タグ別アーカイブ: Ralph Sharon

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会) 『私が選んだ隠れ名盤』①

August 16,2018

2018年8月12(日)に開催された大阪ジャズ同好会での参加者持ち寄り『私が選んだ隠れ名盤』を2回に分けてご紹介します。当日配付されたレジュメのコメントもお楽しみ下さい。

T村氏

1.『The Ralph Sharon Trio』ラルフ・シャロ ン(Ralph Sharon)(Bethlehem盤)
「You Stepped Out Of A Dream(夢から醒めて)」
トニー・ベネット(Tony Benett)の専属ビアニストに、とどまらない実力を発揮した快作。

Here is The Ralph Sharon Trio play “You Stepped Out Of A Dream”.
Ralph Sharon (p) Jay Cave (b) Christy Febbo (d) New York, 1956

You Stepped Out Of A Dream

2.『Nobody Knows You When You’re Down and Out』ハワード・マギー(Howard McGhee)(United Artists盤)
「Lonely Town」
麻薬禍から何回か復帰したハワード・マ ギーのワンホーン・アルバム。

Here is Howard McGhee Quartet play ”Lonely Town”.
Howard McGhee (tp) Phil Porter (org) Larry Ridley (b) Dave Bailey (d)
New York, late 1962

Lonely Town

3.『Gentleman of The Trombone』ヴィッ ク・ディッケンソン(Vic Dickenson)(Storyville盤)
「Just Too Late」
南仏で録音された、ディッケンソンのリラックスしたワンホーン・アルバム。ピアノに、往年の名人ジョニー・ガルニエリをむかえました。

Here is Vic Dickenson and His Band play “Just Too Late”.
Vic Dickenson (tb,vcl) ,Johnny Guarnieri (p) Bill Pemberton (b), Oliver Jackson (d) Antibes, France, July 25, 1975

Just Too Late

4.『Holiday in Braff』ルビー・ブラフ(Ruby Braff)(Bethlehem盤)
「When You’re Smiling」
ビリー・ホリデイに捧げるトリビュート作品。曲の途中のサックス・ユニゾンは、レスター・ヤングの有名なアドリブを再現しています。

Here is Ruby Braff And His Orchestra play “When You’re Smiling”.
Ruby Braff (tp) Hymie Schertzer (as) Al Klink, Bob Wilber, Boomie Richman (ts) Sol Schlinger (bar) Ellis Larkins (p) Mundell Lowe (g) or Art Ryerson (g) Walter Page (b) Bobby Donaldson (d) New York, March 17 & 18, 1955

When You’re Smiling

Y瀬氏

◆変わりダネの魅力
ブルーベックとMJQにハマり、執念深く音源を追う中でも、生来の新しい物好き、ゲテモノ趣味を交えていろいろ浮気しました。そんな昭和30 (1955) 年前後の変わりダネをお聴きください。名盤と言い切る自信は無いのですが、私にとっての”隠れヒーロー”による”隠れ名演”ではあります。


1.『 Pretty Just For You』ジミー・スミス(Jimmy Smith))(Blue Note盤)

今はない神戸・元町のヤマハで売れ残っていたLPを買い「ブクブク、ボコボコ」と鳴るオルガンジャズの楽しさに覚醒。それは片面2曲で各10分超の長尺なので、次に買ったこれを。

Here is Jimmy Smith Trio Plays ”East Of The Sun”.
Jimmy Smith (org) Eddie McFadden (g) Donald “Duck” Bailey (d)
New York, May 8, 1957

East of the sun

2.「The Things We Did Last Summer」ハービー・マン(Herbie Mann)(Bethlehem盤)

大阪・千林のレコード店で買った東芝レーベルEP(4曲)のうち表面の2曲目。後に全11曲の12インチLPで再発。ハービーがどんどん変な方向に走ったので追跡は断念。

Here is Herbie Mann Quartet play ”The Things We Did Last Summer”.
Herbie Mann (fl) Benny Weeks (g) Keith Hodgson (b) Lee Rockey (d)
New York, December, 1954

