タグ別アーカイブ: Paul Weston;

神戸ジャズ愛好会9月例会(2019年9月22日) 特集『Columbiaレーベルの名演』③

September 28,2019

『Columbiaレーベルの名演』3回目はN瀬氏と小生が持参した演奏をご紹介します。

・N瀬氏
コロンビアの代表的な歌手による珍盤をご紹介されました。

Photo by YouTube

Here is Darlene Edwards sings “Autumn In New York” with Jonathan Edwards(piano).

ジョナサンのピアノは超絶下手で、奥様ダーレンは酷い音痴です。2人の本当の名前は添付の曲でご確認下さい。

Here is Darlene Edwards sings “It’s Magic” with Jonathan Edwards(piano).

・平野

1.Fletcher Henderson「挫折の研究」

Here is Fletcher Henderson and His Orchestra play “Sugar Foot Stomp”.
Fletcher Henderson(p,dir) Elmer Chambers, Joe Smith, Louis Armstrong(tp) Charlie Green(tb) Buster Bailey(cl,as) Don Redman(cl,as,arr) Coleman Hawkins(cl,ts) Charlie Dixon(bj) Bob Escudero(tu) Kaiser Marshall(ds) New York, May 29, 1925

2. Charlie Christian(el-g)「Benny Goodman Sextet 1939」

Photo by YouTube

Here is Benny Goodman Sextet play ”Soft Winds”.
Benny Goodman(cl) Lionel Hampton(vib) Fletcher Henderson(p) Charlie Christian(el-g) Artie Bernstein(b) Nick Fatool(ds) New York, November 22, 1939

3.Bobby Hackett「Jazz Session」

Here is Bobby Hackett play “What A Difference A Day Made”.
Bobby Hackett(tp), Charlie Queener(p), Danny Perri(g), Bob Casey (b), Cliff Leeman(ds) September 13,1950

4.Joe Bushkin「Piano After Midnight」

Here is Joe Bushkin Quartet play “If I Had You”.
Joe Bushkin (p),Buck Clayton (tp),Eddie Safranski (b),Jo Jones (ds) July 31. 1951

日本盤解説も面白いので添付しました。

Columbia House Party Series(神戸ジャズ愛好会9月例会関連)

September 17,2019

1955年、コロンビアレコードは「House Party Series(ハウス・パーティー・シリーズ)と呼ばれる新しいシリーズ(10インチ盤)を発売開始しました。

レコードジャケットの左上隅に「House Party」とデザインされたロゴも有名です。

詳細は「Columbia House Party Series (CL 2501 to CL 2606) 1955-1956」をご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

上記添付のレコードはレコードコレクターズ創刊第2号巻頭「RANDOM MEMORANDUM」に紹介されていました。岡郷三氏の記載を添付させて頂きます。

レコードコレクターズ創刊第2号6ページを撮影しました。

YouTubeで全曲公開されています。(下記に添付しました)

こちら ▶️  Columbia House Party (Full Album) Released in 1955

Photo by Discogs

Photo by Discogs

 

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」②

August 17,2019

Photo by Amazon.com

・N瀬氏(3年前に「1940年代のジャズ」を特集されました)

Eddy Howard

Photo above of Eddy Howord by Wikipedia

伴奏に参加したチャーリー・クリスチャン(Charlie Christian)の貴重なソロ演奏が聞けました。

Here is Eddy Howard sings “Star dust”.
Eddy Howard (vcl) acc by Bill Coleman (tp) Benny Morton (tb) Edmond Hall (cl) Bud Freeman (ts) Teddy Wilson (p) Charlie Christian (el-g) Billy Taylor, Sr. (b) Yank Porter (ds) New York, October 4, 1940

・寺本世話人
Bing Crosby

Here is Bing Crosby & Lee Wiley sing ”I Still Suits Me”.
Bing Crosby, Lee Wiley (vcl) duet acc. by Victor Young & His Orchestra
Los Angeles, March 17, 1947

Frankie Laine

Here is Frankie Laine sings ”Blue Turning Grey Over You”.
Frankie Laine with Paul Weston & His Orchestra(1957)

Buddy Greco

Here is Buddy Greco sing “Polka Dots and Moonbeams”.
当日ご紹介された「Live at Mister Kelly’s」の録音は手元にありませんので別音源を添付致します。

Frank Sinatra

1957年6月9日にワシントン州シアトルで行われたコンサート録音(編曲ネルソン・リドル) 。

Here is Frank Sinatra sings ”Just One Of Those Things”.
June 9,1957 Seattle, Washington Concert Frank Sinatra(vo) with Nelson Riddle & His Orchestra

 

・平野

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings ”A beautiful friendship”.
Nat King Cole (vcl) George Shearing (p,arr) Los Angeles, December 19~22, 1961

Al Bowlly
1898年モザンビークで生まれイギリスでデビューしアメリカにも進出した戦前の大歌手です。

Here is Al Bowlly sings “You’re my everything”.
Al Bowlly(vo) with Roy Fox and His Band London, August 8, 1932

1934年の映像を追加します。
Here is Al Bowlly Sings ”The Very Thought of You”.

Jack Teagarden
ブルースを歌わせたらBIG Tが最高です。当日は「Blues after hours(1947年) 」をご紹介しましたが映像を添付しました。

Here is Jack Teagarden sings “Basin’ Street Blues”.

Fats Waller

Photo above of Fats Waller by All About Jazz

45年前「アスペクト・イン・ジャズ」でファッツ・ウォーラーのボーカルを初めて聞きました。

Here is Ted Lewis Band play “Royal garden blues”.
Ted Lewis (cl),Muggsy Spanier (cnt),Benny Goodman (cl), Fats Waller (p,vcl) ,他
New York, March 5, 1931

ジャズ喫茶で聞いたレコード

February 7.2018

今週の月曜日(2月5日)、NHKラジオ第1「すっぴん!」でジャズ喫茶が取り上げられていました。

この放送は2月12日6時迄であれば「NHKらじるらじる・聞き逃しサービス」で聴取可能です。

下記をクリックして下さい。

http://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=2295_13

私が通っていたジャズ喫茶では多種多様なレコードを聴くことが出来ました。

1978年9月27日「ジャズ喫茶オアシス」(大阪千里丘)で下記のレコードを聴いていました。

添付の記録カードをご覧下さい。

Here is Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy play “Boogie woogie cocktail”.
Johnny Burris, Harry Lawson (tp) Howard McGhee (tp,arr) Ted Donnelly, Milton Robinson (tb) John Harrington (cl,as) Ben Smith (as) Edward Inge (cl,ts) Al Sears (ts) Kenny Kersey (p,arr) Floyd Smith (g,el-g,vcl) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) June Richmond (vcl) Andy Kirk (dir) New York, July 14, 1942

 

この店のオーナーが最も好きな歌手の曲を添付します。

お店が暇な時には彼女の全てのレコードを出して、壁に飾っていた記憶があります。

Julie London;Around Midnight
Here is Julie London sings “How about me ?”.
Julie London (vcl) acc by orchestra, Dick Reynolds (arr,cond)
Los Angeles, August, 1960

 

このレコードお店にあったかな?

Paul Weston;Mood For 12
Here is Paul Weston and his band featuaring Eddie Miller play “Emaline”.
band including : Ziggy Elman, Clyde Hurley (tp) Joe Howard, Bill Schaefer (tb) Matty Matlock (cl) Babe Russin, Ted Nash, Eddie Miller (ts) Paul Smith, Stan Wrightsman (p) Barney Kessel, George Van Eps (g) Paul Weston (dir)
Los Angeles, 1955 Columbia CL693