タグ別アーカイブ: McCoy Tyner

第18回例会特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

June 07.2019

6月の特集『ベーシストに注目してジャズを楽しむ』を担当されるのは浦谷敏行氏です。

浦谷氏は2016年4月(第18回例会)に特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』を担当されていました。

今回は3年前の特集で取り上げられた「モダンジャズの巨人」の映像をお楽しみ下さい。

レジュメの序文を転載します。

特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

あらためて「モダン・ジャズ・ジャイアンツ」を取り上げた特集を企画してみました。
ただ、あまりにも有名な定番的名演を取り上げても「何を今さら・・・」みたいな感じになるので、個人的にお気に入りの演奏を選んでみました。
ソニー・ロリンズ、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、セロニアスモンクを取り上げます。(ナビゲーター浦谷敏行)

Sonny Rollins
50年代ロリンズの歌心あふれる演奏

1. On A Slow Boat To China
Sonny Rollins(ts),Kenny Drew(p),Percy Heath(b) ,Art Blakey(ds)
New York, December 17, 1951

2. It’s All Right With Me
Sonny Rollins(ts),Ray Bryant(p), George Morrow(b), Max Roach(ds)
Hackensack, N.J., December 2, 1955

1968年、デンマークでの演奏を添付します。
Here is Sonny Rollins Quartet play ”Improvising a solo introduction”.
Sonny Rollins(ts),Niels-Henning Ørsted Pedersen(b) ,Albert “Tootie” Heath(ds) Denmark in 1968

Miles Davis
しっとりとしたバラード、そしてあの名曲を電気マイルスがこんな風に料理しました。対 照的な2曲。

3. Something I Dreamed Last Night
Miles Davis (tp),John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Hackensack, NJ., May 11, 1956

4. Round About Midnight
Miles Davis (tp),Wayne Shorter(ts), Chick Corea(p), Dave Holland(b) ,Jack De Johnette(ds)
Jazz Festival, Juan-les-Pins, France, July 25, 1969

昨年YouTubeでアップされた映像を添付します。
Here is Miles Davis Quintet play ”Festiva De Juan Pins 1969”.

John Coltrane
ひとつの頂点に達した Coltrane の演奏。

5. Soul Eyes
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 11, 1962

6. Crescent 
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 27, 1964

翌年に撮影された映像を添付します。
Here is John Coltrane Quartet play “Naima”.
Belgium in 1965

Thelonious Monk
世評芳しくない後期のモンクも聴いてみましょう。

7.Blue Monk
Thelonious Monk (p)
live in San Francisco, CA, October 20 and 21, 1959.

8. Misterioso 
Thelonious Monk (p) Charlie Rouse(ts) Larry Gales(b) Ben Riley(ds)
Live At The It Club October 31 and November 1, 1964

上記と同じメンバーでの映像を添付します。
Here is Thelonious Monk Quartet play “Lulu’s Back in Town 〜 Don’t Blame Me〜Epistrophy”.
Copenhague in 1966

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(1)

October 09,2018

大阪ジャズ同好会第33回例会(2018年10月8日)が開催されました。

10月例会の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。創立メンバーである古川氏による特集「Dick Hyman(p)七変化」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(寺本泰規)

photo by courtesy of John Coltrane © Jim Marshall Photography LLC.

(1) John Coltrane[The Lost Sessions] (IMP 00602567492993)より
「Impressions (take3)」 (4:36) (March 6,1963)
John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p) Jimmy Garrison(b) Elvin Jones (ds)

Here is John Coltrane Quartet play “Impressions”.

 

(2) Gene Krupa [Gene Krupa Quartet Live 1966] (DT 8010)より
「Big Noise From Winnetka] (7:11) (Nov. 6, 1966)
Gene Krupa(ds) Eddie Shu(ts) Benny Moten(b) Dill Jones(p)
同じ曲を翌年の映像でお楽しみ下さい。鮮明な映像ではありませんが、ベース(Benny Moten)との絡み合いが見ものです。

Here is Gene Krupa Quartet play “Big Noise From Winnetka”.

 

(3) 志水 愛 [Decade] (MS001) より
「Yardbird Suite]」(7:36) (Aug. 28, 2017)
Manami Shimizu(p) Yutaka Hashimoto(g) Tetsuro Aramata(b)Fukushi Tai naka (ds)

JAZZ喫茶 DEAR LORD(大阪ジャズ同好会会場)で開催されたMASAXこと長島雅枝さんと志水愛さんのデュオライブレポート(酒井オーナー記載)を添付しました。
➡️ こちら

志水 愛さんのピアノトリオ演奏(昨年)を添付します。
Here is Manami Shimizu plays at Osaka Mister Kelly’s in 2017.

 

(4) 山中 千尋 [Utopia] (BlueNote UCCJ-9215)より
「La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)」(4:16)
「Rhapsody in Blue〜 Strike Up The Band 」(3:25) (Mar〜April, 2018)
Chihiro Yamanaka(p) Yosinori Waki(b) John Davis (ds)

Here is Chihiro Yamanaka plays “La Priere D’une Vierge(乙女の祈り)”.

Here is Chihiro Yamanaka plays “ I Loves You, Porgy”.

4.その他

今回は神戸ジャズサロン主宰者Mさんがジャズのニューウエーブをご紹介されました。
Tigran Hamasyanは東京ジャズ出演後、西宮市でも公演が予定されていましたが台風で公演中止になりました。

Here is Tigran Hamasyan play ”Rays of Light (Official Video)”.

神戸ジャズ愛好会7月例会(1)               

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

著作権の関係でSpotifyでの音源提供となります。
https://open.spotify.com/embed/user/21cqwjk7qrbjr6hmzbtlzpwyi/playlist/5ttspr9qU4INdJs1TMiqpK

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

Jazz violinist(4)〜Stephane Grappelli

November 18. 2016

2226184

 

Stephane Grappelli left a prodigious body of recording with jazz legends.

Throughout the ’70s and ’80s, Grappelli made celebrated recordings with such greats as Oscar Peterson, Toots Theilemans, McCoy Tyner, and Gary Burton.

bees9ii

Also he had a particular liking for working with other violinists.

He recorded with Eddie South, Joe Venuti, Stuff Smith, Svend Asmussen, Jean Luc Ponty,Mark O’Connor and others.

yo-yo_ma_2013

Photo of Yo Yo Ma

He first played at Carnegie Hall in 1974 and returned there to celebrate his 80th birthday in 1988 with a concert which teamed him with the cellist Yo Yo Ma.

His playing continued to improve as he gave concerts in the 90s and his recording career.

Stephane Grappelli died on Dec. 1, 1997, at the age of 89.

Here is Stephane Grappelli and  Michel Petrucciani -play “Flamingo”.(1996)

Here is Baden Powell and Stephane Grappelli play “Meditação”.

Here is Stephane Grappelli with the Philharmonica Orchestra play “The Folks Who Live On The Hill” & “Night And Day.” (1984)

Here is Duke Ellington and Stéphane Grappelli (1973)

Here is Stéphane Grappelli and Yo-Yo Ma -play “So In Love”.