タグ別アーカイブ: Tommy Flanagan

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』②        

November 22,2018

前回は、兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市・西明石市に在住されている4人がご紹介された演奏をご紹介致しました。

今回は、大阪府茨木市並びに大阪市在住の2人が持参した録音をご紹介致します。

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

Here is Jo Jones Trio play ”Jive At Five”.
Ray Bryant(p) Tom Bryant(b) Jo Jones(ds)
NYC March, 1959

Here is Tommy Flanagan play “Little Rock”.
Tommy Flanagan(p) Wilbur Little(b) Elvin Jones(ds)
Stockholm Sweden August. 15, 1957

Here is Sonny Rollins Quartet play “Strode Rode”.
Sonny Rollins(ts) Tommy Flanagan(p) Doug Watkins(b) Max Roach(ds)
NJ June 22, 1956

上記 “Strode Rode”については『サキソフォン・コロッサスに押された「怒りの刻印」/ソニー・ロリンズ』が参考になります。FB友人寺井珠重さん(Jazz Club OverSeas奥方)の「ジャズクラブの片隅から…」を添付します。▶︎ こちら

 

・平野
ケニー・クラーク(Kenny Clarke)の演奏を4曲ご紹介しました。

(1)スイング時代の花形セッションに参加しています。
Here is Mildred Bailey sings ”Tennessee fish fry”.
Mildred Bailey (vcl),Roy Eldridge (tp) Jimmy Carroll, Robert Burns (cl,as), Irving Horowitz (b-cl) ,Mitch Miller (oboe,eng-hrn), Eddie Powell (fl) ,Teddy Wilson (p), John Collins (g) ,Pete Peterson (b) ,Kenny Clarke (ds) ,Eddie Sauter (arr)
NYC, May 15, 1940

Tennessee fish fry

Photo by Wikipedia

(2)パリでシドニー・べシェと録音しています。
Here is Sidney Bechet Quartet play ”Out of nowhere”.
Sidney Bechet (sop sax) Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, October 20, 1949(オーディオパーク復刻盤シリーズ Sidney Bechet 1944~1950から)

Out Of Nowhere

(3)アニー・ロスの珍しい録音です。(是非お聞き下さい)
Here is Annie Ross sings “I’m Beginning To Think You Care For Me”.
Annie Ross(vo),Milt Jackson(vib),Blossom Dearie(p), Percy Heath(p), Kenny Clarke(ds)
NYC, April 1, 1952

_I_m Beginning To Think You Care For Me_

上記録音当時アニー・ロスはケニー・クラークと同棲中に授かった子供の養育に悩んでいたそうです。詳細については拙ブログをご覧下さい。▶︎ こちら

(4)最後にケニー・クラークのリーダー作(Klook’s Clique)から大好きな曲を
Here is Kenny Clarke Quintet play ”Play, Fiddle, Play”.
Donald Byrd (tp) John LaPorta (as) Ronnie Ball (p) Wendell Marshall (b) Kenny Clarke (ds)
NYC, February 6, 1956

Play, Fiddle, Play

 

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』①        

November 21,2018

先日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の案内をご覧下さい。

前回は台風のため中止としたため久しぶりの例会です。
特集:「ドラムの名手達」
ドラムは重要なリズム楽器として現在に至るまで発展を遂げてきていますが、ジャズの歴史の中で誰しも好きなドラマーが一人はいると思います。そのドラマーの演奏をご紹介ください。(必ずしもドラム奏者がリーダーである必要ではありません。)(一人15分以内でお願いします。)

特集には6人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

・T川氏
1. Yoichi Kimura(New Orleans Rascals) (SAM CD003)
「Silver Threads Among The Gold」
2.Cie Frazier(Kid Howard Band)(Icon LP-8))
「Willie The Weeper」
3.Sammy Penn(Kid Thomas Band)(Icon LP-3)
「Just A Closer Walk With Thee」
4. Baby Dodds(solo) (LI M8/ALP241)
「Spooky Drums No,1」
5.ドラマー不明(Country Brass Band) (Folkways LP FA2650)
「Just Over In The Gloryland」

T川さんが木村陽一さんから直接お聞きされたお話を引用します。
「ニューオーリンズで修行した時にベイビー・ドッズよりもシー・フレイザーにドラム奏法をよく教わった」

Yoshimasa Kasai 笠井義正(cl) and Yoichi (Yo )Kimura 木村陽一(ds) 写真はFB友人笠井正氏のYouTube映像からお借りしました。

