タグ別アーカイブ: Tommy Dorsey

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

2019年7月30日

特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

T川氏(古くからのODJC会員)

「Sunset Cafe Stompers」

当日は「Carry Me Back To Old Virginy」をご紹介されました。お恥ずかしい話ですが「Sunset Cafe Stompers」というグループ名を初めて知った次第です。(汗)

当日ご紹介されたCDについては こちら ▶️ をご覧下さい。

今回は小生が馴染みのある曲を添付致します。

Here is Sunset Cafe Stompers play “Apex Blues”.

グループの詳細については下記HPをご覧下さい。

こちら ▶️

「Lu Watters Yerba Buena Jazz Band」

このバンドのレコードは持っています。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play “Riverside Blues”.

1曲追加させて下さい。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play ”Sunset Cafe Stomp”.
Lu Watters, Bob Scobey(tp) Turk Murphy(tb) Ellis Horne(cl) Wally Rose(p) Clancy Hayes, Russ Bennett(bj) Squire Girsback(tu) Bill Dart(d)
San Francisco, CA, March 29, 1942

「Monty Sunshine」
モンティ・サンシャインはイギリスのトラッド・ジャズシーンで活躍したクリス・バーバーのバンドでクラリネットを担当していました。

当日は「Love Like A Violin」ご紹介されましたが、1990年の映像を添付致します。

Here is Monty Sunshine Band play “Old Rugged Cross”.

「Sharkry’s Kings Of Dixieland」

このバンド名も当日初めて聞きました。奥が深いです!

Here is Sharkry’s Kings Of Dixieland play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

T川さんが“Auf Weidersehn Sweetheart”は「ラジオ神戸で放送していた電リクのエンディング曲」であるとコメントされました。小生は電リクは聞いたことがありませんが、例会に参加されていた多くの会員は「ああ、あの曲や!」と思われたでしょう。電話リクエスト(ラジオ神戸)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

Here is Les Baxter play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

「Lee Wiley」

Here is Lee Wiley sings “Let’s Do It”.
Lee Wiley(vo) Bunny Berigan(tp) Joe Bushkin(p) Sid Weiss(b) George Wettling(ds)
New York,April 10,1940

「Buddy DeFranco」

直前に出演していたオスカー・ピーターソンによる司会もお聴き下さい。

Here is Introduction for Buddy DeFranco by Oscar Peterson.

Here is Buddy DeFranco Quartet play ”Street Of Dreems”.
Buddy DeFranco(cl) Kenny Drew(p) Eugene Wright(b) Art Blakey(ds)
At The Blue Note,Chicago May 1,1953

「Art Pepper」(ラジオ放送「Stars Of Jazz」から)

43年前「Calliope盤」として発売された事もありました。

Here is Art Pepper Quartet play ”Everything Happens To Me”.
Art Pepper(as) Larry Bunker(p) Don Payne(b) Chuck Flores(ds)
LA,March 31,1957

「Stars Of Jazz」については下記英語サイトに詳しく記載されています。

こちら ▶️

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

Lee WileyとBunny Beriganが共演した録音日「1940年4月10日」をディスコグラフィーで確認してびっくり!

この日、Bunny BeriganはTommy Dorsey楽団のトランペット席でスター歌手Frank Sinatraの伴奏も行っていました。
又、The Pied Pipersも控えておりJo Staffordも一緒にいた訳ですね。

Here is Tommy Dorsey And His Orchestra with Frank Sinatra play ”I Haven´t the Time to Be a Millionaire”.

