タグ別アーカイブ: Ornette Coleman

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 持ち寄り『1960年代のジャズ』③

June 13,2019

Photo by courtesy of JAZZIZ Magazine and Punterest

6月例会参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の最終回です。今回は寺本世話人と平野の選曲を紹介します。

・寺本氏
「Eric Dolphy & Booker Little Quintet at the Five Spot Cafe」

Here is Eric Dolphy & Booker Little Quintet play “Fire Waltz”.
Eric Dolphy (as), Booker Little(tp),Mal Waldron(p), Richard Davis(b), Ed Blackwell(ds) NewYork The Five Spot Cafe July 16, 1961

僭越ですが、ブログ作成者からエリック・ドルフィーのアルトソロ演奏を1曲追加させて頂きました。

Here is Eric Dolphy plays ”Tenderly”.
Eric Dolphy (as-Solo Performance)
Englewood Cliffs, N.J., December 21, 1960

・平野
1960年代のジャズを三つの切り口から選曲しました。
1.「フリージャズ」
Here is Ornette Coleman Quqrtet ”Embraceable You”.
Ornette Coleman(as),Don Cherry(cornet),Charlie Haden(b),Ed Blackwell(ds)
NYC July 26, 1960 NYC

神戸ジャズ愛好会(5月例会)でも”Embraceable You”を選曲していました。

2.「ビートルズ旋風」
当日は ”Ella sings Can’t Buy Me Love ”をご紹介致しましたが、本ブログでは二つの映像を添付しました。

Here is Ella Fitzgerald sings “A Hard Days Night”.
Live in Copenhagen 1965

Here is Ella Fitzgerald sings “Hey Jude”,
Montreux Jazz Festival, 1969

3.「ハードバップリバイバル」
Here is Dexter Gordon Quartet play “For all we know”.
Dexter Gordon (ts) Kenny Drew (p) Niels-Henning Orsted Pedersen (b) Albert “Tootie” Heath (ds)
“Jazzhus Montmartre” CopenhagenJuly 20, 1967

上記録音の様子をマシュマロレコードの上不三雄氏が記載しています。

こちら ▶️

下記のマシュマロレコードHPもご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

Photo by Wikipedia

上記録音の翌月に収録された映像を追加添付します。
Here is Dexter Gordon Quartet ”concert, Denmark, 1967 Aug. 5”

1959:Jazz’s Vintage Year

May 12,2019

大阪ジャズ同好会次回例会の持ち寄りテーマは『1960年代のジャズ』

以下、寺本世話人の案内を記載します。
「この例会ではあまり取り上げる機会がなかった1960年代のジャズで お気に入りのものがあればご紹介ください。当時最新のモダンジャズでも結構ですし、古くからのジャズメンの当時の演奏でも結構です。」

個人的な感想ですが「1960年代のジャズ」を語るためには「1959年に発表された傑作アルバム」は重要であると思っています。

1959年に録音された作品については、小生がインターネットで聴取しているジャズ番組で特集されていました。

「1959:Jazz’s Vintage Year」2009年3月放送

番組はストリーミング放送(1時間)で下記のサイトから聴くことが可能です。

こちら ▶️

以下、放送された名曲だけをYouTube音源で添付致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、1959年には3人のジャズの巨人が亡くなっている事も追記いたします。

3月15日 シドニーべシェ (パリで永眠)

5月14日 レスター・ヤング

7月17日 ビリー・ホリディ

Yosuke Yamashita interview on radio in Osaka(4)

He was not satisfied with his modern jazz style.

In 1969 he had turned to free jazz style from modern jazz.

In addition, he had started new playing style by elbow.

In those days he thought that free jazz playing was made up of two important elements.

Free jazz musician must play improvisation and can interact freely with any musician.

He has played with musicians of all genres.

He said a following name.”The Art Ensemble Of Chicago” and “Eitetsu Hayasi(林英哲)” and “Cecil Taylor”.

41wk2dpko7l-_sy355_

In 2006 March,he participated in Ornette Coleman Quartet Japan tour as the opening performance.

Ornette Coleman called on him to play at encore,and played “Song X”.

This song was Ornate Coleman’s favorite tune composed by Pat Metheny.Go Here

Next day,I want to post about collaboration with Cecil Taylor.

This is The Art Ensemble Of Chicago.

This is Eitetsu Hayashi and Yosuke Yamashita plays Bolero(ボレロ)
September 18, 1999, In Suntory Hall,Tokyo.

Eric Dolphy (2)

594159055

From 1950 to 1953 Eric Dolphy served in the army.

In 1953 he returned to Los Angeles.

Then he again began to practice musical instrument and learn music theory.

After that he met the bass clarinet.

Buddy Collette introduced him to Marle Young who was a clarinet and woodwinds instructor.

Marle Young introduced Eric to the bass clarinet.

Unknown

Eric also played around town with various groups.

In addition there were always his daily sessions with Harold Land.

One day Clifford Brown, Max Roach and Richie Powell would become frequent guests at the sessions.

Unknown

In 1954 Eric also met two musicians who would play important parts in his subsequent career.

He met John Coltrane and Ornette Coleman.