タグ別アーカイブ: Monty Sunshine

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

2019年7月30日

特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

T川氏(古くからのODJC会員)

「Sunset Cafe Stompers」

当日は「Carry Me Back To Old Virginy」をご紹介されました。お恥ずかしい話ですが「Sunset Cafe Stompers」というグループ名を初めて知った次第です。(汗)

当日ご紹介されたCDについては こちら ▶️ をご覧下さい。

今回は小生が馴染みのある曲を添付致します。

Here is Sunset Cafe Stompers play “Apex Blues”.

グループの詳細については下記HPをご覧下さい。

こちら ▶️

「Lu Watters Yerba Buena Jazz Band」

このバンドのレコードは持っています。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play “Riverside Blues”.

1曲追加させて下さい。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play ”Sunset Cafe Stomp”.
Lu Watters, Bob Scobey(tp) Turk Murphy(tb) Ellis Horne(cl) Wally Rose(p) Clancy Hayes, Russ Bennett(bj) Squire Girsback(tu) Bill Dart(d)
San Francisco, CA, March 29, 1942

「Monty Sunshine」
モンティ・サンシャインはイギリスのトラッド・ジャズシーンで活躍したクリス・バーバーのバンドでクラリネットを担当していました。

当日は「Love Like A Violin」ご紹介されましたが、1990年の映像を添付致します。

Here is Monty Sunshine Band play “Old Rugged Cross”.

「Sharkry’s Kings Of Dixieland」

このバンド名も当日初めて聞きました。奥が深いです!

Here is Sharkry’s Kings Of Dixieland play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

T川さんが“Auf Weidersehn Sweetheart”は「ラジオ神戸で放送していた電リクのエンディング曲」であるとコメントされました。小生は電リクは聞いたことがありませんが、例会に参加されていた多くの会員は「ああ、あの曲や!」と思われたでしょう。電話リクエスト(ラジオ神戸)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

Here is Les Baxter play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

「Lee Wiley」

Here is Lee Wiley sings “Let’s Do It”.
Lee Wiley(vo) Bunny Berigan(tp) Joe Bushkin(p) Sid Weiss(b) George Wettling(ds)
New York,April 10,1940

「Buddy DeFranco」

直前に出演していたオスカー・ピーターソンによる司会もお聴き下さい。

Here is Introduction for Buddy DeFranco by Oscar Peterson.

Here is Buddy DeFranco Quartet play ”Street Of Dreems”.
Buddy DeFranco(cl) Kenny Drew(p) Eugene Wright(b) Art Blakey(ds)
At The Blue Note,Chicago May 1,1953

「Art Pepper」(ラジオ放送「Stars Of Jazz」から)

43年前「Calliope盤」として発売された事もありました。

Here is Art Pepper Quartet play ”Everything Happens To Me”.
Art Pepper(as) Larry Bunker(p) Don Payne(b) Chuck Flores(ds)
LA,March 31,1957

「Stars Of Jazz」については下記英語サイトに詳しく記載されています。

こちら ▶️

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

Lee WileyとBunny Beriganが共演した録音日「1940年4月10日」をディスコグラフィーで確認してびっくり!

この日、Bunny BeriganはTommy Dorsey楽団のトランペット席でスター歌手Frank Sinatraの伴奏も行っていました。
又、The Pied Pipersも控えておりJo Staffordも一緒にいた訳ですね。

Here is Tommy Dorsey And His Orchestra with Frank Sinatra play ”I Haven´t the Time to Be a Millionaire”.