The Things We Did Last Summer

3.『Man Bites Harmonica』ツーツ・シールマンス(Toots Thielmans)(Riverside盤)
実は、ハマったのは彼が晩年になってから。フランスムードや、ラテン物を楽しみ、ジョージ・シェアリング5加入前の Jean 名義のこれにも行きつきました。2006年に大阪ビルボードへ聴きに行き、休み時間にCDを差し出すと上機嫌でサインをしてくれました。

Here is Toots Thielemans Quintet play ”Fundamental Frequency”.
Toots Thielemans (g,hca) Pepper Adams (bar) Kenny Drew (p) Wilbur Ware (b) Art Taylor (d) New York, December 30, 1957

Fundamental Frequency

The Young George Shearing(4)

July 14.2018

Photo by allaboutjazz

英国でのGeorge Shearingの活動について記載してまいりました。最後に英国の音楽誌「Melody Maker」の名前を冠したグループでの録音を紹介します。

1926年に英国で創刊されたMelody Maker誌(メロディーメーカー誌)は読者からの人気投票で選抜されたミュージシャンによる録音を毎年行っていました。

George Shearingも1942年にMelody Maker’s Competition Bandというバンドに参加しています。

Here is Melody Maker’s Competition Band play “Red Duster Rag”.
Dave Wilkins, Kenny Baker, Tommy McQuater (tp), George Chisholm, Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Harry Hayes (as), George Evans, Aubrey Frank, Reggie Dare (ts), George Shearing (p), Joe Deniz (g), Tommy Bromley (b), Jock Cummings (d).
May 31, 1942.

Red Duster Rag

Photo above of Ronnie Scott by courtesy of Heritage Lottery Fund

1947年(渡米後、一時帰国した時)には Melody Maker’s Jazz Rallyというバンドで録音しています。
主なメンバーはHarry Hayes BandとWoolf Phillips Band(Sid Phillipsの弟)から選抜され、Ronnie Scottが参加しています。
余談ですが同日行われた別のグループのピアニストとしてラルフ・シャロン(Ralph Sharon)が参加していたことも注目されます。同じスタジオにGeorge ShearingとRalph Sharonが待機していたことを初めて知りました。

Here is Melody Maker’s Jazz Rally play “Blue moon”.
Reg Arnold (tp) Woolf Phillips (tb) Frank Weir (cl) Ronnie Scott (ts) George Shearing (p) Pete Chilver (g) Jack Fallon (b) Norman Burns (d) London, June 29, 1947

Blue moon

上記の録音(1947年6月)後、Harry Hayesコンボと共演した演奏が英国で最後の録音となっています。本演奏は残念ながら聞いた事がありません。
Dinner jacketとThe be-bop”  July 22, 1947
尚、後年Harry Hayes自ら発売したCDに上記録音が収録されています。
こちらを参照して下さい。➡こちら

Ralph Sharonについては過去の拙ブログもご覧下さい。➡ こちら

Photo by courtesy of Vintage Magazine Company

 

I’m Glad There Is You (first published in 1941)

January 24.2018

“I’m Glad There Is You” is a song written by Jimmy Dorsey and Paul Madeira(Paul Mertz).

The song was recorded on featuring Bob Eberly on vocal,December 22, 1941.

Please listen to my favorite piece “I’m Glad There Is You”.

 

毎週日曜日の夜に聞いているジャズ番組「World Jazz Warehouse(FMCOCOLO765)」からブログのテーマを考えました。

今回の放送(1/21)ではFranco Ambrosetti(フランコ・アンブロゼッティ)がEnjaレーベルに昨年録音した「CHEERS」が紹介されました。

このアルバムから私の大好きな「I’m Glad There Is You」が選曲されました。

Bix and his Rhythm Jugglers in 1925. Left to right: Howdy Quicksell, Tom Gargano, Paul Mertz, Don Murray, Bix Beiderbecke, Tommy Dorsey. Courtesy Red Hot Jazz Archive.

