タグ別アーカイブ: Turk Murphy

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

2019年7月30日

特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』②

T川氏(古くからのODJC会員)

「Sunset Cafe Stompers」

当日は「Carry Me Back To Old Virginy」をご紹介されました。お恥ずかしい話ですが「Sunset Cafe Stompers」というグループ名を初めて知った次第です。(汗)

当日ご紹介されたCDについては こちら ▶️ をご覧下さい。

今回は小生が馴染みのある曲を添付致します。

Here is Sunset Cafe Stompers play “Apex Blues”.

グループの詳細については下記HPをご覧下さい。

こちら ▶️

「Lu Watters Yerba Buena Jazz Band」

このバンドのレコードは持っています。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play “Riverside Blues”.

1曲追加させて下さい。

Here is Lu Watters Yerba Buena Jazz Band play ”Sunset Cafe Stomp”.
Lu Watters, Bob Scobey(tp) Turk Murphy(tb) Ellis Horne(cl) Wally Rose(p) Clancy Hayes, Russ Bennett(bj) Squire Girsback(tu) Bill Dart(d)
San Francisco, CA, March 29, 1942

「Monty Sunshine」
モンティ・サンシャインはイギリスのトラッド・ジャズシーンで活躍したクリス・バーバーのバンドでクラリネットを担当していました。

当日は「Love Like A Violin」ご紹介されましたが、1990年の映像を添付致します。

Here is Monty Sunshine Band play “Old Rugged Cross”.

「Sharkry’s Kings Of Dixieland」

このバンド名も当日初めて聞きました。奥が深いです!

Here is Sharkry’s Kings Of Dixieland play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

T川さんが“Auf Weidersehn Sweetheart”は「ラジオ神戸で放送していた電リクのエンディング曲」であるとコメントされました。小生は電リクは聞いたことがありませんが、例会に参加されていた多くの会員は「ああ、あの曲や!」と思われたでしょう。電話リクエスト(ラジオ神戸)については下記のサイトを参照願います。

こちら ▶️

Here is Les Baxter play “Auf Weidersehn Sweetheart”.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

「Lee Wiley」

Here is Lee Wiley sings “Let’s Do It”.
Lee Wiley(vo) Bunny Berigan(tp) Joe Bushkin(p) Sid Weiss(b) George Wettling(ds)
New York,April 10,1940

「Buddy DeFranco」

直前に出演していたオスカー・ピーターソンによる司会もお聴き下さい。

Here is Introduction for Buddy DeFranco by Oscar Peterson.

Here is Buddy DeFranco Quartet play ”Street Of Dreems”.
Buddy DeFranco(cl) Kenny Drew(p) Eugene Wright(b) Art Blakey(ds)
At The Blue Note,Chicago May 1,1953

「Art Pepper」(ラジオ放送「Stars Of Jazz」から)

43年前「Calliope盤」として発売された事もありました。

Here is Art Pepper Quartet play ”Everything Happens To Me”.
Art Pepper(as) Larry Bunker(p) Don Payne(b) Chuck Flores(ds)
LA,March 31,1957

「Stars Of Jazz」については下記英語サイトに詳しく記載されています。

こちら ▶️

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

Lee WileyとBunny Beriganが共演した録音日「1940年4月10日」をディスコグラフィーで確認してびっくり!

この日、Bunny BeriganはTommy Dorsey楽団のトランペット席でスター歌手Frank Sinatraの伴奏も行っていました。
又、The Pied Pipersも控えておりJo Staffordも一緒にいた訳ですね。

Here is Tommy Dorsey And His Orchestra with Frank Sinatra play ”I Haven´t the Time to Be a Millionaire”.

Tommy Dorsey And His Orchestra: (vcl) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers
Bunny Berigan, John Dillard, Ray Linn, Jimmy Blake (tp) Les Jenkins, George Arus, Lowell Martin (tb) Johnny Mince (cl,as) Fred Stulce (as,arr) Hymie Schertzer (as) Paul Mason, Don Lodice (ts) Joe Bushkin (p) Clark Yocum (g) Sid Weiss (b) Buddy Rich (d) Frank Sinatra, Connie Haines, Pied Pipers (vcl) Sy Oliver, Axel Stordahl, Dean Kincaide (arr) Tommy Dorsey (tb,ldr)
New York, April 10, 1940

Bob Wilber(3)

September 15.2017

Photo above of Bob Wilber, Johnny Glazel, Dick Wellstood, Charlie Traeger, and Ed Physe, Jimmy Ryan’s by courtesy of Library of Congress

Today I will post about the Wildcats.

In 1946 Bob Wilber formed The Wildcats.

The Wildcats included Dick Wellstood(p),Johnny Glasel(cornet),Charlie Traeger(b), Danny Strong(ds).

Photo above of Yerba Buena Jazz Band in the 1940s. L-R: Turk Murphy, Lu Watters, Bill Dart, Bob Scobey, Bob Helm, Wally Rose and Dick Lammi. Photo courtesy of the SF Trad Jazz Foundation.

In those days Lu Watters and Turk Murphy had been playing the music of the Hot Five and the Red Hot Peppers and the Creole Jazz Band.

It was the so-called New Orleans Revival.

Photo above of Muggsy Spanier,Nick’s(Tavern),New York by courtesy of Library of Congress

In New York Eddie condon had promoted Town Hall Jazz Concerts and Nick’s Tavern and Jimmy Ryan’s were flourising.

