タグ別アーカイブ: The Red Heads

The Red Heads(4)

November 16,2018

「THESAURUS OF CLASSIC JAZZ」に収録された曲目をもう一度ご覧下さい。 ▶️こちら

「The Red Heads(Volume IV)」に1曲だけ”Meadow Lark” by Cliff Edwards And His Hot Combinationが収録されています。

Photo above of Cliff Edwards ‘Ukulele Ike’ by courtesy of Pinterst

Cliff Edwards(クリフ・エドワーズ)はウクレレ奏者兼歌手としてデビューし、1929年に”Singin ‘in the Rain”をヒットさせ後年「ピノキオ」の挿入歌『星に願いを』で歴史に残る歌手となっています。

過去に下記のブログを投稿した時にFB友人長谷川光氏からCliff Edwardsの名前を教えて頂きました。

Isham Jones’ compositions(3) “I’ll See You in My Dreams”      ▶️こちら 

今後機会があればPhil Napoleonとの初録音(1922年)以降Cliff Edwards And His Hot CombinationやAdrian Rolliniと共演した録音はぜひ聞いてみたいと思っております。

Cliff Edwardsの録音についてはこちらを参照願います。 ▶️こちら

Here is Cliff Edwards And His Hot Combination play ”Meadow Lark”.
Cliff Edwards (vcl,uke),Red Nichols(cor), Miff Mole(tb),Jimmy Dorsey (cl,as),Arthur Schutt (p),Dick McDonough(bj),Vic Berton or Ray Bauduc(d)
New York, November, 1926

Meadowlark

Cliff Edwards And His Hot Combination名義で1曲追加添付しました。

Here is Cliff Edwards And His Hot Combination play “Oh ! lovey, be mine”.
Cliff Edwards (vcl,uke),Red Nichols(cor), Miff Mole(tb), Bobby Davis(as),Arthur Schutt or Irving Brodsky(p), Dick McDonough(bj),Joe Tarto(b・tu),Vic Berton(d)
New York, October, 1925

Oh ! lovey, be mine

最後にRed Nichols And His Five Pennies名義での録音を1曲添付させて頂きました。

Here is Red Nichols And His Five Pennies play ”Washboard blues”.
Red Nichols (cor),Jimmy Dorsey (cl,as), Arthur Schutt (p), Eddie Lang (g), Vic Berton (d)
New York, December 8, 1926

Washboard Blues

Phot by courtesy of last.fm

 

The Red Heads(1)

November 11,2018

先日小生の師匠から譲ってもらった「Downbeat(ダウンビート)1963年版」の中に興味深いコマーシャルページがありました。

「THE SOUND OF JAZZ ON COLUMBIA RECORDS」(米コロンビア社発売)

広告されたレコードの内、右上の「THESAURUS OF CLASSIC JAZZ(4枚組)」だけは所有していません。

4枚組に収録された演奏はこちらで確認しました。 ▶️こちら

本4枚組においては The Red Heads(ザ・レッド・ヘッズ)による演奏が7曲収録されています。

The Red HeadsとはRed Nichols(レッド・ニコルス)率いるレコーディングバンドです。

レッド・ニコルスについては2枚のレコード(上記写真)を所有していますが、いずれもRed Nichols & the Five Pennies名義でThe Red Heads名義の録音は聴いていませんでした。

幸い「THE RED HEAD IN CHRONOLOGY(Complete Jazz series 1925-1927)」というCDがApple Musicで聴くことが可能ですので、ディスコグラフィーを確認しながらThe Red Headsの録音を聴こうと思います。