Tommy Dorsey And His Orchestra: (vcl) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers
Bunny Berigan, John Dillard, Ray Linn, Jimmy Blake (tp) Les Jenkins, George Arus, Lowell Martin (tb) Johnny Mince (cl,as) Fred Stulce (as,arr) Hymie Schertzer (as) Paul Mason, Don Lodice (ts) Joe Bushkin (p) Clark Yocum (g) Sid Weiss (b) Buddy Rich (d) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers (vcl) Sy Oliver, Axel Stordahl, Dean Kincaide (arr) Tommy Dorsey (tb,ldr)
New York, April 10, 1940

大阪ジャズ同好会第35回例会概要(4)参加者持ち寄り「スイング時代のビッグバンド」②

February 19.2019

参加者持ち寄り「スイング時代のビッグバンド」の後半は寺本氏と平野が選曲した演奏をお楽しみ下さい。

・寺本氏

Here is Benny Goodman & His Orchestra Featuring Bunny Berigan play ”King Porter Stomp”.
Bunny Berigan, Nate Kazebier, Ralph Muzzillo (tp) Red Ballard, Jack Lacey (tb) Benny Goodman (cl) Toots Mondello, Hymie Schertzer (as) Arthur Rollini, Dick Clark (ts) Frank Froeba (p) George Van Eps (g) Harry Goodman (b) Gene Krupa (d) Fletcher Henderson (arr)
New York, July 1, 1935

Here is Artie Shaw and His Orchestra play “In The Mood.”
Chuck Peterson, Bernie Privin, John Best (tp) George Arus, Harry Rodgers, Les Jenkins (tb) Artie Shaw (cl,arr) Les Robinson, Hank Freeman (as) Tony Pastor (ts,vcl) Georgie Auld (ts) Bob Kitsis (p) Al Avola (g) Sid Weiss (b) George Wettling (d) Jerry Gray (arr)
Broadcast, Blue Room, Hotel Lincoln, New York, December 20, 1938

1941 — 1941- Tommy Dorsey and his band. On the far right in the last row is a very young and yet unknown Frank Sinatra. Movie Still from, “Las Vegas Nights”. — Image by © Bettmann/CORBIS

3曲目として下記録音をご紹介されましたが本ブログではご紹介出来ません。
Tommy Dorsey & His Orchestra featuring Bunny Berigan「 East of The Sun」 (1940) (broadcast)

上記録音について調べた事を記載します。

当時ドーシー楽団は「Hotel Astor Roof」からラジオ放送を中南米向けにも中継しておりました。
寺本氏も当日解説されていましたが放送はスペイン語の司会で進行されていました。

June 19, 1940 (Wed) 10:15 – 10:45 pm “Carnival de Broadway”
Hotel Astor Roof, New York
(NBC White) (WRCA/WNBI) (International) RCA MT 372 (1), MT 369 (2)
Anuncios en Español Alfredo Barrett, announcer

詳細はこちら ▶️ (54ページ以降)

上記音源の代替として下記演奏を添付しました。

Here is Tommy Dorsey & His Orchestra featuring Bunny Berigan play “Marie”.
Frank Sinatra & The Pied Pipers (Billy Wilson, Chuck Lowry, Jo Stafford, & John Huddleston),
Bunny Berigan(tp), Buddy Rich(ds)
Broadcast From The Meadowbrook Ballroom, Cedar Grove, New Jersey March 9, 1940.

Hotel Astor Roof from Library of Congress

「映画Las Vegas Nights (1941年制作)」からフランク・シナトラの映像(最も初期)も添付します。

Here is Frank Sinatra and the Tommy Dorsey Orchestra play “I’ll Never Smile Again” from Las Vegas Nights (1941)

・平野(下記5枚組レコードから選曲しました)

Here is Lee Wiley with Leo Reisman and his Orchestra play “Time On My Hands”.
October 26, 1931

Time On My Hands(Lee Wiley)

Leo Reisman楽団については拙ブログをご覧下さい。こちら ▶️

Here is Bea Wain with Larry Clinton and his Orchestra “My Reverie”.
July 16, 1938

Bea Wain,My Reverie

Larry Clinton楽団についても拙ブログもご覧下さい。こちら ▶️

Here is Isham Jones and his Orchestra “Blue Prelude”.
Isham Jones (ts, dir),Joe Bishop(fh), Gordon Jenkins(arr)
April 6, 1933

