タグ別アーカイブ: Red Rodney

Early Recordings by Red Rodney

October 25,2018

fullsizeoutput_1349

Photo by Wikipedia

13歳からトランペットを演奏していたRed RodneyはJimmy Dorsey楽団(ジミー・ドーシー)やJerry Wald楽団(ジェリー・ウォルド)から楽歴をスタートさせています。

戦時下で多くのジャズミュージシャンが召集された結果、レッド・ロドニーは徴兵年齢に達しない年齢(15歳)であったので仕事に恵まれたと言われています。

Red Rodney(レッド・ロドニー)の名前はディスコグラフィー「Tom Lord Discography」においてJimmy Dorsey楽団(ハリウッドでの録音)のトランペットセクションに最初に登場します。

しかし、1927年にフィラデルフィアで生まれたRed Rodneyがハリウッドで一流バンドに参加しているとは想像しがたいです。ジミードーシー楽団がフィラデルフィア近郊で公演を行った際にトランペット要員として採用されたのではないかと推測します。

それ故初録音は下記Elliott Lawrence(エリオット・ローレンス)楽団での演奏と判断するのが妥当ではないかと推測致します。

大手CBS系列のラジオ局専属楽団のリーダーであったElliott Lawrenceは編曲者としてGerry Mulliganを迎えた同じ頃にRed Rodneyを採用しました。

Red Rodney with Elliott LawrenceAnd His Orchestra
1945年6月21日、セントルイスの”Time Town Ballroom”からの放送録音はレコード発売されていますが(Big Band Archives BBA1219)手元になく聴いておりません。

Photo above of Elliott Lawrence and His Orchestra by Youtube

上記はElliott Lawrence楽団を紹介した写真として有名ですが、右端のトランペット奏者はRed Rodneyと推測します。

JazzWax インタービュー(February 09, 2016)を引用します。(Elliott LawrenceがRed Rodneyの年齢を勘違いしている可能性がありますが、下記発言は信用に値すると思います)

Gerry was on the outs with his family, so he’d come home with me, and my mother would feed him dinner. At other times, we’d hang out together in a little office I had at WCAU. That’s when he started writing for my band and when Red Rodney came along. Red was 15 or 16 when he came on my band in ’45. We played jobs around Philadelphia.

この頃(1945年)、Red RodneyはDizzy Gillespieと知り合いになり、後にパーカーと出会うことになります。

翌年(1946年)、ジーンクルーパ楽団に加入し才能を開花させて行きます。

上記に添付した所有レコード(IAJRC-10)は会員制発売のため音源をご紹介出来ないので、代替として同時期の放送録音をお楽しみ下さい。(冒頭の司会でRed Rodneyの名前が聴き取れます)

Here is Red Rodney with Gene Krupa And His Orchestra play “The Man I Love”.
March 31, 1946 Culver City California

The Man I Love

下記の映像はレッド・ロドニーがジーンクルーパ親分に気に入られたことを明らかにする意味でも貴重だと思います。(前回添付した映像の演奏部分だけを添付しました)

Here is Red Rodney with Gene Krupa And His Orchestra(Follow That Music)

又、同時期にCharlie Ventura(チャーリーヴェンチュラ)をリーダーとしたコンボに参加し貴重な録音(Black and White label)を行っています。

Here is Charlie Ventura Septet play ”’S wonderful”.
Red Rodney (tp) Willie Smith (as) Charlie Ventura (ts) Arnold Ross (p) Barney Kessel (g) Billy Hadnott (b) Nick Fatool (d)
Los Angeles, March, 1946

S’Wonderful

同年、Buddy Richのマーキュリー盤の録音に参加し、翌年秋に自己名義のRed Rodney’s Be Boppersを結成します。

グループとして最初の録音は二人組ボーカルDave Lambert とBuddy Stewartのバックを勤めました。

Here is Dave Lambert and Buddy Stewart with Red Rodney’s Be Boppers play “Gussie G.” .
Dave Lambert, Buddy Stewart (vcl) acc by Red Rodney (tp) Al Haig (p) Curly Russell (b) Stan Levey (d) Neal Hefti (arr) New York, November 23, 1946

Here is Dave Lambert and Buddy Stewart with Red Rodney’s Be Boppers play “Perdido”.
Members of the recording are the same as above.

