タグ別アーカイブ: Ray Bryant

第18回例会特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

June 07.2019

6月の特集『ベーシストに注目してジャズを楽しむ』を担当されるのは浦谷敏行氏です。

浦谷氏は2016年4月(第18回例会)に特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』を担当されていました。

今回は3年前の特集で取り上げられた「モダンジャズの巨人」の映像をお楽しみ下さい。

レジュメの序文を転載します。

特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

あらためて「モダン・ジャズ・ジャイアンツ」を取り上げた特集を企画してみました。
ただ、あまりにも有名な定番的名演を取り上げても「何を今さら・・・」みたいな感じになるので、個人的にお気に入りの演奏を選んでみました。
ソニー・ロリンズ、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、セロニアスモンクを取り上げます。(ナビゲーター浦谷敏行)

Sonny Rollins
50年代ロリンズの歌心あふれる演奏

1. On A Slow Boat To China
Sonny Rollins(ts),Kenny Drew(p),Percy Heath(b) ,Art Blakey(ds)
New York, December 17, 1951

2. It’s All Right With Me
Sonny Rollins(ts),Ray Bryant(p), George Morrow(b), Max Roach(ds)
Hackensack, N.J., December 2, 1955

1968年、デンマークでの演奏を添付します。
Here is Sonny Rollins Quartet play ”Improvising a solo introduction”.
Sonny Rollins(ts),Niels-Henning Ørsted Pedersen(b) ,Albert “Tootie” Heath(ds) Denmark in 1968

Miles Davis
しっとりとしたバラード、そしてあの名曲を電気マイルスがこんな風に料理しました。対 照的な2曲。

3. Something I Dreamed Last Night
Miles Davis (tp),John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Hackensack, NJ., May 11, 1956

4. Round About Midnight
Miles Davis (tp),Wayne Shorter(ts), Chick Corea(p), Dave Holland(b) ,Jack De Johnette(ds)
Jazz Festival, Juan-les-Pins, France, July 25, 1969

昨年YouTubeでアップされた映像を添付します。
Here is Miles Davis Quintet play ”Festiva De Juan Pins 1969”.

John Coltrane
ひとつの頂点に達した Coltrane の演奏。

5. Soul Eyes
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 11, 1962

6. Crescent 
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 27, 1964

翌年に撮影された映像を添付します。
Here is John Coltrane Quartet play “Naima”.
Belgium in 1965

Thelonious Monk
世評芳しくない後期のモンクも聴いてみましょう。

7.Blue Monk
Thelonious Monk (p)
live in San Francisco, CA, October 20 and 21, 1959.

8. Misterioso 
Thelonious Monk (p) Charlie Rouse(ts) Larry Gales(b) Ben Riley(ds)
Live At The It Club October 31 and November 1, 1964

上記と同じメンバーでの映像を添付します。
Here is Thelonious Monk Quartet play “Lulu’s Back in Town 〜 Don’t Blame Me〜Epistrophy”.
Copenhague in 1966

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』②        

November 22,2018

前回は、兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市・西明石市に在住されている4人がご紹介された演奏をご紹介致しました。

今回は、大阪府茨木市並びに大阪市在住の2人が持参した録音をご紹介致します。

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

Here is Jo Jones Trio play ”Jive At Five”.
Ray Bryant(p) Tom Bryant(b) Jo Jones(ds)
NYC March, 1959

Here is Tommy Flanagan play “Little Rock”.
Tommy Flanagan(p) Wilbur Little(b) Elvin Jones(ds)
Stockholm Sweden August. 15, 1957

Here is Sonny Rollins Quartet play “Strode Rode”.
Sonny Rollins(ts) Tommy Flanagan(p) Doug Watkins(b) Max Roach(ds)
NJ June 22, 1956

上記 “Strode Rode”については『サキソフォン・コロッサスに押された「怒りの刻印」/ソニー・ロリンズ』が参考になります。FB友人寺井珠重さん(Jazz Club OverSeas奥方)の「ジャズクラブの片隅から…」を添付します。▶︎ こちら

 

・平野
ケニー・クラーク(Kenny Clarke)の演奏を4曲ご紹介しました。

(1)スイング時代の花形セッションに参加しています。
Here is Mildred Bailey sings ”Tennessee fish fry”.
Mildred Bailey (vcl),Roy Eldridge (tp) Jimmy Carroll, Robert Burns (cl,as), Irving Horowitz (b-cl) ,Mitch Miller (oboe,eng-hrn), Eddie Powell (fl) ,Teddy Wilson (p), John Collins (g) ,Pete Peterson (b) ,Kenny Clarke (ds) ,Eddie Sauter (arr)
NYC, May 15, 1940

Tennessee fish fry

Photo by Wikipedia

(2)パリでシドニー・べシェと録音しています。
Here is Sidney Bechet Quartet play ”Out of nowhere”.
Sidney Bechet (sop sax) Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, October 20, 1949(オーディオパーク復刻盤シリーズ Sidney Bechet 1944~1950から)

Out Of Nowhere

(3)アニー・ロスの珍しい録音です。(是非お聞き下さい)
Here is Annie Ross sings “I’m Beginning To Think You Care For Me”.
Annie Ross(vo),Milt Jackson(vib),Blossom Dearie(p), Percy Heath(p), Kenny Clarke(ds)
NYC, April 1, 1952

_I_m Beginning To Think You Care For Me_

上記録音当時アニー・ロスはケニー・クラークと同棲中に授かった子供の養育に悩んでいたそうです。詳細については拙ブログをご覧下さい。▶︎ こちら

(4)最後にケニー・クラークのリーダー作(Klook’s Clique)から大好きな曲を
Here is Kenny Clarke Quintet play ”Play, Fiddle, Play”.
Donald Byrd (tp) John LaPorta (as) Ronnie Ball (p) Wendell Marshall (b) Kenny Clarke (ds)
NYC, February 6, 1956

