タグ別アーカイブ: Vic Dickenson

大阪ジャズ同好会第42回(2020年6月14日)例会③持ち寄り『ジャズ・トロンボーンの名手達』

June 22,2020

解説される方の席には飛沫対策として、楽譜立にビニールを掛けていただきました。

例会案内の一部を引用します。

「トロンボーンは最も人間の声に近い音程の楽器といわれ、古くから多くの名手がいます。その中からお好きなトロンボニストをご紹介ください」

・竹村氏
1.Urbie Green
映画「真夏の夜のジャズ」から、アービー・グリーンのグループ。ダイナ・ワシン トンの歌も素晴らしいのですが、グリーンの朗々としたトロンボーンも最高です。
Here is Newport Jazz All Stars play “All Of Me” (Live At Newport Jazz Festival, 1958)
Urbie Green(tb) Don Elliot, Terry Gibbs (vb) Wynton Kelly(p) Paul West(b) Max Roach(ds) Dinah Washington(vo)(July 6,1958)

2.Al Grey and Count Basie Orchestra
ラスヴェガスのサンズ・ホテルからの実況録音。アル・グレイは長きに渡って、ベイシー楽団で活躍しました。
Here is Count Basie Orchestra with Al Grey play “Makin’ Whoopee”.
(Jan,1966)

3. Vic Dickenson and George Wein’s Dixie-Victors
ヴィック・ディッケンソンは、私の最も好きなジャズメンです。ジョージ・ウエイ ンのディキシー・ヴィクターズによる中間派の楽しい演奏です。
Here is George Wein’s Dixie-Victors play “Sugar”.
Ruby Braff(tp) Vic Dickenson(tb) Peanuts Hucko(cl) Ernie Caceres(bs) George wein(p) Danny Barker(bj) Milt Hinton(b) Buzzy Drootin(ds)
New York, May 28, 1956

・Y瀬氏(当日配付のレジュメを一部編集しました。)
Tyree Glenn
タイリー・グレン (Nov 23,1912~ May 18,1974)
1.「Love For Sale」
タイリー・グレンというトロンボーン奏者を知ったのは、今は無き東芝EMIがブルーノートクラブ会員限定で出したルーレット盤の復刻紙ジャケCD「Let’s Have A Ball」でした。トミー・フラナガンらと組んだこの盤から本業トロンボーンでの演奏。
Here is Tyree Glenn play “Love For Sale”.

2. 「Yes Sir. That’s My Baby」
歌手として渋いノドを聴かせます。
Here is Tyree Glenn sings “Yes Sir. That’s My Baby”

3.「There will Never Be Another You」
ハンク・ジョーンズらと組んだLoneHill盤からは、ヴァイブの腕も披露します。
Here is Tyree Glenn play “There will Never Be Another You”.

4. 「All of Me」
過去1曲集中『暴挙ご容赦! オール・オブ・ミーで60分』で特集をさせてもらったこともあります。
Here is Tyree Glenn play “All of Me”.

過去の特集は下記に添付しました。

こちら ▶️

・K氏
Bob Brookmeyer
1.Here is Bob-Brookmeyer Quartet play “On The Sunny Side Of The Street”.『The Blues:HotsAnd cold』より
Bob-Brookmeyer(tb) Jimmy Rowles(p) Buddy Clark(b) Mel Lewis(ds)

2. Here is Jimmy Giuffre Trio play ”The ‘Swamp People”.『Trav’lin’ Light』より
Jimmy Giuffre(bs) Bob Brookmeyer(tb) Jim Hall(g)

ボブ・ブルックマイヤーの紹介として、当日は故粟村政昭氏による『ジャズ・レコード・ブック』151ページを読まれました。当該ページを添付します。

『ジャズ・レコード・ブック』151ページ

・寺本泰規氏(同好会世話人)
Tommy Dorsey
トミー・ドーシーは(1904年11月19日~1956年11月26日)は「Sentimental Gentleman」と呼ばれ、史上最も美しい音色のトロンボーンを吹くといわれていました。自身の楽団の時にはソロはバンドメンに任せ、ひたすらテーマをストレートに演奏するというスタイルで一時代を築き上げました。メンバーにはBud Freeman(ts), Bunny Berigan(tp),Ziggy Elman(tp), Buddy DeFranco(cl),Dave Tough(ds), Buddy Rich(ds)などが在団しました。