この曲はご存知の通りJimmy DorseyとPaul Mertzの作品で1941年にBob Eberlyの歌唱でヒットしました。

私はFranco Ambrosettiについては全くの門外漢ですので、彼の経歴等を調べましたら1941年生まれと知りました。

「偶然の一致でしょうか、それともFranco Ambrosetti自身が生まれた1941年にヒットしたバラードを選曲したのでしょうか?」

詳しい方からの情報提供をお待ちします。

そんな訳で私のお気に入りの「I’m Glad There Is You」をブログに添付しました。

Here is Franco Ambrosetti play “I’m glad there is you”.
Franco Ambrosetti (tp), Kenny Barron (p), Buster Williams (b), Jack DeJohnette (ds)
January 24-25, 2017.Brooklyn NY

▶️I’m glad there is you

 

Photo above of Ray Eberly by courtesy of Hoosick Township Historical Society

Here is Jimmy Dorsey and His Orchestra with Bob Eberly play “I’m glad there is you”.
New York, December 22, 1941

▶️I’m Glad There Is You

 

Photo above of Dorothy Dandridge
by Pinterest

Here is Dorothy Dandridge with Oscar Peterson sings “I’m glad there is you”.
Dorothy Dandridge (vcl) Oscar Peterson (p,celeste) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (d) January 20, 1958

▶️I’m Glad there Is You (最初の音声が歪みますがご容赦下さい)

 

Here is Helen Carr sings “I’m glad there is you”.
Helen Carr (vcl) acc by Don Fagerquist (tp) Charlie Mariano (as) Donn Trenner (p) Max Bennett (b) Stan Levey (d)
Los Angeles, January 5, 1955

▶️I’m Glad there Is You

 

Here is Art Garfunkel sings “I’m Glad There Is You”.

▶️I’m Glad there Is You

 

Here is Jane Monheit sings “I’m Glad There Is You”.

▶️I’m Glad there Is You

 

Here is Stan Getz And The Oscar Peterson Trio play “I’m glad there is you”.
Stan Getz (ts) Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b)
Los Angeles, CA, October 10, 1957

▶️I’m Glad there Is You

 

Here is Ralph Sharon Trio play “I’m glad there is you”.
Ralph Sharon (p) Jay Cave (b) Christy Febbo (d)
New York, 1956

▶️I’m Glad there Is You

 

Here is Duke Pearson Trio play “I’m glad there is you”.
Duke Pearson (p) Gene Taylor (b) Lex Humphries (d)
Englewood Cliffs, N.J., October 25, 1959

▶️I’m Glad there Is You

 

Here is Gus Mancuso Quartet play “I’m glad there is you”.
Gus Mancuso (bar-hrn) Gerald Wiggins (p) Eugene Wright (b) Bill Douglass (d) Hollywood, CA, June, 1956

▶️I’m Glad there Is You

Ralph Sharon(4)

September 28.2017

Photo by courtesy of JazzTimes

In 1957, Ralph Sharon took on the duties of pianist and bandleader for singer Tony Bennett.

Sharon had never even heard of Tony Bennett when the singer invited him to audition as his accompanist.

Also he took American citizenship in 1958 and worked with Bennett for nearly 50 years.

Sharon and Bennett performed together all over the world.

It was a fantastic partnership that produced some of the most popular songs of the era.

Photo by courtesy of The Telegraph

1957年、Ralph SharonはTony Bennettのピアニスト兼バンドリーダーの職に就きました。

Tony Bennett の伴奏者としてのオーディションに臨んだ時点で、Ralph SharonはTony Bennett の歌唱を一度も聞いたことはなかったそうです。

又、1958年に米国市民権を取得しています。

Ralph SharonとTony Bennettはほぼ50年近くの期間を一緒に共演していました。

二人の素晴らしいパートナーシップによりその時代において最も人気のある歌の数々を生み出しました。

Here is Ralph Sharon played at Tea Time at the St. Julien Hotel lobby in Boulde.
October 10, 2009

Ralph Sharon(3)

September 27.2017

Ralph Sharon realized early on that he needed to immigrate to the United States if he really wanted to play jazz.

