タグ別アーカイブ: Norman Granz

Ralph Burns Among the JATP’s

August 04,2018

Photo above of Norman Granz by courtesy of Penn State News

In those days Norman Granz had appreciated the talent as Ralph Barn’s arranger.

So he produced ”Ralph Burns Among the JATP’s” .

The soloists include Jazz at the Philharmonic regulars Oscar Peterson, Ray Brown, Roy Eldridge Flip Phillips and Bill Harris and others.

According to Norman Granz “Ralph tried to capture the personality of the JATPs with his pen and baton.

ノーマン・グランツはラルフ・バーンズの才能を高く評価していました。それ故ノーマン・グランツはJ.A.T.P.のメンバーとラルフ・バーンズを組み合わせた録音を企画しました。

このアルバムではJ.A.T.P.のメンバーをフィーチャーした編曲が聞き所です。

今回はピーターソン、ジミー・ハミルトン、ルイ・ベルソンをフィーチャーした編曲をお楽しみください下さい。

 

”Ralph Burns Among the JATP’s” .
Roy Eldridge (tp-1) Al DeRisi, Bernie Glow, Lou Oles, Al Porcino (tp) Bill Harris (tb) Jimmy Hamilton (cl) Hal McKusick, Sam Marowitz (as) Al Cohn, Flip Phillips (ts) Danny Bank (bar) Oscar Peterson (p) Ray Brown (b) Louie Bellson (d) Ralph Burns (arr,cond)
New York, February 4, 1955

Ella Fitzgerald,Oscar Peterson,Roy Eldridge and Max Roach(1952)
Photoby courtesy of Pinterest

Perpetual Motion

Photo above of Jimmy Hamilton by Google Site

Pimlico

Photo above of Louis Bellson by courtesy of DRUMMERWORLD

Taxco

 

本ブログ作成中に 「けったいな(大阪弁でご勘弁を)」企画を発見しました。

伝説のジャズ・イベント『ジャズ・アット・ザ・フィルハーモニック 2018』

主催はユニバーサル ミュージック合同会社 (UNIVERSAL MUSIC LLC)

ノーマン・グランツさんも墓場で泣くような企画だと思います。

詳細は同社のHPをご覧下さい。 こちら▶️ をクリックして下さい。

 

The Jazz Sceneに収録されたRalph Burns と George Handy

August 03,2018

Night Lights is a weekly one-hour radio program of classic jazz hosted by David Brent Johnson and produced by WFIU Public Radio.

私がいつもインターネットで聴取しているジャズ番組「Afterglow」でノーマン・グランツ(Norman Granz)の特集が予定されています。

8月9日に番組が公開される予定です。詳細は ▶️ こちらをクリック

現在、2年前に「Nights Lights」で放送された「Norman Granz’s Jazz Scene」をスクリーミング放送で聞く事が可能です。

▶️ こちらをクリック

上記ストリーミング放送ではノーマン・グランツが1949年4月に製作した「The Jazz Scene」を紹介しています。オリジナルは12インチSPレコードのセットで限定5,000部が製作販売されノーマン・グランツ自身のサインとシリアル・ナンバーが記載されたそうです。

Ralph Burns, Edwin A. Finckel, George Handy, Neal Hefti, Johnny Richards, and Eddie Sauter (at MOMA 1947) Photo by William P.Gottlieb

個人的にはJATPの興行主でもあったノーマン・グランツがラルフ・バーンズ(Ralph Burns)と ジョージ・ハンディ (George Handy)を起用している事が興味深いです。以下2曲添付しました。

Here is George Handy And His Orchestra play “The Bloos”.
Pete Candoli, Sonny Berman, Al Killian, Conrad Gozzo, Dale Pierce (tp) Bill Harris, Ollie Wilson, Ed Kusby (tb) Evan Hall, Vince DeRosa (fhr) Jules Jacobs (oboe) Robert Swanson (bassoon) Art Fleming (contra-bassoon) Harry Klee (as,fl,cl) Hal McKusick (as) Herbie Steward, Lucky Thompson (ts) Chuck Gentry (bar,b-cl) Dodo Marmarosa (p) Arvin Garrison (g) Harry Bluestone, Robert Jamison, Carl Walker (vln) Arthur Kafton (cello) Red Callender (b) Don Lamond (d) Jimmy Pratt, Jackie Mills (perc) George Handy(arr,dir)
Los Angeles,October 15, 1946

The Bloos

Here is Ralph Burns And His Orchestra play “Introspection”.
Sonny Berman, Conrad Gozzo (tp) Bill Harris, Ollie Wilson (tb) Vince DeRosa (fhr) Hal McKusick, Harry Klee (cl,as,fl) Herbie Steward, Lucky Thompson (ts) Chuck Gentry (bar) Dodo Marmarosa (p) Arvin Garrison (g) Red Callender (b) Don Lamond (d) Ralph Burns (arr,comp)
Los Angeles, probably October 15,1946

Introspection

Ralph Burns は後年(1951年)クレフレコードでLee Konitz 並びにストリングス編成の「Free Forms」を録音しています。この10インチ盤持っていますが久しく聞いていないです。お恥ずかしい限りです。

Here is Ralph Burns Orchestra with Lee Konitz “Vignette at Verney’s”.

