タグ別アーカイブ: Red Norvo

大阪ジャズ同好会第40回例会(2019年12月8日)「Best of Live & Broadcast Performances of Billie Holiday」

December 12,2019

Best of Live & Broadcast Performances of Billie Holiday(解説 寺本泰規氏)

以下、解説された寺本泰規氏作成のレジュメを編集せず転載致しました。尚、文中の写真は寺本氏の解説に沿ってブログ作成者が添付致しました。

1.1930年代
ビリー・ホリデイ(Billie Holiday)ことエレオノーラ・フェイガン(Eleanora Fagan,1915年4月7日〜1959年7月17日)は1933年11月27日にコロンビアへ初録音を果たしますが、残されている放送録音で最も初期のものは1937年6月30日にCount Basie楽団の専属歌手として行われたものです。まず最初に聴いていただく歌唱は同じ年の11月に行われた放送録音です。オブリガードをつけるLester Youngが聞き物です

1.「I Can’t Get Started」(2:56)(Wednesday,November 3,1937)(Camel Caravan Radio Show)
(Cedar Grove(New Jersey),Meadowbrook Lounge,CBS Broadcast by WOR)
Count Basie and his Orchestra
Buck Clayton,Ed Lewis,Bobby Moore(tp) Eddie Durham,Benny Morton,Dan Minor(tb),Earle Warren(a) Jack Washington,(as,bs) Herschel Evans,Lester Young(ts),Count Basie(p), Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(ds) Billie Holiday(vo)

 

Photo by Billie Holiday Discography(CBS放送時に撮影)

次は2回目の放送録音であるBenny Goodmanとの共演です。この時の録音はもう一曲あり、後になって公開されました。同じ頃コモドアにも「Strange Fruit」で有名な録音を始めます。

2.「I Cried For You」(2:31)(Tuesday,January 17,1939)
(New York City,Camel Caravan Radio Show(Broadcast))
Benny Goodman and his Orchestra
Chris Griffin,Ziggy Elman,Irving Goodman,Cy Baker(tp) Red Ballard,Vernon Brown(tb),Hymie Schertzer,Noni Bernardi(as) Jerry Jerome,Art Rollini(ts) Benny Goodman(cl),Jess Stacy(p) Ben Heller(g) Harry Goodman(b) Buddy Schutz(ds) Billie Holiday(vo)

 

1938年暮れにオープンした「Café Society」に出演(1939年1月1日撮影)Photo by Billie Holiday Discography

コロンビア時代(1933〜1942年)は元気溌剌とした歌声とその楽器的唱法が最大限生かされた時代でした。名だたる共演者とも臆せず唄うその姿は、正にジャズヴォーカルそのものと言えるでしょう。

2.1940年代
40年代はコモドアに4セッションしたのとJATPコンサート以外は、ほとんどDeccaレーベル(1944〜50年)への録音となります。この時代はより情感を込めた歌い方となり、円熟した歌唱が多く全盛時代と行っても良い時代だと思います。しかし中にはDeccaでのストリング伴奏の評価が良くないとする人もいますが、ストリングスのアレンジの出来を除くと、彼女の唄そのものは30年代よりも素晴らしいものとなっているのは間違いないと思います。
さて1944年に入り彼女はコモドアへ残りの録音を行い、その後豪華メンバーをバックに次の放送録音を残しました。残念ながら共演者のソロはありません。

3.「Fine and Mellow」(3:50)(Sunday,June 25,1944)
(New York City,WMCA Broadcast New World a-coming # 17)
WMCA New World A’Coming – The Story Of Negro Music(narrated by Canada Lee)
Ben Webster(ts) Vic Dickenson,Benny Morten(tb) Edmond Hall(cl) Charlie Shavers,Roy Eldrige(tp) Art Tatum(p) Al Casey(g) Slam Stewart(b) Arthur Trappier(ds)

 

次のライブセッションは従来1946年4月22日エンパシー・シアターでの録音とされていましたが、後年下記の日時・場所に訂正されたものです。個人的にはコモドア盤よりも心に訴えかける歌唱だと思っています。

4.「Strange Fruit」(3:12)(Monday,February 12,1945)(accompanied by piano only)
(Los Angeles,Shrine Auditorium)
Jazz At The Philharmonic
Billie Holiday(vo) Wardell Gray,Illinois Jacquet(ts) Willie Smith(as)
Howard McGhee(tp) prob.Milt Raskin(p) prob.Dave Barbour(g) Charlie Mingus(b)
Davie Coleman(ds)

 