In 1953, he emigrated to the United States,where he was sharing a room with clarinetist Tony Scott.

In those days they were absorbed in bebop,and frequently went to Minton’s.

Tony Scott introduced Ralph to prominent jazz musicians in New York.

So he worked with famous musicians, recording albums with noted jazz musicians.

Ralph Sharon recorded for the US London label on May 27th, 1955.

Then he had transferd to Bethlehem Records, and recorded Ralph Sharon Trio album in 1956.

He also recorded with jazz vocalist Chris Connor on the Bethlehem label from 1955-1957.

Ralph Sharonは本物のジャズを演奏するのであるならばアメリカに移住する必要があるということを早くから認識していました。

1953年アメリカに移住しクラリネット奏者のTony Scottと同じ部屋で生活していました。

当時二人はビバップの虜になっており頻繁にMinton’s Playhouseに行きました。

Tony Scottはイギリスから来たRalph Sharonをニューヨークで有名なジャズミュージシャンに紹介しました。

そのお陰でRalph Sharonはジャズ仲間との共演も多くなりレコーデイングの機会を持つことになりました。

1955年5月27日、米国Londonレーベルに「Easy Jazz」というアルバムを録音しました。

その後Bethlehemレコードに移籍し「Ralph Sharonトリオ」(1956年)というアルバムを録音しました。

又、Chris ConnorのBethlehem盤(1955-1957年)の伴奏者としてジャズ史に名前を残すことになりました。

 Here is  Ralph Sharon Sextet play “Have You Met Miss Jones?”.
J.R.Monterose (ts), Teddy Charles (vib), Ralph Sharon (p), Joe Puma (g), Charles Mingus (b), Kenny Clarke (ds) 27 May,1955

Here is Chris Connor sings “I Concentrate On You”.
Chris Connor(vo),J.J.Johnson(tb),Kai Winding(tb),Herbie Mann(fl,ts),Ralph Sharon(p),Joe Puma(g),Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds)

Ralph Sharon(2)

September 26.2017

Photo above of The All Star Sextet (1948) by courtesy of henrybebop.co.uk
(Back row) Aubrey Frank, Alan Dean, Reg Arnold, Norman Burns, (Front): Ralph Sharon, Tommy Pollard, Jack Fallon

Ralph Sharon made his professional debut with Ted Heath in 1946.

Ted Heath’s band was one of the top English swing orchestras of the era.

A few years later, he also played piano with Frank Weir’s jazz orchestra.

The orchestra included George Shearing on accordion.

In 1947 he joined Melody Maker’s Jazz Rally.

“Melody Maker’s Jazz Rally”
Dave Wilkins (tp), Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Reggie Dare (ts), Ralph Sharon (p), Pete Chilver (g), Jack Fallon (b), Norman Burns (ds).

In 1948 he recorded with saxophonist Ronnie Scott’s Esquire Five for Esquire label.

This recordings is now considered to be the first British modern jazz session.

“The Esquire Five”
Ronnie Scott (ts), Pete Chilver (g), Ralph Sharon (p), Jack Fallon (b), Carlo Krahmer (ds)
London, England, January 13, 1948

Photo above of Ralph Sharon sextet by courtesy of henrybebop.co.uk
From left: Martin Aston, Victor Feldman, Bert Howard, Fred Perry, Roy Plummer, Ralph Sharon.

By 1948 he was also leading his own sextet, which included Victor Feldman who was known in England as “Kid Krupa”.

