タグ別アーカイブ: Osie Johnson

大阪ジャズ同好会第41回(2020年2月9日) ②特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

February 11,2020

特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

担当 竹村 功氏

以下、当日配付されたレジュメに記載されたコメントを編集せず転載いたします。尚、録音データ並びに写真についてはブログ作成者が追加した項目もございます。

(1)ドン・バイアス(1912~1972)
オクラホマ州出身、1937年にニューヨークに進出し、各バンドを経て1940年にカウント・ベイシー楽団に入ります。その後、ミントンズ・プレイハウスでビバップの洗礼を受けます。1946年に、ドン・レッドマン楽団で渡欧した後、そのままパリに拠点を移します。ジャズメッセンジャ ーズの一員として来日経験があります。

1.「I Got Rhythm」
Don Byas (ts) , Slam Stewart (b)
Concert “Town Hall”, New York, June 9, 1945

タウンホールでの、ベースだけをバックにした歴史的な演奏です。

2.「I can’t Get Started」

Don Byas (ts), Fats Sadi (vib), Maurice Vander (p), Pierre Michelot (b), Benny Bennett (ds)
Paris, France, May 10, 1955

欧州では、たくさんの名演奏を残しています。

3. 「I Remember Clifford」
Don Byas (ts),Bud Powell(p) ,Pierre Michelot(b), Kenny Clarke(ds)
Paris, France, December 15, 1961

キャノンボール・アダレーが、プロデュースした名作。貴重なパウエルとの共演です。

4. 「All The Things You Are」
Don Byas (ts) Bent Axen (p) Niels-Henning Orsted Pedersen (b) William Schiopffe (d)
Live (!), Copenhagen, Denmark, January 13 & 14, 1963

ブラック・ライオンレーベルのワンホーンです。

Photo by Wikipedia

(2)ラッキー・トンプソン (1924~2005)
サウスカロライナ州出身、1943年にニューヨークに進出。カウントベイシー楽団に参加します。1946年のパーカーのダイアルセッションや、マイルスの「ウオーキン」、ミルト・ジャク ソンとのサヴォイ・セッションは有名。1956年に、パリに移住し、その後は、米国と行っ 来たりします。70年代にフュージョン系の作品を吹込みますが、やがて大学で指導するも音楽界から離れ、ホームレス生活やアルツハイマー病を患ったりします。全盛期は1950年代で、レスター ・ヤングとホーキンスのいい所を合わせたテナーだと思います。

1. 「I Can’t Give You Anything But Love」

Lucky Thompson (ts), Michel Hausser (vib), Martial Solal (p), Jean-Pierre Sasson (g), Pierre Michelot (b), Gerard Pochonet (ds)
Paris, France, March 24, 1956

2. 「Gone With The Wind」

Lucky Thompson (ts), Henri Renaud (p), Benoit Quersin (b), Roger Paraboschi (ds)
Paris, March 7, 1956

3. 「Where Or When」

Lucky Thompson (ts), Billy Taylor (p),Sidney Gross (g) ,Oscar Pettiford (b), Osie Johnson (ds)  New York, October, 1954

典型的な中間派の演奏です。

4. 「Blues’n’ Boogie」

Lucky Thompson (ts) ,Tete Montoliu (p), Eric Peter (b), Peer Wyboris (ds)
Barcelona, Spain, May 1 & 2, 1970

晩年の秀作だと思います。

Buddy Tate and Lester Young by Burt Goldblatt Collection

(3) バディー・テイト(1913~2001)
テキサス州出身、ハーシャル・エヴァンスが急逝した後、カウント・ペイシー楽団に1948年まで10年間在籍します。その後は、ハーレムのナイトクラブ「セレブリティ・クラブ」のホストバンドの仕事を1970年代初めまでつとめます。1960年代は少しかったるい吹込みもありましたが、1970年代から晩年まで、好調を持続して豪快なテナーを聴かせてくれました。

1.「One O’clock Jump」
Pat Jenkins (tp) Eli Robinson (tb) Ben Richardson (cl,as,bar) Buddy Tate (ts) Skip Hall (p) ,Carl “Flat Top” Wilson (b) Bobby Donaldson (d) Inez Washington (vcl)
New York, November 28, 1954