12月にはアポロ劇場から中継されたHot Lips Page and Orchestraのゲストとして出演します。その時の録音です。

5.「All of Me」(2:02)(Saturday,December 15,1945)
(Harlem(New York City),Apollo Theatre,253 West 125th Stree at 7th/8th Aves.)
(WMCA Broadcast )
Hot Lips Page and Orchestra
Hot Lips Page(tp) Joe Springer(p) unknown(b) unknown(ds)

 

次はカーネギー・ホールで最初に録音されたセッションです。

6.「He’s Funny That Way」(2:27)(Monday,May 27,1946)
(New York City,Carnegie Hall) Jazz At The Philharmonic
Billie Holiday(vo) Buck Clayton(tp) unknown(tb) Coleman Hawkins,Illinois Jacquet,Lester Young(ts) Ken Kersey(p) John Collins or Tiny Grimes(g)prob.Curly Russell(b) J.C.Heard(ds)

 

上記録音の5日後にDown Beat Clubの楽屋でWilliam Gottliebが撮影(1946年6月1日)Photo by Billie Holiday Discography

 

2回目のカーネギー・ホールです。ピアノのみの伴奏で情感を込めて唄っているのが良くわかります。

7.「There Is No Greater Love」(2:34)(Saturday,May 24,1947)
(New York City,Carnegie Hall)
Jazz At The Philharmonic
Billie Holiday(vo) Bobby Tucker(p)

 

ライオネル・ハンプトン楽団との初めてで最後の共演の記録ですが、楽器の音はベースを除きほとんど聞こえません。最後にアンサンブルがわずかに出てきます。この時の録音はFats Navarro(tp)のソロがある曲も録音されています。

8.「I Cover The Waterfront」(3:19)(Wednesday,July 7,1948)
(New York City,Geneva,Radio Broadcast)
Billie Holiday(vo) with Lionel Hampton and his Orchestra
including Wes Montgomery(g) Charlie Mingus(b)

 

3.1950年代
50年代の大部分(1952〜59年)をノーマン・グランツのVerveで過ごしますが、声は酒とドラッグでますますしゃがれたものになってきています。それでも彼女の唄からは彼女でしか表現し得ない恋心や人生の深みが感じられると私は思います。
まず最初はStan Getzが珍しく伴奏しているセッションです。ソロは取っていませんが、ヴォーカルにオブリガードする様子はまるで30年代のLester Youngを彷彿させてくれます。

9.「Ain’t Mobody’s Business If I Do」(2:19)(Sunday,October 28,1951)
(or Monday October 29,1951 on 「Lady Day’s Diary」)(Boston,Storyville Club,Copley Square Hotel)
Billie Holiday(vo) Stan Getz(ts) Buster Harding(p) John Fiels(b) Marquis Foster(ds)

 

写真の説明によると「出演料はスタン・ゲッツと50=50」だったそうです。Photo by Billie Holiday Discography

次はエリントンのバンド結成25周年を記念したコンサートにおけるライブです。この時は他にもStan Getz Quartet,Ahmad Jamal Trio,Charlie Parker with Strings,Dizzy Gillespie等が出演する一大コンサートでした。

10.「Lover Come Back To Me」(2:18)(Friday,November 14,1952)
(New York City,Carnegie Hall)
Duke Ellington 25th Anniversary – second concert(Carnegie Hall)
Clark Terry,Willie Cook,Cat Anderson,Ray Nance(tp) Britt Woodman,Quentin Jackson,Juan Tizol(tb) Harry Carney(cl,bar,b-cl) Russell Procope(cl, as)Jimmy Hamilton(cl,ts) Rick Henderson,Hilton Jefferson(as) Paul Gonsalves(ts),Duke Ellington(p) Wendell Marshall(b) Louis Bellson(ds) Billie Holiday(vo)

 

1953年になってGeorge JesselのTV Show「Comeback」に出演します。

11.「God Bless The Child」(2:34)(Friday,October 16,1953)
(New York City,The Comeback Story(ABC TV))
Carl Drinkard’s Trio
Billie Holiday(vo) Carl Drinkard(p) Jimmy Raney(g) Peter Litman(ds)

 

1954年1月10日、Jazz Club USAの一員としてビリーはCopenhagenに向けて楽旅に出発します。
1月12日から2月4日まで、およそ20日間ヨーロッパ各地で公演を行います。その時のライブから聴いて下さい。

12.「What A Little Moonlight Can Do」(2:51)(Friday,January 22,1954)
(Koln (Germany),Radio Broadcast,Deutz) Jazz Club USA Concert
Leonard Feather(mc) Billie Holiday(vo) Red Norvo(vib) Buddy DeFranco(cl)
Carl Drinkard(p) Jimmy Raney(g) Red Mitchell(b) Elaine Leighton(ds)

 

