タグ別アーカイブ: Milt Hinton

神戸ジャズサロン4月例会(2019年) 楽器別名演持ち寄り「ウッド・ベース」(T川氏)

April,29,2019

Milt Hinton performs with Cab Calloway’s band in Havana, Cuba, 1951. Photo credit: The Milton J. Hinton Photographic Collection

昨日参加した神戸ジャズサロンでの楽器別名演持ち寄りは「ウッド・ベース」でした。トラッド愛好家のT川さんが選曲された4人のベースマンについてブログを作成しました。

以下、当日T川さんがご用意された解説メモを編集せず転載致します。

今回のテーマは「ウッド・ベース」とのことで、従来より楽器別のプレイヤーを調べ てみたいと考えていましたので良い機会と思い、手持ちの資料やLPレコードを見ながらプレイヤーを選び出してみました。 有名、無名のバンドのベーシスト達でニュー・オーリンズ・タイプのメンバーでも約80人ほど見つかり、中間派やモダンのジャズメンを含めると250人ほど見つかるのでは無いかと思いました。 Jazzの歴史で「ウッド・ベース」について見ると1910年代から1920年代ではリズム楽器として使用されていたのは「ブラス・ベース」が主体でした。当時のジャズ楽器の編成は三管楽器にチューバとドラムというのが標準で、一部のダンス・バンドでは 「ウッド・ベース」を採用していた大編成のオーケストラが有った様です。 マーチング・バンドより発達し影響を受けたジャズを考えればブラス・ベースが当然と思えます。
ジャズの進化においては「チューバとバンジョ」、「ウッド・ベースとギター」の組み合わせは音律上好まれる様で1930年代に入ると「ウッド・ベースとギター」の 組み合わせが多く見られるように思えます。

さて、今回私は次の四人のベイシストを取り上げてみました。

Slow Drag Pavageau (1888年3月7日 New Orleans生 1969年1月19日死去)
「Walk through the street of the city」 Bunk Johnsons Jazz Band
Chester Zardis (1900年6月27日 New Orleans生 1990年8月14日死去)
「Put on your old gray bonnet」 Billie & DeDe Pierce and Their Preservation Hall Jazz Band
Ed Garland (1895年1月9日 New Orleans生 1980年1月22日死去)
「Blues for Jimmie」Kid Ory Creole Jazz Band
Milt Hinton (1910年6月23日 ヴィックスバーグ(ミシシッピ州)生 2000年12月19日 NYCで死去)
「Russian lullaby」Joe Venuti and Zoot Sims

以下、YouTubeによる音源を添付致します。

Photo above of “Slow Drag” Pavageau by courtesy of Louisiana Digital Library

Here is Bunk Johnsons Jazz Band play ”Walk Through The Streets”.
Bunk Johnson (tp), Jim Robinson (tb), George Lewis (cI), Slow Drag (b), Lawerence Marrero (bj), Baby Dodds(ds)
American Music Records LP647 1944

Photo above of Chester Zardis by courtesy of 64 Parishes

当日ご紹介された録音とは異なる音源ですがご了承願います。
Here is  New Orleans Footwarmers play  “Put on Your Old Grey Bonnet”.
Cliff “Kid” Bastien (tp,vcl) Frederik John (tb) Sammy Rimington (cl,as) Jon Marks (p) Chester Zardis (b) Sven Stahlberg (d)  New Orleans, May 6, 1990

left to right: Ed Garland (bass), Buster Wilson (piano), Marili Morden (proprietor, Jazz Man Records), Jimmie Noone (clarinet), Mutt Carey (trumpet), Zutty Singleton (drums), Kid Ory (trombone), Bud Scott (guitar) Photo by Wikipedia

Here is Kid Ory Creole Jazz Band play “Blues For Jimmy”.
Mutt Carey(tp) Kid Ory(tb) Omer Simeon(cl) Buster Wilson(p) Bud Scott(g) Ed Garland(b) Alton Redd(d)
Los Angeles, August 3, 1944

Ed Garlandが演奏している映像もありましたので添付します。

Here is “Legends Of Jazz Blues For Jimmy”.
Andrew Blakeney(tp) , Louis Nelson(tb) , Rudi Balliu(cl) , Alton Purnell(p) ,Ed Garland(b) Barry Martyn(ds)

Photo above of Milt Hinton by courtesy of NPR

Here is Joe Venuti and Zoot Sims play “Russian lullaby.
Joe Venuti (violin), Zoot Sims (ts), John Bunch (p), Milt Hinton (b), Bobby Rosengaden (ds),
Chiaroscuro Records CR-142 May 1975

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」大阪ジャズ同好会(2017年8月例会)

July 29. 2018

大阪ジャズ同好会のメンバーである竹村功氏がFacebookを開始されました。

今回は竹村氏が特集を担当された「主役より脇役がめだつモダンジャズ」をブログに再現しました。

尚、本特集は過去にご紹介しておりますが(1917年8月7日投稿)、小生が選んだ映像等を追加してブログを再作成致しました。

全7曲の演奏と竹村氏による「聞き所」を記載しました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Photo by YouTube

ブログ作成者のお気に入りを1曲添付させて頂きました。

Here is Jutta Hipp with Zoot Sims Play“Violets for Your Furs”.

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Laurie Pepper(アート・ペッパーの未亡人)が管理するHPからの映像を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。➡️こちら

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Kirk Stuartの映像を追加しました。

Here is Kirk Stuart sings ”But Not For Me”.