Here is New Orleans Rascals play ”When You Wore A Tulip”
河合良一(Cl) 川合純一(Bj) 木村陽一(Ds) 石野美惠子(P) 村橋 健(B)
田村浩一(Tp) 秋定 暢(Tb)
OSAKA BIG RIVER JAZZ FESTIVAL 2018.5.5

Photo above of Josiah “Cie” Frazier by courtesy of Tulane University

Here is Kid Howard with Cie Frazier play ”Willie the weeper”.
Kid Howard (tp,vcl) Eddie Summers (tb) Israel Gorman (cl) Emanuel Sayles (bj) Louis James (b) Josiah “Cie” Frazier (d)
New Orleans, August 31, 1961

Photo above of Sammy Penn by courtesy of Flicker

Here is Kid Thomas with Sammy Penn play ”Just a closer walk with thee”.
Kid Thomas (tp) Louis Nelson (tb) Paul Barnes (cl) Emanuel Paul (ts) Joe James (p,vcl) George Guesnon (bj,vcl) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Sammy Penn (d,vcl)
New Orleans, LA, July 3, 1960

Here is Baby Dodds play “NEW ORLEANS DRUMMING”.

Here is Country Brass Bands play ”Just Over in the Gloryland”.

 

スヰングジャーナル 1952年6月号

・Y瀬 氏「ドラマーブームのころ」(下記は当日配付されたレジュメの内容を修正せず記載しました)

特集「ドラムの名手達」に、いわば「懐メロ」で参加させてください。ジャスの存在さえ知らずに少年期を過ごした後、戦後7年の1952年に突如来日したジーン・クルーパ
(1909~73)トリオは衝撃で した。 SP 2枚組4面にわたるハンプトンの「スターダスト」でジャズに目さめたのとほぼ同時期。EPで3曲(LPでは7曲)の演奏にしびれました。これに刺激され、ジョージ川口(1927.6.15~2003.11.1)、ジミー竹内 (1930.6.29~2009.12.29)、白木秀雄(1933.1.1~ 1972.8.22)のドラマー三羽鳥時代が来るのですが、ここでは演奏時間も短めにして日米各1人を披露。
1.「荒城の月」(1952)(ジーン・クルーパ・トリオ)
チャーリー・ヴェンチュラ(ts) テディ・ナポレオン(0)

2.「ホワイト・ジャケット」(1953)(ジョージ川口&ビッグフォー)
松本英彦(ts)小野満(b)中村八大(p)

3.映画「男と女」の例の「シャバダバダ」と、ヒット中の1967年にフランス公演したMJQがご当地サービスで演奏したレア音源(8:00)
*Y瀬氏から「コニー・ケイの躍動したドラミングをお聞き下さい」とのコメントでした。

Here is Gene Krupa Trio play 「荒城の月」and「銀座なストムプ」

Here is ジョージ川口ビッグフォー 映画「青春ジャズ娘」(1953年制作)
ジョージ川口(d),松本英彦(ts),中村八大(p),小野満(b)

Photo by Discos

Y瀬さんがご紹介された音源は提供できませんので、ブログ作成者のお気に入りを添付しました。

Here is Andre Condouant Quartet play “Brother Meeting”.
Andre Condouant (g),Percy Heath (b),Connie Kay (ds),Eddy Louiss (p)

・K氏「ブログ作成時にはAnita O’Dayの映像でお願いしますとのリクエストがございました」
Here is Dave Bailey Sextet play ”Osmosis”.
Kenny Dorham(tp), Curtis Fuller(tb), Frank Haynes(ts), Tommy Flanagan(p),Ben Tucker(b),Dave Bailey(ds)NYC, October 1, 1961

Here is Anita O’DAY and Roy Eldridge with Gene Krupa Orchestra play ”Let Me Off Uptown”.

photo by Wikipedia

・N氏「インパルス盤を是非聞いて下さい」
Here is Chico Hamilton and Charles Lloyd play “Forest Flower: Sunrise/Sunset”.
Chico Hamilton(ds),Charles Lloyd(ts), Gabor Szabo(g), Albert Stinson(b)
New Jersey,December 11, 1963

神戸ジャズサロン8月例会「バリトンサックスの名演」番外編

August 31,2018

今回は当日ご紹介されなかったハリー・カーネイ(Harry Carney)さんの映像含め、例会概要作成時にチェックしたYouTube映像をブログに纏めました。
ブログをご覧になって「俺の好きなバリトン奏者出てないな」と思われる方が多いと推察致しますがご容赦願います。

Photo above of Duke Ellington and Harry Carney by courtesy of
The Jan Persson Jazz Collection

Harry Carney

Here is Duke Ellington Feat. Harry Carney plays ”Sophisticated Lady”.
演奏に参加した大物サックス奏者の表情がとても面白いです。

Here is Harry Carney with Strings play “We’re In Love Again”.