Photo by Billie Holiday Discography

次の1955年5月6日のコンサートもCount Basie Orch.,Budy Rich,Clifford Brown & Max Roach,
等の有名ミュージシャンが出演しました。その中からLester Youngを含むCount Basie Orch.の伴奏での唄です。(なおBrown & Roachの演奏はFresh SoundからCD化されています。)

13.「Stormy Weather」(3:29)(Friday,May 6,1955) New York City,Carnegie Hall
Count Basie and his Orchestra
Billie Holiday(vo) Buck Claytontp) Lester Young(ts) Count Basie(org)
prob.Bobby Tucker(p) unknown(b) unknown(ds)

 

Photo by Billie Holiday Discography

1956年8月13日は彼女にとっては忙しい日でした。というのはNorman Granzのレコーディングを行いながら、その合間を縫ってロスアンジェルスのテレビ局でBobby Troup司会の「Stars of Jazz」に出演したからです。その時の唄です。(この時の放送は映像で残されています。)

14.「Please,Don’t Talk About Me When I’m Gone」(2:01)(Monday,August 13,1956)
(Hollywood,Los Angeles,Stars of Jazz(TV)) Stars of Jazz(TV)
Billie Holiday(vo) Corky Hale(p) Jules bertaux(b) Bob Neel(ds)

 

1957年にカナダで行われたフェスティバルにおけるライブ・レコーディングからの1曲です。

15.「Nice Work If You Can Get It」(2:33)(Saturday,August 10,1957)
Stratford(Ontario,Canada),Stratford Shakespeare Festival
Stratford Shakespeare Festival
Billie Holiday(vo) Mal Waldron(p) Ernie Cosachuck(b) Archie Alleyne(ds)

 

2週間後の「New York Jazz Festival 」に出演Photo by Billie Holiday Discography

スタジオにおけるラスト・レコーディングを1958年2月21日に終えると、後はわずかに残されたライブと放送録音しか残っていません。多分最後の正式レコーディングがライブで残されています。それが次のセッションです。

16.「Lover Man (Oh,Where Can You Be?)」(2:55)(Friday,September 26,1958)
(Wallingford(Connecticut),Oakdale Musical Theater)
Seven Ages of Jazz Festival Concert
Billie Holiday(vo) Buck Clayton(tp) Mal Waldron(p) Milt Hinton(b) Don Lamond(ds)

 

9月9日、プラザホテルでマイルスと共演(Billie with Miles Davis)Photo by Billie Holiday Discography

先の録音以降は放送録音しかなく、次のセッションがおそらく記録されている最後のセッションかと思われます。

17.「Too Marvelous For Words」(2:35)(Wednesday,April 15,1959)
(or Monday April 20,1959 on 「Lady Day’s Diary」)
(Boston,Storyville Club,Copley Square Hotel)
Billie Holiday and Trio
Billie Holiday(vo) Mal Waldron(p) Champ Jones(b) Roy Haynes(ds)

 

上記録音から3週間後に自宅で撮影された写真(5月1日)Photo by Billie Holiday Discography

30年代から死の直前までの録音をたどってきましたが、スタジオ録音では聴かれないリラックスしたビリーの唄も聴くことが出来たのではないでしょうか。ビリーの唄はその初録音からラストレコーディングまで全てを聴く価値がある希有な歌手だと私は思っています。是非その一部でも良いのでもう一度聞き直す機会を設けていただけたら幸いです。

(使用音源)
1.「Basic Basie Aircheck from The Golden Count Basie Years:1937-38」
(Phontastic NOST 7640)(LP)
2.「BG,his Stars and his Guests」(Queen Q 1016)(LP)
3.「Billie Holiday “On The Air”」(TOTEM 1037)(LP)
4.「The complete Billie Hokuday on Verve 1945-1959」(Ver.314 513 860-869)(CD)
5.「Hot Lips Page “Play The Blues In ‘B'”」(Jazz Archives JA-17)(LP)
6.「The complete Billie Hokuday on Verve 1945-1959」(Ver.314 513 860-869)(CD)
7.「The complete Billie Hokuday on Verve 1945-1959」(Ver.314 513 860-869)(CD)
8.「Saint Louis Blues / unissued and rare performances」(Durium BLJ8001)(LP)
9.「Billie Holiday at Storyville」(Storyville K18P 9350)(LP)
10.「Billie Holiday / 1953-56 Radio & TV Broadcasts vol.2」(ESP 3003)(LP)
11.「Billie Holiday / 1953-56 Radio & TV Broadcasts vol.2」(ESP 3003)(LP)
12.「Jazz Club U.S.A. In Europe」(White Label)(LP)
13.「Billie Holiday / 1953-56 Radio & TV Broadcasts vol.2」(ESP 3003)(LP)
14.「Banned From New York City – Live 1948-1957」(Uptown UPCD27.81/27.82)(CD)
15.「Billie Holiday at Stratford ’57」(Baldwin Street Music BJH-308)(CD)
16.「Seven Age Of Jazz」(MGM MMZ 8105/6)(LP)
17.「Giants 3 / Ellington,Holiday,Armstrong」(Giants of Jazz GOJ-1008)(LP)