Isham Jones,Blue Prelude

Blue Preludeについても拙ブログをご覧下さい。こちら ▶️

 

 

 

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(2) 持ち寄り『放送録音の魅力』

December 6,2018

大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメントから
「ラジオによるジャズのライブ放送は1930年代から行われていました。音質が悪いにもかかわらずその内容はスタジオ録音にはない臨場感にあふれ多くのファンを虜にしたものです。」

・T村氏
1.ハリウッドの「Streets Of Paris」からのラジオ放送、絶頂期のハワード・マギーです。

Here is Howard Mcghee plays “A Night in Tunisia”.
Howard Mcghee(tp), Teddy Edwards(ts) ,J.D.King(ts), Vernon Biddle(p), Bob Kesterson(b), Roy Porter(ds)  Dec.2,1945

2.「Every Tub」(Jan.14.1953)
ニューヨークの「BIRDLAND」からのカウント・ベイシー楽団のラジオ放送、この曲だけレスターヤングが加わりソロをとります。

Photo by courtesy of Pinterest

ブログではレスターヤングのソロ演奏が聴ける「Jumpin’ at the woodside」を添付しました。
Here is Count Basie And His Orchestra featuaring Lester Young play ”Jumpin’ at the woodside”.
Wendell Culley, Reunald Jones, Joe Newman, Paul Campbell (tp), Henry Coker, Benny Powell, Jimmy Wilkins (tb) Marshal Royal (as,cl) Ernie Wilkins (as,ts) Paul Quinichette (ts,arr) Eddie “Lockjaw” Davis (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Lester Young (ts) radio broadcast, “Birdland”, New York City, January 1, 1953

3.Hooray For Stan Getzから「Move」(Aug.12.1952)
Stan Getz(ts) Jimmy Raney (g) Duke Jordan(p) Gene Ramey (b) Phil Brown(ds)
ジャケットは最悪ですが、スタンゲッツの演奏は最高です。

上記録音は提供できませんので、代替として「Polish Radio Jazz Archives」からStan Getz and Andrzej Trzaskowski Trioによる録音を添付しました。

Here is Stan Getz & Andrzej Trzaskowski Trio play “You Go To My Head”.
National Philharmonic Concert Hall, Warsaw, Poland on 27 October 1960

・Y濑氏
2006年まで50年眠っていた1956年シアトルでの JATP音源から
1.ノーマン・グランツのMCに続きで「GROOVING HIGH」
2.ピーターソン・トリオでをバックにエラの「JUST ONE OF THOSE THI MG」
3.「AIR MAIL APECIAL」

下記に添付したWEBで司会も兼ねていたノーマン・グランツが「タバコ吸わんとちゃんと聴いてくれ!」と言っています。

こちら ➡️

上記の3曲は提供できませんが、同じ日のノーマン・グランツのMCとジーン・クルーパグループの録音を添付しました。
Here is Gene Krupa Quartet play ”Bernie’s Tune” and “My one and only Love” “Drum Boogie”.
Gene Krupa(ds),Eddie Shu(ts,as), Dave McKenna(p), John Drew(b)
Jazz at the Philharmonic, Seattle 1956

・H氏(今回もクラリネットの名演をご紹介されました)

Here is Benny Goodman Septet play ”Swedish Pasty”.
Benny Goodman(cl),Stan Hasselgard(cl), Wardell Gray(ts), Teddy Wilson(p),Billy Bauer(g), Arnord Fishkind(b),Mel Zeinik(ds)
(1948年5月27日 CBS Brodcast)

ブログ作成者から30分番組を追加しました。上記録音の3日前(5/24)の放送録音で「Patti Page 」が参加しています。
Here is Benny Goodman Septet play “Limehouse Blues 〜The man I love 〜Back home again in Indiana (Donna Lee)〜Confess”.
Broadcast, “Click Restaurant”, Philadelphia, May 24, 1948

・K氏(西明石から参加)

1.Charlie Parker「At The Finale Club」より、
Here is Charlie Parker plays “Ornithology〜Billie’s Bounce〜 Ornithology〜All the Things You Are 〜Blue ‘n’ Boogie 〜Anthropology”.