Photo above of Serge Chaloff by JazzWax

寺本氏がご紹介
Here is Serge Chaloff Quartet play “All the Things You Are”.
Serge Chaloff(bs) ,Sonny Clark(p),Philly Joe Jones(ds),Leroy Vinnegar(b) LA March 14 & 16, 1956

Serge Chaloff の映像をご覧下さい。(Four Brothersが揃っています)
Here is Woody Herman Orchestra play “Northwest Passage”.

Photo above of Sahib Shihab by courtesy of Alchtron

Sahib Shihab

Here is Dizzy Gillespie Reunion Band featuring Cecil Payne & Sahib Shihab play ”Ray’s Idea” (1968)

Howard Johnson

26分と長く映像も良くないですがバリサク好きには堪らない共演

Here is Baritone Sax Quartet: Nick Brignola, Ronnie Cuber, Cecil Payne, Howard Johnson, Berlin 1985

Pepper Adams

上記映像を提供したのがPepperAdamsJazz ですので、Pepper Adamsを一曲添付しました。

Photo above of Pepper Adams by YouTube

Here is Pepper Adams Quartet play “Bossallegro”.
Pepper Adams (bars) Tommy Flanagan (p) George Mraz (b) Leroy Williams (d)  New York, March 11, 1980

以下、小生のお気に入りにお付き合い下さい。

Photo above of Adrian Rollini by courtesy of Pinterst

Adrian Rollini(例会でご紹介した音源を添付します)
Here is Joe Venuti’s Blue Four play ”Beatin’ The Dog”.
Joe Venuti(vln), Adrian Rollini(bass Saxバス・サックス), Eddie Lang(g) ,Arthur Schutt(p)
NYC, June 28, 1927

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral,by Courtesy of Jeff Austin

Charlie Ventura

Here is Charlie Ventura Quartet play “Blue Prelude”.
Charlie Ventura (bars), Gene Kutch (p),Ace Tesone (b),Chick Kenny (ds)
Norgran MGN-1075 NYC.December 22, 1952.

Joe Temperley

Here is Joe Temperley plays “The Very Thought of You”. (June 10, 2012)

Lars Gullin

例会でF川氏から「平野君、なんで大好きなLars Gullin持って来なかったの」と言われました。先月の神戸ジャズ愛好会でご紹介しましたので選曲しませんでした。

1962年コペンハーゲンのカフェモンマルトルでのライブ映像
Copenhagens Jazzclub Montmartre in 1962.
Here is Dexter Gordon, Lars Gullin and Sahib Shihab play ”The Flight”.

最後に添付しました映像は小生の大好きな3人がオーケストラと共演しています。(途中の解説は Nils Lindberg)

Here is Lars Gullin with Nils Lindberg and Rolf Billberg on Swedish television.

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」大阪ジャズ同好会(2017年8月例会)

July 29. 2018

大阪ジャズ同好会のメンバーである竹村功氏がFacebookを開始されました。

今回は竹村氏が特集を担当された「主役より脇役がめだつモダンジャズ」をブログに再現しました。

尚、本特集は過去にご紹介しておりますが(1917年8月7日投稿)、小生が選んだ映像等を追加してブログを再作成致しました。

全7曲の演奏と竹村氏による「聞き所」を記載しました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (tp) Zoot Sims (ts) Jutta Hipp (p) Ahmed Abdul-Malik (b) Ed Thigpen (ds)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Photo by YouTube

ブログ作成者のお気に入りを1曲添付させて頂きました。

Here is Jutta Hipp with Zoot Sims Play“Violets for Your Furs”.

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Laurie Pepper(アート・ペッパーの未亡人)が管理するHPからの映像を追加しました。

詳細はこちらをご覧ください。➡️こちら

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Kirk Stuartの映像を追加しました。

Here is Kirk Stuart sings ”But Not For Me”.

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966
「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

エリントン楽団をバックにRay Nanceが歌っている映像を追加しました。
Here is Ray Nance sings ”It don’t mean a thing”.

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

メジャー・ホーリーの映像を追加しました。
Here is Major Holley Play ”Bass Solo”.

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

御大が最高のリズム陣をバックに名曲を演奏した映像を追加します。
Here is Coleman Hawkins Quintet play ”Lover Man”.
Coleman Hawkins(ts) Johnny Guaneri(p) Milt Hinton(b)Barry Galbrath(g)Cozy Cole(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

今年発売された「The Final Tour:The Bootleg Series,Vol.6」から1曲追加しました。

Here is Miles Davis Quintet play ”So What”.