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966
「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

エリントン楽団をバックにRay Nanceが歌っている映像を追加しました。
Here is Ray Nance sings ”It don’t mean a thing”.

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

メジャー・ホーリーの映像を追加しました。
Here is Major Holley Play ”Bass Solo”.

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

御大が最高のリズム陣をバックに名曲を演奏した映像を追加します。
Here is Coleman Hawkins Quintet play ”Lover Man”.
Coleman Hawkins(ts) Johnny Guaneri(p) Milt Hinton(b)Barry Galbrath(g)Cozy Cole(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

今年発売された「The Final Tour:The Bootleg Series,Vol.6」から1曲追加しました。

Here is Miles Davis Quintet play ”So What”.

David Sarser lugged the Ampex reel-to-reel tape decks into The Embers

March 4.2018

David Sarser played violin with the NBC Symphony Orchestra in the 1950s under Arturo Toscanini.

Then he worked with Les Paul in the early days of recording technology, developing the first multi-track recording device, an 8-track tape recorder made by Ampex.

Please see the article by JazzWax. Go here

このCD解説の冒頭にDavid Sarserが紹介されています。

Photo by reevesaudio.com

「ヴァイオリニストDavid Sarserはアンペックス製ポータブルテープレコーダーをレストランThe Embersに持ち込み録音しました」

David Sarserはトスカンニーニ率いるNBC交響楽団でバイオリン奏者であり、Ampex社の東海岸地区における営業担当者でもありました。

JazzWaxさんの記事もご覧下さい。こちらをクリックして下さい

Photo above of Dave Sarser by courtesy reevesaudio.com

David SarserさんとAmpex社製のテープ・デッキについては下記を参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

Dave Sarser and Les Paul(2005) by courtesy of reevesaudio.com

尚、マルチトラックの創始者であるレス・ポールについてはこちらを参照して下さい。

こちらをクリックして下さい。

 

10259011096_ffe04f1993-2

photo by Flickr

Here is Joe Bushkin Quartet play Ballad Medley(Easy Living, I’ve Got The World On A String, If You Were Mine, Body And Soul).
Joe Bushkin ( p ) Buck Clayton ( tp) Milt Hinton ( b ) Jo Jones (d)
Recorded at the Embers, New York City, early 1952

Here is Joe Bushkin Quartet play Medley (Memories Of You, Yesterdays, September Song, California Here I Come).
Members of the recording are the same as above.

I listened to the mourning radio program of George Avakian(1)

December 05. 2017

By Courtesy of The New York Times,From left, Louis Armstrong, the songwriter W.C. Handy and George Avakian in the 1950s.

Last week I heard my favorite radio program “World Jazz Warehouse.”Christopher Knott (番組DJクリスさん) introduced some of the many great recordings by George Avakian for mourn his death.

So I would like to introduce my favorite songs according to the album introduced in the program.

About songs that were broadcast on the day, please see the radio program’s website.Go here

毎週日曜日の夜はいつもジャズ番組「World Jazz Warehouse(FMCOCOLO765)」を聞いています。

今回の放送でChristopher Knott(番組DJクリスさん)は先月98歳で亡くなった偉大なプロデューサーGeorge Avakianさんを追悼し、Avakianが遺した多くのレコーディングから数曲ご紹介されました。

そんな訳で番組で紹介されたアルバムに収録されている曲(私が好きな曲)を以下ブログで紹介したいと思っています。

尚、当日に放送された曲については、ラジオ番組のウェブサイトをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。


Louis Armstrong “Louis Armstrong Plays W.C. Handy”
Here is Louis Armstrong plays “Yellow Dog Blues”.
Louis Armstrong (tp), Trummy Young (tb), Barney Bigard (cl), Billy Kyle (p), Arvell Shaw (b), Barrett Deems (ds) July 12, 1954… New York


J.J. Johnson & Kai Winding Octet “Jay & Kai +6”
Here is J.J. Johnson & Kai Winding Octet play “You Don’t Know What Love Is”.
J.J. Johnson, Kai Winding, Urbie Green, Bob Alexander, Eddie Bert, Jimmy Cleveland (tb), Tom Mitchell, Bart Varsalona (btb), Hank Jones (p), Milt Hinton (b), Osie Johnson (ds)
1956… New York

Here is J.J. Johnson & Kai Winding Octet play “Night in Tunisia”.
Members of the recording are the same as above.
add Candido (cga)


George Avakian produced “Chicago Jazz Album”.
Here is Jimmy McPartland and his Orchestra play “Sugar”.
Jimmy McPartland(cor),Bud Jacobson(cl),Boyce Brown(as),Floyd Bean(p),Dick McPartland(g), Jim Lannigan(sb),Hank Isaacs(d) Chicago, October 11, 1939.

Here is Jimmy McPartland and his Orchestra play “China Boy”.
Members of the recording are the same as above.


George Wettling’s Chicago Rhythm Kings play “I’ve Found A New Baby”.
Charlie Teagarden(tp),Floyd O’Brien(tb),Danny Polo(cl),Joe Marsala(ts),Jess Stacy(p),Jack Bland(g),Artie Shapiro(sb,George Wettling(d) New York, January 16, 1940.

George Wettling’s Chicago Rhythm Kings play “Bugle call Rag”.
Members of the recording are the same as above.