(ブログ作成者からの補足)

上記に添付した写真等は「Billie Holiday Discography(Photos)」から添付致しました。WEBサイトは下記を参照願います。

こちら ▶️

阪急百貨店SPレコードコンサート(6月25日)

June 26.2018

昨日は阪急百貨店で開催されていたSPレコードコンサートの最終日に行ってきました。

解説 西口 正博氏(京都HOT STEP代表)

会場にはM氏(神戸ジャズサロン主宰者)とF川氏(大阪ジャズ同好会で新譜紹介担当)が来られていました。F川氏からは「竹針カッター」についても教えて頂きました。

当日ご紹介された7曲を記載しました。又、ミルドレッド・ベイリーとビリー・ホリデイの歌唱をお楽しみ下さい。

(1)

Photo by Discogs

Benny Goodman & his Orchestra
“Let’s Dance”

(2)

Photo by YouTube

(2)Artie Shaw & his Orchestra
”Star Dust”

(3)

ミルドレッド・ベイリーと小編成のコンボ演奏をご紹介されました。

Here is Mildred Bailey And Her Swing Band play “ I’d rather listen to your eyes ”.
Mildred Bailey (vcl) acc by Chris Griffin (tp) Chu Berry (ts) Teddy Wilson (p) Red Norvo (xyl-1) Dick McDonough (g) Artie Bernstein (b) Eddie Dougherty (d)
New York, September 20, 1935

(4)

Photo by Wikipedia

Glenn Miller Orchestra
“Moonlight Serenade”

(5)

Photo by eBay

Anita O’Day with Gene Krupa And His Orchestra
“Side by side”

SPレコードコンサートの最後にビリー・ホリデイを3曲ご紹介されました。

(6)

Here is Billie Holiday sings “Loveless Love”.
Billie Holiday(vo),Bill Coleman(tp),Benny Carter(cl & as)
Georgie Auld(ts),Benny Morton(tb),Sonny White(p),
Ulysesses Livingstone(g),Wilson Myers(b); Yank Porter(ds)
15th, October 1940 Okeh 6064 (28875-1)

(7)

Here is Billie Holiday sings “Lover Come Back to Me”.
Billie Holiday(vo),Eddie Heywood(p),John Simmons(b),Sidney Catlett (ds9
Commodore 559B (A4755-2) 8, April 1944

(8)

Here is Billie Holiday sings “All of Me”.
Shad Collins(tp) Leslie Johnakins, Eddie Barefield(as) Lester Young(ts) Eddie Heywood(p) John Collins(g) Ted Strurgis(b) Kenny Clarke(d)
New York, March 21, 1941 Okeh 6214 (29990-1)

京都HOT STEPのFacebookから写真をお借りしました

Helen Ward with Red Norvo And His Overseas Spotlight Band

May 23.2018

Helen Ward Collection/CORBIS/Corbis via Getty Images)

前回投稿したCarol Bruceの録音ですが、ディスコグラフィーでは下記の通り記載されています。

Tom Lord ”The JAZZ Discography”から該当箇所を引用します。

Red Norvo
[N3071-15]
Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band
Carol Bruce (vcl) replaces Helen Ward

今回は上記録音からHelen Wardの歌唱を1曲添付致します。

Photo by Discogs

Here is Helen Ward with Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Too marvellous for words”.
Dale Pierce (tp) Dick Taylor (tb) Aaron Sachs (as,cl) Flip Phillips (ts) Red Norvo (vib) Ralph Burns (p) Clyde Lombardi (b) Johnny Blowers (d)
Helen Ward (vcl) V-Disc session, RCA studios, New York City, November 16, 1943

又、晩年のテレビ出演時の映像がYouTubeでアップされています。(4曲お楽しみ下さい)

メドレーの最初の曲「Remember」で一緒に演奏したミュージシャンの名前(名曲も)が次々と出てきます。(泣)

Here is Helen Ward sings “Remember ~ You Turned the Tables on Me ~ These Foolish Things ~Goody Goody”  from 1979 TV Performance.

Helen Ward Discography(by Hideki Watanabe)

Carol Bruce

May 19.2018

Carol_Bruce_in_Keep_'Em_Flying_trailer

Photo by Wikimedia

I have been posting about “Isham Jones’ tune Blue prelude” in my blog.