Play, Fiddle, Play

 

神戸ジャズ愛好会7月例会(2)          

July 23.2018

Photo above of Ginger Rogers, Irving Berlin and Fred Astaire by courtesy of Pinterest.com (1938)

神戸ジャズ愛好会7月例会の後半をご紹介させて頂きます。

2.映像コーナー

「Golden Jazz Concert 〜Ray Bryant Live in Japan 1991」
当日は4曲を紹介頂きましたがYouTubeに同じ映像がアップされていました。
Here is Ray Bryant Trio in Japan.
Ray Bryant(p),Jimmy Rowser(b),Winard Harper(ds)
Keystone Corner, Tokyo Nov.30,1991

3.その他(番外編)

・N瀬氏

フレッド・アステア(Fred Astaire)を2曲ご紹介されました。
アーヴィング・バーリンの作品「Cheek to Cheek」Fred Astair
Here is Fred and Ginger sings ”Cheek to Cheek”.

フレッド・アステアとカウント・ベイシーとの共演
Here is Fred Astaire and Count Basie play ”Sweet Gorgia Brown”(1960).

・平野

「Always」
Here is Lars Gullin Quintet play “Always”.
Ake Persson(tb) Lars Gullin(bars) Rune Of werman(p) Georg Riedel(b)
Bert Dahlander(ds) Stockholm, April 25, 1956

「How Deep Is The Ocean」
Here is Ann Hampton Callaway sings ”How Deep Is The Ocean”.

神戸ジャズ愛好会7月例会(1)               

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

著作権の関係でSpotifyでの音源提供となります。
https://open.spotify.com/embed/user/21cqwjk7qrbjr6hmzbtlzpwyi/playlist/5ttspr9qU4INdJs1TMiqpK

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

Toots Thielemans as guitarist(3)

August 25. 2017

Photo by YouTube Clip

In 1951 Toots Thielemans  immigrated to the United States.

He worked with Charlie Parker, Dick Hyman and many other musicians.

From 1953 to 1959 he played with George Shearing.

Photo above in the 1950s, from left, Bobbejan Schoepen, George Shearing, Toots Thielemans and singer Joe Williams

When  George Shearing signed with Capitol, they recorded together on most of Shearing’s Capitol sessions.

Also Thielemans was making a name for himself as a leader.

In 1957, he signed with Riverside label.

Photo above of Orrin Keepnews by courtesy of Alchetron

Orrin Keepnews produced an ingenious pairing by Thielemans and  baritone saxophonist Pepper Adams.

Thielemans and Adams had swing and a driving playing style in common.

Then Thielemans recorded most superb 1950s albums—Time Out for Toots, on Decca.

Unfortunately I could not hear his guitar on this recordings.

Photo above of Barry Galbraith by courtesy of Jazz Guitar Lessons.com

Photo above of Bucky Pizzarelli by courtesy of WNPR.

Probably it seems that guitar solos in this album are Barry Galbraith  and Johnny Pizzarelli.

In 1959 he recorded with Ray Bryant Trio on Signature label.

R-4680882-1420991758-2870.jpeg

 

1951年、Toots Thielemans は米国に移住しすぐにCharlie Parkerや Dick Hyman等と共演しています。

1953年から1959年までGeorge Shearingのグループに参加しました。

George Shearingが MGM社からCapitol社に移籍契約してからはShearingバンドのギター奏者として多くのレコーディングを残しています。

又同時期にThielemansはリーダーアルバムもレコーディングしています。

1957年ThielemansはOrrin Keepnews率いるRiverside社と契約を締結しました。

Orrin KeepnewsはThielemansとバリトンサックス奏者Pepper Adamsを組み合わせるという独創的なアイデアで「Man Bites Harmonica!」を制作しました。

ThielemansとAdamsの演奏スタイルには共通したところがあったようです。

その後、1950年代の代表作である「Time Out for Toots」をDecca社にレコーディングしています。

残念ながらこのアルバムにおいて、私の耳ではThielemansと共演者のギターを識別することが出来ませんでした。(Thielemansはハーモニカソロに専念しているのでしょうか)
このアルバムのギターソロはBarry GalbraithとJohnny”Bucky” Pizzarelli が担当しているのではないかと思われます。(ディスコグラフィーを参照しました)

1959年、Ray Bryant TrioをバックにSignature社に「The Soul Of Toots」をレコーディングしています。

Here is George Shearing Quintet play “Jordu”.
George Shearing (p), Emil Richards (vib), Toots Thielemans (g), Al McKibbon (b), Percy Brice (ds)Armando Peraza (congas)   Los Angeles, March 27,1958

Here is Toots Thielemans  Quintet play “Soul Station”.
Toots Thielemans(g.harmonica), Pepper Adams(bs),Kenny Drew(p), Wilbur Ware(b),Art Taylor (ds) : December 30, 1957 and January 7, 1958

Here is Toots Thielemans  Quintet play “Imagination”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Toots Thielemans plays “Time For Toots”. ( Full Album )
January 22, 1958 & January 24, 1958

Here is Toots Thielemans with Ray Bryant Trio play “You Are My Sunshine”.
Toots Thielemans (hca,g),Ray Bryant (p),Tommy Bryant (b),Oliver Jackson (ds) October ~November, 1959

Here is Toots Thielemans with Ray Bryant Trio play  “Lonesome Road”.
Members of the recording are the same as above.