タグ別アーカイブ: Scott Hamilton

大阪ジャズ同好会第37回例会(2019年6月9日) 「新譜紹介」と参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』①

June11,2019

Photo above of Anat Cuhen by courtesy of Timesunion

今回は「新譜紹介」と参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』の初回(3回に分けて紹介)を投稿致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

1.『Filip Ekestubbe(p) Trio / On A Clear Day』(PCD-193)

アルバムの詳細については下記をご覧下さい。
こちら  ▶️

当日は「Our Love Is Here To Stay」をご紹介されましたが、アルバムタイトル曲を添付しました。
Here is Filip Ekestubbe Trio play ”On a Clear Day”.

2.「Anat Cuhen(cl) & Fred Hersch(p) / Live In Healdsburg』(ANZ-0061)
アルバムの詳細については下記をご覧下さい。
こちら ▶️

著作権の都合でアルバム収録曲を添付出来ませんので、2人が共演した映像を2曲添付しました。

Here is Anat Cohen plays “Jitterbug Waltz'”.

Here is Anat Cohen and Fred Hersch play “The Peacocks”. 

次の2枚はVenusレコード制作です。

3.「Ken Peplowski(cl) Quartet / Petite Fleur』(VHCD-1259)

アルバムの詳細については下記をご覧下さい。
こちら ▶️

本CDについてもアルバム収録曲を添付出来ませんので、昨年Victor Goines(cl)と共演した映像を添付しました。
Here is Ken Peplowski and Victor Goines play “Body and Soul”.
Ken Peplowski(cl) ,Victor Goines(cl),Dan Nimmer(p),Marion Felder(ds) Jan 13, 2018

下記の公式HPではKen Peplowski の映像が収録されています。
こちら ▶️ 

4.『Rita Playes(tb,vo) / My Ideal』(VHCD-1253)
19歳のトロンボーン奏者&ヴォーカリストです。

当日はアルバムタイトル曲をご紹介されましたが、Scott Hamilton(ts)と共演したライブ映像を添付します。

Here is Rita Payes and Joan chamorro Quintet & Scott Hamilton play “Moanin”.

Here is Rita Payes and Joan chamorro Quintet & Scott Hamilton play “Whatch What Happens”.

参加者持ち寄り『1960年代のジャズ』①

Y氏
Here is Horace Silver Quintet play ”The kicker”.
Carmell Jones (tp) Joe Henderson (ts) Horace Silver (p) Teddy Smith (b) Roger Humphries (ds)
Englewood Cliffs, N.J., October 26, 1964

Here is Jackie McLean Quintet play ”Sweet love of mine”.
Woody Shaw (tp,flhrn) Jackie McLean (as) Lamont Johnson (p) Scotty Holt (b) Jack DeJohnette (ds)
Englewood Cliffs, N.J., December 22, 1967

K氏
Here is Booker Ervin Quintet play ”Mooche Nooche”.
Booker Ervin(ts), Frank Strozier(as),Horace Parlan(p), Butch Warren(b), Walter Perkins(ds) Jun 19, 1963

Here is Joe Henderson Quartet play ”Invitation”.
Joe Henderson(ts), Don Friedman(p), Ron Carter(b), Jack De Johnette(ds) May 16, 1968

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会) 新譜紹介

August 15,2018

2018年8月12日(日)に開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。

今回の例会には14人の方が参加されました。

本日は『新譜紹介(古川正孝氏解説)』でご紹介されたCDに関連のある動画等を添付しました。

1.Nikoletta Szoke『Moonglow』(NR-001)
「Moonglow」
Nico Cori(cl), Istvan Gyarfas(g), Robert Lakatos(p)

ハンガリーの人気女性ヴォーカリストニコレッタ・セーケ(Nikoletta Szoke)による自主制作盤
詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック 

Here is Nikoletta Szoke with Roberto Lakatos Trio sings “Moonglow”.

 

2.KIYO-SEN『Organizer』(ELFA-1816)
「Come On Over」
KIYO-SEN(大高清美(org), 川口千里(ds)), 渋谷有希子(b) ,矢堀孝一(g)
CASIOPEA3rdのオルガニスト大髙清美(Organ)と若き天才女性ドラマー川口千里(Drums)からなるユニットの新譜(7月4日発売)

詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック 

KIYO*SEN『organizer』のトレーラーを添付しました。

 

3.Nicki Parrott featuring Byron Stripling『STOMPIN’ AT THE SAVOY』(VHCD-1238)
Nicki Parrott (vo,b),Byron Stripling (tp,vo),John Di Martino (p),Alvin Atkinson (drums)
オーストラリア出身のベーシスト兼ジャズ・ボーカリストであるニッキ・ パロット(Nicki Parrott) とバイロン・ストリップリング(Byron Stripling)がエラ・フィッツジェラルド&ルイ・アームストロングに捧いだアルバムです。

詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック

今回はバイロン・ストリップリング(Byron Stripling)が2年前にキューバで行った演奏を添付しました。
Here is Byron Stripling with Aldo López-Gavilán Quartet in Cuba(2016)

 

4.Scott Hamilton『Moon Mist』(BLAU-022)
「I’ll Close Your Eyes」
Scott Hamilton(ts),Dena Derose(p), Ignasi Gonzales(b), Jo Krause(ds)

詳細はこちらを参照して下さい。 ▶️ クリック

今年の3月に収録されたスコット・ハミルトン(Scott Hamilton)の映像を添付しました。
Here is Scott Hamilton Quartet play “Body & Soul”.(2018)

神戸ジャズ愛好会7月例会(1)               