Please refer to my past blog.Go Here

Recently, I heard the another recording that Carol Bruce was singing.

Today I would like to post about some recordings and clips by Carol Bruce.

Carol Bruce (November 15, 1919 – October 9, 2007) was an American band singer, Broadway star, and film and television actress.

She began her career as a singer in the late 1930s with Larry Clinton and his band.

Then she joined Red Norvo’s V-Disc sessions.

Also Bruce’s daughter, Julie Nathanson(Julie Coryell ) married jazz guitarist Larry Coryell.

過去のブログで Isham Jonesの名曲「Blue prelude」について投稿しています。⇨こちらをクリックして下さい。

最近、Carol Bruce(歌手であり女優)の「Blue prelude」をよく聞いています。

今日はCarol Bruceの録音並びに映像をブログに添付しました。

Carol Bruceは1930年代後半にLarry Clinton(ラリー・クリントン)バンドの歌手としてデビューしました。

その後、Red Norvo(レッド・ノーボ)率いるメンバーと共にVディスクセッションに参加しています。

今回は「Blue prelude」とVディスクセッションから3曲をお楽しみ下さい。

尚、彼女の愛娘Julie Nathanson(ジュリー・ネイサンソン)はLarry Coryell(ラリー・コリエル)と一時結婚していました。

carol-bruce-09

Here is Carol Bruce sings “Blue prelude”. ⇨  Go here
featuring Tony Mottola (g) New York, 1957/1958
 

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Embraceable you”.
Dale Pierce (tp) Dick Taylor (tb) Aaron Sachs (as,cl) Flip Phillips (ts) Red Norvo (vib) Ralph Burns (p) Clyde Lombardi (b) Johnny Blowers (d)  V-Disc session, RCA studios, New York City, October 28, 1943

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Abraham”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Carol Bruce With Red Norvo And His Overseas Spotlight Band play “Something for the boys”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Carol Bruce with Larry Clinton and His Orchestra “1938 Musical Clip Stop And Reconsider”.

Larry Coryellと結婚したJulie Nathanson(Julie Coryell)については ⇨こちらをクリックして下さい。

『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』解説  寺本泰規氏(同好会世話人)

April 30.2018

Photo by Pinterst

大阪ジャズ同好会例会2016年10月例会
特集「『ホーキンス派の巨人~レオン・チュー・ベリー』解説  寺本泰規氏(同好会世話人)

はじめに 今月の特集は皆さんにとってあまりなじみがないと思われる人を取り上げました。テナーサックスの父と呼ば るコールマン・ホーキンスに比べて1941年に31才で事故死したためレコーディングもそれほど多くはなく、リ ーダー録音は2つしかありません。録音の多くはビッグバンドやコンボのサイドメンとしてのものでしたが、数々の印象的なソロを演奏して当時のジャズファンをうならせただけではなく、現在においても熱心なファンの間 で語り継がれています。
さて彼の生涯については資料としてプリントしてありますのでそちらを見ていただくことにして、早速その演 奏を聴いていただくことにしましょう。彼の演奏の特徴はホーキンスやべンのようにヴィブラートやアクセント をあまり効かせず、スムーズなフレーズを止めどなく聴かせることにあります。

それではまず最初に最も初期の演奏としてスパイク・ヒューズ楽団での演奏を聴いてみましょう。ソロはディ ッキー・ウェルズ、ベニー・カーター、チュー・ベリー、ホーキンス、ベニー・カーター、ヘンリー・レッド・ アレンです。
1.「Music at Midnight」(May 18,1933)(2:43)
SPIKE HUGHES AND HIS ALL AMERICAN ORCHESTRA
Henry Red Allen, Leonard Davis, Bill Dillard(tp) Dicky Well, Wilbur De Paris, George Washington(tb) Benny Carter(as, cl) Wayman Carver(as,fl) Howard Johnson(as) Coleman Hawkins, Chu Berry(ts) Luis Russell(p) Lawrence Lucie(g) Ernest Hill(b) Sidney Catlett(ds) Spike Hughes(dir,arr)

 

ホーキンスとの違いがおわかりになったでしょうか?よく似てはいますが、彼の独自性が感じられる演奏だと思 います。次にブルースの女王ベッシー・スミスの伴奏者としてのソロを聴いていただきましょう。彼は結構ヴォ ーカルの伴奏者としてレコーディングがあり、このセッションはその最も初期のものです。
2.「Do Your Duty」(NYC, Nov 24,1933)(3:31)
BESSIE SMITH – ORCHESTRA ACC. BY BUCK AND HIS BAND
Frankie Newton(tp) Jack Teagarden(tb) poss.Benny Goodman(cl) Chu Berry(ts) Buck Washington(p) Bobby Johnson(g) Billy Taylor(b) Bessie Smith(vcl)

