タグ別アーカイブ: Paul Desmond

第26回神戸ジャズサロン(20191020)「ウイズ・ストリングスの魅力」①

October 22,2019

10月20日開催された「神戸ジャズサロン」には13人が参加しました。主宰者M渡氏からの例会案内を転載します。

テーマは「ウイズ・ストリングスの魅力」です。優れたミュージシャンは大成すると、ストリングスをバックに作品を残すと言われます。成程名作はパーカーをはじめとしてクリフォード、マリガン、ベン・ウェブスター等枚挙にいとまがありません。お気に入りの作品を申し込みください。

今回は8人の方がご紹介された演奏を添付します。(尚、当日ご紹介された全曲は添付出来ない事をご了承願います)

・K氏

Here is Paul Desmond plays “Desmond blue”.

Here is Joao Gilberto sings “Besame mucho”.

当日ご紹介されたボーカル物2曲は添付しておりません。

・F川氏

Here is Count Basie plays “These Foolish Things”.
Quincy Jones(arr)

Here is Count Basie plays “Song of the Islands”.
Joe Williams(arr),Illinois Jacquet(ts)

当日ご紹介された「The Pizzarelli Boys」は添付しておりません。

・Y瀬氏(レジュメに記載された短いコメントを転載しました)

Here is Clifford Brown plays “Memories Of You”.
夭折の天才のいささか気負いも感じられる甘い調べです。

Here is Charlie Shavers plays “Summertime”.
照れもせずここ迄臭く演奏できるこの人は「お見事」です。

・M氏

Here is Akira Miyazawa(宮沢昭) plays “My One And Only Love”.
八木正生編曲

本CDについては下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

・T氏(ご夫婦で参加)

Tさんご夫妻は大阪ジャズ同好会にもほぼ毎回参加されておられます。今回添付した音源はご紹介された演奏と異なっております。(同じアルバムから選曲しました)

Here is Gianni Basso plays ”My Foolish Heart”.

Here is Fabrizio Bosso plays ”Nuovo Cinema Paradiso”.

Here is Coleman Hawkins Plays ”Everything Happens To Me”.

奥様のお店(miss evans)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

・S氏

Here is European Jazz Trio with Strings play ”Mona Lisa”.

本CDについては下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

・T氏

Here is Stan Getz And Strings play ”Early Autumn”・

(この音源は小生が選曲リストに入れていました)

・T見氏(今回例会の進行役ご苦労様でした)

Here is Sonny Stitt plays ”Time After Time”.

当日ご紹介された「Cry Me A River」の代替としてフランク・シナトラの名曲を添付します。

Here is Denis Solee with The Beegie Adair Trio play ”All The Way”.

T見さんが配付された補足資料

 

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)・参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編)

April 10.2018

大阪ジャズ同好会第30回例会概要(2)

参加者持ち寄り『ソロ・ピアノの世界』(前編) 当日配布されたレジュメを添付します。

ソロ・ピアノはジャズの世界では古くから録音が残されています。今回は6人の方が各人お気に入りの演奏をご紹介頂きました。本ブログでは映像も交え2回に分けてご紹介された楽曲の一部を添付致します。

T村氏

(1) Here is Teddy Wilson plays “I’ve got a feeling I’m falling” .
Live “Metropolitan Opera House”, New York, January 18, 1944
本コンサートではアート・テイタムが参加していたにも拘らず「ソロピアノ演奏を任された」と解説されました。

 

(2)Here is Erroll Garner plays “That old feeling”.
New York, March 14, 1955
「ガーナーはこのレコードだけでええ」

 

(3)Here is Oscar Peterson plays “I concentrate on you”.
Tallinn, Estonia, November 17, 1974

 

Y瀬氏
ブルーベックのソロ演奏をご紹介されましたが、ブログではYouTube映像でのソロ演奏を添付しました。
(1)Here is Dave Brubeck plays “Thank You”.

(2)Here is Dave Brubeck Quartet play “La Paloma Azul (The Blue Dove)”.
4曲目「Blue Dove」は原曲「La Paloma」です。カルテットの映像をお楽しみ下さい。
Dave Brubeck(p), Paul Desmond(as), Joe Morello(ds), Eugene Wright(b) France, July 22, 1967

 

H氏

セロニアス・モンクの特殊なピアノ技法は「他人の作曲した曲のソロ演奏」を聞くとよく理解出来るとの解説でした。(納得)
(1)Here is Thelonious Monk plays “Smoke gets in your eyes”.
Paris, France, June 7, 1954

(2)Here is Thelonious Monk plays “April in Paris”
N2ew York, April 12, 1957

 

 

K氏(西明石から毎回ご出席)
板橋文夫「渡良瀬」YouTubeからの音源でご容赦下さい。
ビル・エバンスも貴重な映像がYouTubeにありました。

Here is 板橋文夫 plays 「渡良瀬」

Here is Bill Evans plays “I Loves You Porgy” (NYC 1969)

 

T井氏(奥様と毎回参加されています)
Inaki Sandovalのソロ演奏をYouTube映像でお楽しみ下さい。
(1)Here is Iñaki Sandoval plyas “Old Folks “
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(2)Here is Iñaki Sandoval plyas “All of You”
Solo Piano concert at Metropolia University Hall, Helsinki (Finland)
March 22nd, 2011

(3)ピアニスト工藤隆のHPを添付しました。
http://jamandouq.com/

尚、Tさんの奥様のお店「miss evans」をご紹介します。「大阪ジャズ喫茶map」9番のお店です。http://cafemissevans.wixsite.com/missevans

 

I listened to the mourning radio program of George Avakian(2)

December 06. 2017

Photo above of George Avakian by courtesy of JazzWax

Continuing from yesterday,I will post my favorite songs according to the album introduced in the program.