Talmage Farlow(1)

January 7.2018

Recently, I watched “Talmage Farlow” by website.

“Talmage Farlow” was produced by Lorenzo DeStefano as a documentary on jazz guitarist Tal Farlow in 1981.

Photo above of Lorenzo DeStefano(left) by courtesy of the portland Press Herald

下記映像は5分ごとにCMが挿入されます。後半30分以降が楽しめると思います。

This film is featuring Tal’s footages and interviews of Lenny Breau, George Benson, Tommy Flanagan, Red Mitchell, Red Norvo, and Jimmy Lyon.

Last year I learned an interesting fact about this film.

”Initially, we considered Emily Remler here ,but she wasn’t available,and then Tal suggested Lenny Breau.”
(Lorenzo DeStefano ,conversation with Jean-Luc Katchoura,August 2011.from p184)

 

年初で時間がありましたので、 ネットで公開されているTal Farlowのドキュメンタリー映画を観ました。

「Talmage Farlow」は映像作家Lorenzo DeStefanoによって1980年に制作されました。

この作品の中ではGeorge Benson、Red Norvo、Jimmy Lyonがインタビューゲストとして登場しています。

又、Lenny Breauとのクラブでの共演、Tommy Flanagan並びにRed Mitchellとのコンサートの模様が記録されています。

昨年購入した書籍(上記写真)からこの作品について興味深い事実を知りました。

「当初、Tal FarlowはEmily Remlerと共演したかったそうです。しかし、彼女とは共演できずLenny Breauを指名したそうです。」

余談ですが、40年以上前にジャズ喫茶オアシス(大阪千里丘)での例会で、毎週「樽春雄」さんがギター関連のレコード解説をされていました。個人的には樽さん(小林氏)にこの映像を解説して頂きたいと思っています。

MI0000264637

次回はLenny Breauとの共演盤「Chance Meeting」を全曲ご紹介します。

Photo above of Emily Remler by courtesy of Brian McMillen

Here is Emily Remler Quartet play “Softly, as in a morning sunrise”.
Hank Jones (p) Emily Remler (g) Buster Williams (b) Marvin “Smitty” Smith (d)
New York, May, 1988

 

 


Here is Emily Remler Quartet play “In a sentimental mood”.
Hank Jones (p) Emily Remler (g) Bob Maize (b) Jake Hanna (d)
San Francisco, CA, April, 1981

Bobby Jaspar(4)

August 11. 2017

Bobby Jaspar had belonged to the J. J. Johnson Quintet for 15 months.

Two days after recording the “Dial J.J. 5”, they had the performance at “Cafe Bohemia in NY”.

Their performance was released as “Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957”.

Also Bobby Jaspar was a very good Jazz composer as well, giving top creations to the musicians of the time.

“In a Little Provincial Town” of his composition was included in this live performance.

Photo above of Claes Dahlgren by courtesy of Averages Radio

When J.J. Johnson lost his cabaret card – the New York musician’s indispensable passport to employment, J.J. Johnson Quintet had the European tour.

The tour was planed by Claes Dahlgren who was the Swedish jazz journalist.

Interestingly Claes Dahlgren was involved in the recording of ”Overseas”.

Because he was deeply connected with the Metronome label in Sweden at that time.

Please refer to here for “the European tour” and “Overseas”. Go here and here.

After 15 months with Johnson, Jaspar has a brief stint with Miles Davis in between Sonny Rollins and John Coltrane.

Also  Bobby Jaspar had recorded on Savoy label and Prestige labe in March 1957.

Bobby JasparはJ. J. Johnsonのグループに15ヶ月間所属していました。
グループは「Dial J.J.5」を録音した2日後にNYのライブハウスCafe Bohemia で演奏していました。この時の演奏は「Jay Jay Johnson 5 Live at Cafe Bohemia 1957」として発売されています。
又、Bobby Jasparは作曲家としても非凡な才能を持っており、その当時のジャズミュージシャンに優れた楽曲を提供していました。
彼が作曲した「In a Little Provincial Town」はライブ盤に収録されています。
その後、J.J. Johnson が「Cabaret card(NYで演奏するために必要な許可証) 」を剥奪された時、J.J. Johnson クインテットはヨーロッパ巡業を行いました。
この巡業はスウェーデンのジャズジャーナリストであったClaes Dahlgrenが企画したものでした。
興味深いことにClaes Dahlgrenが「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」の レコーディングに関わっていたことです。
その理由として、当時Claes DahlgrenがスウェーデンのMetronome社と深く関わっていたからだと言われています。
「ヨーロッパ巡業」と「Overseas(Tommy Flanaganの名盤)」については、今週投稿の契機となったJazz Club Over SeasのBlog(INTERLUDE)をご覧ください。
こちら ここをクリックして下さい。
Miles DavisはJ. J. Johnsonグループを脱退したBobby JasparをSonny RollinsとJohn Coltraneとの間のテナー奏者と参加させました。
1957年3月以降、Bobby JasparはSavoy社並びにPrestige社にレコーデイングしています。

