タグ別アーカイブ: Tony Scott

大阪ジャズ同好会第44回例会概要②特集「Billie Holiday on Decca 〜MGM Years 1944~1959」解説 寺本泰規氏

October,13,2020

(当日配付されたレジュメに沿って、ブログ作成者が音源の代替として写真等を添付させて頂きました。)

ビリー・ホリディの代表的録音と言えば、Columbia,Commodoreに代表される前期のものが好まれて聴かれますが、Deccaから始まる中期及び後期の録音は酒や薬による声の衰えなどを理由に余り評価されることが少ないように感じます。今日の特集ではそのDeccaから最晩年のMGMに至るまでの録音をたどることにより、彼女の魅力を再発見していただきたいと考えています。
さて、Deccaへの最初の録音は次の曲から始まります。この作詞者については新たに発見された逸話などが残っていますが、その話は次の機会にして先ずは聴いていただきましょう。

  1. 「Lover Man (oh, where can you be?)」(0ct,04,1944)(Decca,MCA-3029)
    Billie Holiday with Toots Camarata Orchestra(NYC, 50 West 57th Street, Decca Studio’s)

Deccaでは多くがストリングスの伴奏で録音されましたが、そのためにより彼女の唄に焦点が当てられ、唄の素晴らしさを十分に味わうことが出来ます。映画『New Orleans』の撮影の合間に行われた次のコンサートでは、麻薬の影響で音程が不安定となり、彼女本来のパフォーマンスをすることが出来ませんでした。

  1. 「Trav’lin’ Light」(0ct,07,1946)
    prob. Howard McGhee(tp) Trummy Young(tb) prob. Illinois Jacquet(ts) Kenny. Kersey(p) Barney Kessel(g)Charlie Drayton(b) Jackie Mills(ds)(LA,Shrine Auditorium)
映画『New Orleans』(Photo by Billie Holiday Discography)

1947年になるとエスクワイアー誌の表彰記念として、アーサー・ゴッドフリー・タイムに出演します。

3.「The: Man I Love」(Jan,13.1947)(Totum 1037)
Arthur Godfrey Time -,Including ’Esquire Gold Awards 1947’
(New York City, CBS Studio 58) withTeddy Wilson(p)

Billie and Teddy Wilson from Arthur Godfrey radio show Photo by Billie Holiday Discography

Decca時代には名唱が多いのですが、その中でも一二を争うのが次の録音です。声良し、表現力良しで文句の付けようがありません。

  1. 「Crazy He Calls Me」 (W75422-A)(0ct,19,1949)(Decca MCA-3029)
    Gordon Jenkins and his Orchestra
    (New York City, 50 West: 57th Street, Decca Studio’s)
Photo by Billie Holiday Discography

次はStoryvile Clubでの録音を聴いて下さい。珍しくもStan Getzが伴奏しています。

Photo by Wikipedia
  1. 「Lover Come Back To Me」(0ct,29,1951)(Storyville. K18P9350)
    Billie Holiday& Her Trio with Stan Getz (Boston, Storyville Club, Copley Square Hotel)
    Stan Getz(ts) Buster Harding(p) Jimmy Raney(g) John Fieds(b) Marquis Foster(ds)

彼女の長年の飲酒、ドラッグ、タバコによりこの頃から声が荒れてきます。その頃Billieはノーマン・グ ランツのMercuryレコードとの初めてのスタジオ・レコーディングを行います。

  1. 「East of The Sun」(Mar,26,1952)(Verve 314 513 860-2~869-2)
  2. 「I Only Have Eyes For You」(Mar,1952)(Verve 314 513 860-2~869-2) Billie Holiday and her Orchestra(Los Angeles, Radio Recorders studio)

1953年8月に以前から抱えていた虫歯による膿瘍が発生し、一時収まったものの10月には再発し、つらか った時期に録音されたのがStoryville Clubでの次の演奏です。膿瘍の影響は余り感じらず、声も少し安定感を取り戻した感があります。その次は1954年1月には初のヨーロッパ楽旅に出発し、楽旅から帰国した後のクラブ出演のものです。

  1. 「You Go To My Head」(0ct,12,1953)(Storyville K18P9350)
    Billie Holiday & Her Trio(Boston, Storyville Club, Copley Square Hotel)
    Carl Drinkard(p) Jimmy Woode(b) Peter Littman(ds)
  2. 「Blue Moon」(Mar,07,1954)(UPCD 27.81/27.82)
    (Boston, Hi Hat Club)
    Carl Drinkard(p) Jimmy Woode(b)

次のセッションではグランツが自由でリラックスした雰囲気にするために、ミュージシャン達にのびのびとソロ交換させ、その中でビリーがスウィングすることにしました。そのセッションから1曲聴いて下さい。

  1. 「Ain’t Misbehavin’」 (Feb,14,1955)
    Charlie Shavers(tp) Tony Scott(cl) Budd Johnson(ts) Billy Taylor(p) Billy Bauer(g) Leonard Gaskin(b) Cozy Cole(ds)