In 1956 Duke Ellington and his Orchestra appeared at Newport Jazz Festival.

Paul Gonsalves played an astounding 27 choruses of “Diminuendo and Crescendo in Blue.”

Because Duke told Gonsalves to blow as long as he wanted during the interlude.

Photo by courtesy of paulgonsalves.jazzgiants.net

Today many disney songs became jazz standard.

But back in the ’50s, no one in jazz took Disney movies or their soundtracks seriously.

Why did Dave bother recording an album of Disney songs?

Below I quated JazzWax interivew “Dave Brubeck Digs Disney”. (May 26, 2011)

Dave and his five children excited on the rides in Disneyland in California.

So Dave thought an album of Disney movie songs would be a great idea.

The Disney theme was Dave’s idea, and I was amazed when he called and told me what he wanted to do.

Then Bill Evans and Miles Davis recorded “Disney Songs” .

Also John Coltrane played “My Favorite Things” and ”Chim Chim Cher-ee.””

昨日に続きWarehouse(FMCOCOLO765)で紹介されたアルバムについて投稿致します。

1956年、Duke Ellington楽団はNewport Jazz Festivalに出演しました。

そして「Diminuendo and Crescendo in Blue」でPaul Gonsalvesは27コーラスにも及ぶ長いソロ演奏を行いました。

今日では数多くのディズニー関連の曲がジャズスタンダードになっています。

しかし50年代においてはディズニー映画やそのサウンドトラック曲をジャズとして真面目に取り組む音楽家はいませんでした。

では何故Dave Brubeckはアルバム制作においてディズニーの曲を選んだのでしょうか?

以下JazzWaxのインタビュー “Dave Brubeck Digs DisneyMay 26、2011″を引用しました。

George Avakianは次のように話しています。

ディズニーの音楽をテーマとしてレコーディングするのはDave の考えでした。彼がそのことを電話した時にはびっくりしました。

Daveと彼の5人の子供たちは、カリフォルニアのDisneylandの乗り物に興奮しました。

そしてDaveはディズニー映画の曲のアルバムが素晴らしいアイデアだと思った。

その後、Bill Evans や Miles Davisは「ディズニーソング」を録音しています。

又、John Coltraneも「My Favorite Things」「Chim Chim Cher-ee」を演奏しました。

Duke Ellington & His Orchestra 「Ellington at Newport」
Here is Duke Ellington & His Orchestra play “ Black and Tan Fantasy ”.
Johnny Hodges (as), Russell Procope (cl, as), James Hamilton, Paul Gonsalves (ts), Harry Carney (bs), Cat Anderson, Clark Terry, Willis Nance, John Cook (tp), Britt Woodman, Quentin Jackson (tb), Duke Ellington (p), James Woode (b), Sam Woodyard (ds)
July 7, 1956… live at Newport Jazz Festival, Newport

 

Here is Duke Ellington & His Orchestra play  “Diminuendo and Crescendo in Blue.”
Members of the recording are the same as above.

 

Miles Davis 「Miles Ahead」
Here is Miles Davis and Gil Evans play “Miles Ahead 1959” on YouTube.
Miles Davis, Bernie Glow, Ernie Royal, Luis Mucci, Taft Jordan, John Carisi (tp), Frank Rehak, Jimmy Cleveland, Joe Bennet (tb), Tom Mitchell (btb), Willie Ruff, Tony Miranda, Jimmy Buffington (frh), Bill Barber (tu), Lee Konitz (as), Romeo Penque, Sid Cooper (fl, cl), Danny Bank (bcl), Wynton Kelly (p), Paul Chambers (b), Art Taylor (ds), Gil Evans (arr, cond) November 1957… New York

 

Photo by courtesy of French Lick, IN Aug 17, 1958

Dave Brubeck Quartet「Dave Digs Disney」
Here is Dave Brubeck Quartet play “Alice in Wonderland”.(Mono Version)
Dave Brubeck (p), Paul Desmond (as), Norman Bates (b), Joe Morello (ds)
August 29, 1957… New York

 

Here is Dave Brubeck Quartet play “Some Day My Prince Will Come ”.(Mono Version)
Members of the recording are the same as above.

The early recordings by Dave Brubeck(3)

July 28.2017

Photo above of The Dave Brubeck Octet(rehearsing, 1947)

Dave Brubeck had recorded as Dave Brubeck Octet before one year before the recording to Coronet label.

