タグ別アーカイブ: Paul Motian

大阪ジャズ同好会第43回(2020年8月9日)概要 ③「持ち寄り」

August 12,2020

持ち寄り『ビル・エヴァンス(p)とその周辺』

・竹村功(当日配付されたご紹介文を編集せず添付しました)
名曲「Someday My Prince Will Come(いつか王子様が)」の聴き比べをすると、ビル ・エヴァンスの進歩がよくわかります。
1. 「The Bill Evans Trio “Live”」 (Verve)  (1964)
Bill Evans(p),Chuck Israels(b),Larry Bunker(ds)
カリフォルニア州の「The Trident club」の実況録音。

2. 「CONSECRATION-the last」(Alfa) (1980)
Bill Evans(p),Mark Johnson(b),Joe Labarbera(ds)
ニューヨークのクラブ『キーストン・コーナー』での亡くなる二週間前の 実況録音。ピアノトリオの最高峰だと思います。

1965年の映像を追加添付させて下さい。

Here is Bill Evans Trio play ”Someday My Prince Will Come”.
Bill Evans (p),Chuck Israels (b),Larry Bunker (ds) March 19th, 1965 in London

竹村さんは当日のコメントと同じ内容をFacebookで記載されています。(一部転載させて頂きます)
1973年の1月に、ビル・エヴァンスは初来日をします。エディ・ゴメス(b)、マ―ティー・モレル(ds)のトリオ。
大阪のフェスティバル・ホ―ルで、1月12日と18日の2回の公演が、あったようですが、遠い昔なのでどちらの日に行ったかは、忘れてしまいました。当時のフェスティバル・ホ―ルには、併設に「大阪グランドホテル」があり、演奏者はたいていそのホテルに泊まっていました。私は、サインをもらうため、ホテルのロビーによく待機したものです。😄昔の事で記憶が曖昧ですが、ホテルの喫茶室に太った外国人が、何人かとにぎやかにいるではありませんか。まさか、その人がビル・エヴァンスとは、思いもよらなかったのです。
ビル・エヴァンスといえば、名盤「ポ―トレイト・イン・ジャズ」のジャケット写真にあるような、痩せて学者風な神経質そうな風貌しか知りません。全く顔が変わっていました。という訳で、確かサインはもらい忘れたと思います。😖

・寺本世話人

1.Here is Don Elliott and Bill Evans play “I’ll Take Romance”.
Don Elliott(vib,percussion) Bill Evans(p) rehearsal , Don Elliott’s Studio, Weston, CT, 1956-1957

1曲追加させて下さい。

Here is Don Elliott and Bill Evans play ”Tenderly”.
Don Elliott(vib,percussion) Bill Evans(p)

2.Here is Miles Davis Quintet play “Walkin’”.
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) NYC, Cafe Bohemia, Greenwich Village, 17 May 1958

3. Here is Art Farmer Quintet play “Mox Nix”.
Art Farmer(tp), Benny Golson(ts),Bill. Evana(p), Addison Farmer(b), Dave Bailey(ds) Nola Studios, NYC, September 10,11 & 14, 1958

寺本さんが行かれたコンサートチラシ(1976年)

・平野

「Explorations」の日本盤解説を執筆された故中野宏昭氏についてお話ししました。

日本盤解説(中野宏昭)
「例えば、その場所は、かって私が居たことのある工業港に面したアパートの一室である。
夜が明け切らない午前4時半頃、刺すように冷たい朝だったが、ベランダ越しに見る石油タンク群は朝モヤの中に包まれて、乳首色の温もりを感じさせている。そんな時に聞こえてくるのが、ビル・エヴァンスのピアノではなかったろうか。早朝の冷気のようにキリッと締まったエヴァンスのピアノの音と、その音たちが描き出すメロディック・ラインの優しげな風情には、こんな光景が似つかわしい。ビル・エヴァンスの音楽の魅力は、タッチにおける清冽な厳しさと、感情表出におけるナイーブさという二つの異ったものの調和であり、相乗であるのだから。」

上記解説文の場所がどこであるか?日本盤発売時(1976年)からずっと知りたかった場所でした。後年、札幌に赴任し釧路事務所出張時によく行ったジャズ喫茶「THIS IS」で場所が判明しました。

故小林マスターから「中野君は高校生の時、毎日来ていましたよ!」この言葉で長年の疑問が解けました。その場所は釧路であると確信しました。(釧路は朝が早く石油タンクもあります)

Here is Bill Evans Trio play ”Israel”.
Bill Evans(p), Scott LaFaro(b), Paul Motian(ds)
Explorations(Riverside RLP 351) NYC, February 2, 1961

「ジス・イズコミュニティ」さんが管理されているFacebookページ(JAZZ THIS IS)からお借りしました。

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 特集「ベーシストに注目してジャズを楽しむ」

June 10,2019

特集「ベーシストに注目してジャズを楽しむ」

ナビゲーター浦谷敏行氏のコメントです。

普段はリズムをキープして、演奏の下支えの役割を果たすベース。 今回は、そんな縁の下を支えるベーシストに着目します。(と言っても、前に出てきて弾 きまくるベーシストも出てきますが。)

今回の概要では、当日ご紹介されたベーシストの映像等を追加添付させて頂きました。

1. Ray Brown
Here is Milt Jackson Quintet play “Frankie And Johnny”.
Milt Jackson (vib), Ray Brown (b), Teddy Edwards(ts), Monty Alexander(p), Dick Berk(ds)
Live “Shelly’s Manne-Hole”, Hollywood, August 1 & 2, 1969

Here is Ray Brown play Solo Bass on “Black Orpheus”.