余談ですが「The Jazz Scene」にはジョン・ミリ(Gjon Milli)が撮影した写真が32枚含まれていました。Gjon Mili監督による「Jammin´ The Blues 」はアカデミー賞でノミネートされました。

Here is “Jammin´ The Blues” by Goon Mili(1944年)

Where was this picture taken?

November 29.2017

Photo by courtesy of my old friend

The day before yesterday, one photo has arrived from my old friend.

He told me that he wanted me to check “Where was it shot” and “Who the source of the image is”.

Unfortunately there was no information other than “Art Tatum at Jazz City, Hollywood”.

If you have information on the details of the photo, please contact me.

So please listen to the performance of Art Tatum from the Jazz at the Hollywood Bowl.

This recording became his last performance, and three months later on November 5 he died.

In addition, this recording date (August 15) was Oscar Peterson’s birthday.

Photo above of Art Tatum with Oscar Peterson by courtesy of Pinerest

一昨日、広島在住の先輩から1枚の写真(複製)が届きました。
先輩は残されたArt Tatumの写真では最高の1枚と思っているそうです。
そして「どこで撮影されたか」「写真の出処は誰か」を調べて欲しいとの手紙が添えられていました。
グーグル検索等で調べましたが「Art Tatum at Jazz City, Hollywood」以外の情報がありませんでした。
「どこで撮影されたか」「写真の出所は誰か」について詳しい情報をお持ちの方はご連絡お願い申し上げます。
そんな訳で「Jazz at the Hollywood Bowl」からArt Tatumの演奏をお聞き下さい。
残念ながらこのステージが最後の演奏になり、3ヵ月後の11月5日にお亡くなりになりました。又、この録音日(8月15日)はOscar Petersonの誕生日でもありました。

Here is Introduction To Art Tatum by Noman Granz.
Concert at Hollywood Bowl August 15.1956

 

Here is Art Tatum plays “Someone To Watch Over Me”.

 

Here is Art Tatum plays “Begin The Beguine”.

 

Here is Art Tatum plays “Willow Weep For Me”.

 

Here is Art Tatum plays “Humoresque”.

Lester Young at Philo label(3)

July 1.2017

lesteryoung

Photo by courtesy of Pinterest

Yesterday I introduced  ”Body and Soul ” by Lester Young.

Today I would like to consider about ”Body and Soul” by two tenor saxophonists.

Coleman Hawkins recorded the most historic version on October 11, in 1939.

lllwil-img600x600-1497161444tnbr9h17259

Photo by 45worlds

The influence of this recording on saxophonists after its release was immense.

This tune became a benchmark for tenor saxophonists.

Lester Young also recorded this with Nat Cole and Red Callender on Philo label.

I am glad that he recorded this tune before joining the army.

I guess Norman Granz choised ”Body and Soul ”on recordings.

R-9201087-1476553669-8466.jpeg

Photo by Discogs

Pleaese let to compare with Lester’s performance and  Coleman Hawkins’ masterpiece.

There was the endless controversy over the comparative merits of the tenor saxophone playing of Coleman Hawkins and Lester Young.

Coleman Hawkins had been called “The Father of the Tenor Saxophone” and was the first to establish the tenor sax as a jazz instrument.

On the other hand Lester Young  played with a relaxed, cool tone and used sophisticated harmonies.

His playing style influenced Charlie Parker and became the origin of modern jazz style.”

1100156

昨日、Philoに4曲録音された内の「Body and Soul」を紹介致しました。
今日は本題から離れますが御容赦下さい。
2人のテナーサックス奏者による「Body and Soul」について比較したいと思います。
1939年10月11日、Coleman Hawkins は歴史に残る傑作を録音しました。
このレコードが発売された後 、サックス奏者への影響はかなり大きかったそうです。
そして、この曲はテナーサックス奏者にとっていわゆる「ベンチマーク」のような存在になりました。
Lester Young もNat ColeとRed Callenderと共にこの曲に取り組みました。
私はLester Youngが入隊する前にこの曲を録音したことを嬉しく思います。
Norman Granz が「Body and Soul」を選曲したのではないかと推測します。
Lester YoungとColeman Hawkins の「Body and Soul」を比較してみましょう。
2人のテナーの巨匠が演じた「Body and Soul」の優劣について多くの論争があったそうです。
Coleman Hawkinsは「テナーサクソフォンの父​​」と呼ばれ、テナーサックスをジャズにおいて重要な楽器として確立しました。
一方、Lester Youngはリラックスしたクールな音色で演奏し、洗練されたハーモニーを展開しました。彼の演奏スタイルはCharlie Parkerに影響を与え、モダンジャズの起源となったと言われています。

Here is Coleman Hawkins plays “Body and Soul” .