Charlie Parker(as) Miles Davis(tp) Joe Albany(p) Addison Farmer(b)Chuck Thompson(ds)  Los Angeles Broadcast,1946

2.Chet Baker「Live At The Paris Festival放送」
Here is Chet Baker Quartet play ”For Minors Only”.
Chet Baker(tp) Rene Urtreger(p) Pierre Michelot(b) Aldo Romano(ds)  Radio France,1981

・寺本氏(同好会世話人)
Bunny Berigan「Leader & Sideman」(Through The Years)より
放送録音の魅力は契約の関係上共演することが不可能なメンバーとの共演を聞くこと 出来る事ではないで しょうか。そういった意味で大スターが集まった次のセッションは正 に夢のセッションと言えるでしょう。
Here is Bunny Berigan and others play “Blues”.
Roy Eldrigde, Bunny Berigan, Harry James(tp) Tommy Dorsey, Jack Jenny(tb) Coleman Hawkins(ts) Count Basie(p) John Kirby(b) Gene Krupa(ds)
“Martin Block’s Make Believe Ballroom Jam Session” in Savoy Ballroom,June 14,1940

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会)スイング時代の3大セッション①

August 18,2018

 

スイング時代の3大セッションをブラインドフォールドテスト形式で聴き比べしました。

全18曲(1~6ラウンド)がご紹介されました。本日は前半の9曲(1~3ラウンド)をお楽しみ下さい。

1.On the Sunnyside Of The Street

 

2.Mary Had A Little Lamb

 

3.Harlem Lullaby

 

4.Ring Dem Bells

 

5.Here’s Love In Your Eyes

 

6.For Sentimental Reasons

7.Shufflin’At The Hollywood

 

8.Right Or Wrong

 

9.Lover Come Back To Me

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright

March 19.2018

Photo by Pinterest

One of Tommy Dorsey’s best vocalists of the 1930s was Edythe Wright.

Today I would like to introduce Tommy Dorsey and His Clambake Seven featuring Edythe Wright.

Photo by Wikipedia

週末の神戸ジャズ愛好会でJimmy Dorsey(ジミー・ドーシー)を紹介することにしました。詳細は来週に記載します。

そんな訳で先週は兄貴の演奏を聞いてばかりでしたので、本日は弟Tommy Dorseyトミー・ドーシー)を聞いています。

「 Tommy Dorsey and His Clambake Seven featuring Edythe Wright(トミー・ドーシーコンボ名演集ーイーディス・ライト快唱集)」

誠にお恥ずかしい話ですがTommy Dorsey and His Clambake Sevenをあまり真剣に聞いておりませんでした。

トミー・ドーシーというと「フルオーケストラでセンチなトロンボーンソロで魅了する」というイメージだったのですが、今回「コンボ演奏」をじっくり聞きましたらディキシー風の陽気な演奏でびっくりしています。

又、Edythe Wright(イーディス・ライト)についても情報が少なくブログに書くネタがありません。

CDを選曲・解説された柳澤安信氏も「ウィキペディア百科事典によると…..」と書かれている次第です。

それにしてもシカゴ派の強者による快調な演奏と乗りのいい歌唱で気持ちが良くなってきます。

いつか機会があれば大阪か神戸のジャズ例会で紹介したいCDです。

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play  「ジャズは高鳴る」”The music goes ‘round and around”.
Sterling Bose (tp) Tommy Dorsey (tb,vcl) Sid Stoneburn (cl),Johnny Van Eps (ts) Dick Jones (p) Dick Jones (p) William Schaffer (g) Gene Traxler (b)Sam Weiss (d) Edythe Wright (vcl)
New York, December 9, 1935 98363-1

