タグ別アーカイブ: Russell Jacquet

神戸ジャズサロン6月例会(3)

July 02.2018

神戸ジャズサロンの特集は「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加(仲良し夫婦も可)のアルバム」でした。最終回もお付き合いください。

K原さん

日本のジャズオルガンの第一人者であり、神戸ジャズ界に功績を遺した故小曽根実氏(2月15日死去)を追悼した特集を行われました。

ご紹介されたアルバムは「Lazy Dad」(2002年12月録音)

本アルバムは神戸ジャズのゴッドファーザーがジャズミュージシャン50周年記念として収録しました。

故人のオリジナル「夜は君のもの」は11PM(読売テレビ)エンディングテーマとして有名です。

本録音のストリングス編曲は小曽根真が担当しています。

故人が自らのジャズ人生を振り返った痛快エッセイを是非お読み下さい。⇨「Lazy Dad」

 

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cla)、鈴木敏夫、?さん  Photo by courtesy of Kobejazz.jp

 

故小曽根実氏と小曽根真さんがピアノで共演している1983年の映像がありました。

 

余談になりますが上記写真のギターは作曲家の故奧村英夫氏です。「帰り道は遠かった」(チコとビーグルス)を作曲されました。「しゃぶ亭」のオーナーでした。又、「Don Shop (ドンショップ)」(閉店)で演奏されたギタリストも多くおられるでしょう。

最後に小生がご紹介した「兄弟(姉妹)ミュージシャン参加のアルバム」を記載します。

(1)
Here is Edmond Hall(cl) and Herb Hall (cl) play “Lover”.
Edmond Hall (cl) Omer Simeon (cl) Herb Hall (cl) Dick Cary (p) Jimmy Raney (g) Al Hall (b) Jimmy Crawford (d) New York, June 25 & 26, 1959

LOVER

(2)
Here is Russell Jacquet(tp,vcl) and Illinois Jacquet(ts) play “Mean and Evil World”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Snooky Young, Harry “Sweets” Edison, Gerald Wilson, Harry Parr Jones (tp) Eli Robinson,J.J. Johnson, Ted Donnelly (tb) Willie Smith, Preston Love (as) Illinois Jacquet, Lucky Thompson (ts) Rudy Rutherford (bar)Bill Doggett (p) Freddie Green (g) Billy Hadnott (b) Al “Cake” Wichard (d) Hollywood, 1946

_Mean and evil old world

(3)

Here is Ann Hampton Callaway(vcl) and Liz Callaway(vcl) sing “Moondance”.

例会ではCDをご紹介しましたが、今回はYouTube映像を添付します。

Russell Jacquet(2)

June 11.2018

今回はRussell Jacquetが東海岸で行った録音から投稿します。

1947年4月1日、ニューヨークのスタジオで弟イリノイ・ジャケーと親交が深かったレオ・パーカーとのコンボ演奏にRussell Jacquetが参加しています。

Here is Illinois Jacquet and His Band play “Blow, Illinois, blow”.
Joe Newman, Russell Jacquet (tp) J.J. Johnson (tb) Ray Perry (as) Illinois Jacquet (ts) Leo Parker (bar) Sir Charles Thompson (p) Freddie Green (g) Al Lucas (b) Shadow Wilson (d)  New York, April 1, 1947 Aladdin 3001

81HSrd+nEjL._SX522_

同月、カナダTorontoの劇場でのライブ録音も発売されています。

Illinois Jacquet/Leo Parker in Toronto 1947
Joe Newman (tp) Russell Jacquet (tp,vcl) Illinois Jacquet (ts) Leo Parker (bar) Sir Charles Thompson (p) Al Lucas (b) Shadow Wilson (d)
Concert, “Mutual Street Arena”, Toronto, ON, Canada, April 29, 1947

上記以降に参加したIllinois Jacquet and His Allstarsとの録音は省略します。

By courtesy of Heritage Auctions

1948年5月、デトロイトでRussell Jacquet and His Allstarsとして自己名義の録音を行いました。

尚、翌月(1948年6月)のSonny stitt(偽名Lord Nelson)名義の録音については、前々回のプログを参照願います。

⇨こちら

翌年(1949年)3月、Russell Jacquet & His Bopper Bandとしてリーダー作を録音しています。

上記2作品「Russell Jacquet and His Allstars,Russell Jacquet & His Bopper Band」をSpotifyプレイリストに纏めて添付致しました。(12曲)

Russell Jacquet And His All Stars(4曲)
Russell Jacquet (tp,vcl) J.J. Johnson (tb) Sonny Stitt (as) Maurice Simon (ts) Leo Parker (bar) Sir Charles Thompson (p) Al Lucas (b) Shadow Wilson (d)
Detroit, May, 1948
K5503    Scamparoo
K5504    Suede Jacquet
K5505    Lion’s roar
K5506    Relaxin’ with Randel

Russell Jacquet & His Bopper Band(8曲)
Russell Jacquet, Joe Newman, John Anderson (tp) Henry Coker (tb) Bumps Myers (ts) Maurice Simon (bar) Gerald Wiggins (p) Charlie Drayton (b) Chico Hamilton (d)
Los Angeles, March 18, 1949
K5701    Eight ball
K5702    Blues in F
K5703    Jockey Joe
K5704    Bongo blues
K5706    King’s spinner
K5707    Wigglin’ with Wiggins
K5708    Tropical fever

Spotifyに登録されている方

Here is Russell Jacquet & His Bopper Band play ”Bongo Blues”.

上記2作品以降、Illinois Jacquetの録音に数多く参加しています。

最後に、EPレコードコレクターで有名な漫画家橋本孤蔵氏がRussell Jacquetについて書かれたブログをご覧下さい。

こちらをクリック