そして、1947年1月にRed Rodney’s Be-Boppers の名義で録音するに至りました。

Here is Red Rodney’s Be-Boppers play ”Elevation”.
Red Rodney(tp) Allen Eager(ts) Serge Chaloff(bs) Al Haig(p) Chubby Jackson(b) Tiny Kahn(d) Gerry Mulligan(arr) New York, January 29, 1947

上記録音並びに前回ご紹介したFine and Dandyについて大阪ジャズ同好会世話人の寺本氏からコメントを頂いております。

「Red Rodney’s Be-Boppersの演奏はその昔(1978年)日本フォノグラムから発売されたKeynoteレーベルの再発盤の一枚「Young Men with Horns」(BT-5263(M))に収録されていました。」

尚、SP愛好家の瀬谷さんの見解ですが「キーノートは盤質がシェラックなのでサーノイズが多いです。」という事です。

(追記)但し、「キーノート盤でも十分楽しめる音質である」という内容をFBコメントで頂きました。

ジャズ喫茶「bird/ 56」で聞いたレコード(2)「Red Rodney 1957」

October 21,2018

昨年10月に投稿したブログですが、末尾に貴重な写真を添付しました。
又、大阪ジャズ同好会世話人寺本氏から教えて頂いた情報も追加記載しました。
尚、追加部分は朱書きしております。

今回も「ジャズ喫茶bird/56」で聞いたレコードについて投稿致します。

小生の記録では上記レコードは1978年9月6日に聞かせて頂いていました。

「幻の名盤読本(SJ誌出版)」212ページから転載

「ドン・シュリッテンのシグナルはサボイのカタログに記載されながらもなぜか、3枚しか再発されず、マニアをくやしがらせたら幻のレーベル。だが、その後CBSソニーから3枚が日の目を見、残るこのアルバムも Onyxから 「The Red Arrow」として再発、ようやくレーベルの全貌をわれわれの前に現わすこととなった。レッド・ロドニーは40年代をクロード・ソーンヒルやウディ・ハーマンのバンドで過ごし、49年にチャーリー・ パーカーのクインテットに参加して名声を得た白人バッパー中ピカ一のトランペット奏者。麻薬に蝕まれたため連続した演奏を行うことができなかったが、57年にカムバック, このアルバムを吹込んだ。ここには彼の特質である、豊かで暖かいサウンドを生かしたロング・フレーズの全貌がとらえられている。なお④はシグナルのトレードマークにちなんだ曲、⑥はパーカッション奏者SABUに捧げた曲。(編)」

Here is Red Rodney Quintet play ”You Better Go Now”.
Red Rodney (tp), Ira Sullivan (ts), Tommy Flanagan (p), Oscar Pettiford (b), Philly Joe Jones (ds) November 22, 1957

今回レッド・ロドニーの録音についてディスコグラフィーで調べました。

個人的には上記解説に記載されているクロード・ソーンヒル楽団やウディ・ハーマン楽団在籍時よりも下記4楽団に参加した録音に興味があります。

「ジミー・ドーシー楽団、エリオット・ローレンス楽団、ジーン・クルーパ楽団、チャーリー・ベンチュラセプテット」

下記のレコード写真は追加添付しております。

「Red Rodney’s Be-Boppers」の名義で収録された作品は日本フォノグラムから発売されていました。(Keynoteレーベル再発時に収録されていました。)

上記「Young Men with Horns」(BT-5263(M)が発売されていることについては大阪ジャズ同好会世話人寺本氏から教えて頂きました。(小生も所有していましたが忘れていました)

幸い、レッド・ロドニー生誕日(9月27日)に際し、SP愛好家の瀬谷さんが貴重な音源(Red Rodney’s Be-Boppers)をアップされていました。

Here is Red Rodney’s Be-Boppers play ”Fine and Dandy”
Red Rodney(tp) Allen Eager(ts) Serge Chaloff(bs) Al Haig(p) Chubby Jackson(b) Tiny Kahn(d,arr) New York, January 29, 1947

明日以降は、上記リーダー作を録音( 1947年1月)する迄のレッド・ロドニーの足跡を投稿する予定でございます。

尚、レッド・ロドニーの私生活については下記に添付した「INTERLUDE by 寺井珠重さん”ジャズクラブの片隅から…”」が参考になりました。

▶️ こちら

ジーン・クルーパ楽団在籍時の面白いYouTube映像をご覧下さい。(演奏は後半)

Here is Gene Krupa and his Orchestra featuring Red Rodney and others.
“Follow That Music” (1946).

ジャズ喫茶「bird/ 56」のマスターが写っている写真を添付します。(右の方です)

東司丘さん(左)が投稿したツイッター写真からお借りしました。(2019/03/20撮影)

神戸ジャズ愛好会(2017年7月)

July 11.2017

Photo by Discogs

昨日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。
お二人のベテラン会員の方がSidney Bechetの演奏を合計6曲も紹介されました。以下詳細を記載致します。

・T川氏の選曲
(1) Blackstick(American Rhythm)
(2)Mon Homme
Bill Coleman (tp); Sidney Bechet (ss) ;Big Boy Goodie (ts) ;Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, France, October 20, 1949
Sidney Bechet Dial LP 301 Blackstick With Sidney Bechet

(3)Nelly Gray
(4)Old Grey Bonnet
(5)Apex Blues
Marcel Bornstein (cor); Jean-Louis Durand (tb) ;Andre Reweliotty (cl); Sidney Bechet (ss); Yannick Singery (p); Zozo D’Halluin (b); Michel Pacout (ds-5),Wallace Bishop(ds-3.4) September 7, 1951. Paris
Sidney Bechet Dial 302 Sidney Bechet With Wally Bishop’s Orchestra