1946年Ralph SharonはTed Heath楽団でプロ奏者としてデビューしました。
Ted Heath楽団は英国において名門のオーケストラの1つでした。
数年後Frank Weirのジャズオーケストラに移籍しました。
その当時のFrank WeirバンドにはGeorge Shearingがアコーディオン奏者として在籍していました。
1947年「 Melody Maker’s Jazz Rally」というジャズコンボに参加しました。
バンドメンバーを下記に記載します。
Dave Wilkins (tp), Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Reggie Dare (ts), Ralph Sharon (p), Pete Chilver (g), Jack Fallon (b), Norman Burns (ds)
このメンバーの録音はSpotifyで聞くことが出来ました。

1948年サックス奏者のRonnie Scottが結成した「The Esquire Five」に参加しEsquire社にレコーディングしています。
現在ではこのレコーディングは英国において最初のモダンジャズセッションと位置付けられています。
バンドメンバーを下記に記載します
Ronnie Scott(ts),Pete Chilver(g),Ralph Sharon(p),Jack Fallon(b),Carlo Krahmer(ds)
このメンバーの録音もSpotifyで聞くことが出来ました。

1948年、その当時の英国ジャズ界で「Kid Krupa」として知られていたVictor Feldmanを擁した自己のグループを結成しました。

Here is Ralph Sharon Sextet play “The Very Thought Of You”.
Ralph Sharon(p),Jimmy Skidmore(ts),Viv Feldman(vib),Dave Goldberg(g),Jack Fellon(b),Martin ashton(ds)
August 29,1950  London

Ralph Sharon(1)

September 25.2017

Photo by courtesy of The New York Times

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe,where I introduced “Tony Sings for Two “by Tony Bennett.

Because I love Ralph Sharon’s piano accompaniment.

So this week I would like to confirm his footprints until Ralph Sharon becomes a pianist of Tony Bennett.

Ralph Simon Sharon was born September 17,1923 in London and died March 31, 2015 in Boulder in Colorado.

Illustration by courtesy of London Cinema Museum

His mother was American, and she used to be a professional pianist.

She used to play piano for the films in theatres in New York.

Then she got married with Englishman, and emigrated in London.

Naturally,he began to study piano with her.

But he did not enjoy playing the piano and he wouldn’t practise until he was around thirteen.

Photo by courtesy of The Newyoker

Photo by courtesy of 100piano.com

In those days he started hearing jazz records such as Fats Waller and Art Tatum.

He said;”That all changed when I began listening to American jazz records”.

So he started going to some London jazz clubs and hanging out with professional musicians.

Then he started playing with little local bands, just around the Bethnal Green area.

昨日神戸ジャズ愛好会に参加しました。

今回の持寄テーマは『ジャズスタンダード名曲集(第2回)~リチャード・ロジャース&ロレンツ・ハート』でした。

私は愛聴盤である「Tony Sings for Two」by Tony Bennett.を紹介させて頂きました。

昔からRalph Sharonのピアノ伴奏が大好きで、先輩会員の方からええの持ってくるねとお褒めの言葉を頂戴したことも嬉しかったです。

そこで今週はRalph SharonがTony Bennettの伴奏者になるまでの足跡を確認したいと思います。

Ralph Simon Sharonは1923年9月17日にロンドンで生まれ、2015年3月31日にコロラド州ボルダーで亡くなりました。

母親はアメリカ人でした。母は結婚前にはニューヨークの映画館でサイレント映画の伴奏演奏をしていたそうです。

その後イギリス人と結婚しロンドンに移住しRalph Sharonが誕生しました。

当然のごとくRalphは母の教えでピアノを勉強し始めました。

しかしピアノを弾くのが嫌で13歳くらいまでは真面目に練習しなかったそうです。

一方で自宅にあったFats WallerやArt Tatumなどのジャズレコードを聞き始めました。

後日この時の感動を次のように語っています。「アメリカのジャズメンのレコードを聞き始めたときから全てが劇的に変わりました」

その後ロンドンのジャズクラブに足繁く通うようになりプロ演奏家とも出会いました。

そしてロンドンのBethnal Green地区でローカルバンドを結成し演奏活動を開始しました。

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “I Didn’t Know What Time It Was”.

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “Bewitched, bothered and bewildered”.

Here is  Tony Bennett with Ralph Sharon play “My Funny Valentine”.