 

次の演奏は臨時編成された白黒混合バンドで、スイング時代の名手達が顔をそろえた演奏としても有名です。 特にベリガンの参加は貴重です。
3.「Blues In E Flat」(Jan 25,1935)(3:03)
RED NORVO AND HIS SWING OCTET
Bunny Berigan(tp) Jack Jenny(tb) Jphnny lince(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) George Van Eps(g) Artie Bernstein(b) Gene Krupa(ds) Red Norvo(xyl)

 

次はピアニストでもあり歌手でもあるPUTNEY DANDRIDGEとの共演です。ここでのソロはくつろぎに満ちたもの となっています。
4.「Chasing Shadows」(NYC, June 25,1935)(2:40)
PUTNEY DANDRIDGE AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp) Chu Berry(ts) Putney Dandridge(p-2, vcl) Harry Grey(p-1) Nappy Lamare(a) Artie Bernstein(b) Bill Beason(ds)

 

1935年暮れにフレッチャー・ヘンダーソン楽団に入団した彼は30曲あまり吹き込みますが、その中からべニー ・グッドマンの演奏でも有名な「Stealin’ Apples」です。
5.「Stealin’ Apples」(Chicago, lar 27,1936)(2:58)
FLETCHER HENDERSON AND HIS ORCHESTRA
Dick Vance(tp,arr) Joe Thomas, Roy Eldridge(tp) Fernando Arbello, Ed Cuffee(tb),Chu Berry(ts) Buster Balley(cl,as) Scoops Carey(as) Elmer Fletcher Henderson(p-1, arr) Horace Henderson(p-2,arr) Bob Lessey(g)John Kirby(b) Sid Catlett(ds)

 

Roy Eldridge and Chu Berry – September 1935 by coutesey of Christopher Swing & Beyond

名演「Bluet In C Sharp Minor」と同じ日に録音された、日本でもおなじみの「メリーさんの羊」を聴いてください。唄はロイ・エルドリッジです。
6,「Mary Had A Little Lamb」(Chicago.May 14,1936)(2:57)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Roy Eldridge(tp,vcl) Buster Bailey(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Bob Lessey(g) Israel Crosby(b) Sid Catlett(ds)

 

1938年1月6日に録音されたビリー・ホリディのセッションではテナーがレスターヤングでしたが、それに先立 つ3週間前にテディ・ウィルソン以外異なるメンバーでこの曲が吹き込まれましたが、長い間未発表でした。レスターのものと比較して聴いてみるのもおもしろいと思います。
7.「When You’re Smiling」(NYC, Dec 17,1937) (2:58)
TEDDY WILSON AND HIS ORCHESTRA
Hot Lips Page(tp) Pee Mee Russell(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) unknown(b)unknown(ds)

 

今度のセッションはチュー・べリーだけではなく、ミルドレッド・べイリーの決定的名唱としても知られるもの です。別テイクも聴いてみると、ソロの出来はオリジナルテイクに分があるように思います。チュー・べリーだけ ではなく、ハンク・ダミコや特にデーブ・タフのドラミングにも注目して欲しいと思います。
8.「Lover Come Back To Me」(NYC, Jan 10,1938)(3:18)
MILDRED BAILEY AND HER ORCHESTRA
Jimmy Blake(tp) Hank D’Amico(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) Allen Reuss(g) Pete Peterson(b) Dave Tough(ds) Mildred Bailey(vcl) Eddie Sauter(arr)

「Lover Come Back To Me」別テイク

Photo by mibandamemata

次の演奏はラジオ放送を収めたもので、司会者がソロイストを次々と紹介しながら演奏が続いていくところな どは正に臨場感あふれるものとなっています。
9.「Someday Sweetheart」(NYC, Jan 20,1939)(4:45)
Harry James, Charlie Teagarden(tp) Jack Teagarden(tb,vcl) Joe Marsala(cl) Chu Berry(ts) Teddy Wilson(p) John Kirby(b) George Wettling(ds)(Broadcast from the Hickory House)

Photo courtesy by Visual discography of Billie Holiday

彼はビリー・ホリディと何回かセッションを共にしていますが、この演奏はその一つです。レスター・ヤングとの共演はあまりにも有名ですが、今となってはこのセッションも貴重というべきでしょう。
10.「That’s All Ask Of You」(Jan 20,1939) (2:59)
BILLIE HOLIDAY AND HER ORCHESTRA
Charlie Shavers(tp) Tyree Glenn(tb) Chu Berry(ts) Sonny White(p) AI Casey(g) Johnny Williams(b) Cozy Cole(ds) Bille Holiday(vcl)

