タグ別アーカイブ: Martial Solal

大阪ジャズ同好会第41回(2020年2月9日) ②特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

February 11,2020

特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

担当 竹村 功氏

以下、当日配付されたレジュメに記載されたコメントを編集せず転載いたします。尚、録音データ並びに写真についてはブログ作成者が追加した項目もございます。

(1)ドン・バイアス(1912~1972)
オクラホマ州出身、1937年にニューヨークに進出し、各バンドを経て1940年にカウント・ベイシー楽団に入ります。その後、ミントンズ・プレイハウスでビバップの洗礼を受けます。1946年に、ドン・レッドマン楽団で渡欧した後、そのままパリに拠点を移します。ジャズメッセンジャ ーズの一員として来日経験があります。

1.「I Got Rhythm」
Don Byas (ts) , Slam Stewart (b)
Concert “Town Hall”, New York, June 9, 1945

タウンホールでの、ベースだけをバックにした歴史的な演奏です。

2.「I can’t Get Started」

Don Byas (ts), Fats Sadi (vib), Maurice Vander (p), Pierre Michelot (b), Benny Bennett (ds)
Paris, France, May 10, 1955

欧州では、たくさんの名演奏を残しています。

3. 「I Remember Clifford」
Don Byas (ts),Bud Powell(p) ,Pierre Michelot(b), Kenny Clarke(ds)
Paris, France, December 15, 1961

キャノンボール・アダレーが、プロデュースした名作。貴重なパウエルとの共演です。

4. 「All The Things You Are」
Don Byas (ts) Bent Axen (p) Niels-Henning Orsted Pedersen (b) William Schiopffe (d)
Live (!), Copenhagen, Denmark, January 13 & 14, 1963

ブラック・ライオンレーベルのワンホーンです。

Photo by Wikipedia

(2)ラッキー・トンプソン (1924~2005)
サウスカロライナ州出身、1943年にニューヨークに進出。カウントベイシー楽団に参加します。1946年のパーカーのダイアルセッションや、マイルスの「ウオーキン」、ミルト・ジャク ソンとのサヴォイ・セッションは有名。1956年に、パリに移住し、その後は、米国と行っ 来たりします。70年代にフュージョン系の作品を吹込みますが、やがて大学で指導するも音楽界から離れ、ホームレス生活やアルツハイマー病を患ったりします。全盛期は1950年代で、レスター ・ヤングとホーキンスのいい所を合わせたテナーだと思います。

1. 「I Can’t Give You Anything But Love」

Lucky Thompson (ts), Michel Hausser (vib), Martial Solal (p), Jean-Pierre Sasson (g), Pierre Michelot (b), Gerard Pochonet (ds)
Paris, France, March 24, 1956

2. 「Gone With The Wind」

Lucky Thompson (ts), Henri Renaud (p), Benoit Quersin (b), Roger Paraboschi (ds)
Paris, March 7, 1956

3. 「Where Or When」

Lucky Thompson (ts), Billy Taylor (p),Sidney Gross (g) ,Oscar Pettiford (b), Osie Johnson (ds)  New York, October, 1954

典型的な中間派の演奏です。

4. 「Blues’n’ Boogie」

Lucky Thompson (ts) ,Tete Montoliu (p), Eric Peter (b), Peer Wyboris (ds)
Barcelona, Spain, May 1 & 2, 1970

晩年の秀作だと思います。

Buddy Tate and Lester Young by Burt Goldblatt Collection

(3) バディー・テイト(1913~2001)
テキサス州出身、ハーシャル・エヴァンスが急逝した後、カウント・ペイシー楽団に1948年まで10年間在籍します。その後は、ハーレムのナイトクラブ「セレブリティ・クラブ」のホストバンドの仕事を1970年代初めまでつとめます。1960年代は少しかったるい吹込みもありましたが、1970年代から晩年まで、好調を持続して豪快なテナーを聴かせてくれました。

