タグ別アーカイブ: Nils Lindberg

Alice Babs(1)

September 27,2018

今週、ジャズ含め幅広い音楽に詳しいBar(北新地)のマスターがアリス・バブス(Alice Babs)の「Music with a Jazz Flavour」を紹介されていました。

本アルバムは小生の大好きなニールスリンドバーグ(Nils Lindberg)のオーケストラをバックにキャロル・キングの「タペストリー」等を録音した1973年の作品です。

アリス・バブス(Alice Babs)についてはエリントン楽団との共演作品等(上記2枚)がジャズファンには有名ですが、初期の録音について語られることが少ないようです。

今回上記写真「early Recordings 1939-1949」並びにYouTubeにアップされた初期の音源をディスコグラフィーで確認しながら聞きました。

又、アリス・バブス(Alice Babs)が歌っている初期の映像もYouTubeで楽しみました。

映像については明日に纏めてブログに投稿する予定でございます。

アリス・バブスは1924年1月26日、スウェーデンのカルマールで生まれ、2014年2月11日死去されています。

父親がピアニスト・作曲家であった音楽一家に育ち、15歳でレコーディングデビューしています。

最初の録音として記載されている音源は上記レコードには収められていませんでした。
”On the bumpy road to love”    Stockholm, May 31, 1939
上記の曲はJudy Garland が主演したMGM映画(1938年作品)でヒットしました。

上記レコードから1曲お楽しみ下さい。

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Nobody’s sweetheart “.
Stockholm, July 5, 1939

Nobody’s sweetheart

Here is Alice Babs sings “Jag har en liten radiola”.
Alice Babs (vcl) acc by Rune Ander, Olle Jacobsson (tp) Miff Gorling (tb,arr) Olle Thalen (as,cl) Elver Jansson (as) [aka Borje Elvers-Elverman (as) ], Nisse Blucker (ts) Rolf Ohlsson (p) Sven Stiberg (g) Per Liljefors (b) Olle Blomberg (d)
Stockholm, July 7, 1939

2日後の録音です。

Jag har en liten radiola

スタンダードに取り組んでいます。

Here is (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Stardust”.
Stockholm, February 9, 1940

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “F.D.R. Jones”.
Stockholm, February 9, 1940

デビュー当初はヨーデル歌手として脚光を浴びました。

Here is Alice Babs (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Joddelswing”.
March 20 1940

Here is (with Nisse Linds Hot Trio) sings “Dedicated to you”.
Stockholm, May 16, 1940

Here is Alice Babs (with Eckert Lundins Filmorkester) sings “Swing it magistern”.
Alice Babs (vcl) , Thore Ehrling (tp) Tore Westlund (cl,as) Ove Ronn (as) Stig Holm (p)
Stockholm, December 4, 1940

オーケストラをバックに録音しています。

Here is Alice Babs sings “Swing fula fluga swing”.
Alice Babs (vcl) acc by Rune Ander, Olle Hedberg, Nisse Skoog (tp) Sven Hedberg, Miff Gorling (tb) Lasse Schoning (cl) Erik Fivel, Nils Landqvist (as) Karl-Axel Karlen, Alarik Ljungdahl (ts) Evert Heden (p) Sven Stiberg (g) Arthur Osterwall (b) Ake Brandes (d) Stockholm, January 31, 1942

小編成トリオをバックに録音しています。

Here is Alice Babs sings “Exactly like you”.
Nils “Nisse” Lind (p,celeste,accor) Birger Larsson (g) Henry Lundin (b) Alice Babs (vcl)
Stockholm, May 26, 1941

最後の曲ですが今回一番びっくりした録音です。迫力満点の歌唱です。

又、この演奏を聞いたことにより戦前のスウェーデン音楽界が先進的であったことも再確認出来ました。

Alice Babs (with Seymours Orkester) sings ”Minnie the Moocher’s wedding day”.
Stockholm, May 27, 1941

_Minnie the Moocher’s wedding day

Photo above of Alice Babs by courtesy of Skovde Nyheter

 

神戸ジャズサロン8月例会「バリトンサックスの名演」番外編

August 31,2018

今回は当日ご紹介されなかったハリー・カーネイ(Harry Carney)さんの映像含め、例会概要作成時にチェックしたYouTube映像をブログに纏めました。
ブログをご覧になって「俺の好きなバリトン奏者出てないな」と思われる方が多いと推察致しますがご容赦願います。

Photo above of Duke Ellington and Harry Carney by courtesy of
The Jan Persson Jazz Collection

Harry Carney

Here is Duke Ellington Feat. Harry Carney plays ”Sophisticated Lady”.
演奏に参加した大物サックス奏者の表情がとても面白いです。

Here is Harry Carney with Strings play “We’re In Love Again”.

