タグ別アーカイブ: Ruth Etting

『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』(大阪ジャズ同好会1月特集)

February 12.2018

今月の特集は吉瀬氏による『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』

名曲「All Of Me」にスポットを当てヴォーカルと演奏でその曲の魅力を語られました。 例会では初めての企画でしたが、ブラインドフォールドテストも用意されとても楽しい時間を過ごさせて頂きました。以下、4曲を添付します。

(1)(2)は大ベテラン吉瀬氏ならではの選曲と思います。

(1)Here is Ruth Etting sings “All Of Me”.

Photo above of Russ Columbo by courtesy of Alchetron

(2)Here is Russ Columbo sings “All Of Me”.

以下2曲は番外編としてご紹介されました。

Photo above of Helen Ward and Harry James by courtesy of UMKC digital special Collections

(3)Here is Helen Ward With Harry James And His Orchestra sings “All Of Me”.

下記の曲はブラインドフォールドテストとして出題されました。

(4)Here is フランク永井 sings “All Of Me”.

Photo above of Gerald Marks

 

Isham Jones’ compositions(1)  

October 03,2017

Photo by courtesy of Wikimedia Commons

I am planning to feature Woody Herman’ work on this next Sunday.

Woody Herman took over the band from Isham Jones.

I am not familiar with Isham Jones but I love his songs.

So I would like to post about Isham Jones’ work this week.

先月、例会の準備でWoody Hermanの初期の活動について調べていました。

1936年Woody HermanはIsham Jonesのバンドを引き継ぎ自己のオーケストラとして活動を始めます。

私自身Isham Jonesについて詳しくありませんが彼の曲は大好きです。

今週はIsham Jonesが作曲した名曲にお付き合い下さい。

It Had to Be You(1924年) 作詞 Gus Kahn

この曲「アニーホール」でダイアン・キートンが歌っていたので覚えました。ブログの最後に添付しました。

Here is Isham Jones & his Orchestra play “It Had to Be You”.(1924)

Here is Django Reinhardt plays “It Had To Be You”.

Here is Ruth Etting sings “It Had To Be You” (1936).

Here is Dick Haymes and Helen Forrest sing “It Had To Be You”.

Here is Harry Carney Octet with Strings play “It Had to Be You”.

Here is Rod Stewart sings “It had to be you”.

Here is Annie Hall Diane Keaton sings  “It Had to Be You”.