Tommy Dorsey And His Orchestra: (vcl) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers
Bunny Berigan, John Dillard, Ray Linn, Jimmy Blake (tp) Les Jenkins, George Arus, Lowell Martin (tb) Johnny Mince (cl,as) Fred Stulce (as,arr) Hymie Schertzer (as) Paul Mason, Don Lodice (ts) Joe Bushkin (p) Clark Yocum (g) Sid Weiss (b) Buddy Rich (d) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers (vcl) Sy Oliver, Axel Stordahl, Dean Kincaide (arr) Tommy Dorsey (tb,ldr)
New York, April 10, 1940

大阪ジャズ同好会(2017年2月例会) 「ジャズクラリネットの脇道を歩く」(解説 掘 晃氏)

May 13.2018

ジャズ・クラリネットの歴史といえば、ニューオリンズ・ジャズのジョニー・ドッズ、ジミー・ヌーン~スイング時代のベニー・グッドマン、アーティー・ショウバップ以降のトニー・スコット、バディ・デフランコ~エディ・ダニエルズといった流れが「表通り」といえるでしょう。日本では鈴木章治、北村英治、藤家虹二の御三家。しかし、むろん米国のみならず、ヨーロッパやラテン系、日本にも名手は多く、また、クラリネットはリード楽器の基礎ですから、多くのサックスプレイヤーが演奏しており、クラシックの演奏家がジャズを演奏する例も少なくありません。そこで、ちょっと脇道を歩く視点で名手の演奏を紹介します。(掘)

先週も紹介したMonty Sunshineです。

1. Here is Monty Sunshine plays “Hush-a-bye”. (Chris Barber Jazz Band)
Monty Sunshine (cl), Lonnie Donegan (bj), Chris Barber (b), Ron Bowden (d)
London, March 26, 1956
Hush-a-bye

Photo above of Jimmy Hamilton by Wikipedia

ジミー・ハミルトンはバーニー・ビガードの後任としてデューク・エリントン楽団に入団しました。(1943年から1968年まで在籍)

2. Here is Jimmy Hamilton Orchestra play ” The Nearness Of You”.
John Anderson (tp) Mitchell “Bootie” Wood, Britt Woodman, Dave Wells (bar-hrn) Jimmy Hamilton (cl) Paul Gonsalves (ts) Jimmy Rowles (p) Aaron Bell (b) Sam Woodyard (d) Los Angeles, July, 1960
The Nearness Of You

Photo above of Peanuts Hucko by Wikipedia

3.Here is Peanuts Hucko All Stars play “Rose Room”.
Peanuts Hucko (cl) Frits Landesbergen (vib) John Bunch (p) Jack Lesberg (b) Jake Hanna (d) Louise Tobin (vcl)  Holland, July 8, 1986
Rose Room

Richard-Stoltzman-Updated

Photo by Milken Archive

4.Here is Richard Stoltzman plays “Maidens Awake”.
Richard Stoltzman(cl),Gary Burton(vib),Eddie Gomez(b)……   August 9-11,1999
Maidens Awake

Richard Stoltzmanについては過去の投稿もお時間あればご覧下さい。⇨下記に5回分を添付しました。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

Photo above of James L. Dean by courtesy of jldeanorchestra.com

5.Here is James L. Dean Quartet play “Giant Steps”.

(30秒しか聞くことができませんことをご容赦下さい)
James L. Dean (cl) Vic Cenicola (g) Ron Naspo (b) Glen Weber (d,cga)  N.J., July 23 & 25, 1995
Giant Steps

James L. DeanについてはHPを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。

DSC_0025_0

Photo above of Evan Christopher by courtesy of Bebopified

6.Here is Evan Christopher plays “Tropical Moon”
Evan Christopher (cl) David Blenkhorn (g) Dave Kelbie (rhythm-g) Sebastien Girardot (b) (Finese: Django a la Creole)  Wales, March, 2010
Tropical Moon

Evan ChristopherについてはFaceBookを参照しました。⇨こちらをクリックして下さい。 

Photo above of Paquito D’Rivera from aztecatrends.com

7.Here is Paquito D’Rivera plays “Tico ! Tico !”.
Paquito D’Rivera (cl) Danilo Perez (p) Fareed Haque (g-1) Romero Lubambo (g-2) Tiberio Nascimento (g-3) David Finck (b-4) Nilson Matta (b-5) Mark Walker (d-4) Portinho (d-5) New York, 1989
Tico! Tico

Paquito D’Riveraについては過去の投稿もお時間あればご覧下さい。⇨下記に5回分を添付しました。

【1】 【2】 【3】 【4】 【5】

Buddy DeFranco (left) and Eddie Daniels Photos by Garrett Cheen

Eddie DanielsとBuddy DeFrancoについては今回省略させて下さい。

Rolf Kuhn と Bob McGarryがArt Hodesのテレビ番組(1958年)に出演した映像をご覧下さい。

8.Here is Rolf Kuhn and Bob McGarry play “Bei Mir Bist Du Schön”.  2 Oct.1958

スウェーデンの名手Ove Lindについても映像を添付しました。

9.Here is Ove Lind plays “Swingtime”.