Photo above of Serge Chaloff by JazzWax

寺本氏がご紹介
Here is Serge Chaloff Quartet play “All the Things You Are”.
Serge Chaloff(bs) ,Sonny Clark(p),Philly Joe Jones(ds),Leroy Vinnegar(b) LA March 14 & 16, 1956

Serge Chaloff の映像をご覧下さい。(Four Brothersが揃っています)
Here is Woody Herman Orchestra play “Northwest Passage”.

Photo above of Sahib Shihab by courtesy of Alchtron

Sahib Shihab

Here is Dizzy Gillespie Reunion Band featuring Cecil Payne & Sahib Shihab play ”Ray’s Idea” (1968)

Howard Johnson

26分と長く映像も良くないですがバリサク好きには堪らない共演

Here is Baritone Sax Quartet: Nick Brignola, Ronnie Cuber, Cecil Payne, Howard Johnson, Berlin 1985

Pepper Adams

上記映像を提供したのがPepperAdamsJazz ですので、Pepper Adamsを一曲添付しました。

Photo above of Pepper Adams by YouTube

Here is Pepper Adams Quartet play “Bossallegro”.
Pepper Adams (bars) Tommy Flanagan (p) George Mraz (b) Leroy Williams (d)  New York, March 11, 1980

以下、小生のお気に入りにお付き合い下さい。

Photo above of Adrian Rollini by courtesy of Pinterst

Adrian Rollini(例会でご紹介した音源を添付します)
Here is Joe Venuti’s Blue Four play ”Beatin’ The Dog”.
Joe Venuti(vln), Adrian Rollini(bass Saxバス・サックス), Eddie Lang(g) ,Arthur Schutt(p)
NYC, June 28, 1927

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral,by Courtesy of Jeff Austin

Charlie Ventura

Here is Charlie Ventura Quartet play “Blue Prelude”.
Charlie Ventura (bars), Gene Kutch (p),Ace Tesone (b),Chick Kenny (ds)
Norgran MGN-1075 NYC.December 22, 1952.

Joe Temperley

Here is Joe Temperley plays “The Very Thought of You”. (June 10, 2012)

Lars Gullin

例会でF川氏から「平野君、なんで大好きなLars Gullin持って来なかったの」と言われました。先月の神戸ジャズ愛好会でご紹介しましたので選曲しませんでした。

1962年コペンハーゲンのカフェモンマルトルでのライブ映像
Copenhagens Jazzclub Montmartre in 1962.
Here is Dexter Gordon, Lars Gullin and Sahib Shihab play ”The Flight”.

最後に添付しました映像は小生の大好きな3人がオーケストラと共演しています。(途中の解説は Nils Lindberg)

Here is Lars Gullin with Nils Lindberg and Rolf Billberg on Swedish television.

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会)『私が選んだ隠れ名盤』②

August 17,2018

2018年8月12(日)に開催された大阪ジャズ同好会『私が選んだ隠れ名盤』では渋い演奏者がご紹介されました。

K田氏

『A LIFE』小西徹
「Golden Earrings」
(当日は1997年小西氏が死の直前に録音された「Golden Earrings」をご紹介されましたが、都合により1979年に録音された下記2曲をお楽しみ下さい)
Here is 小西徹 Trio play ”Autumn Leaves”.
小西徹(g)伊藤潮(b)岩本龍夫(d)

Here is 小西徹 Trio play ”Wave”.