彼は生涯に一度だけカウント・ベイシー楽団と共演していますが、その演奏が次の曲です。レスター・ヤング と共演した唯一の演奏です。レスターとの違いを味わってください。いつもの豪快さは影を潜め、おとなしめのソロとなっています。
11.「Oh Lady Be Good」(Feb 4,1939)(3:09)
COUNT BASIE AND HIS ORCHESTRA
Ed Lewis, Shad Collins(tp) Buck Clayton(tp, arr) Harry Edison(tp) Bennie Morton, Dicky Wells. Dan Minor(tb) Earle Warren(as) Lester Young, Chu Berry(ts) Jack Washington(as, bari) Count Basie(p) Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(ds)

 

スイング時代 には三つの代表的なセッションがありました。ライオネンル・ハンプトンをリーダーとするビクター・セッショ ンとミルドレッド・ベイリーをリーダーとしたコロンビアのセッション、最後はテディ・ウィルソンをリーダーとするブランズウィック・セッション(ビリーホリディ名義のものを含む)です。この演奏はハ ンプトンのセッションの一つで、曲の最初から最後までブロウし続けるチュー・ベリーのソロは正に聞き物です。
12.「Sweethearts On Parade」(NYC, Apr 5,1939)(3:02)
LIONEL HAMPTON AND HIS ORCHESTRA
Chu Berry(ts) Lional Hampton(vib, vcl) Clyde Hart(p) Allan Ruess(g) Milt Hinton(b)Cozy Cole(ds)

キャブ・キャロウェイ楽団におけるバラードの名演といえば真っ先に上げられるのが次の演奏でしょう。情感 にあふれた彼のバラードプレイは聴く者の胸を打ちます。
13.「A Ghost Of A Chance」(Chicago,June 27,1940)(2:56)
CAB CALLOWAY AND HIS ORCHESTRA
Mario Bauza, Dizzy Gillespie, Lammer “right(tp) Tyree Glenn(tb,vib) Quentin Jackson, Key Johnson(tb) Chu Berry, Walter Thomas(ts) Benny Payne(p) Danny Barker(g) Milt Hinton(b) Cozy Cole(ds) Cab Calloway(vcl) Benny Carter, Andy Gibson, Edgar Battle, Don Redman(arr)

 

Photo by Discogs

2回目(最後)の彼のリーダー・セッションからジャズのスタンダードである「明るい表通りで」を演奏します。 ジョニー・ホッジスを始めとした数々の名演と比べても、決して見劣りすることがないプレイだと思うのですが 皆さんはどう感じられましたでしょうか。
14.「On The Sunnyside Of The Street」(NYC, Aug 28,1941)(3:56)
CHU BERRY AND HIS JAZZ ENSEMBLE
Hot Lips Page(tp) Chu Berry(ts) Clyde Hart(p) AI Casey(g) AL Morgan(b) Harry Yaeger(ds)

さて彼の演奏は如何だったでしょうか。有名なビッグバンドに在籍中の演奏はかなり残っているのですが、そ の他の演奏はリーダーセッションが2回しかないのと、コンボでの演奏が細切れに散在しているため、彼の演奏 を聴くには多大な努力が必要です。そのためコールマン・ホーキンスやベン・ウェブスターに比べ過小評価される のはやむを得ないと思いますが、その演奏をつぶさに聴くと彼の演奏の素晴らしさがわかっていただけると信じ ています。今回の特集がチュー・ベリーに対する皆さんの再評価につながれば良いなあと思います。

Talmage Farlow(1)

January 7.2018

Recently, I watched “Talmage Farlow” by website.

“Talmage Farlow” was produced by Lorenzo DeStefano as a documentary on jazz guitarist Tal Farlow in 1981.

Photo above of Lorenzo DeStefano(left) by courtesy of the portland Press Herald

下記映像は5分ごとにCMが挿入されます。後半30分以降が楽しめると思います。

This film is featuring Tal’s footages and interviews of Lenny Breau, George Benson, Tommy Flanagan, Red Mitchell, Red Norvo, and Jimmy Lyon.

Last year I learned an interesting fact about this film.