この頃になると音域、イントネーション、ブレスコントロールなどでの限界が明らかになってきており、ため息、ためらうような歌い出し、甲高い裏声、声色に変化を付けるような歌い方になっていきます。しかし次のセッションは共演者の素晴らしさと共にこの時期にしては優れたものと言えると思います。

  1. 「It Had To Be You」(Aug,23~25,1955)(Verve 314 513 860-2~869-2)
    Billie Holiday and her Orchestra (Los Angeles; Radio Recorder’s studio)
    Benny Carter(as) Harry Edison(tp) Jimmy Rowles(p) Barney Kessel(g) John Simmons(b) Larry Bunker(ds)

次は1937年1月25日 Brunswickに吹き込まれた同曲と比較して聴くのも良いと思います。

  1. 「I Must Have That Man」(June,06,1956)(Verve 314 513 860-2~869-2)
    Billie Holiday with Tony Scott and his Orchestra (New York City; Fine Sound Studios)
    Paul Quinchette(ts) Charlie Shavers(tp) Tony Scott(cl) Wynton Kelly(p) Barney Kessel(g) Aaron Bell(b) Lenny McBrowne(ds)

さて、いよいよ議論の的になった『Lady in Satin』からの一曲です。このアルバムはこれまでの彼女の人生と彼女の唄との関係を深く知れば知る程、感銘を与えるものとなっています。ただこの録音のディレク ターでもあるレイ・エリスは「たった一つのフレーズを歌うだけででも、彼女は音程を維持できなかった。 私は今でも、このアルバムを聴くたびに悲しくてやりきれないんだ」とも語っています。

  1. 「I’m A Fool To Want You」(Feb,20,1958)(Columbia 88697492002)
    Ray Ellis and his Orchestra(Now York City)

いよいよ彼女の最後のスタジオ・レコーディングに臨みます。この時彼女は高い椅子に看護婦が脇を支えてもらいながら唄っていたそうです。またこのレコーディングはシナトラみたいに唄いたいと言い、下記の曲もアルバムに入れられました。

  1. 「I’ll Never Smile Again」(Mar,03,1959)(MGM MM2091)
    Billie Holiday with Ray Ellis & his Orchestra(New York City, Metropolitan Recording Studio)

今回はビリー・ホリディの中後半生をたどってきましたが、如何だったでしょうか。この時期の録音は案外聴かれていなかったのではないでしょうか。これを機会にもう一度彼女の歌を聴き直して頂きたいと思います。

神戸ジャズサロン8月例会(3) 「バリトンサックスの名演(後半)」

August 29,2018

特集「バリトンサックスの名演」後半では、比較的渋いバリトンサックス奏者をご紹介することになりました。5人の会員の方がご紹介された録音とは異なる演奏を添付している事もご了承願います。

Gerrry Mulligan and Harry Carney by courtesy of Pinterest

 

N氏(前回Gerry Mulligan and Stan Getzをご紹介)
Tony Scott
Here is Tony Scott Quartet play “She’s different”.
Tony Scott (bars) Bill Evans (p) Milt Hinton (b) Paul Motian (ds)
New York,November 16, 1957

She’s different

C氏(例会の選曲取りまとめでお世話になっています)
Leo Parker
“Rollin’ With Leo”から
Here is Leo Parker plays ”Rollin’ with Leo”.
Dave Burns (tp) Bill Swindell (ts) Leo Parker (bar) Johnny Acea (p) Stan Conover (b) Purnell Rice (ds) N.J. October 12, 1961

Here is Leo Parker plays “Music hall beat ”.
Members of the recording are the same as above.

F川氏(次回大阪ジャズ同好会で『Dick Hyman(p)七変化』という特集を担当されます)
Lars Gullin
”Jeepers Creepers”(1956年録音)をご紹介されましたが、今回はStan Getzとの共演を添付しました。

Here is Stan Getz and Swedish All Stars play “Flamingo”.
Stan Getz(ts) Lars Gullin(bs) Bengt Hallberg(p) Yngve Akerberg(b) Jack Noren(d)
Stockholm, March 24, 1951

Nick Brignola
”Quick Silver”(1979年録音)をご紹介されましたが、今回はYouTube映像で”My Foolish Heart”を添付しました。

Here is Nick Brignola play “My Foolish Heart”.

