タグ別アーカイブ: Randy Weston

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)①

January 28,2019

1月例会の概要については「映像コーナー」「持ち寄りコーナー 」「その他」からご紹介致します。
特集「Riversideレーベルの名演」については明日以降に投稿する予定でございます。

・映像コーナー」
『モダンジャズメンの群像』 寺本泰規氏(世話人)解説

当日ご紹介された映像については詳細をお伝え出来ない事をご了解下さい。
それ故、昨日紹介された演奏者によるYouTube映像をお楽しみ下さい。

Here is Zoot Sims plays at San Remo ’83

Here is Zoot Sims Quartet Live at Donte’s, LA, 1970

Here is Kenny Dorham Live at the Golden Circle

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (TV Broadcast)

Here is Stan Getz, Lou Levy & Ray Brown Live – Italy

Here is Chet Baker live at Rome 1956

Here is Nice jazz festival 2018 – Randy Weston

・持ち寄りコーナー(Y瀬氏)
以下、レジュメを転載します。

進駐軍EP、国連LPを初めて知りました。昭和20(1945)年から7年間、米・英兵を中心として日本を統治した連合国軍のPX(購買部=大阪では心斎橋そごう)だけで売られたコロムビアのEP(全4曲)から3曲。さらに1 970年の千里万博の際に企画された8インチLPの「国連レコード =日本の旅情(全6曲) 」から1曲をお聴きください。
1.「JAPANESE RUMBA」(ノーメン西本&ジョージ島袋の2世コンビ)
2. 「GOMEN NASA」(リチャード・パワーズ)
3.「SOBA SIC」(美空ひばり)
4.「さくら さくら」(イブ・モンタン)

Here is JAPANESE RUMBA”.

Here is “GOMEN NASAI”

Here isSOBA SIC”.

Here isさくら さくら”.

・その他
I氏が例会開催前日に亡くなった Michel Legrandを追悼した曲(Phil Woodsとの共演盤)をご紹介されました。

ライブでの共演映像を添付致しました。

Here is Michel Legrand & Phil Woods play ”You Must Believe In Spring” at 2001 Montreal.

Photo above of Michel Legrand and Yves Montand by courtesy of Michel Legrand’s official site

 

Melba Liston(5)

June 17.2017

Photo above of Randy Weston with Melba Liston and Freddie Hubbard by courtesy of JazzTimes

At the beginning of the 1960s Melba Liston collaborated with pianist Randy Weston.

Their collaborations produced several notable albums including the critically acclaimed albums Uhuru Afrika (1960) and Highlife (1963).

Randy Weston said about Melba;”Melba is incredible; she hears what I do and then expands it.She will create a melody that sounds like I created it. She’s just a great, great arranger.”

Acutually she was a pioneer in the explicit melding of contemporary African rhythms and intonations with American jazz.

In the 1960s she took on work for other jazz artists such as Milt Jackson and Johnny Griffin.

During the 1970’s, she spent six years in Jamaica on a music education appointment at the University of Jamaica and served as director of popular music studies at the Jamaica Institute of Music.

Unfortunately, her health declined with the first of several strokes in 1986.

Melba Liston passed away in 1999.

In later years, Melba spoke candidly about the extreme difficulties of being a female jazz musician during this era.

However, despite consistent abuse by male musicians, Melba found strength and motivation in her music.

Photo above of Mary Louwilliams and Melba Liston by courtesy of tumblr.com

1960年代初頭、Melba ListonはRandy Westonと音楽活動を開始しました。
二人の協働によって下記2枚を含み注目すべきアルバムを発表しました。
Uhuru Afrika(1960), Highlife(1963)
彼らは「アフリカのリズムとイントネーション」をジャズに融合させた先駆者となりました。
又、Milt Jackson や Johnny Griffinのアルバムに編曲を提供し、録音現場ではオーケストラの指揮も手掛けました。
1970年代、ジャマイカ大学で6年間音楽教育に携わりジャマイカ音楽院の音楽監督も務めました。
1986年、彼女に最初の心臓発作が不幸にも起きました。
そしてMelba Listonは1999年に亡くなりました。
晩年、Melbaは女性ジャズミュージシャン特有の困難さについて率直に語りました。
男性ミュージシャンからの罵詈雑言にも挫けず自分の音楽を堂々と演奏することを自らの生き方と決めたそうです。

Here is Randy Weston with Melba Liston play “Babe’s Blues”.(1958)
Randy Weston(p), Johnny Griffin(ts) Ray Copeland ,Idrees Sulieman(tp),Melba Liston (tb),George Joyner(b),Charlie Persip(ds),Langston Hughes(Liner Notes)

Here is Milt Jackson and Big Brass play “For someone I love”.

Here is Melba Liston’s performance and the commentary of Marian McPartland by Women in Jazz 1981.