The Music Goes Around And Around

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play「モンテ・カルロの一夜」 “One night in Monte Carlo”.
Sterling Bose (tp) Tommy Dorsey (tb) Tom Mace (cl) Sid Bloch (ts) Dick Jones (p) William Schaffer(g) Gene Traxler (b) Sam Weiss (d) Edythe Wright (vcl)
New York, December 21, 1935 98389-1

One Night In Monte Carlo

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play 「お魚の舞踏会」 “At the codfish ball”.
Max Kaminsky (tp) Tommy Dorsey (tb) Joe Dixon (cl) Bud Freeman (ts) Dick Jones (p) William Schaffer (g) Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright (vcl)
New York, April 15, 1936 101453-1

At The Codfish Ball

Dave_Tough_1947_(Gottlieb_08701)

Photo above of Dave Tough by Wikipedia

Tommy Dorsey And His Clambake Seven And Orchestra featuring Edythe Wright play 「感激の一瞬」 “Having wonderful time”.
Pee Wee Erwin(tp), Tommy Dorsey (tb), Johnny Mince (cl), Bud Freeman (ts), Howard Smith (p),Carmen Mastren (g), Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright(vcl) New York, July 20, 1937 011351-1

Having Wonderful Time

Tommy Dorsey And His Clambake Seven featuring Edythe Wright play 「気まぐれレディー」 “The lady is a tramp”.
Pee Wee Erwin (tp) Tommy Dorsey (tb) Johnny Mince (cl) Bud Freeman (ts) Howard Smith (p) Carmen Mastren (g) Gene Traxler (b) Dave Tough (d) Edythe Wright (vcl) New York, September 11, 1937 013522-1

The Lady Is Tramp

95385949_134504794641

Photo by Findagrave.com

 

追記(2019年11月19日)

詳しい資料がないEdythe WrightについてはLoren Schoenbergさん(The National Jazz Museum in Harlemの責任者)が発表された「1937年9月メトロノーム誌」の記事を添付します。(2019年11月16日付Facebookから転載)

75210250_10219121193836235_5012427400814788608_o

Ziggy Elman “Fralich in Swing”(2)

November 16.2017

Photo by courtesy Bettmann/CORBIS Tommy Dorsey and his band. On the far right in the last row is a very young and yet unknown Frank Sinatra.

After leaving Benny Goodman orchestra, Ziggy Elman played a month with violinist Joe Venuti’s band.

Then he joined Tommy Dorsey orchestra in August in 1940, at a salary of $500 a week.

He also played with Jo Stafford, Frank Sinatra, and other great vocalists.

Photo by courtesy of grammymuseum.org

Ziggy became a star with the band ‘s drummer Buddy Rich.

He served in the US Army Air Force from 1943-46.

In 1947 he formed his own band and signed to the MGM record label.

Benny Goodman楽団を退団したZiggy ElmanはJoe Venutiバンドと1ヶ月だけ共演しています。

その後1940年8月、週給500ドルの条件でTommy Dorsey楽団に入団しました。

同楽団ではJo StaffordやFrank Sinatraなどの有名歌手のバックでソロ演奏を行い、Buddy Richと共に人気を集めていきました。

1943~46年に空軍に入隊しました。

除隊後、1947年に自身のバンドを結成しMGMレコードと契約をしています。

Here is Tommy Dorsey and his orchestra play “Well Get It”.
Tommy Dorsey(tb, dir),Ziggy Elman, Charlie Peterson, Jimmy Blake,Jimmy Zito(tp),George Arus, Dave Jacobs, Jimmy Skiles(tb),Fred Stulce, Harry Schuchman(as),Don Lodice, Heinie Beau,Bruce Snyder(ts), Leonard Atkins, Al Beller, William Ehrenkranz, Leonard Posner, Irving Raymond, Sam Ross, Bernard Tinterow(vn),Harold Bemko(vc),Ruth Hill, (harp),JMilt Raskin(p),Clark Yocum(g),Phil Stevens(sb),Buddy Rich(d),  New York, August 17, 1942.