Jack Nimitz
Here is Jack Nimitz and Friends play ”Shine”.
Bill Harris (tb) Jack Nimitz (bars) Kenny Burrell, Jimmy Raney, Chuck Wayne (g) Gene Orloff, Harry Lookofsky, Dick Whetmore (vln) Seymour Barab, George Koutzen, George Ricci, Alan Schulman, Lucien Schmidt, Harvey Shapiro (cello) Oscar Pettiford, Russ Saunders (b) Don Lamond, Ted Sommer (d) collective pers.
New York, March, 1957

Shine

Photo above of Cecil Payne by courtesy of Fresh Sound

T氏
Cecil Payne
“Casbah”から
”A walkin’ thing”を選曲されましたが音源が提供出来ません。
同アルバムから途中でフルートに持ち替えする“Casbah”(アルバムタイトル)を添付しました。
Here is Cecil Payne Quartet play “ Casbah”.
Cecil Payne (bar,fl) Richard Wyands (p) Joe Carter (g) Stafford James (b)
New York, February 27, 1985

Photo above of Rony Verbiest by courtesy of De Casino

Rony Verbiest
”Nature Boy”から
”I Hear Rapsody”をご紹介されましたが、小生の好きな”Tenderly”を添付しました。
尚、Rony Verbiestはバリトンサックスの他にアコーディオン、バンドネオンなども得意としています。

Here is Rony Verbiest plays “Tenderly”.

詳細は ➡️ こちら

Photo above of Nick Brignola, Ronnie Cuber and Gary Smulyan by JazzTimes

Nick Brignola and Ronnie Cuber
”Baritone Explosion” by Rein De Graaff(p)から
Here is Nick Brignola and Ronnie Cuber with Rein De Graaff Trio play ”Softly As In A Morning Sunrise〜Caravan〜A Night In Tunisia”.
Nick Brignola, Ronnie Cuber(bs),Rein De Graaff(p),Koos Serierse(b),Eric Ineke(ds)

Tさんが配付されたレジュメを添付させて頂きます。

Ralph Sharon(3)

September 27.2017

Ralph Sharon realized early on that he needed to immigrate to the United States if he really wanted to play jazz.

In 1953, he emigrated to the United States,where he was sharing a room with clarinetist Tony Scott.

In those days they were absorbed in bebop,and frequently went to Minton’s.

Tony Scott introduced Ralph to prominent jazz musicians in New York.

So he worked with famous musicians, recording albums with noted jazz musicians.

Ralph Sharon recorded for the US London label on May 27th, 1955.

Then he had transferd to Bethlehem Records, and recorded Ralph Sharon Trio album in 1956.

He also recorded with jazz vocalist Chris Connor on the Bethlehem label from 1955-1957.

Ralph Sharonは本物のジャズを演奏するのであるならばアメリカに移住する必要があるということを早くから認識していました。

1953年アメリカに移住しクラリネット奏者のTony Scottと同じ部屋で生活していました。

当時二人はビバップの虜になっており頻繁にMinton’s Playhouseに行きました。

Tony Scottはイギリスから来たRalph Sharonをニューヨークで有名なジャズミュージシャンに紹介しました。

そのお陰でRalph Sharonはジャズ仲間との共演も多くなりレコーデイングの機会を持つことになりました。

1955年5月27日、米国Londonレーベルに「Easy Jazz」というアルバムを録音しました。

その後Bethlehemレコードに移籍し「Ralph Sharonトリオ」(1956年)というアルバムを録音しました。

又、Chris ConnorのBethlehem盤(1955-1957年)の伴奏者としてジャズ史に名前を残すことになりました。

 Here is  Ralph Sharon Sextet play “Have You Met Miss Jones?”.
J.R.Monterose (ts), Teddy Charles (vib), Ralph Sharon (p), Joe Puma (g), Charles Mingus (b), Kenny Clarke (ds) 27 May,1955

Here is Chris Connor sings “I Concentrate On You”.
Chris Connor(vo),J.J.Johnson(tb),Kai Winding(tb),Herbie Mann(fl,ts),Ralph Sharon(p),Joe Puma(g),Milt Hinton(b),Osie Johnson(ds)

Japanese Jazzmusician and Brazil(4)

maxresdefault

I will introduce my favorite pianist ’’Kunihiko Sugano’’.

Kunihiko Sugano was born October 13, 1936 in Tokyo.

index

Kunihiko was recognized his talent by Tony Scott.

Around that time Tony was to stay in Japan for five years from 1959.

Tony was playing with Kunihiko Sugano and Isao Suzuki and George Otsuka.

[Photo above, from left, Kunihiro Sugano,Hidehiko Matsumoto,Isao Suzuki,George Otsuka]

[Photo above, from left, Kunihiko Sugano,Hidehiko Matsumoto,Isao Suzuki,George Otsuka]

Then Kunihiko Sugano was a member of legendary Hidehiko Matsumoto’s Quartet.

In those days their band was the pinnacle in Japan.

So he decided to end his performance temporarily.

51Sio8v9fdL._AC_US200_

Kunihiko Sugano recorded ‘Opa Brazil’ in 1978.

He resided in Brazil for three years.

After returning home his rhythm became a cheerful.

Needless to say his timbre of piano is best in the world.

f0097117_16101542

In addition he has developed a new type of piano.

The piano was named future keyboard(未来 鍵盤).

All white keys and black keys are arranged same size on piano.Go here

He has held regular concerts at this piano in ‘Shimoda View Hotel’.

Please refer to his website.Go here

Here is Kunihiko Sugano trio July 18, 1976.