1.「One O’clock Jump」
Pat Jenkins (tp) Eli Robinson (tb) Ben Richardson (cl,as,bar) Buddy Tate (ts) Skip Hall (p) ,Carl “Flat Top” Wilson (b) Bobby Donaldson (d) Inez Washington (vcl)
New York, November 28, 1954

セレブリティ・クラブ・オーケストラで、お馴染みの曲です。

2.「I Surrender Dear」を選曲されましたが、音源の関係で「Body and soul」に差し替えさせて頂きます。

Buddy Tate (ts),Tete Montoliu (p), Bo Stief (b), Svend-Erik Norregaard (ds)
Live “La Fontaine”, Copenhagen, Denmark, September 24, 1975

デンマークのクラブでのワンホーン、後期の代表作。

3.「Jive At Five」

Doc Cheatham (tp), Vic Dickenson (tb), Buddy Tate (ts), Johnny Guarnieri (p),George Duvivier (b), Oliver Jackson (ds)  Antibes Jazz Festival, Antibes, France, July 23, 1975

中間派のオールスターズの演奏です。

4. 「Topsy」

Al Grey (tb), Buddy Tate (ts), Richard Wyands (p), Major Holley (b) Al Harewood (ds) N.J., April 28, 1984

僚友アル・グレイとの楽しい演奏です。

三人の共通項は、カウント・ベイシー楽団に所属していたこと。ヨーロッパで活躍したこと。スイ ング時代からモダンジャズにかけてのいわゆる「中間派」(ドン・バイアスは自分は違うぞと言うで しょうが)を代表する黒人のテナー奏者であること。今回、一括りで紹介するのは、時間的に無理がありましたが、楽しんでもらえれば幸いです。

僭越ながら、ブログ作成者から映像等を追加させて頂きます。

「Don Byas in Paris, 1946-54」(JazzWax記事から)

こちら ▶️

「Texas Tenors Part Two – Buddy Tate」(KTRU JAZZから)

こちら ▶️

Lucky ThompsonがBobby Jasparと共演した映像

 

Kenny Clarke recordings in Paris

April 6.2018

fullsizeoutput_daf

Bud Powell, Clark Terry, Barney Wilen, Pierre Michelot,Kenny Clarke Photo by courtesy of Paris Jazz Corner(1959)

Kenny Clarke resettled in Paris in 1956.He had three recordings until the end of the year.

Today I would like to post about  three albums,”Reunion A Paris” ,”Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir”,”Afternoon In Paris”.

1956年、ケニー・クラークはパリに活動拠点を移し年末までに3枚のアルバム録音に参加しています。

今日は「Reunion A Paris」「Kenny Clarke’s Sextet Plays Andre Hodeir」「Afternoon In Paris」から数曲をブログに添付しました。

最初に「Reunion A Paris by Martial Solal」ですが参加メンバーが面白い組み合わせです。Benoit Quersinはベルギー、Jimmy Deuchar はイギリス出身です。又、ヨーロッパでの録音が少ないアレン・イーガー(Allen Eager)の演奏も貴重です。

「Kenny Clarke Sextet Plays Andre Hodeir」はアンドレ・オデール(Andre Hodeir)の編曲が凝ってます。アメリカの編曲者では味わえないようなサウンドが新鮮です。

最後に「Afternoon In Paris」の録音ですが、ルイス、ヒース、クラークの3人が久し振りに再会しました。残念なことですが3人揃っての録音はこの日が最後になりました。

Here is Martial Solal International All Stars play “Kenny special”.
Jimmy Deuchar (tp) Billy Byers (tb) Allen Eager (ts) Martial Solal (p) Benoit Quersin (b) Kenny Clarke (d) Paris, September 24, 1956

Here is Martial Solal International All Stars play “Love me or leave me”.Members of the recording are the same as above.