Here is Lester Young plays “Body and Soul”.

Lester Young at Philo label(2)

June 30.2017

Granz PR Photo

Photo above of Norman Granz by courtesy of Penn State News

Norman Granz had helped Lester young land a recording contract for the Philo label.

Actually  Norman Granz served as Supervisor for the Philo recordings.

Lester Young had a relation with Norman in the early 1940s.

In the late 1930s Lester Young had risen to prominence with Count Basie’s big band.

But Lester Young had left Basie in 1940.

Ella Fitzgerald with drummer Lee Young, and husband Ray Brown and Hank Jones (Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images)

Then Lester and his brother, Lee Young had appeared in the clubs on Central Avenue in Los Angeles.

When Norman was a student at UCLA, he often had listened to Lester’s performance.

Since then, he became close to Lester.

Photo by Discogs

Photo by Wikipedia

Also Norman had a relation with Nat Cole in the early 1940s .

In those days Norman had been in Hollywood and used to hang out at the Swanee Inn.

The Swanee Inn was a nightclub where Nat Cole had been playing.

Fortunately Norman Granz and Nat Cole had a close friendship.

So the supervisor Norman arranged for them to meet for Philo’s recordings.

Norman GranzはLester YoungのPhilo録音に深く関わっています。
実際、Norman Granzはこのレコーディングのsupervisor(録音監督者)を務めました。
1940年代初めNorman GranzとLester Young は知り合いになっていました。
1930年代後半、Lester Young はCount Basie big Bandで大活躍していましたが、1940年に退団してしまいました。(退団の理由は諸説あります)
その後、弟のLee Young(ds)とバンドを結成しロサンゼルスのセントラルアベニューにあるクラブに出演していました。
同時期にNorman GranzはUCLAの学生で、Lester Young の演奏を熱心聞いていました。
それ以来Norman GranzとLester Young は懇意になリました。
又、Norman GranzはNat Coleとも仲の良い関係でした。
1940年代初期、Norman GranzはハリウッドにあったナイトクラブSwanee Innの常連でした。
Swanee InnではNat Coleがレギュラー出演しており、二人は気の置けない関係になりました。
そういうわけでNorman GranzはPhiloでの録音に二人を引き合わせました。

Here is Body Lester Young plays “Body and Soul”.

The initial story of Oscar Peterson(4)

June 01.2017

Photo by Songbook(WordPress.com)

Photo above of Norman Granz by courtesy of Discos

Oscar Peterson had overcome the endemic racism of the era and became the first black musician to play at music scene in Montreal.

Finally Oscar Peterson made his US debut at the invitation of Norman Granz.

In 1949 on a cold night in Montreal, Granz incidentally found the presence of Oscar Peterson.

When Granz took to Montreal airport by cab, the car radio was playing a live broadcast of Peterson at a local night club.

Granz asked the driver about the music from car radio.

The driver answered Granz that it’s the Oscar Peterson Trio playing live at the Alberta Lounge.

So Granz instructed the driver to take him there right away and could meet Peterson for the first time pianist.

Norman Granz convinced him to join the “Jazz at the Philharmonic” concert series.

This marked the beginning of his international career.

当時、人種差別が厳しかった時代にも拘わらず、Oscar Peterson はモントリオールの音楽シーンで認められた最初の黒人ミュージシャンとなりました。
そして、Oscar PetersonはNorman Granzにスカウトされアメリカの音楽シーンにデビューすることになります。
Norman GranzはPetersonとの最初の出会いについてCBCの番組で語っています。ここをクリックして下さい。
1949年、モントリオールの寒い夜にタクシーの中で出会いがありました。
Granzがモントリオール空港に行くために偶然乗車したタクシーのラジオから地元ナイトクラブで演奏しているPetersonのライブが流れていました。
Granzは運転手にカーラジオから聞こえる演奏家について尋ねました。
ドライバーはthe Alberta Loungeで演奏しているピアニストの名前はOscar Petersonだと答えました。
Granzは空港行きのタクシーにUターンを命じ,Alberta Lounge(ジャズクラブ )行きを指示し、その夜Petersonと初めて出会うことになりました。
Granzの熱心な誘いによりPetersonは”Jazz at the Philharmonic”に参加を決心しました。
この夜の出会いによりPetersonは世界的な名声を獲得することになります。

Here is Norman Granz talks about first encounter with Oscar Peterson.Go here 

Here is “Jazz 625” by Oscar Peterson Trio(1964).