タグ別アーカイブ: Ray Charles

大阪ジャズ同好会第38回例会持ち寄り(2019年8月11日)「男性ヴォーカリスト群像」①

 

August 16,2019

参加者持ち寄り『男性ヴォーカリスト群像』について4人のお気に入りをご紹介します。

・K氏(『春をテーマにしたジャズ』を特集されました)

The Four Freshmen

Here is The Four Freshmen sing “I’m Always Chasing Rainbows”.

以下はマーティ・ペイチ (Marty Paich)が編曲・伴奏をしていることから選曲されました。

Jesse Belvin

Here is Jesse Belvin sings “It’s All Right With Me”.

Ray Charles

Here is Ray Charles and Betty Carter sing “Every Time We Say Goodbye”.

Mel Torme
当日紹介されたは「Surrey With A Fringe On Top」は著作権の関係で日本公演の映像に変更させて頂きます。

Here is Mel Torme sings “More Than You Know” with Marty Paich Orchestra.
富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

・T村氏(ジャズ随想(個人Facebook)を連想するコメントが面白いです)

Sam Cooke
若くして亡くなったサム・クックの、ニューヨークはコパカバーナ・クラブの実況録音。この美声を味わって下さい。

Here is Sam Cooke sings “The Best Things In Life Are Free”.(July 7,1964)

Bobby Troup
ジュリー・ロンドンの旦那ですが、奥さんより歌は上手い。赤坂のニューラテンク チーターの実況録音。「ルート66」の作曲家。

Photo by ディスクユニオンHP

当日ご紹介された「Yes Sir That’s My Baby」は手元になく、ハワード・ロバーツ(Howard Roberts)を従えた録音に変更させて頂きました。

Here is Bobby Troup sings “Route 66”.
Bobby Troup (vcl,p) Howard Roberts (g) Bob Enevoldsen (b) Don Heath (d)
Pasadena, CA, September 24, 1955

The Four Freshmen
白人男性コーラスグループの最高峰。キャンパスコンサートの実況録音。とにかく楽しい。

当日ご紹介された「Route 66」を含んだメドレーに変更させて頂きました。(Japan 1964)
Here is Four Freshmen sing “Angel Eyes,~Route 66~Polkadots and Moonbeams”.

Mel Torme
小粋にスイングするメル・トーメ。シナトラに匹敵する白人男性シンガーです。

Here is Mel Torme sings “South of the Border”.

Ray Charles
ご存知、先のサム・クックの先輩のリズム・アンド・ブルース歌手。来日公演は何回も行きました。

Here is Ray Charles sings “Hit the road Jack”.

Jack Teagarden
トロンボーンの巨匠ジャックTはサッチモ同様に歌手としても超一流。ルビー・ブラフ、ラッキー・トンプソンと共演したこのディスクは後期の最高作です。

Here is Jack Teagarden sings “St. James Infirmary”.

・I谷氏(神戸の例会にも参加されています)

Nat King Cole

Here is Nat King Cole sings “Those Lazy-Hazy-Crazy Days of Summer”.

・H氏(森山威男研究会の創設会員で「ハチママ・バースディ・パーティ&いんたーぷれい8」に毎年参加されています)

植木等
1954年、ギタリストとして「フランキー堺とシティ・スリッカーズ」に参加。上京後、声楽家に師事し発声レッスンを受けていたことからギタリストとしてではなくボーカルを担当。

Photo by Wikipedia

Here is Hitoshi Ueki(植木等) sings 「炭坑節」.
(伴奏:フランキー堺&シティー・スリッカーズ)

上記録音については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

【ブログ作成者からのおまけ】

Here is Bobby Troup sings ”My Funny Valentine〜Misty”.

Here is is Bobby Troup Lemon Twist Julie London Colour TV Show

Here is Nat King Cole sings ”Non Dimenticar”.

Gil Fuller(3)

October 22,2017

Photo above of Dizzy Gillespie and Gil Fuller and Dick Bock

Dizzy Gillespie worked closely with Gil Fuller during the height of his big band period in the mid to late 1940s.

Their collaboration also produced a standards such as “Manteca” and “Tin Tin Deo” by Chano Pozo.

By 1965, Gil Fuller wasn’t working with Dizzy in an official capacity.

In those days Fuller established his own publishing company.

So he did not appear in the recording studio.

Interestingly he created under BMI music publishing under aka “GILBERTO” for “GIL FULLER”.

In the ’60s Fuller once again associated with modern jazz.

We can hear Gil Fuller & the Monterey Jazz Festival Orchestra featuring Dizzy Gillespie.

This is an album by composer, arranger and conductor Gil Fuller in 1965.

He also was concerned with pop music such as Modern Sounds in Country and Western Music by Ray Charles.

He passed away May 26, 1994, San Diego, in California.