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Round about midnight”.
Roger Guerin (tp) Nat Peck, Billy Byers (tb)  Martial Solal (p), Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr)Paris, France, October 26,1956
こんな「Round About Midnight」初めて聞きました。編曲に携わっている友人の意見を聞きたいです。

Here is Kenny Clarke Sextet Plays “Blue Serge”.
Billy Byers (tb)Roger Guerin (tp) Armand Migiani (bar) Martial Solal (p) Jean Warland (b) Kenny Clarke (d) Andre Hodeir (arr) Paris, France, November 30, 1956

Here is Kenny Clarke’s Sextet Plays “Swing spring”.
Members of the recording are the same as above.

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Bags’ groove”.
Barney Wilen (ts) John Lewis (p) Sacha Distel (g) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d)
Paris, France, December 4, 1956

Here is John Lewis and Sacha Distel Quintet play “Willow, weep for me”.
Members of the recording are the same as above.

kennyclarke01

Photo by courtesy of Mario Rodriguez

RogerGuérin

February 10.2018

photo above of Roger Guérin by courtesy of Fresh Sound

This week I read an interesting article about Roger Guérin by JazzWax.

Please refer to Jazz wax his website. Go here

So I will introduce some recordings by Roger Guérin that Jazzwax didn’t post to his blog.

Marc_Myers_by_Alyse_Myers_2016

Photo above of Marc Myers from JazzWax

今週JazzWaxさんがトランペッターRoger Guérin(ロジェ・ゲラン)について興味深い記事を書かれています。

私が注目したのはJazzWax(Marc Myers)さんのご両親が戦後のパリで生活されていたことです。ご両親からお聞きになった思い出話がとても素敵です。

又、戦後のパリにおいてジャズが盛んであった事が下記の表現で簡潔に書かれています。

“For Parisians, jazz was the sound of freedom, style and individualism.”

詳細はJazzWaxさんのブログをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。

上記ブログでは紹介されていないRogerGuérinの演奏を下記に添付しました。

9f205bd437b741cbd75bf6df14034de8

Here is Charlie Parker with the MAURICE MOUFFLARD ORCHESTRA play “Lady bird”.
Roger Guerin, Georges Jouvin, Pierre Fassin, Yves Alouette (tp); Andre Paquinet, Maurice Gladieu, Charles Huss (tb);
Charlie Parker, Robert Merchez, Roger Simon (as); Jacques Tess, Marcel Pommes (ts); Honore Truc (bs); Robert Cambier (p);
Henri Karen (b); Pierre Loteguy (ds); two or three unknown (perc); Maurice Moufflard (arr, cond).
Radio broadcast, Paris, November 28, 1950

Django Reinhardt Decca (1)

Here is Django Reinhardt et son Quintette play “Crazy Rhythm”.
Django Reinhardt(g),Roger Guèrin (tp), Hubert Fol (as), Maurice Vander (p),Pierre Michelot (b),Pierre Lemarchand (d)
Paris, January 30,1953

96486268

Here is Bobby Jaspar’s New Jazz play “A foggy day”.
Roger Guerin (tp) Nat Peck (tb) Bib Monville (ts) no solo work, Bobby Jaspar (ts,cl,arr) Maurice Vander (p) Pierre Michelot (b) Jean-Louis Viale (d) Francy Boland, Andre Hodeir (comp)
Paris, January 12, 1954

image_b

Here is Roger Guerin and Benny Golson Quintet play “I remember Clifford”.
Roger Guerin (tp) Benny Golson (ts) Bobby Timmons (p) Pierre Michelot (b) Christian Garros (d)
Paris, December 12, 1958

imageHere is Roger Guerin Quintet play “Not serious”.
Roger Guerin (tp) Michel Hausser (vib) Martial Solal (p) Pierre Michelot (b) Christian Garros (d)
Paris, December 18, 1958

Here is Roger Guérin plays “April in Paris”.

Toots Thielemans as guitarist(4)

August 26. 2017 

Photo by courtesy of Radio 1

By the early 1960s, Thielemans had become increasingly popular in the studios as a harmonica player and whistler. So his guitar playing had become less.

On 23 January 2009, he joined the memory of the 100th anniversary of the birth of Django Reinhardt.

