タグ別アーカイブ: Nicholas Payton

神戸ジャズサロン2月(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」①

February 25.2019

昨日、神戸ジャズサロン(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。 今回のテーマ 「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」には8人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家(8人)をお楽しみ下さい。

・Y瀬氏


Jimmy Smith

以下、レジュメに記載されたコメントを転載させて頂きました。
「昭和29年(1954年)、貧乏学生が、小遣いを貯めて三宮センター街のヤマハで初めて買った 12インチLPが、初めて聴いたジミー・スミスでした。初期と晩年から各1曲。 」

1曲目は「Jimmy Smith At The Organ,Vol 3(BlueNote BLP1525)」から”Willow Weep For Me”を選曲されました。

ブログでは1962年パリのライブ映像を添付します。
Here is Jimmy Smith Trio play ”Willow Weep For Me”.
Jimmy Smith(organ); Roy Montrell(g); Donald Bailey(ds)

Photo above of Nicholas Payton by courtesy of The New York Times

Here is Jimmy Smith and Nicholas Payton play ”Days of Wine and Roses”.
Jimmy Smith(Organ),Nicholas Payton (Trumpet) New York, January 25 & 26, 1995

・T川氏


Fats Waller

Here is Louisiana Sugar Babes play ”Willow tree”.
Jabbo Smith (cnt) Garvin Bushell (cl,as,bassoon) James P. Johnson (p) Fats Waller (org) N.J., March 27, 1928

当日はFats Wallerの演奏として上記1曲だけをご紹介されましたが、ブログ作成者より1曲追加させて頂きます。

Here is Louisiana Sugar Babes play ”Thou Swell”.
Members of the recording are the same as above.

Marvin Ash
「Have A Good Time With Big George Bruns」というCDから2曲”When you’re smiling”,”Where has the melody gone ?”を紹介されました。
Dick Cary (tp) George Bruns (tb) Dick Anderson (cl) Marvin Ash (org) Allen Reuss (g) Jess Bourgeois (b) Irv Cottler (d) California, prob. mid-1960’s

残念ですが上記2曲は本ブログでは提供できません。

Photo above of René Rooimans(in the middle) by courtesy of Deskgram

René Rooimans

Rik van den Bergh(as)の「Swingmatism (1999年)」から”Hard time”をご紹介されました。

Rik van den Bergh(as),Raymond Nijenhuis(g) ,René Rooimans(org),Erik Kooger(ds)
Miscellaneous Music MR5030

上記CDに関しては下記のサイトにおいて試聴可能です。

こちら ▶️

・F川氏

Photo above of René Rooimans(in the middle) by courtesy of Deskgram

Joey DeFrancesco

Here is Count Basie Orchestra with Joey DeFrancesco play “April in Paris”.

Here is Count Basie Orchestra with Joey DeFrancesco play “April in Paris”.

Richard “Groove” Holmes

本CDの詳細についてはこちら ▶️

上記CDから2曲”Just one of those things”,”Killer Joe”をご紹介されましたが、今回はプロモート用に制作されたYouTube映像でご容赦下さい。

Here is Richard “Groove” Holmes play “Swedish Lullaby”.

又、昨年JazzWaxさんがRichard “Groove” Holmesについて投稿されています。

こちら ▶️

・T見氏

例会ではいつもカラー印刷されたレジュメを別途配付されています。今回も当日配付されたレジュメをブログの末尾に添付致しました。

Photo above of Reuben Wilson by courtesy of All About Jazz

Reuben Wilson

Here is Reuben Wilson Quatet play ”Blues for McDuff”.

Melvin Butler (ts) Reuben Wilson (org) Grant Green, Jr. (g) Bernard “Pretty” Purdie (d) New York, 2001

photo above of Gene Ludwig by Wikipedia

Gene Ludwig

当日、Jimmy Ponderがリーダーとなった「What’s New」から”God bless the child”をご紹介されましたが都合により本ブログでは提供出来ません。

代替曲として、Gene Ludwigのコンサート映像を添付致します。

Here is Gene Ludwig Organ Trio play “Duff’s Blues”.(親友のJack McDuffジャック・マクダフに捧げた曲)

Gene Ludwig(Hammond organ), Dave Stryker(g), Vince Ector(ds)October 23, 2009