タグ別アーカイブ: Marty paich

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」①

 

August 16,2019

参加者持ち寄り『男性ヴォーカリスト群像』について4人のお気に入りをご紹介します。

・K氏(『春をテーマにしたジャズ』を特集されました)

The Four Freshmen

Here is The Four Freshmen sing “I’m Always Chasing Rainbows”.

以下はマーティ・ペイチ (Marty Paich)が編曲・伴奏をしていることから選曲されました。

Jesse Belvin

Here is Jesse Belvin sings “It’s All Right With Me”.

Ray Charles

Here is Ray Charles and Betty Carter sing “Every Time We Say Goodbye”.

Mel Torme
当日紹介されたは「Surrey With A Fringe On Top」は著作権の関係で日本公演の映像に変更させて頂きます。

Here is Mel Torme sings “More Than You Know” with Marty Paich Orchestra.
富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

・T村氏(ジャズ随想(個人Facebook)を連想するコメントが面白いです)

Sam Cooke
若くして亡くなったサム・クックの、ニューヨークはコパカバーナ・クラブの実況録音。この美声を味わって下さい。

Here is Sam Cooke sings “The Best Things In Life Are Free”.(July 7,1964)

Bobby Troup
ジュリー・ロンドンの旦那ですが、奥さんより歌は上手い。赤坂のニューラテンク チーターの実況録音。「ルート66」の作曲家。

Photo by ディスクユニオンHP

当日ご紹介された「Yes Sir That’s My Baby」は手元になく、ハワード・ロバーツ(Howard Roberts)を従えた録音に変更させて頂きました。

Here is Bobby Troup sings “Route 66”.
Bobby Troup (vcl,p) Howard Roberts (g) Bob Enevoldsen (b) Don Heath (d)
Pasadena, CA, September 24, 1955

The Four Freshmen
白人男性コーラスグループの最高峰。キャンパスコンサートの実況録音。とにかく楽しい。

当日ご紹介された「Route 66」を含んだメドレーに変更させて頂きました。(Japan 1964)
Here is Four Freshmen sing “Angel Eyes,~Route 66~Polkadots and Moonbeams”.

Mel Torme
小粋にスイングするメル・トーメ。シナトラに匹敵する白人男性シンガーです。

Here is Mel Torme sings “South of the Border”.

Ray Charles
ご存知、先のサム・クックの先輩のリズム・アンド・ブルース歌手。来日公演は何回も行きました。

Here is Ray Charles sings “Hit the road Jack”.

Jack Teagarden
トロンボーンの巨匠ジャックTはサッチモ同様に歌手としても超一流。ルビー・ブラフ、ラッキー・トンプソンと共演したこのディスクは後期の最高作です。

Here is Jack Teagarden sings “St. James Infirmary”.

・I谷氏(神戸の例会にも参加されています)

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings “Those Lazy-Hazy-Crazy Days of Summer”.

・H氏(森山威男研究会の創設会員で「ハチママ・バースディ・パーティ&いんたーぷれい8」に毎年参加されています)

植木等
1954年、ギタリストとして「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」に参加。上京後、声楽家に師事し発声レッスンを受けていたことからギタリストとしてではなくボーカルを担当。

Photo by Wikipedia

Here is Hitoshi Ueki(植木等) sings 「炭坑節」.
(伴奏:フランキー堺&シティー・スリッカーズ)

上記録音については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

【ブログ作成者からのおまけ】

Here is Bobby Troup sings ”My Funny Valentine〜Misty”.

Here is is Bobby Troup Lemon Twist Julie London Colour TV Show

Here is Nat King Cole sings ”Non Dimenticar”.

50年代の白人ビッグバンド(ジャズ喫茶オアシス土曜会回顧)②

September 08,2018

ジャズ喫茶オアシス土曜会特集「50年代の白人ビッグバンド」では計12のビッグバンドが紹介されました。
現在ではCD並びにネットで簡単に聴ける音源が多いですが、当時では貴重なコレクションを聞かせて頂いた石川明弘氏には感謝しております。
余談ですが、小生が記録していた「ジャズ喫茶ノート」の記載に多くの誤りがありブログに添付するのを躊躇しました。しかし、その当時毎日記録していた「ジャズ喫茶ノート」の一部を披露するのも悪くないと判断し掲載致しました。

1977年6月18日「50年代の白人ビッグバンド」 解説 石川明弘氏(2)

fullsizeoutput_1192

8.Johnny Richards
「Wide Range」から”Cimarron”, ”Stockholm sweetnin’ ”
Burt Collins, Doug Mettome, Jerry Kail, Paul Cohen (tp) Jim Dahl, Jimmy Cleveland, Frank Rehak (tb) Al Antonucci (fhr) Jay McAllister (tu) Gene Quill (as) Frank Socolow (ts) Bill Slapin (bar,pic) Shelly Gold (bassax) Hank Jones (p) Chet Amsterdam (b) Maurice Marks (d) Willie Rodriguez (tymp) Johnny Richards (arr,cond) NYC, July 11, 1957

Here is Johnny Richards Orchestra play ”Cimarron”.