2. Paul Chambers
Here is Red Garland Trio play “C Jam Blues”.
Red Garland(p), Paul Chambers(b), Art Tylor(ds)
Hackensack, N.J., August 9, 1957

映像がございませんので、小生(平野)が以前ブログに記載したエピソードを紹介します。

マイルスが上記自伝でポール・チェンバースについて興味ある発言をしています。

翻訳せず引用します。(酒と女の話です)

Anyway, on this trip to Rochester, Paul is drinking zombies. I ask him, “Why do you drink shit like that? Why you drink so much, Paul?”
And he says, “Aw, man, I can drink all I want. I can drink ten of these and it wouldn’t bother me.”
”Drink ‘em and I’ll pay for them,” I told him. And he said, “Okay”.
The only downer for me, really, during this entire first trip was that Paul Chambers was staying with Bird’s ex-wife, Doris Sydnor, in her hotel room at the Sutherland Hotel. So he kept her to himself while we were there. I think he was a little disappointed that I didn’t like Doris, though. He probably figured she was a catch, a feather in his cap, being Bird’s former old lady.

3. Scott Lafaro
Here is Pat Moran Trio play “Blues”.
Pat Moran(p), Scott LaFaro(b), Johnny Whited(ds)
New York, December, 1957

Here is Richie Kamuca and Frank Rosolino Quintet with Scott LaFaro play “Cherry”.
Richie Kamuca(ts), Frank Rosolino(tb), Scott LaFaro(b),Victor Feldman(p), Stan Levey,(ds)
LA,7 April,1958

Photo above of Scott LaFaro’s car following his fatal accident
(JazzWaxさんから事故現場の写真をお借りしました。July 02, 2016)

4. Gary Peacock
Here is Bill Evans Trio play “A Sleeping Bee”.
Bill Evans(p), Gary Peacock(b), Paul Motian(ds)
New York, December 18, 1963

Here is Ralph Towner & Gary Peacock play “The Prowler”.

5. Marc Johnson
Here is Bill Evans Trio play “Up With The Lark”.
Bill Evans(p), Marc Johnson(b), Joe LaBar bera(ds)
1979

Here is Bill Evans Trio play Jazz at the Maintenance Shop (1979)

6. Charlie Haden
Here is Charlie Haden and Kenny Barron play “You Don’t Know What Love Is”.
Charlie Haden(b), Kenny Barron(p)
Live “The Iridium”, New York, September 20, 21 & 22, 1996

Here is Charlie Haden “In Memoriam”.

7. Niels-Henning Orsted Pedersen
Here is Tete Montoliu Trio play “Giant Steps”.
Tete Montoliu(p), Niels-Henning Orsted Pedersen(b), Albert Tootie Heath(ds)
Copenhagen, Denmark, May 28, 1974

Here is Joe Pass & Niels-Henning Orsted Pedersen play “Tricostin”.

8. George Mraz
Here is Tommy Flanagn Trio play “Mr. P.C”.
Tommy Flanagn(p), George Mraz(b), Al Foster(ds)
New York, February 17 & 18, 1982

Here is George Mraz and Camilla Mraz(妻) Trio “Sad history”.

ジョージ・ムラーツさんを援助する寄付サイトがございます。
2016年7月の膵臓の手術及びその後のリハビリのために多額のお金が必要だそうです。

詳細はこちら ▶️
又、上記以外の情報についてはJazz Club Over Seas(大阪メトロ堺筋本町駅12番出口)にご訪問下さい。

HPはこちらをクリック 

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)②特集「Riversideレーベルの名演」

Photo above of Orrin Keepnews by WikiPedia

January 29,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」については、8人の会員が計21曲を選曲しました。

今回は4人の会員がご紹介された演奏(計11曲)をお楽しみ下さい。

・K氏
Here is Blue Mitchell Quartet play ”I’ll Close My Eyes”.
Blue Mitchell (cnt) Wynton Kelly (p) Sam Jones (b) Roy Brooks (d)
New York, August 25, 1960

Here is Sonny Red Quintet play “The Mode”.
Sonny Red (as) Barry Harris (p) Grant Green (g) George Tucker (b) Jimmy Cobb (ds)
New York, December 14, 1961

・I氏
Here is Johnny Griffin Quartet play “Hush-A-Bye”.
Johnny Griffin (ts) Barry Harris (p) Ron Carter (b) Ben Riley (d)
New York, December 21, 1961

Here is Chet Baker plays ”You and the Night and the Music”.
Chet Baker(tp),Herbie Mann(fl),Pepper Adams(bs), Bill Evans(p), Kenny Burrell(g), Paul Chambers(b),Philly Joe Jones(ds)
NYC, January 19, 1959