セレブリティ・クラブ・オーケストラで、お馴染みの曲です。

2.「I Surrender Dear」を選曲されましたが、音源の関係で「Body and soul」に差し替えさせて頂きます。

Buddy Tate (ts),Tete Montoliu (p), Bo Stief (b), Svend-Erik Norregaard (ds)
Live “La Fontaine”, Copenhagen, Denmark, September 24, 1975

デンマークのクラブでのワンホーン、後期の代表作。

3.「Jive At Five」

Doc Cheatham (tp), Vic Dickenson (tb), Buddy Tate (ts), Johnny Guarnieri (p),George Duvivier (b), Oliver Jackson (ds)  Antibes Jazz Festival, Antibes, France, July 23, 1975

中間派のオールスターズの演奏です。

4. 「Topsy」

Al Grey (tb), Buddy Tate (ts), Richard Wyands (p), Major Holley (b) Al Harewood (ds) N.J., April 28, 1984

僚友アル・グレイとの楽しい演奏です。

三人の共通項は、カウント・ベイシー楽団に所属していたこと。ヨーロッパで活躍したこと。スイ ング時代からモダンジャズにかけてのいわゆる「中間派」(ドン・バイアスは自分は違うぞと言うで しょうが)を代表する黒人のテナー奏者であること。今回、一括りで紹介するのは、時間的に無理がありましたが、楽しんでもらえれば幸いです。

僭越ながら、ブログ作成者から映像等を追加させて頂きます。

「Don Byas in Paris, 1946-54」(JazzWax記事から)

こちら ▶️

「Texas Tenors Part Two – Buddy Tate」(KTRU JAZZから)

こちら ▶️

Lucky ThompsonがBobby Jasparと共演した映像

 

I listened to the mourning radio program of George Avakian(1)

December 05. 2017

By Courtesy of The New York Times,From left, Louis Armstrong, the songwriter W.C. Handy and George Avakian in the 1950s.

Last week I heard my favorite radio program “World Jazz Warehouse.”Christopher Knott (番組DJクリスさん) introduced some of the many great recordings by George Avakian for mourn his death.

So I would like to introduce my favorite songs according to the album introduced in the program.

About songs that were broadcast on the day, please see the radio program’s website.Go here

毎週日曜日の夜はいつもジャズ番組「World Jazz Warehouse(FMCOCOLO765)」を聞いています。

今回の放送でChristopher Knott(番組DJクリスさん)は先月98歳で亡くなった偉大なプロデューサーGeorge Avakianさんを追悼し、Avakianが遺した多くのレコーディングから数曲ご紹介されました。

そんな訳で番組で紹介されたアルバムに収録されている曲(私が好きな曲)を以下ブログで紹介したいと思っています。

尚、当日に放送された曲については、ラジオ番組のウェブサイトをご覧下さい。こちらをクリックして下さい。


Louis Armstrong “Louis Armstrong Plays W.C. Handy”
Here is Louis Armstrong plays “Yellow Dog Blues”.
Louis Armstrong (tp), Trummy Young (tb), Barney Bigard (cl), Billy Kyle (p), Arvell Shaw (b), Barrett Deems (ds) July 12, 1954… New York


J.J. Johnson & Kai Winding Octet “Jay & Kai +6”
Here is J.J. Johnson & Kai Winding Octet play “You Don’t Know What Love Is”.
J.J. Johnson, Kai Winding, Urbie Green, Bob Alexander, Eddie Bert, Jimmy Cleveland (tb), Tom Mitchell, Bart Varsalona (btb), Hank Jones (p), Milt Hinton (b), Osie Johnson (ds)
1956… New York

Here is J.J. Johnson & Kai Winding Octet play “Night in Tunisia”.
Members of the recording are the same as above.
add Candido (cga)


George Avakian produced “Chicago Jazz Album”.
Here is Jimmy McPartland and his Orchestra play “Sugar”.
Jimmy McPartland(cor),Bud Jacobson(cl),Boyce Brown(as),Floyd Bean(p),Dick McPartland(g), Jim Lannigan(sb),Hank Isaacs(d) Chicago, October 11, 1939.

