのリーダー作品については 音声添付を省略しています)

Photo by courtesy of Jazzinphoto

ご存じの通りRussell Jacquet(ラッセル・ジャケー)のリーダー作にはデビュー間もないCharles Mingusが参加しています。

Here is Russell Jacquet octet play “Penny’s worth of boogie”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Calvin Boze (tp) Teddy Edwards, Maurice Simon (ts) Arthur Dennis (bar) Bill Davis (p) Charles Mingus (b) Chico Hamilton (d)  Los Angeles, 1944-45

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Here is Russell Jacquet octet play “Look what you’ve done to me”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Photo by courtesy of Jazzinphoto

次に弟Illinois Jacqueをリーダーとした録音です。以下、SPレーベルと録音データを記載しました。

Illinois Jacquet And His All Stars
Russell Jacquet (tp,vcl) Henry Coker (tb) Illinois Jacquet (ts) Arthur Dennis (bar) Sir Charles Thompson (p) Ulysses Livingston (g) Billy Hadnott (b) Johnny Otis (d)
“Uptown boogie”    Philo 102     Los Angeles, July, 1945      

R-1043186-1187401967.jpeg

Photo by Discogs

Illinois Jacquet with Wynonie Harris And His All Stars:
Wynonie Harris (vcl) acc by : Russell Jacquet (tp) John Brown (as) Illinois Jacquet (ts) Arthur Dennis (bar) Bill Doggett (p) Ulysses Livingston (g) Charles Mingus (b) Al “Cake” Wichard (d)
“Here comes the blues”     Apollo 363   Los Angeles, August 2, 1945

wynonie-blues-harris-shes-gone-with-the-wind-1945-2-78

Photo by Discogs

Illinois Jacquet Septet
Russell Jacquet (tp,vcl) John Brown (as) Illinois Jacquet (ts) Arthur Dennis (bar) Bill Doggett (p) Ulysses Livingston (g) Charles Mingus (b) Al “Cake” Wichard (d)
” What’s this ”    Apollo 758      Hollywood, CA, August 中旬頃, 1945

fullsizeoutput_fbe

Photo by Discogs

Illinois Jacquet Septet
Russell Jacquet (tp) Henry Coker (tb) Illinois Jacquet, Tom Archia (ts) Sir Charles Thompson (p) prob Ulysses Livingston (g) Charles Mingus (b) or John Simmons (b) Johnny Otis (d)
“Ladies lullaby”    ARA 144,   Los Angeles, August 28, 1945

fullsizeoutput_fbf

Photo by Discogs

リーダー第2作は「Russell Jacquet And His All Stars」と命名されたグループでベイシー楽団の主要メンバーと録音しています。Freddie Greenがジャケー兄弟を盛り立てているようにも聞こえます。

Here is Russell Jacquet And His All Stars play “Mean and evil old world”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Snooky Young, Harry “Sweets” Edison, Gerald Wilson, Harry Parr Jones (tp) Eli Robinson, J.J. Johnson, Ted Donnelly (tb) Willie Smith, Preston Love (as) Illinois Jacquet, Lucky Thompson (ts) Rudy Rutherford (bar) Bill Doggett (p) Freddie Green (g) Billy Hadnott (b) Al “Cake” Wichard (d)   Hollywood, c. 1946

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Here is Russell Jacquet And His All Stars play ”Blues”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Russell Jacquet And His Yellow JacquetsというバンドではDexter Gordonの参加が注目されます。

Russell Jacquet And His Yellow Jacquets play “Wake up old maid”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Gus Evans (as) Dexter Gordon (ts) Arthur Dennis (bar) Jimmy Bunn (p) Leo Blevins (g) Herman Washington (b) Chico Hamilton (d) Numa Lee Davis (vcl)
Hollywood, CA, September 21, 1946

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Russell Jacquet And His Yellow Jacquets play “Blues la Russ”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Russell Jacquet And His Yellow Jacquets play  “Side saddle blues”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。