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

著作権の関係でSpotifyでの音源提供となります。
https://open.spotify.com/embed/user/21cqwjk7qrbjr6hmzbtlzpwyi/playlist/5ttspr9qU4INdJs1TMiqpK

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

神戸ジャズサロン(2018年4月例会)「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」

May 2.2018

Photo by YouTube

先週の日曜日神戸ジャズサロンに参加しました。テーマは「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」でした。

自宅に帰ってから資料の順にYouTube映像を観て楽しんでいます。

今回もベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

小生にとって「Andrea Motis,Nicki Parrott,Esperanza Spalding」については馴染みがありませんでしたがバラエティに富んだ内容だったと思います。

以下、当日ご紹介されたミュージシャンをYouTube映像でお楽しみ下さい。

1.T川さん(トラッド愛好家)

Here is Jack Teagarden & Louis Armstrong sing “Old Rockin’ Chair”.
New York,on December 30, 1957

Here is Fats Waller sings “Ain’t Misbehavin’” and “Stormy Weather” (1943).

2.Tさん

Here is Les McCann & Eddie Harris play “Compared To What”.
Eddie Harris(ts),Les McCann(p, vo),c(tp),Leroy Vinnegar(b),Donald Dean(ds)
June 21, 1969  at The Montreux Jazz Festival

3.Fさん(大阪ジャズ同好会で新譜紹介を担当されています)

Here is Nicki Parrott with Les Paul Trio play “I’ll Be Your Baby Tonight”.

Here is Andrea Motis and Joan Chamorro Quintet with Scott Hamilton play “Lullaby of Birdland”.

4.Y瀬さん(いつもおしゃれな選曲をされます)

Here is Gerry Mulligan Sings “I Never Was A Young Man”.

5.Iさん

Here is Esperanza Spalding sings “Little Fly” .

6.Kさん

Here is 「小川理子」Riko Ogawa Swinging’ Stride Jazz Band play “How Long Has This Been Goin’ On”.
小川理子(P.Vo) 佐久間 和(G) 小林真人(B) 木村純士(Ds) ODJC 2017.11.19(島之内教会)

7.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

Here is Frank Sinatra and Louis Armstrong sing “Birth of the Blues”.

8.平野

Here is Joe Bushkin with Axel Stordahl and orchestra singss “I Love A Piano” (1951 TV)

Here is Woody Herman Orchestra play “Doctor Jazz” 1939

最後に番外編として最近気に入っている映像を添付致します。

Here is Louis Armstrong, Jack Teagarden, Barney Bigard & Earl Hines
Jack Teagarden(tb,vo), Barney Bigard(cl), Earl Hines(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)  December 26, 1950, L.A. “THE STRIP”

Bob Wilber(1)

September 13.2017

Photo by Wikipedia

Yesterday I was investigating about Jazz At Storyville in Boston.

Storyville was opened by Boston native jazz promoter and producer George Wein in 1950.

Photo above of George Wein by courtesy of Discogs

Its name derives from the Red Light District in New Orleans.

Recently I read an interesting interview with George Wein.

The following I quotes Jazz Wax interview .[July 23, 2008]  Go here

JW: Storyville opened in September 1950. Who was the first group booked?

GW: Bob Wilber, who played soprano sax at the time. His original group was a pure Jelly Roll Morton band.
[…].

But he changed his style at Storyville when he added drummer Big Sid Catlett.
[…].

Big Sid was an extraordinary swing drummer. That’s how we opened the club. It was very exciting.

Photo above of Jelly Roll Morton by courtesy of Discogs

Photo above of Sid Catlett by Wikipedia

Frankly speaking I’m not familiar with Bob Wilber,so I would like to post about footprints of Bob Wilbur this week.

From the late 1950s through the 60s, Bob Wilber played and recorded with Bobby Hackett,Benny Goodman, Sidney Bechet, Jack Teagarden and Eddie Condon.

Unfortunately I only have a CD that co-starred with Sidney Bechet.

昨日ボストンの  Storyvilleで録音されたレコードについて調べていました。

Storyvilleは1950年にボストン在住のプロモーターでプロデューサーとして有名なGeorge Weinによって開店されました。

その店名はニューオーリンズの遊郭地区の名前から「Storyville」と名付けられました。

最近George Weinがこの店について語った興味深い記事を読みました。

以下はJazzWaxによるインタービューを引用します。全文はこちらをクリックして下さい。

JW:Storyvilleは1950年9月に開店しましたが、一番最初に出演したのは誰でしたか?

GW:当時ソプラノサックスを主に吹いていたBob Wilberだよ。

従来、Bob Wilberは Jelly Roll Morton bandそっくりの演奏をしていた(中略)

しかし、Storyvilleに出演する際にBig Sid Catlettを起用し演奏スタイルが変わった。(中略)

Big Sid Catlettは素晴らしいスイングドラマーだった。クラブでの演奏も物凄く盛り上がりました。

正直に言いますと私自身あまりBob Wilberについて馴染みがありません。

それ故今週はBob Wilberの足跡について調べたことを投稿したいと思います。

1950年代後半から60年代にかけて、Bob Wilberは Bobby Hackett, Benny Goodman, Sidney Bechet, Jack Teagarden, Eddie Condon達と共演しレコーディングしています。

残念ながら私はSidney Bechetと共演した復刻版のCDしか持っていません。

Here is Bob Wilber’s Jazz Quartet play “Petite Fleur”.

Here is Bob Wilber and Lino Patron and The Band of “Bix” Soundtrack play “I’ll Be A Friend with Pleasure”.