1960年の初めには、Toots Thielemansはハーモニカと口笛奏者としての演奏が高く評価され、世界的なスターになりました。
そんな事情もあってギター演奏の機会は少なくなってきます。
後年の活躍で私が注目したのは、2009年1月に開催されたDjango Reinhardt生誕100年記念コンサートに出演していることです。

Photo above of Cary Grant, Toots Thielemans and Quincy Jones by courtesy of Amazing Belgium

Here is Toots Thielemans plays “We’ll be Together”(1961)
George Arvanitas(p), Roland Lobligeois(b) Philippe Combelle(ds)  January 3~4 Paris

Here is Toots Thielemans plays “Willow Weep for Me“.
Members of the recording are the same as above.

Here is Martial Solal &Toots Thielemans play “ Waltz For Sonny”.(1990)
Martial Solal(p),Toots Thielemans(g,harmonica)

Here is Toots Thielema plays “Nuages”.
Toots Thielemans (hca,g),Ray Bryant (p),Tommy Bryant (b),Oliver Jackson (ds)
October ~November, 1959

Here is Milt Jackson & Benny Golson with Toots Thielemans play “Bags Groove”.
Toots Thielemans plays harmonica.Milt Jackson(vib),Benny Golson(ts),Art Farmer(tp),Niels-Henning Orsted Pedersen(b),Ulf Wakenius(g), Jonas Johansen(ds), Kenny Kirkland(p),Toots Thielemans(harmonica)Max Roach(ds)   June 14, 1997, Germany

Photo by courtesy of Thielemans’s Facebook page

Bobby Jaspar(5)

August 13. 2017

Blossom Dearie and husband Bobby Jaspar by courtesy of Blossom Dearie HP Photo Gallery

Bobby Jaspar had many recordings in US and Eurrope.

From 1961 to 1962 he came back for one year to Europe giving many concerts in several countries, and making some of his last recordings.

Unfortunately he passed away by complications following an open-heart surgery operation.

He died in New York on Feb. 28, 1963, he was 37 years old.

Finally, I will  briefly introduce a few representative recordings of Bobby Jaspar.

Bobby Jasparはアメリカだけでなくヨーロッパでも多くのレコーディングを行なっています。

1961年から1962年ヨーロッパ各国で行なったコンサートが彼の最後レコーデイングになっています。

帰国後、心臓発作後の心臓バイパス手術時(1963年2月28日)の合併症で容態が悪化し、1963年3月4日、享年37歳で早逝しました。

最後に、簡単にBobby Jasparの代表的なアルバムを紹介して今回の投稿を終わりたいと思います。

Here is Bobby Jaspar plays “There will never be another you”.
Martial Solal(p), Pierre Michelot(b),Kenny Clarke(ds),Sacha Distel(g), Bobby Jaspar(fl) (1957)

Here is Donald BYRD with Bobby Jaspar play ”Dear old Stockholm”.
Donald Byrd (tp),Bobby Jaspar (fl),Walter Davis Jr(p),Doug Watkins (b),Art Taylor (dr) October 22, 1958,

Here is Donald Byrd quintet Cannes 1958
Donald Byrd (tp),Bobby Jaspar (fl),Walter Davis Jr(p),Doug Watkins (b),Art Taylor(dr) Live in Cannes in 1958

Here is Blossom Dearie with Bobby Jaspar play “L’étang”.
Blossom Dearie(Vo, P),Kenny Burrell(g), Ray Brown(b), Ed Thigpen(ds) ,Bobby Jaspar(fl)   May 21-22, 1959

Martial Solal

March 26.2016

IMG_1601

IMG_1602

Even now there is an active jazz musician who became famous by Charles Delaunay’s effort.

Martial Solal was born on August 23, 1927 in Algiers, France.

He was the son of an opera singer and piano teacher, and learned the instrument from the age of six.

After settling in Paris in 1950, he soon began working with leading musicians including Django Reinhardt .

Also he was playing with Sidny Bechet and Don Byas.

He had recording as a leader since 1953.