He had played with Paul Desmond in this recording.

Today I will post about his activities until this recording.

Photo above of Dave Brubeck, Michael Random and Darius Milhaud

In 1946 he discharged by the Army, and entered Mills College in Oakland to study under Darius Milhaud.

Dave learned counterpoint, theory, polyrhythms, and polytonality.

Milhaud immediately saw Brubeck’s potential.

So Milhaud suggested that Dave put together a band with other Milhaud students.

The band born in Milhaud’s classroom was initially called “The 8.”

It became the Dave Brubeck Octet.

Most of the members of the octet were studying with Milhaud.

Dave Brubeck, Bill Smith, Dave Van Kriedt, Jack Weeks, and Dick Collins.

Also from the Bay Area jazz community came Cal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond and Bob Cummings.

Photo by courtesy of The New York Review of Books

In those days Paul Desmond and Cal Tjader were students at San Francisco State College.

I would like to post about Paul Desmond’s activities on another occasion.

Dave was extremely grateful to Darius Milhaud.

So he named his son’s name Darius Brubeck.

Photo above of Dave Brubeck and his son Darius Brubeck

Dave Brubeckは Coronetに録音する1年前に「Dave Brubeck Octet」としてPaul Desmondと共演した作品を残しています。
今日はDave BrubeckがPaul Desmondと出会う迄の活動について調べました。
1946年、陸軍から退役したDave Brubeckはオークランドの Mills Collegeに入学し、Darius Milhaudに師事しました。
Dave BrubeckはDarius Milhaudから音楽の「対位法」「理論」「ポリリズム」「多面性」等を学びました。
Darius MilhaudはDave Brubeckと出会った時から彼の才能を高く評価していました。
それ故Darius MilhaudはDave Brubeckを中心とした学生バンドの結成を提案しました。
Darius Milhaudのゼミ教室で誕生したバンドは、当初「The 8」と呼ばれていました。
その後「The 8」は「 Dave Brubeck Octet」として録音しています。
Octetの構成メンバーの多くはDarius Milhaudに師事していました。
そのメンバーはDave Brubeck,Bill Smith,Dave Van Kriedt,Jack Weeks,Dick Collinsです。
又、サンフランシスコ地区でジャズ活動をしていたCal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond, Bob Cummingsが学生バンドに参加しました。
当時、Paul DesmondとCal Tjaderはサンフランシスコ州立大学の学生でした。
Paul Desmondの活動については別の機会に投稿したいと思います。DaveはDarius Milhaudを音楽の師匠として尊敬し息子の名前をDarius Brubeckと命名しています。

Here is Dave Brubeck Octet play “Playland at the Beach”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
“NBC audition”, San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “You Go To My Head”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Bob Cummings (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “The Way You Look Tonight”,”What Is This Thing Called Love”,”September In The Rain”,”Love Walked In”, I Hear A Rhapsody,“IPCA”,”How High The Moon”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, July, 1950

Cal Tjader(1)

May 05.2017

Last Sunday I joined Kobe Jazz Saloon(神戸Jazzサロン).

A vibraphone player joined the meeting by chance.

He had brought Cal’s CD and talked about Cal’s performance.

Cal Tjader died on 5 May 1982, aged 56.

So I would like to post about Cal Tjader.

Cal Tjader was born July 16, 1925 in St. Louis, Missour.

His mother was a concert pianist, his father a vaudeville performer.

He grew up with them on the road, tap- dancing his way through early childhood.

Then his family settled down in San Mateo on the San Francisco Peninsula, and his father opened a dancing school.

Photo above of Gene Krupa by Drummerszone.com

He joined the Dixieland band and played around the Bay Area.

At the age of sixteen he joined the drum solo contest of Gene Krupa.

He played “drum boogie” and won the championship.

When Cal graduated from San Francisco State College, he first met up with Dave Brubeck and Paul Desmond.

Photo above of Cal Tjader, Ron Crotty and Dave Brubeck, 1950 by courtesy of The Brubeck Institute is part of University of the Pacific, California

先週の日曜日、「神戸ジャズサロン」というジャズクラブに初めて参加しました。
偶然、現役のヴィブラフォン奏者が出席されておられました。Cal TjaderのCDを持ってこられており、Calの演奏について演奏家の立場から詳しくお話しされました。
Cal Tjaderは1982年5月5日に56歳で死亡しています。そのような縁からCal Tjaderについて投稿したいと思います。
Cal Tjaderは1925年7月16日ミズール州セントルイスで生まれました。
彼の母親はピアニスト、父はダンサー(日本流で言えば大道芸人)だったそうです。
その後、彼の家族はサンフランシスコに移りました。
彼が16歳の時、Gene Krupaのドラムソロコンテストに参加し優勝しました。
大学卒業後、Dave BrubeckとPaul Desmondと出会いジャズ人生が始まりました。

Here is Cal Tjader plays “Soul Sauce”. (1964)

Here is Eddie Palmieri and Cal Tjader play “We’ve Love Before”.

Here is Cal Tjader plays “Speak Low”.