Here is Bobby Jaspar plays “In A Little Provincial Town”.
Bobby Jaspar(fl),Eddie Costa(p), Barry Galbraith(p), Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds) New York, 1956

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “Thou Swell”.
J.J.Johnson (tb,trombonium),Bobby Jaspar (ts,fl),Tommy Flanagan (p),Wilbur Little (b), Elvin Jones (ds)  Stockholm, June 14,1957

Here is J.J.Johnson Quintet in Sweden play “A Night In Tunisia”.
Members of the recording are the same as above.

Here is The J.J. Johnson Quintet ‎play Live At Cafe’ Bohemia ( Full Album )

J.J. Johnson(tb) ,Tommy Flanagan(p), Wilbur Little(b),Elvin Jones(ds),Bobby Jaspar(ts,fl)  February 27, 1957 – Café Bohemia, New York
1 Introduction By J.J.Johnson – Bernie’s Tune
2 In A Little Provincial Town
3 I Should Care
4 Angel Eyes
5 Old Devil Moon
6 My Old Flame
7 Dailie Double – Solar

 

Bobby Jaspar(1)

August 8. 2017

Last Saturday I went to ”Jazz Club Overseas”.

Please refer to the website about  “Jazz Club Overseas”. Go here

Koichi Nakai(中井幸一) and Atsuhiko Nakatsukasa(中務敦彦) with Hisayuki Terai(寺井尚之) Trio had performance.

They played “Dial J. J. 5” by J. J. Johnson in that night.

The following songs were played.(Thanks to Terai.)

〈1st〉

1.Barbados (Charlie Parker)

2.Paul’s Pal (Sonny Rollins)

3.Coffee Pot (J.J.Johnson)

4.Angel Eyes (Matt Dennis)

5.It’s Only a Paper Moon (Harold Arlen)

〈2nd〉

1.Almost Like Being in Love (Frederick Loewe)

2.Our Love Is Here To Stay (George Gershwin)

3.Bit Of Heaven (J.J.Johnson)

4.Georgia On My Mind (Hoagy Carmichael))

5.Dailie Double (J.J.Johnson)

〈3rd〉

1.Hello, Young Lovers (Harold Arlen)

2.I Should Care (Axel Stordahl)

3.Undecided (Charlie Shavers)

4.Nearness of You (Hoagy Carmichael)

5.Old Devil Moon (Burton Lane)

Encore: Walkin'(Richard Carpenter)

I heard carefully the performance of Nakatsukasa(中務).

Because I think that the existence of Bobby Jaspar is interesting in the recordings of Dial J.J.5.

So I would like to post about Bobby Jaspar this week.

先週の土曜日、先月にも訪問した「Jazz Club Overseas」に行きました。
「Jazz Club Overseas」についてはこちらをクリックして下さい
私の学生時代から知り合いである中井幸一さん(tb)と中務敦彦さん(ts)とお店のオーナー寺井尚之さんのトリオが出演していました。(中井さんについては前回の訪問時のブログをご覧下さい。こちらをクリックして下さい)
当日はJ.J.Johnsonの「Dial J. J. 5」に収録されている名曲を中心に演奏されました。
3ステージ全ての演奏曲目をお店のFacebookから記載させて頂きました。
その夜、私は中務敦彦(ts)さんの演奏を注意深く聞きました。
何故なら以前から「Dial J.J.5」の録音においてはテナーのBobby Jasparの存在が異色で面白い組み合わせだと思っていたからです。
そこで今週はBobby Jasparについて調べてみようと思います。

Here is J.J. Johnson Quintet play “Barbados”.

J.J. Johnson (tb),Bobby Jaspar (ts), Tommy Flanagan (p), Wilbur Little (b), Elvin Jones (ds) January 29 & 31 and May 14, 1957

Here is J.J. Johnson Quintet play “Old Devil Moon”.

Members of the recording are the same as above.

Here is Bobby Jaspar(cl) with Tommy Flanagan play “Clarinescapade”.

Bobby Jaspar(cl),Tommy Flanagan(p),Barry Galbraith(g),Nabil Totah(b), Elvin Jones(ds) New York, 1956