解説の掘氏「日本人演奏家として最も高く評価している清水万紀夫」

10.Here is 清水万紀夫(Makio Shimizu) plays “Les Liaisons(危険な関係)”.

最後にBS録画映像「日本のトップジャズメンたち」からレイモンド・コンデの映像を添付します。
 Here is レイモンド・コンデ(Raymond Conde) plays “Star Dust”.
 

”Jazz for Kutsurogi” fe.New Orleans style clarinet players(2)

May 10.2018

神戸在住のトラッド愛好家T川さんから頂いたCD特集の2回目です。

今回は8〜13曲目までの6曲を添付しました。

8. Here is Doc Paulin’s N.O.L.A.Band play “Ciribiribin”.
Ernest Doc Paulin (Tp), Eddie Morris (Tb), Emile Barnes (CI),Fan Bourgeau (Bj), Sylvester Handy (B), Henry Revel (Dr)
Icon Records LP-13 New Orleans, August 9, 1962

 

Emile Barnes ⇨ こちらをクリックして下さい。

9. Here is John Casimir’s Young Tuxedo Jazz Band “What a friend we have in Jesus”.
Kid Howard (Tp), Albert Warner (Tb), John Casimir (Cl),Emanuel sayles (Bj), Albert Tillman (B), Alfred Willams (Dr)
Icon Records LP-11 New Orleans, September 5, 1962

(レコード録音時のハムノイズについてはご容赦下さい)

 

Photo by The Manchester Sports Guild

10. Here is Kid Martyn New Orleans Ragtime Band “Careless love”.
Keith Cuff Billet (Tp), Peter Dyer (Tb), Bill Greenow (CI), Graham Patterson (P), John Coles (Bj), Terry Knight (B), Barry Martyn (Dr),
GHB Records LP-10
Cricklewood, London, August 10, 1963

 

Bill Greenowの写真(Barry Martin’s Ragtime Band)は下記HPからお借りしました。⇨ こちらをクリックして下さい。

Jim Robinson, George Lewis, and Sammy Rimington(June 1962)
Photo by courtesy of Tom Sancton’s News & Views

11. Here is Kid Sheik With Barry Martyn’s Band play “When your hair has turned to silver”.
Kid Sheik Cola (Tp), Jack Wedell (Tb), Sammy Rimington (Cl),
Paul Seeley (Bj), Harry Richardson (B), Barry Martyn (Dr), GHB GHB-187
Egham Cricket Club, Egham, England, June 12, 1963

Sammy Rimington さんのHPです。こちらをクリックして下さい。

 

12. Here is Chris Barber’s Jazz Band play “Storyville blues”.
Pat Halcox (Tp), Chris Barber (Tb), Monty Sunshine (CI), Lonnie Donegan (Bj), Jim Bray (B), Ron Bowden (Dr), ”Royal Festival Hall”, London, October 30, 1954 Lake CD LACS4

Monty Sunshineについてはクリス・バーバー(Chris Barber)さんのHPを参照しました。⇨ こちらをクリックして下さい。

 

Photo by Discos

13. Here is Acker Bilk’s Paramount Jazz Band “Franklin St. blues”.
Ken Sims (Tp), Johnny Mortimer (Tb), Acker Bilk (Cl), Joy Hawkins (Bj), Ernie Price (B), Ron Mckay (Dr),London March 6.1958 Reprise Records R-6031

(音量を少し下げてお聞き下さい)

Acker BILK & His Paramount Jazz Band: In A Persian Market (Live in Jazz Festival Prague 1964)