タグ別アーカイブ: Ron Crotty

The early recordings by Dave Brubeck(3)

July 28.2017

Photo above of The Dave Brubeck Octet(rehearsing, 1947)

Dave Brubeck had recorded as Dave Brubeck Octet before one year before the recording to Coronet label.

He had played with Paul Desmond in this recording.

Today I will post about his activities until this recording.

Photo above of Dave Brubeck, Michael Random and Darius Milhaud

In 1946 he discharged by the Army, and entered Mills College in Oakland to study under Darius Milhaud.

Dave learned counterpoint, theory, polyrhythms, and polytonality.

Milhaud immediately saw Brubeck’s potential.

So Milhaud suggested that Dave put together a band with other Milhaud students.

The band born in Milhaud’s classroom was initially called “The 8.”

It became the Dave Brubeck Octet.

Most of the members of the octet were studying with Milhaud.

Dave Brubeck, Bill Smith, Dave Van Kriedt, Jack Weeks, and Dick Collins.

Also from the Bay Area jazz community came Cal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond and Bob Cummings.

Photo by courtesy of The New York Review of Books

In those days Paul Desmond and Cal Tjader were students at San Francisco State College.

I would like to post about Paul Desmond’s activities on another occasion.

Dave was extremely grateful to Darius Milhaud.

So he named his son’s name Darius Brubeck.

Photo above of Dave Brubeck and his son Darius Brubeck

Dave Brubeckは Coronetに録音する1年前に「Dave Brubeck Octet」としてPaul Desmondと共演した作品を残しています。
今日はDave BrubeckがPaul Desmondと出会う迄の活動について調べました。
1946年、陸軍から退役したDave Brubeckはオークランドの Mills Collegeに入学し、Darius Milhaudに師事しました。
Dave BrubeckはDarius Milhaudから音楽の「対位法」「理論」「ポリリズム」「多面性」等を学びました。
Darius MilhaudはDave Brubeckと出会った時から彼の才能を高く評価していました。
それ故Darius MilhaudはDave Brubeckを中心とした学生バンドの結成を提案しました。
Darius Milhaudのゼミ教室で誕生したバンドは、当初「The 8」と呼ばれていました。
その後「The 8」は「 Dave Brubeck Octet」として録音しています。
Octetの構成メンバーの多くはDarius Milhaudに師事していました。
そのメンバーはDave Brubeck,Bill Smith,Dave Van Kriedt,Jack Weeks,Dick Collinsです。
又、サンフランシスコ地区でジャズ活動をしていたCal Tjader, Bob Collins, Ron Crotty, Paul Desmond, Bob Cummingsが学生バンドに参加しました。
当時、Paul DesmondとCal Tjaderはサンフランシスコ州立大学の学生でした。
Paul Desmondの活動については別の機会に投稿したいと思います。DaveはDarius Milhaudを音楽の師匠として尊敬し息子の名前をDarius Brubeckと命名しています。

Here is Dave Brubeck Octet play “Playland at the Beach”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
“NBC audition”, San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “You Go To My Head”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Bob Cummings (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, 1948

Here is Dave Brubeck Octet play “The Way You Look Tonight”,”What Is This Thing Called Love”,”September In The Rain”,”Love Walked In”, I Hear A Rhapsody,“IPCA”,”How High The Moon”.
Dick Collins (tp) Bob Collins (tb) Bill Smith (cl, bs) Paul Desmond (as) David Van Kriedt (ts) Dave Brubeck (p) Jack Weeks (b) Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, July, 1950

The early recordings by Dave Brubeck(1)

July 26.2017

Photo above of Dave Brubeck, Cal Tjader, and Ron Crotty by courtesy of Tom King

I posted about Dave Brubeck last week.

This week I examined his early recording.

The Dave Brubeck Trio had been recordings on 78 RPM records for Coronet label.

Coronet label was established by the traditional trombonist Jack Sheedy in San Francisco.

Photo by courtesy of JAZZ RESEARCH – blogger

The two 78-rpm records included “INDIANA,” “LAURA,” “TEA FOR TWO” and “BLUE MOON.”

Below my writing is away from Dave Brubeck.

In the 1940s brothers Max and Sol Weiss owned a plastics molding plant in San Francisco’s South of Market District.

In 1948  they began pressing records under the name Circle Record Company.

Max and Sol Weiss began pressing records for Coronet.

In 1949 Coronet found itself unable to pay Circle for their pressings and the Weiss brothers took over the label.

Then Max and Sol Weiss founded a record company as Fantasy label.

So Dave ‘s recordings became the cornerstone of Fantasy label.

先週Dave Brubeckについて投稿しましたが、今週は彼の初期録音時のエピソードを調べてみました。

1949年9月Dave BrubeckはCoronetという会社で4曲レコーディングしました。
この会社は San Francisco在住のディキシートロンボーン奏者であったJack Sheedyが設立しました。

2枚のSPレコードには「Indiana」「Laura」「Tea for Two」「Blue Moon」が収録されています。

以下の文章はDave Brubeckの話題から離れますがご了承下さい。

1940年代にMax WeissとSol Weissという兄弟が San Franciscoの南の地区でプラスチック加工工場を営んでいました。

1948年、二人の兄弟はレコードプレス工場として「Circle Record Company」という名前の会社を立ち上げました。(戦後レコード産業が繁栄するという思惑があったらしいです)

そして二人の会社はJack SheedyからCoronet録音のプレス作業を引き受け始めました。

1949年、Jack Sheedyは資金繰りに困り制作費用を払うことが不可能になった結果、二人の兄弟がその代償としてCoronetレーベルを引き継ぐことになりました。

その後MaxとSol Weiss兄弟は本格的なレコード会社としてFantasyを立ち上げました。

上記の経過からDave Brubeck Trio による4曲はFantasyという会社の「礎」になったといっても過言ではないと思います。

Here is  Jack Sheedy’s Jazz Band play “Muskrat Ramble”.
Jack Minger(cor), Vince Cattolica(cl), Jack Sheedy(tb), Bill Erickson(p), Norman Bates(b),Cuz Cousineau(ds) January 1950 (by Jepsen)

Here is Dave Brubeck Trio play “Indiana”.
Dave Brubeck (p), Ron Crotty (b) ,Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, September, 1949

写真は「Take5(テイクファイブ)」と名付けられたウオッカベースのカクテル。 梅田のジャズバーのマスターが作るカクテルは格別です。