320414

Here is Here is Ziggy Elman and his orchestra with Virginia Maxey play “And The Angels Sing”.MGM (1947)

Here is Here is Ziggy Elman and his orchestra play “Zaggin’ with Zig”  MGM (1947)

Here is Ziggy Elman and his orchestra play “Deep Night”.
Ziggy Elman(tp),Toots Mondello, Noni Bernardi(as), Jerry Jerome, Arthur Rollini(ts),Milt Raskin(p),Ben Helfer(g),Artie Bernstein(sb),Nick Fatool(d)New York, November 27, 1939 043924-1

Here is Ziggy Elman and his orchestra play “What Used To Was Used To Was (Now It Ain’t)”.
Members of the recording are the same as above. 043921-1

 

Gil Fuller(1)

October 18,2017

Photo above of Gil Fuller with Dizzy Gillespie(1963)

Yesterday, I saw an interesting documentary on Dizzy Gillespie, which was produced in Norway in 1990.Go here

This documentary was introduced by JazzWax.

I noticed the existence of Gil Fuller by looking at this documentary.

Unfortunately I am not familiar with Gil Fuller.

So I would like to confirm Gil’s achievements this week.

Gil Fuller was born April 14, 1920, Los Angeles, California.

Photo above of Billy Ecstine band by courtesy of Maxine Gordon’s Blog

In the 1930s and 1940s, Fuller worked for bandleaders such as Les Hite, Jimmy Lunceford, Billy Ecstine, Tommy Dorsey and Tiny Bradshaw.

After World War II he found himself in demand as a bebop arranger along with Gil Evans and George Russell.

Then he created most of Dizzy Gillespie’s arrangements at that time.

Photo above of Chano pozo and Dizzy Gillespieby courtesy of Montuno Cubano

昨日JazzWaxが紹介したDizzy Gillespieのドキュメンタリー映像を見ました。
(1990年ノルウェー製作)ここをクリックして下さい。

このドキュメンタリー映像を見てGil Fullerの存在が気になりました。

私は残念ながらGil Fullerについては馴染みがありません。

そこで今週はGil Fullerの業績を調べてみようと思います。

Gil Fullerは1920年4月14日カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれました。

1930年代と1940年代にかけて Les Hite, Jimmy Lunceford, Billy Ecstine, Tommy Dorsey, Tiny Bradshawなどのビッグバンドで編曲者として雇われていました。

1007005773R-3660832-1341686943-4218.jpeg

第二次世界大戦後、 Gil Evans や George Russellと共に bebopをベースにした編曲者として活躍し始めました。

その後、 Dizzy Gillespieが結成したビッグバンドに編曲を提供することになります。

余談ですが、Gil FullerについてJazz Club Over Seas さんのブログが面白いので引用します。

ギル・フラーはウォルター・フラーともクレジットされ、ビバップ時代のフィクサーとされる謎の多い人物。ジミー・ヒースもフラーから編曲のABCを習ったそうですが、とにかく沢山のクライアントを抱えて、時代の先端を行くモダンな編曲を提供するディレクターのような存在。昨今話題のゴースト・ライターも、ジャズ界では別に珍しいことではなかったんです。(2014年6月12日)「ビバップ・カウボーイ:ケニー・ド-ハムの肖像(2)」より

 

Here is Dizzy Gillespie and his Orchestra play “Oop Bop Sh’ Bam”.

Here is Chano Polo and Dizzy Gillespie play “MANTECA”.
Benny Bailey, Dave Burns, Elmon Wright, Lamar Wright ,Dizzy Gillespie (tp), Ted Kelly, William Shepherd (tb) John Brown, Howard Johnson (as) Joe Gayles, Big Nick Nicholas (ts) Cecil Payne (bs) John Lewis (p) Al McKibbon (b) Kenny Clarke (ds) Chano Pozo (congas, bongos)
NYC, December 30, 1947