タグ別アーカイブ: Russell Procope

神戸ジャズ愛好会1月例会(2020年1月26日)③『コンボジャズの名演』後半

January 29,2020

特集テーマ『コンボジャズの名演』の後半は小生含め3人が持参した演奏をお楽しみ下さい。

・K氏

1960年クリード・テイラーが設立したインパルスレコードで制作された「The Great Kai & J.J」から「This Could Be The Start Of Something」「 Georgia On My Mind」をご紹介されました。
ブログ作成者も大好きなアルバムですのでお時間あれば全曲お聞き下さい。

Here is J.J Johnson and Kai Winding play “The Great Kai & J.J”.
1. This Could Be The Start Of Something Big (3:09)
2. Georgia On My Mind (3:48)
3. Blue Monk (4:28)
4. Judy (4:03)
5. Alone Together (3:33)
6. Side By Side (3:02)
7. I Concentrate On You (4:00)
8. Theme From Picnic (4:01)
9. Trixie (5:06)
10. Going, Going, Gong! (3:08)
11. Just For A Thrill (3:19)

ブログ作成者から名手二人による最後の共演「Aurex Jazz Festival ’82」からの映像を添付します。

Here is  J.J. Johnson & Kai Winding play ”It’s alright with me”.

本演奏の詳細は下記サイトをご覧下さい。
こちら ▶️

Photo above of Stanley Turrentine by Discogs

・寺本世話人
Stanley Turrentine の来日公演「The Live Iin ,Tokyo,July 30,1986」(司会青木誠)をご紹介されましたが音源は提供できません。代替として翌月に開催された「1986別府国際ジャズフェスティバル(大分県城島高原)」での映像を添付します。
Here is Stanley Turrentine Quintet play “Pieces of Dreams〜Gemini”.
Stanley Turrentine(ts) Tom Jones(p) Peter Brown(b) Greg Scaff(g)Ralph Peterson(ds)  August 1986

・平野

ジョン・カービーのコンボ作品を4曲ご紹介させて頂きました。

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Royal Garden Blues”.
Charlie Shavers (tp) Buster Bailey (cl) Russell Procope (as) Billy Kyle (p) John Kirby (b) O’Neil Spencer (ds)  New York, July 28, 1939

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Rose room”.
New York,August 10, 1939

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Double talk”.
New York, January 15, 1941

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Charlie’s Prelude”.
New York, Transcription, 1940
ジェリー・マリガンがお好きな方でしたらご存知の曲だと思います。

神戸ジャズ愛好会(2018年5月) 例会概要「Legends of Jazz Drumming」

May 28.2018

昨日参加した神戸ジャズ愛好会の概要を2回に分けて投稿させて頂きます。

(1)特集「私が好きなジャズのヒーロー」

(2)映像コーナー

(3)持ち寄りコーナー

本日は(2)と(3)について映像も添付して概要をご紹介致します。

(2)映像コーナー「Legends of Jazz Drumming」(例会世話人の寺本氏が上記写真のDVDより7人をご紹介)

Here is Louis Jordan & His Tympany Five play “Jumpin’ At The Jubilee”.

下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。

 

Here is WOODY HERMAN and Stan Getz-Shorty Rodgers and Don Lamond play “Caldonia and Northwest Passage”.

昨日紹介された「Northwest Passage」に前半の「Caldonia」もお楽しみ下さい。

 

Here is Max Roach plays “Solo performance”.

昨日の映像とは別ですが約10分のドラムソロ演奏の映像です。

 

Here is Shelly Manne Quintet play “Speak Low”.
Shelly Manne (ds), Conte Candoli (tp), Richie Kamuca (ts), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b)
Jazz Scene USA(1962年)からの映像です。

Here is Shelly Manne Quintet play ”Fantan”.
Members of the recording are the same as above.

 

Here is Sonny Payne’s Drum solo performance(1962)

昨日ご紹介された映像と違います(ソロ中心の映像です)
冒頭にベイシー親分がピアノで「存分にやれよ」と指示しているようです。

 
下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。
Here is Ray Bauduc with The Bobcats play “Who’s Sorry Now”.

Eddie Miller(ts),Billy Butterfield(tp),Warren Smith(tb),Jess Stacy(p),Matty” Matlock(cl),Ray Bauduc(ds),Bob Haggart(b),Nappy Lamare(g)

 

Here is Bob Haggart & Ray Bauduc play “Big Noise From Winnetka”.

二人の息がぴったりです。

 

Here is John Kirby’s little band with Big Sid Catlett play “Can’t Find a Word to Say”.