上記録音についてはこちらをご覧下さい。➡️こちら

 

 

H氏

『Milky Way Concert ’06』清水万紀夫
清水万紀夫クラシック・ジャズ・クヲルテットから「ダイナ」と「メモリーズ・オブ・ユー」をご紹介されました。
清水万紀夫(cl) 田辺信男(ts) 阿部寛(g) 小林真人(b)
上記録音は都合によりご紹介出来ません。本録音についてはこちらをご覧下さい。➡️こちら

Here is 清水万紀夫 plays 「危険な関係のブルース」.
清水万紀夫(cl )宮之上貴昭(g)緑川一男(b)
2011年9月13日(火)

清水万紀夫プロフィールはこちらをご覧下さい。➡️ こちら

当日H氏から「小林真人氏」のベース奏法について詳細な解説があったことをご報告させて頂きます。H氏作成のHPに「小林真人氏」の項目がございますので是非ご覧下さい。(「リンクフリー」ということで本ブログでもリンクさせて頂きます)      ➡️こちら

平野

『We’ll Be Together Again』Rolf Billberg
40年以上前に「阪急東通りLPコーナー」3階の一番端に展示されていたが購入できなかったアルバム。退職間際に東京のディスクユニオン中古館でようやく購入しました。
Here is Rolf Billberg Quintet play “Ablution”.
Jan Allan (tp) Rolf Billberg (as) Rune Gustafsson (g) Roman Dylag (b) Rune Carlsson (ds)
Sweden, February 23, 1965
Ablution

Rolf Billbergの映像を添付します。(画質の悪さについてはご了承願います)

Here is Lars Gullin All-Stars play “Milestones”.

2.『Sax Appeal』Nils Lindberg’s septet Featuring Lars Gullin

Here is Nils Lindberg’s septet play ”Curbits”.
Rolf Billberg (as) Harry Backlund, Allan Lundstrom (ts) Lars Gullin (bar) Nils Lindberg (p) Sture Nordin (b) Conny Svensson (ds) Stockholm, February 9 & 10, 1960

Curbits

上記レコードを購入した時の状況が「週末JAZZのページ」で記載されていますので引用させて頂きます。(文中のHとは平野本人です)

「その当時のジャズ喫茶の名店「JOJO」に居た時マスターが発した一言にHさんの顔色がかわった。「H君、VICにSAX APPEALがはいったらしいで・・・」
やおら伝票をつかんだHさんは一目散 、わけがわからない私は、後を追いかけるのが精一杯。突然きびすを返してこちらに戻ってきたHさんが一言。「悪いけど、金かしてくれへんかぁ」
いつもは持ち合わせの少ない私が珍しくその時は持ち合わせがあり、Hさんは目出度くSAX APPEALを入手できた次第。」

週末JAZZのページについては➡️ こちらをご覧下さい。

下記アルバムはオリジナルジャケットです。

Photo by Discogs

 

The early Swedish Jazz(6)

073_convert_20110806214113_20111230083357

Lastly about Swedish Jazz, I will introduce two records.

First, ‘We’ll Be Together Again’ by Rolf Billberg.

Rolf Billberg was born 22 August 1930.

From 1954〜1955 he worked with Lars Gullin and made some recordings.

Unfortunately he became seriously ill and died on 17 August 1966.

He had been referred to as the Swedish Lee Konitz.

He picked up Lee Konitz tune “Palo Alto” and “Sound-Lee”.

Also he played ballad number ‘Darn That Dream’.

0230010001112

Second,’’Sax Appeal’’ by Nils Lindberg.

About his achievment ,please refer to his official site.Go here

I’ve posted this album in the past.

Please refer to my past blog.Go here

Here is Rolf Billberg and Nils Lindberg in Stockholm 1962

The Sweden Modern Jazz group ~Sax Appeal

November 21. 2015

NILS LINDBERG Sax Appeal BL

I had heard good jazz records in the jazz cafe in school days.

The record collectors also came to the well through the cafe at the time.

I was taught a lot of jazz records from them.In particular I have heard well even now in Sweden

jazz and that was impressive in its .

“Sax Appeal” was best and a cover was also excellent.

About Nils Linberg,please refer to his official site. Go here

img11

Attached photo of the document that was recorded 1977 at “the cafe Oasis” in Osaka.