Dizzy Gillespieは1940年代の中期から後半にかけて Gil Fullerとの緊密な関係を保ちその時代では高いレベルのビッグバンドを率いていました。

Chano Pozo原作の「Manteca」や 「Tin Tin Deo」は二人の協力によりスタンダード曲となりました。

1965年までGil FullerはDizzyとの公式な共演はありませんでした。

その当時、Gil Fullerは音楽出版会社を設立していました。

それ故レコーディングスタジオにあまり登場しませんでした。

余談ですがGilbertoという偽名でダンスアルバムを出しています。

1960年代になるとGil Fullerは再びモダンジャズシーンに関わってきます。

Gil FullerはMonterey Jazz Festival Orchestraを結成しGillespieをフィーチャーした作品を残しました。

このアルバムは1965年にGil Fuller自ら作曲・編曲・指揮を行っています。

又、ポピュラーミュージックに関わりRay Charlesによる「Modern Sounds in Country and Western Music」の編曲にも携わっています。

Gil Fullerは1994年5月26日、カリフォルニア州サンディエゴで永眠しました。

Here is Dizzy Gillespie Quintet play “Tin Tin Deo”.
Dizzy Gillespie(tp),James Moody(as.flt),Kenny Barron(d)
Christopher Wesley White(b),Rudy Collins(ds)

Here is Gil Fuller And The Monterey Jazz Festival Orchestra Featuring Dizzy Gillespie play “Man from Monterey”.
John Audino, Harry Edison, Dizzy Gillespie, Freddie Hill, Melvin Moore (tp) Jim Amlotte, Francis Fitzpatrick, Lester Robinson (tb) Sam Cassano, David Duke, Herman Lebow, Alan Robinson (French horn) Gabe Baltazar, Buddy Collette, Bill Green, Jack Nimitz, Carrington Visor Jr. (reeds) Phil Moore Jr. (p) Dennis Budimir (g) Jimmy Bond (b) Earl Palmer (ds) Gil Fuller (arranger, conductor) Hollywood, CA, June 8 & 9, 1965

Here is Gil Fuller Orchestra play “Be’s that way”.

Here is Ray Charles sings “I Can’t Stop Loving You”.

Isham Jones’ compositions(4) “You’ve Got Me Crying Again”

October 06,2017

Photo above of Isham Jones by courtesy of Wikipedia

“You’ve Got Me Crying Again”   was written by Isham Jones, with lyrics by Charles Newman, and was published in 1933.

Elsie Carlisle had sang this song from early period.

She was a popular English female singer both before and during the British dance band era of the 1920s and 1930s.

Fortunately I found the video that she sang to “You’ve Got Me Crying Again”.

For more information,Go here

「You’ve Got Me Crying Again」は1933年に発表されました。(作詞 Charles Newman)

1920年代から1930年代に英国人気ダンスバンドの女性ボーカルであったElsie Carlisleは早い時期からこの曲を歌っていました。詳細については ➡️   こちらをクリック

彼女が「You’ve Got Me Crying Again」をバンドと歌っている映像を添付しました。

Here is Miss Elsie Carlisle sings “You’ve Got Me Crying Again” (1933).

 

Here is Isham Jones & His Orchestra play “You’ve Got Me Crying Again”.

 

Here is Bing Crosby sings “You’ve got me crying again”.(1933)

 

Here is Coleman Hawkins Quatet play “You’ve Got Me Crying Again”.
Coleman Hawkins (ts) Billy Taylor (p) John Collins (g) Percy Heath (b) Art Blakey (ds) New York, August 25, 1950

 

Here is Lee Wiley sings “You’ve Got Me Crying Again”.
Bunny Berigan(tp),Tommy Dorsey(tb), Jimmy Dorsey(cl)Joe Venuti(violin),Fulton McGrath(p),Dick McDonough(g),Artie Bernstein(b),Stan King(ds).NewYork, March 7, 1933

 

Here is Dean Martin sings “You’ve Got Me Crying Again”.

 

Here is Ray Charles sings “You’ve Got Me Crying Again” .

(追記)本ブログ作成後(1年後)に下記3曲追加添付しました。

Here is Adrian Rollini And His Orchestra with Vocal Dick Robertson play “You’ve Got Me Crying Again”.
Mannie Klein (tp) Tommy Dorsey (tb) Jimmy Dorsey (cl,as) Arthur Rollini (ts) Adrian Rollini (bassax,goofus,vib,xyl) Joe Venuti (vln) Charlie Magnante (accor) Fulton McGrath (p) unknown (g) Art Miller (b) unknown (d) Dick Robertson (vcl)
New York, February 14, 1933

 

Here is Boyd Raeburn and his Orchestra (Vocal by Margie Wood) play “You’ve Got Me Crying Again”.
Arranged by Johnny Mandel
Tommy Allison, Carl Berg, Alan Jeffreys, Dale Pierce(tp) Jack Carmen, Johnny Mandel, Trummy Young(tb) Johnny Bothwell, Leonard Green(as) Stuart Anderson, Frank Socolow(ts) Hy Mandel(bs) Boyd Raeburn(bsx) Ike Carpenter(p) Steve Jordan(g) Joe Berise(b) Irv Kluger(d)
New York, May 13, 1945

 

Here is Woody Herman and his Orchestra play ”You’ve Got Me Crying Again”.
Sonny Berman, Pete Candoli, Conte Candoli, Irv Lewis, Neal Hefti(tp) Ralph Pfeffner, Bill Harris(tb) Ed Kiefer(tb) Woody Herman(cl,as,vo,ldr) Sam Marowitz, John LaPorta(cl,as) Flip Phillips, Pete Mondello(ts) Skippy DeSair(bs) Tony Aless(p) Billy Bauer(g) Chubby Jackson(b) Dave Tough(d) The Blue Flames(vo) New York, September 8, 1945