Charlie Shavers(tp),Buster Bailey(cl),Russell Procope(as),Billy Kyle(p),John Kirby(b),Big Sid Catlett(ds)

(3)持ち寄りコーナー

F川さん(大阪ジャズ同好会にも西明石から毎回参加されています)
「副題:私が紹介したミュージシャンのその後」

 

1.花岡詠二(神戸ジャズストリートに出演したクラリネット奏者としてご紹介)

花岡詠二インターナショナル・オールスターズ /名歌でスイング!! から1曲ご紹介されました。花岡詠二さんは先日開催された「Breda Jazz Festival 2018」に出演されています。
詳細は花岡さんのFacebookをご覧下さい。こちらをクリック

 

2.川口千里(天才女性ドラマーとして1月の例会でご紹介されました)
3月15日に Virtuosoレーベルよりリリースされた矢堀孝一の新作品trailer
Here is Koichi Yabori(矢堀孝一) and Kento Yokota(横田健斗) and Senri Kawaguchi(川口千里)   Live at Virtuoso

川口千里さんのHPをご覧下さい。こちらをクリック

Bethlehem Recording Session by Duke Ellington

March 1.2018

Photo above of Russell Procope by courtesy of Ellington on the Web

Last Sunday Mr.Nishi introduced “Duke Ellington presents(Bethlehem records)” in the meeting of Kobe Jazz Salon(神戸ジャズサロン).

先日の「神戸ジャズサロン」の番外編でDuke Ellingtonが紹介されました。

ベテラン会員のNさんがRussell Procope(ラッセル・プロコープ)の名演を聞いて下さいと「Indian Summer」を選曲されました。

他の会員の方から「ベツレヘムのエリントンは珍しいな」との声が聞こえてきました。自宅に帰ってからこのレコードを聞きながらディスコグラフィーを確認しました。

1956年初頭、契約の関係と推測しますがベツレヘムレコードにLP2枚分(計23曲)の録音を行なっています。(1956年2月7日〜8日 シカゴ)
Bethlehem  BCP-60    12曲
Bethlehem  BCP-6005   11曲

この時期エリントンオーケストラには一時脱退していたジョニー・ホッジスが復帰し、大手のコロンビアレコードと再契約しています。そして大物歌手ローズマリー・クルーニーと共演した作品を発表しました。

私は同時期に語られている「プレステッッジレコードのボブ・ワインストック社長とマイルス・ディビスとの確執」を想像しました。

Here is Duke Ellington And His Orchestra play “Indian summer”.
Willie Cook, Cat Anderson(t); Clark Terry(t,fl); Ray Nance(t,vl,v); Britt Woodman, Quentin Jackson, John Sanders(tb); Jimmy Hamilton(cl,ts);Russell Procope(cl,ss,as); Johnny Hodges(as); Paul Gonsalves(ts); Harry Carney(cl,as,bar); Duke Ellington(p); Jimmy Woode(sb); Sam Woodyard(d) February 7 & 8, 1956 Chicago   BCP6005

Here is Duke Ellington And His Orchestra play “Upper Manhattan Medical Group”.
Members of the recording are the same as above.
デューク・エリントンの主治医が主催する医療ボランティア団体に捧げた曲です。

尚、最新の情報によると下記録音は「事前に録音されたエリントン楽団の演奏テープ」を彼女が聞きながら制作されたと記載されています。

ローズマリー・クルーニーの録音
1956年2月7日〜8日 ニューヨーク
vocals dubbed at Radio Recorders, 8 and 11 Feb 1956

Here is Duke Ellington And His Orchestra with  Rosemary Clooney play “Blue Rose”.
Willie Cook, Cat Anderson(t); Clark Terry(t,fl); Ray Nance(t,vl,v); Britt Woodman, Quentin Jackson, John Sanders(tb); Jimmy Hamilton(cl,ts);Russell Procope(cl,ss,as); Johnny Hodges(as); Paul Gonsalves(ts); Harry Carney(cl,as,bar); Duke Ellington(p); Jimmy Woode(sb); Sam Woodyard(d); Rosemary Clooney(vo)  23 January 1956   Co CL-872

Here is Duke Ellington and his Orchestra with  Rosemary Clooney play “I Got It Bad”.
Members of the recording are the same as above.
27 January 1956   Co CL-872

Here is Duke Ellington and his Orchestra with  Rosemary Clooney play “It Don’t Mean A Thing”.
Members of the recording are the same as above.
27 January 1956   Co CL-872