”Initially, we considered Emily Remler here ,but she wasn’t available,and then Tal suggested Lenny Breau.”
(Lorenzo DeStefano ,conversation with Jean-Luc Katchoura,August 2011.from p184)

 

年初で時間がありましたので、 ネットで公開されているTal Farlowのドキュメンタリー映画を観ました。

「Talmage Farlow」は映像作家Lorenzo DeStefanoによって1980年に制作されました。

この作品の中ではGeorge Benson、Red Norvo、Jimmy Lyonがインタビューゲストとして登場しています。

又、Lenny Breauとのクラブでの共演、Tommy Flanagan並びにRed Mitchellとのコンサートの模様が記録されています。

昨年購入した書籍(上記写真)からこの作品について興味深い事実を知りました。

「当初、Tal FarlowはEmily Remlerと共演したかったそうです。しかし、彼女とは共演できずLenny Breauを指名したそうです。」

余談ですが、40年以上前にジャズ喫茶オアシス(大阪千里丘)での例会で、毎週「樽春雄」さんがギター関連のレコード解説をされていました。個人的には樽さん(小林氏)にこの映像を解説して頂きたいと思っています。

MI0000264637

次回はLenny Breauとの共演盤「Chance Meeting」を全曲ご紹介します。

Photo above of Emily Remler by courtesy of Brian McMillen

Here is Emily Remler Quartet play “Softly, as in a morning sunrise”.
Hank Jones (p) Emily Remler (g) Buster Williams (b) Marvin “Smitty” Smith (d)
New York, May, 1988

 

 


Here is Emily Remler Quartet play “In a sentimental mood”.
Hank Jones (p) Emily Remler (g) Bob Maize (b) Jake Hanna (d)
San Francisco, CA, April, 1981

Art Tatum was selected “The All American Band” by Esquire Magazine

November 30.2017

Art Tatum had recorded a lot of playing in solo performances and his trio performances.

Today I heard a valuable record that Art Tatum participated in the all star jam session.

Esquire Magazine selected ”The All American Band” in 1944.

Photo above of Esquire’s jazz concert at the Metropolitan Opera House by courtesy of NEW YORK DAILY NEWS

The band was made up of Armstrong and Roy Eldridge, trumpets; Barney Bigard, clarinet; Sidney Catlett, drums; Al Casey, guitar; Coleman Hawkins, sax; Oscar Pettiford, bass; Art Tatum, piano; Red Norvo, xylophone; Lionel Hampton, vibraharp, and  Jack Teagarden, trombone.

They were gathered at the the Metropolitan Opera House in January 18.

The concert was broadcast on NBC Blue network and around the world on Armed Forces Radio.

Photo above of the Metropolitan Opera House(it was located on Broadway in 39th street) by NEW YORK DAILY NEWS

Art Tatumはピアノソロ演奏や自己のトリオ演奏を多く録音しています。

今日久し振りにArt Tatumがオールスタージャムセッションに参加した貴重なレコードを聞きました。(エレックレコード日本盤)

Esquire Magazineは1944年にThe All American Bandを選びました。

1月18日、錚々たるメンバーがメトロポリタンオペラハウスに集められました。

このコンサートの模様はNBC系列並びに米軍駐留地に同時中継されました。

 

Here is The Esquire All-American Band play ”Spotlight Band Thema〜Esquire Blues”.
Tatum→Teagarden→Bigard→Hawkins→ Eldridge→Casey→Teagarden→ Bigard→Hawkins→Tatum→Eldridge

Here is The Esquire All-American Band play “I Got Rhythm”.
Norvo→Tatum→Armstrong→Hawkins→Bigard→Teagarden→Eldridge→Norvo

 

Here is Art Tatum Trio plays “Sweet Lorraine.”

Photo above of Roy Eldridge,Art Tatum, Oscar Pettiford and Billie Holiday by courtesy of songbook1.wordpress.com

 

Adrian Rollini(4)

December 24. 2016

adrianrolliniautograph

Photo above of Adrian Rollini from Okmusic

Red Norvo が始めた4本マレット奏法はGary Burtonが確立しました。
Adrian Rollini が4本マレットで演奏している映像を紹介します。

Red Norvo was already playing vibraphone in the late ’20s.

He was one of jazz’s early vibraphonists, known as “Mr. Swing”.

For the first time in jazz history Red used four mallets on vibraphone.

a-1180360-1369428114-1310-jpeg

Photo above of Red Norvo and Tal Farlow and Charles Mingus

However Adrian Rollini wasn’t recording on vibraphone until 1938.

I found a rare clip that Adrian Rollini had playing four mallets on vibraphone.

Here is Adrian Rollini Trio play “Dark Eyes”.

The late ’30s, he played in the Hotel President in New York City as leader of his trio and his Tap Room Gang.

He played popular tune for radio program time from Times Square spot.

Also he managed the club inside of the hotel for a short while as well as leading his orchestra.

51kpi9mltdl-_sy445_

Photo above of Hotel President 238 West 48th Street New York City :NY postcard 1910s

In 1950s he settled in Florida, occasionally led groups.

Then he turned his attention fully to the hotel business.

Please refer to his recordings.Go here

Here is Adrian Rollini Trio play “Girl With Light Blue Hair”.