タグ別アーカイブ: Michele Cinque

SICILY JASS “The World’s First Man in Jazz”(4)

December 15. 2017

Photo by courtesy of Library of Congress

The Original Dixieland Jazz Band’s record sold approximately one million copies in 1917 alone.

Unfortunately his later years of Nick was lonely.

Not only the success of Nick Larocca in this film,the director Michele Cinque described Nick’s shadow.

In 1940s NIck thought that he is not appreciated by the public as much as he thinks.

Photo by YouTube

So Nick launched a campaign to answer any attempts to discredit him as the creator of jazz.

In the 1950s Nick wrote many letters to newspapers, radio, and television shows.

He insisted that he was the true and sole inventor of jazz music.

He was damaging his credibility and provoking a backlash against him and his reputation and career.

Please see the video of Original Dixieland Jazz Band reunited in 1936.

The director Michele Cinque uses this film effectively at “SICILY JASS”.

The Original Dixieland Jazz Bandのレコードは、1917年だけで約100万枚も売れたそうです。

残念なことにNick Laroccaの晩年は寂しい人生でした。

Michele Cinque監督はNick Laroccaの成功した明るい面だけでなく、影の面もこの映画で描いています。

1940年代、NIckは自分が思っているほど世間に評価されていないと考えました。

そこで自分こそがジャズの創始者であるという主張を展開し始めました。

1950年代になって新聞、ラジオ、テレビ番組等に多くの手紙を差し出しています。

その手紙には自分がジャズにおいては唯一の創始者であると主張しています。

そうした行動が信用を失い、それまでの功績と名声に対し大きな反発が起こってしまいました。

1936年に再結成されたOriginal Dixieland Jazz Bandのビデオをご覧下さい。

Michele Cinque監督は「SICILY JASS」でこのビデオを効果的に使用しています。

Here is an episode of the March of Time from 1937, featuring the Original Dixieland Jazz Band.

SICILY JASS “The World’s First Man in Jazz”(2)

December 12. 2017

Photo by Michele Cinque Facebook

Why did director Michele Cinque produce the film about Nick Larocca’s life?

After the movie,the organizer held a talk event by director Michele Cinque who is from Sicilia.

Why he was interested in the life of Nick Larocca?

file-07017-media

Photo above of Nick Larocca by courtesy La Voce di New York

He said that he heard a surprising fact from Dan Morgenstern.

“At the time Nick was active ,about 10 percent of the population of New Orleans was from Sicilia.”

So he came up with a movie production about the life of Nick Larocca.

dan-morgenstern_02

Photo above of Dan Morgenstern by courtesy of Jazz Lives (Word Press .com)

About Dan Morgenstern, please refer to this website. Go here

Interestingly Italian American musicians contributed to the jazz genre that we know today.

I attached “The documentary Mr. Jazz – The Louis Armstrong Story” which Michele Cinque produced in 2015.

Photo by American Italians Culture Center

何故、Michele Cinque(映画監督ミケーレ・チンクエ)はNick Laroccaの人生を描いた映画を製作したのでしょうか?

主催者(イタリア文化会館大阪)はシチリア出身のMichele Cinque監督とのトークイベントを開催しました。

主催者「何故Nick Laroccaに興味を持ったのですか?」

監督「Dan Morgensternから驚くべき事実を聞きました」と語りました。

「Nick Laroccaが音楽活動を行っていた頃ニューオーリンズの人口の約10%はシチリア出身だった」

その事実を聞いた瞬間、Nick Laroccaの人生を描いた映画を制作したいと思ったそうです。

Dan Morgensternについてはこのウェブサイトを参照してください。 こちらをクリックして下さい。

シチリア出身の音楽家がジャズの発展に大きく貢献したことは興味深いことです。

Michele Cinque監督が2015年に製作した “The documentary Mr. Jazz – The Louis Armstrong Story”を文末に添付致しました。

Photo by Michele Cinque’s Facebook

Michele Cinque(映画監督ミケーレ・チンクエ)の略歴を記載します。
1984年ローマ生まれ。映画やテレビのドキュメンタリー作品を監督。2007年に監督したLavoro liquido、Top Runnerがさまざまな国際フェスティバルで上映され、多くの賞を受賞。2011年にはボブ・マーリーの生涯についてのドキュメンタリーと、ルイ・アームストロングの伝記を監督・製作する。イタリア国営放送RAIの番組製作に携わる。2013年からRAIの特派員。特に南米をカバーする。2013年から2017年までの間に100本以上の映像を製作。2016年にはリビア沿岸を航行し、移民の現状を撮影した。現在、ポストプロダクション中である。2017年には、農業に従事する移民労働者が暮らすプーリア州の一地区を舞台にした短編Jululuを撮り、ヴェネツィア国際映画祭で賞を受賞した(イタリア文化会館の紹介文を引用しました。)

Here is “The documentary Mr. Jazz – The Louis Armstrong Story” directed by Michele Cinque.