Here is Jimmy McPartland and his Orchestra play “China Boy”.
Members of the recording are the same as above.


George Wettling’s Chicago Rhythm Kings play “I’ve Found A New Baby”.
Charlie Teagarden(tp),Floyd O’Brien(tb),Danny Polo(cl),Joe Marsala(ts),Jess Stacy(p),Jack Bland(g),Artie Shapiro(sb,George Wettling(d) New York, January 16, 1940.

George Wettling’s Chicago Rhythm Kings play “Bugle call Rag”.
Members of the recording are the same as above.

Bobby Jaspar(4)

August 11. 2017

Bobby Jaspar had belonged to the J. J. Johnson Quintet for 15 months.

Two days after recording the “Dial J.J. 5”, they had the performance at “Cafe Bohemia in NY”.

Their performance was released as “Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957”.

Also Bobby Jaspar was a very good Jazz composer as well, giving top creations to the musicians of the time.

“In a Little Provincial Town” of his composition was included in this live performance.

Photo above of Claes Dahlgren by courtesy of Averages Radio

When J.J. Johnson lost his cabaret card – the New York musician’s indispensable passport to employment, J.J. Johnson Quintet had the European tour.

The tour was planed by Claes Dahlgren who was the Swedish jazz journalist.

Interestingly Claes Dahlgren was involved in the recording of ”Overseas”.

Because he was deeply connected with the Metronome label in Sweden at that time.

Please refer to here for “the European tour” and “Overseas”. Go here and here.

After 15 months with Johnson, Jaspar has a brief stint with Miles Davis in between Sonny Rollins and John Coltrane.

Also  Bobby Jaspar had recorded on Savoy label and Prestige labe in March 1957.

Bobby JasparはJ. J. Johnsonのグループに15ヶ月間所属していました。
グループは「Dial J.J.5」を録音した2日後にNYのライブハウスCafe Bohemia で演奏していました。この時の演奏は「Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957」として発売されています。
又、Bobby Jasparは作曲家としても非凡な才能を持っており、その当時のジャズミュージシャンに優れた楽曲を提供していました。
彼が作曲した「In a Little Provincial Town」はライブ盤に収録されています。
その後、J.J. Johnson が「Cabaret card(NYで演奏するために必要な許可証) 」を剥奪された時、J.J. Johnson クインテットはヨーロッパ巡業を行いました。
この巡業はスウェーデンのジャズジャーナリストであったClaes Dahlgrenが企画したものでした。
興味深いことにClaes Dahlgrenが「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」の レコーディングに関わっていたことです。
その理由として、当時Claes DahlgrenがスウェーデンのMetronome社と深く関わっていたからだと言われています。
「ヨーロッパ巡業」と「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」については、今週投稿の契機となったJazz Club Over SeasのBlog(INTERLUDE)をご覧ください。
こちら ここをクリックして下さい。
Miles DavisはJ. J. Johnsonグループを脱退したBobby JasparをSonny RollinsとJohn Coltraneとの間のテナー奏者と参加させました。
1957年3月以降、Bobby JasparはSavoy社並びにPrestige社にレコーデイングしています。

Here is Bobby Jaspar plays “In A Little Provincial Town”.
Bobby Jaspar(fl),Eddie Costa(p), Barry Galbraith(p), Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds) New York, 1956

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “Thou Swell”.
J.J.Johnson (tb,trombonium),Bobby Jaspar (ts,fl),Tommy Flanagan (p),Wilbur Little (b), Elvin Jones (ds)  Stockholm, June 14,1957

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “A Night In Tunisia”.
Members of the recording are the same as above.

Here is The J.J. Johnson Quintet ‎play Live At Cafe’ Bohemia ( Full Album )

J.J. Johnson(tb) ,Tommy Flanagan(p), Wilbur Little(b),Elvin Jones(ds),Bobby Jaspar(ts,fl)  February 27, 1957 – Café Bohemia, New York
1 Introduction By J.J.Johnson – Bernie’s Tune
2 In A Little Provincial Town
3 I Should Care
4 Angel Eyes
5 Old Devil Moon
6 My Old Flame
7 Dailie Double – Solar