・N瀬氏の選曲
(6)Blues Final
Aime Barelli, Miles Davis, Hot Lips Page, Kenny Dorham, Bill Coleman (tp); Russell Moore, Big Chief(tb); Hubert Rostaing (cl); Sidney Bechet (ss)Pierre Braslavsky(ss); Charlie Parker (as); Don Byas ,James Moody (ts); Hazy Osterwald (vib); Toots Thielemans (g); Al Haig (p); Tommy Potter (b); Max Roach (ds)
May 15, 1949 .Paris

映像コーナーで下記ビデオが上映されました。
Here is Jam Session from the Timex All-Star Jazz Show(1959)
Coleman Hawkins, Roy Eldridge, Dizzy Gillespie, Louis Armstrong, Vic Dickenson, Jo Jones, Duke Ellington, George Shearing,Shelly Manne, among others.
January 7, 1959.

・平野
下記のレコードをご紹介しました。

(1)Opening~stopmpin’ at The Savoy(1:25)
(2)Swedish Pastry(3:47)
Benny Goodman, Stan Hasselgard (cl); Wardell Gray (ts); Red Rodney(tp);Wardell gray(ts);Mary Lou Williams (p); Billy Bauer (g); Clyde Lombardi (b); Mel Zelnick (ds); Glen Adams (mc).
Broadcast, WNEW “The Benny Goodman Show” broadcast,
NYC, June 26,1948

OPENING-STOMPIN’ AT THE SAVOY

SWEDISH PASTRY

(3)Fat Girl (2:19)
Fats Navarro(tp); Leo Parker(bs);Tadd Dameron(p); Gene Ramey(b); Denzil Best(ds)
NYC January 29, 1947

(4)Progression(3:02)
Lennie Tristano(p);Lee Konitz(a) ;Billy Bauer(g); Arnold Fishkin(b); Shelly Manne(ds)
NYC, January 11, 1949

Chubby Jackson(5)

May 26.2017

Photo above of Woody Herman, Chubby Jackson, and Abraham Rosen by courtesy of Library of Congress(Gottlieb, William P. collection)

Chubby Jackson had continued the New York version of The Little Rascals for 13 years.

In 1978 and 1979, he and Woody Herman toured with Lionel Hampton’s band.

So he visited to Japan at the Aurex Jazz Festival in 1981.

He joined as the special guest with Lionel Hampton and Woody Herman.

He passed away October 1, 2003 in Bernardo, California at the age of 84.

Fortunately his children have been active in the music world.

His son Duffy Jackson became a jazz drummer, and toured with the Count Basie Orchestra.Go here

His daughter Jaijai Jackson created the entertainment world entitled The Jazz Network Worldwide. Go here

Photo above of Chubby and Duffy Jackson by courtesy of the Only Father-and-Son Bass and Drum Team in Jazz

Chubby Jackson はThe Little Rascals(ニューヨーク編)を13年間続けました。
晩年はジャズ界の大御所たちと世界中のツアーに参加しています。
1978年と1979年、Woody Hermanと共にLionel Hampton楽団に加わりツアーを行いました。
1981年にはAurex Jazz Festivalの特別ゲストとしてLionel HamptonとWoody Hermanらと日本に来日しました。
2003年10月1日、カリフォルニア州ベルナルドで亡くなりました。享年84歳の人生でした。
幸いにも彼の子供たちは音楽界で活躍しています。
息子のDuffy Jacksonはジャズドラマーになり、Count Basie楽団に入団しました。
こちらをクリックして下さい。(父の思い出話がwebにありました)
彼の娘Jaijai Jacksonは、『The Jazz Network Worldwide』というwebsiteを運営しています。
こちらをクリックして下さい。(サイトの左下に父についてのコメントがあります)

Here is Coleman Hawkins with  Chubby Jackson play “Summertime”.
Henry “Red” Allen (tp), Earl Warren (cl), Coleman Hawkins (ts), Marty Napoleon(p),Chubby Jackson (b), George Wettling (ds)   New York, August 7, 1958

Here is Red Rodney’s Be-Boppers play “Elevation”.
Red Rodney(tp), Allen Eager(ts), Serge Chaloff(bs) –
Al Haig (p), Chubby Jackson(b), Tiny Kahn(ds)
NY January 29, 1947

Here is Chubby Jackson All Star Band with Gerry Mulligan play “Sax Appeal”.
Howard McGhee, Al Porcino, Don Ferrara (tp), J.J.Johnson, Kai Winding (tb), Charlie Kennedy (as), Georgie Auld, Zoot Sims (ts), Gerry Mulligan (bars, arr*), Tony Aless (p), Chubby Jackson (b), Don Lamond (dm)
N.Y., March 15, 1950

Here is Lionel Hampton and Duffy Jackson play “DRUM BATTLE”.