Here is Johnny Richards Orchestra play ”Stockholm sweetnin’ ”.
Stockholm sweetnin’

9,Manny Albam
「Down Beat Jazz Concert」から”Blues over easy”

Manny Albam And His Jazz Greats
Bernie Glow(tp), Nick Travis(tp), Ernie Royal(tp), Frank Rehak(tb), Jim Dahl(tb), Tommy Mitchell(baritone tb), Gene Quill(as), Jerome Richardson(fl,ts), Al Cohn(ts), Pepper Adams(bars), Dick Katz(p), Milt Hinton(b), Osie Johnson(ds),
Guest soloists:Hal McKusick(bass cl), Georgie Auld(ts), Paul Horn(as), Steve Allen(p),Manny Albam(arr) NYC, Town Hall May 16, 1958

「Part1とPart2」を併せて添付しました。

Here is Manny Albam And His Jazz Greats play “Blues over easy Part1”.
Blues over Easy part1

Here is Manny Albam And His Jazz Greats play “Blues over easy Part2”.
Blues over easy part2

10.Buddy Bregman
「Swinging Standards」から “My buddy”, “All of you”
Conte Candoli, Ray Triscari, Stu Williamson, Al Porcino (tp) Lloyd Ulyate, Joe Howard, Frank Rosolino, George Roberts (tb) Bob Cooper, Bill Holman, Richie Kamuca (ts) Russ Freeman (p) Jim Hall (g) Monty Budwig (b) Mel Lewis (d)
Los Angeles, 1959

Here is Buddy Bregman Orchestra play “My buddy”.
My buddy

Here is Buddy Bregman Orchestra play “All of you”.
_All of you

当日ご紹介されなかった演奏を1曲
Here is Buddy Bregman and His Orchestra play “Kicks Swing”.

11.Marty paich
「Jazz West Coast」(Valiant Records) ‎から”What Am I Here For” ,”Cotton Tail”.
Marty Paich Big Band
Art Pepper(as), Bill Perkins(ts), Conte Candoli(tp), Mel Lewis(ds), Russ Freeman(p), Victor Feldman(vib)

上記音源が手元にありませんので、別の曲を添付しました。

Here is Marty Paich Big Band play “Violets for Your Furs”.

Jack Sheldon, Al Porcino, Conte Candoli (tp) Bob Enevoldsen (v-tb) George Roberts (b-tb) Vince DeRosa (fhr) Art Pepper (as) Bill Perkins (ts) Bill Hood (bar) Victor Feldman (vib) Russ Freeman (p) Joe Mondragon (b) Mel Lewis (d)
Los Angeles, July 2, 1959

Here is Marty Paich Big Band play “Mornin’”.
Members of the recording are the same as above.
Mornin’

12.Russ Garcia
「Modearn Jazz Gallrey」から”Music city” , “Fish tail” , “Palo alto”

Russ Garcia And His Orchestra:
Buddy Childers, Don Fagerquist, Maynard Ferguson, Ray Linn (tp) Milt Bernhart, Lloyd Elliott, Tommy Pederson, Frank Rosolino (tb) Art Pepper, Bud Shank (as) Ted Nash (ts) Chuck Gentry (bar) Gerald Wiggins (p) Howard Roberts (g) Max Bennett (b) Alvin Stoller (d) Russ Garcia (cond,arr) Hollywood, CA, November 2, 1956

Here is Russ Garcia And His Orchestra play ”Music city”
_Music city

Here is Russ Garcia And His Orchestra play “Fish tail “.
Members of the recording are the same as above.
_Fish tail

Here is Russ Garcia And His Orchestra play “Palo alto”.
Maynard Ferguson, Don Fagerquist, Buddy Childers, Wes Hensel, Cappy Lewis (tp) Murray McEachern, Harry Betts, Lloyd Ulyate, James Henderson, Frank Howard (tb) Herb Geller (as) Bill Ulyate (bar) Red Norvo (vib-2) John T. Williams (p) Howard Roberts (g) Max Bennett (b) or Curtis Counce (b) Alvin Stoller (d) Jack Costanzo (bgo-1) Russ Garcia (cond,arr)
Hollywood, CA, July 5 & 23, 1956
Palo alto


Photo above of Manny Albam and Thad Jones(1967) by courtesy of University of Rochester

fullsizeoutput_1186