Also Milt Gabler held Sunday jam sessions at Jimmy Ryan’s.

The Wildcats participated in the Sunday jam sessions.

Also the Wildcats joined a “battle of jazz” sponsored by the Jazz Festival Society of Philadelphia, and appeared at Columbia University.

The group performed regularly at Jimmy Ryan’s club over the next two years.

On February 22,1947,The Wildcats recorded four tunes at Commodore Records.

Then Sidney Bechet invited The Wildcats to join him on his first recording date for Columbia.

On December 31,1947,Jerry Blumberg(cornet) and Bob Mielke(tb) joined The Wildcats for Rampart Records.

The two trumpet front line imaged the c- Louis  Armstrong duets.

Rampart Records was founded by Harry Crawford who was an employee of Commodore record Shop.

今日は1946年にBob Wilberが結成したThe Wildcatsについて投稿致します。

The WildcatsのメンバーはDick Wellstood(p),Johnny Glasel(cornet),Charlie Traeger(b), Danny Strong(ds)で構成されました。

当時はニューオーリンズリバイバルとしてLu WattersとTurk Murphy達がHot FiveやRed Hot Peppersが演奏していたCreole Jazz Bandの伝統を継承した音楽を再演していました。

一方ニューヨークではEddie condonが Town Hall Jazz Concerts シリーズを定期開催しNick’s Tavernや Jimmy Ryan’s といったジャズクラブが活況を呈していました。
又、Milt GablerはJimmy Ryan’s で日曜日に限って jam sessionsを開催していました。

The Wildcatsも日曜日の jam sessionsに積極的に参加したり PhiladelphiaのJazz Festival Societyが後援した「ジャズ合戦」や Columbia University大学のステージに出演していました。

The WildcatsはJimmy Ryan’sに約2年間定期的に出演していました。

1947年2月22日、Milt Gablerに認められたThe WildcatsはCommodore Recordsでデビューし4曲を録音しました。

その後Sidney BechetはColumbia社との最初の録音日にThe Wildcatsを招待しました。

1947年12月31日、The WildcatsはJerry BlumbergとBob Mielkeを追加しRampart Recordsへの録音に臨みました。

2本のラッパ編成は往年のKing OliverとLouis Armstrongによる名演を彷彿させます。

尚、Rampart RecordsはCommodoreレコードショップの従業員であったHarry Crawfordによって設立されました。

Photo above of Commodore record Shop by Wikipedia

Here is Sidney Bichet and The Wildcats play “Kansas City Man Blues”.
Sidney Bichet(ss),Johnny Glasel(cornet),Bob Mielke(tb),Bob Wilber(cl), Dick Wellstood(p), Charlie Traeger(b),Danny Strong(ds), July 14, 1947, NYC

Good Time Jazz Record (2)

May 16.2017

Photo by Discogs

At Dartmouth College, Lester Koening was intent on movies and jazz.

He wrote record and film reviews.

One of his college mates at Dartmouth was Budd Schulberg, whose father, B.P. Schulberg, was then the head of Paramount Pictures.

Fortunately he received a telegram from Schulberg in 1939 and had a job as a writer at Paramount.

While he was working at Paramount, he would often drive up the coast at weekend.

Bacause he wanted to hear Lu Watters, Turk Murphy, and others at the Dawn Club.

Photo above of The Dawn Club(1940s) by courtesy the SF Trad Jazz Foundation.

During the war, he joined the Army Air Corps film unit and met a film director William Wyler.

So Lester was entrusted to write the narration for ‘Roman Holiday’.

Photo by Another Screen Credit On ‘Roman Holiday’? by courtesy DEADLINE/HOLLYWOOD

Photo by Another Screen Credit On ‘Roman Holiday’? by courtesy DEADLINE/HOLLYWOOD

After the war he began preparing for his own new jazz label,Good Time Jazz.

He founded new record label in 1949 and acquired most masters of Jazz Man Records in January 15, 1952.

Photo above of Nesuhi Ertegun, Kid Ory, Marili Morden at the Jazz Man Record Shop by courtesy Jim Leigh

Lester Koeningは学生時代(ダートマス大学)に映画とジャズ関連で熱心なレビューを書きました。
大学の友人であったBudd Schulbergが彼に幸運を招くことになりました。
Buddの父は後にParamount 映画社長になったB.P. Schulbergでした。
1939年に友人BuddからParamount 映画の作家として採用するという電報を受けました。
彼はParamountで働きながら週末には「Dawn Club」というジャズクラブに足繁く通いました。
「Dawn Club」ではLu Watters やTurk Murphy達が演奏を行なっていました。
戦争中には空軍の映画部門に従事し、William Wyler(映画監督)に出会いました。
Wyler監督はLester に「ローマの休日」等のナレーション(映画説明)台本を任せました。
戦後、自分の新しいジャズレーベルGood Time Jazz設立の準備を始めました。
1952年1月15日にLester は「Jazz Man Records」を買収しました。

Here is Lu Watters’ Yerba Buena Jazz Band play “Sunset Cafe Stomp”.
Bob Scobey, Lu Watters (cor) Turk Murphy (tb) Ellis Horne (cl) Wally Rose (p) Russ Bennett, Clancy Hayes (banjo) Squire Girsback (tuba) Bill Dart (ds)
San Francisco, CA, March 29, 1942