タグ別アーカイブ: Ronnie Scott

The Young George Shearing(4)

July 14.2018

Photo by allaboutjazz

英国でのGeorge Shearingの活動について記載してまいりました。最後に英国の音楽誌「Melody Maker」の名前を冠したグループでの録音を紹介します。

1926年に英国で創刊されたMelody Maker誌(メロディーメーカー誌)は読者からの人気投票で選抜されたミュージシャンによる録音を毎年行っていました。

George Shearingも1942年にMelody Maker’s Competition Bandというバンドに参加しています。

Here is Melody Maker’s Competition Band play “Red Duster Rag”.
Dave Wilkins, Kenny Baker, Tommy McQuater (tp), George Chisholm, Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Harry Hayes (as), George Evans, Aubrey Frank, Reggie Dare (ts), George Shearing (p), Joe Deniz (g), Tommy Bromley (b), Jock Cummings (d).
May 31, 1942.

Red Duster Rag

Photo above of Ronnie Scott by courtesy of Heritage Lottery Fund

1947年(渡米後、一時帰国した時)には Melody Maker’s Jazz Rallyというバンドで録音しています。
主なメンバーはHarry Hayes BandとWoolf Phillips Band(Sid Phillipsの弟)から選抜され、Ronnie Scottが参加しています。
余談ですが同日行われた別のグループのピアニストとしてラルフ・シャロン(Ralph Sharon)が参加していたことも注目されます。同じスタジオにGeorge ShearingとRalph Sharonが待機していたことを初めて知りました。

Here is Melody Maker’s Jazz Rally play “Blue moon”.
Reg Arnold (tp) Woolf Phillips (tb) Frank Weir (cl) Ronnie Scott (ts) George Shearing (p) Pete Chilver (g) Jack Fallon (b) Norman Burns (d) London, June 29, 1947

Blue moon

上記の録音(1947年6月)後、Harry Hayesコンボと共演した演奏が英国で最後の録音となっています。本演奏は残念ながら聞いた事がありません。
Dinner jacketとThe be-bop”  July 22, 1947
尚、後年Harry Hayes自ら発売したCDに上記録音が収録されています。
こちらを参照して下さい。➡こちら

Ralph Sharonについては過去の拙ブログもご覧下さい。➡ こちら

Photo by courtesy of Vintage Magazine Company

 

Ralph Sharon(2)

September 26.2017

Photo above of The All Star Sextet (1948) by courtesy of henrybebop.co.uk
(Back row) Aubrey Frank, Alan Dean, Reg Arnold, Norman Burns, (Front): Ralph Sharon, Tommy Pollard, Jack Fallon

Ralph Sharon made his professional debut with Ted Heath in 1946.

Ted Heath’s band was one of the top English swing orchestras of the era.

A few years later, he also played piano with Frank Weir’s jazz orchestra.

The orchestra included George Shearing on accordion.

In 1947 he joined Melody Maker’s Jazz Rally.

“Melody Maker’s Jazz Rally”
Dave Wilkins (tp), Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Reggie Dare (ts), Ralph Sharon (p), Pete Chilver (g), Jack Fallon (b), Norman Burns (ds).

In 1948 he recorded with saxophonist Ronnie Scott’s Esquire Five for Esquire label.

This recordings is now considered to be the first British modern jazz session.

“The Esquire Five”
Ronnie Scott (ts), Pete Chilver (g), Ralph Sharon (p), Jack Fallon (b), Carlo Krahmer (ds)
London, England, January 13, 1948

Photo above of Ralph Sharon sextet by courtesy of henrybebop.co.uk
From left: Martin Aston, Victor Feldman, Bert Howard, Fred Perry, Roy Plummer, Ralph Sharon.

By 1948 he was also leading his own sextet, which included Victor Feldman who was known in England as “Kid Krupa”.

1946年Ralph SharonはTed Heath楽団でプロ奏者としてデビューしました。
Ted Heath楽団は英国において名門のオーケストラの1つでした。
数年後Frank Weirのジャズオーケストラに移籍しました。
その当時のFrank WeirバンドにはGeorge Shearingがアコーディオン奏者として在籍していました。
1947年「 Melody Maker’s Jazz Rally」というジャズコンボに参加しました。
バンドメンバーを下記に記載します。
Dave Wilkins (tp), Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Reggie Dare (ts), Ralph Sharon (p), Pete Chilver (g), Jack Fallon (b), Norman Burns (ds)
このメンバーの録音はSpotifyで聞くことが出来ました。

1948年サックス奏者のRonnie Scottが結成した「The Esquire Five」に参加しEsquire社にレコーディングしています。
現在ではこのレコーディングは英国において最初のモダンジャズセッションと位置付けられています。
バンドメンバーを下記に記載します
Ronnie Scott(ts),Pete Chilver(g),Ralph Sharon(p),Jack Fallon(b),Carlo Krahmer(ds)
このメンバーの録音もSpotifyで聞くことが出来ました。

1948年、その当時の英国ジャズ界で「Kid Krupa」として知られていたVictor Feldmanを擁した自己のグループを結成しました。

Here is Ralph Sharon Sextet play “The Very Thought Of You”.
Ralph Sharon(p),Jimmy Skidmore(ts),Viv Feldman(vib),Dave Goldberg(g),Jack Fellon(b),Martin ashton(ds)
August 29,1950  London