Here is Bill Evans Trio “Nardis”.
Bill Evans,(p),Scott LaFaro(b),Paul Motian,(ds)
NYC, February 2, 1961

・T川氏

Here is Charles A. Matson’s Creole Serenaders plays “Taint Nobody’s business if I Do.”
unknown cnt, tb, cl/as, as, ts, Charles Matson (p,arr) unknown bj, tu and d.
New York, July 30, 1923
Ed 51222, Riverside RLP1005(10インチ)

Here is Scott Joplin plays “The Entertainer”.
Scott Joplin, piano roll.
December 29, 1902
Ragtime piano Rolls Vol.1,RLP1006(10インチ)

Here is Thelonious Monk plays “Blue Monk”.
Thelonious Monk (p)
Concert “Fugazi Hall”, San Francisco, CA, October 21, 1959

Here is Sonny Rollins Trio play “The Last Time I Saw Paris”.
Sonny Rollins (ts) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, June 19, 1957

Here is George Lewis Ragtime Band play “In the Sweet Bye and Bye”.
Kid Howard(tp), Jim Robinson(tb), George Lewis(cl), Alton Purnell(p),Lawrence Marrero(bj),Alcide “Slow Drag” Pavageau,(b),Joe Watkins(ds)
Trinity Episcopal Church, Oxford, OH, February 21, 1954

・N氏
Here is Thelonious Monk Septet play ”Well You Needn’t ”.
Ray Copeland (tp) Gigi Gryce (as) Coleman Hawkins, John Coltrane (ts) Thelonious Monk (p) Wilbur Ware (b) Art Blakey (d)
New York, June 26, 1957

I listened to the mourning radio program of George Avakian(3)

December 08. 2017

Photo by courtesy ©Burt Goldblatt/CTS Images George Avakian, Coleman Hawkins and Sonny Rollins
Newport Jazz Festival, July 6, 1963

Mr.Chris selected “My Song by Keith Jarrett” as the last song of the program.

My Song is an album which was released on the ECM label in 1978.

George Avakian had also contributed to the success of Keith Jarrett ,because he introduced Keith Jarrett to Manfred Eicher.

Photo above of Manfred Eicher and Keith Jarrett by courtesy of Stereophile.com

About Manfred Eicher,please refer to ECM HP.Go here

In 1968 George Avakian produced ”Life Between the Exit Signs by ”Keith Jarrett”on Vortex label.

Interestingly George Avakian wrote the liner notes of “Life Between the Exit Signs.”

Also in the program Creed Taylor’s work was broadcast.

I guess Creed Taylor is a great jazz producer.

Finally, please listen to “Goodbye” by Keith Jarrett.

Photo by courtesy of JazzTimes

DJのクリスさんは番組の最後に「Keith JarrettのMy Song」から「Country」を選曲されました。

My Songは1978年にECMレーベルで発売され今でも人気のあるアルバムです。

George AvakianはKeith JarrettをManfred Eicherに紹介しKeithの成功にも貢献していました。

Manfred EicherについてはECMのHPを参照してください。こちらをクリックして下さい

1968年、George AvakianはVortexレコード (アトランティック系列会社)でKeith Jarrettをリーダとする「Life Between the Exit Signs」を制作しました。

「Life Between the Exit Signs」のライナーノートにおいてGeorge Avakian自らがKeith Jarrettについて紹介した文章は興味深いです。(ラーナーノートを写真として添付しました)

又、私にとって嬉しいことにCreed Taylorの作品も番組で放送されました。

Creed TaylorはGeorge Avakian亡き後、ジャズ界では最高のプロデューサーであると思います。George Avakianとは関係ありませんが私の好きな演奏( CTI録音)を添付しました。

最後にKeith Jarrettによる「Goodbye」をお聞き下さい。


Keith Jarrett Trio
Here is Keith Jarrett Trio play “Life Between The Exit Signs”.
Keith Jarrett(p),Charlie Haden(double-bass),Paul Motian(ds)
May 4, 1967 NYC

Here is Freddie Hubbard plays “Sky Dive”.
Freddie Hubbard (trumpet) Alan Rubin, Marvin Stamm (trumpet, flugelhorn) Wayne Andre, Garnett Brown (trombone) Paul Faulise (bass trombone) Tony Price (tuba) Hubert Laws (flute, alto, bass flute) Phil Bodner (flute, alto, bass flute, bass clarinet, piccolo) Romeo Penque (flute, alto flute, clarinet, oboe, English horn) George Marge (flute, alto flute, clarinet, bass clarinet) Wally Kane (bass clarinet, piccolo) Keith Jarrett (piano, electric piano) George Benson (guitar) Ron Carter (bass) Billy Cobham (drums) Airto, Ray Barretto (percussion) Don Sebesky (arranger, conductor) Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, October, 1972

Photo by curtesy of ECM Records

Here is Keith Jarrett and Charlie Haden play “Goodbye”.
Keith Jarrett(p),Charlie Haden(double-bass) NJ, March, 2007

Photo by Wikipedia