1.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “I’m Getting Sentimental Over You”.
(1935 ,10/18)

2.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “Star Dust”.
(vo: Edythe Wright)(1936, 4/3)

3.Here is Tommy Dorsey Orchestra play “East of The Sun”.
(vo: Frank Sinatra)(1940, 4/23)

4. Here is Tommy Dorsey Orchestra play “Whispering”.
(vo: Frank Sinatra)(1940, 6/13)

・平野隆史
1.キッド・オリー(Kid Ory)


Here is New Orleans Wanderer play “Perdido Street Blues”.
George Mitchell(crt) Kid Ory(tb) Johnny Dodds(cl) Lil Armstrong(p) :
Johnny St.Cyr(bj)(Chicago, July 13,1926)

2.ミフ・モール(Miff Mole)


Here is Red Nichols And His Five Pennies play “Riverboat Shuffle”.
Red Nichols(crt),Leo McConville,Mannio Klein(tp) Miff Mole(tb)
Fud Livingston(cl, ts) Adrian Rollini(bassax, goofus) Arthur Schutt(p)
Dick McDonough (banj) Vic Berton(ds) (New York, August 15, 1927)

3.オキ・ペルソン(Ake Persson)


Here is Lars Gullin Quintet play “Besame Mucho”.
Ake Persson(tb), Lars Gullin(bars), Claes-Goran Fagerstedt(p), Bengt Carlsson(b), Bert Dahlander(ds),
(Stockholm, January 14 & 15,1957)

ズート・シムズさんと一緒に「ブラインドフォールドテスト」

May 23,2020

ズート・シムズ(Zoot Sims)がダウンビート誌の名物コーナー「TheBlindfold Test」に登場しました。(1956年9月5日号)

レナード・フェザーが出題した10曲について、ズートのコメント(英語)を翻訳ソフト向けに1曲ずつテキストに変換し添付しました。

1. Chico Hamilton. Buddy-Boo (PacificJazz)

Buddy Collette, composer, arranger, tenor, That record moved me it was very nice. I’ll give that four stars. It’s Chico Hamilton’s group. I like all the solos and the instrumentation. The tenor sax player is pretty good in his own style.

2. Duane Tatro. Backlash (Contemporary)

Well, I’ll give it three stars for the way it was played, but that kind of arrangement doesn’t move me too much. I guess it tells a story, but I didn’t get any message from it. It sounds something like Jack Montrose–sometimes he writes like that.
I think some of this atonal music has value, but this particular side was unemotional to me, although it was played well.

3. Sonny Stitt. Sonny’s Bunny (Roost)

Quincy Jones, arranger; Jimmy Nottingham, trumpet; Hank Jones, piano; Stitt, alto. The tone quality on that record seemed strange. I like the solos, but the arrangement was nothing spectacular. It sounded like Dizzy with Phil Woods on alto. The piano was excellent. I’ll rate that 3.12.

4. Stan Kenton. Lover (Capitol)

Vido Musso, tenor; Milt Bernhart, trombone. Mass hysteria! This would be good for a show opener, but I wouldn’t buy the record. It was played well, though. I heard one something like this, but I don’t know if it’s the same one. Was it Stan Kenton? At first it sounded like Vido Musso-the tone is like Vido’s, but he plays differently. Give that three stars.

5. Eddie Sho. Day by Day (Bethlehem)

Shu, tenor and alto; Bobby Scott,piano. I have no idea who that was. Anyway, I didn’t like it too much. They didn’t seem to mean it-you know, the way they played at the beginning and the end. The piano was all right and the rhythm okay, but I didn’t like the way the tenor and the alto saxophonist phrased the way they ended their notes with that little dip. It sounded too floozy. Two stars.

 

6. Dave Brubeck. A Fine Romance(Columbia)

Paul Desmond, alto. That’s a nice, listenable record-it grooves pretty nicely. Paul Desmond plays well on that, but I thought he could have come in a little bit stronger at the end. That’s a good Brubeck record-give it three stars.

7. Brew Moore. I Want a Little Girl(Fantasy)

Moore, tenor; Johnny Marabuto, piano. It sounds a little like Brew MooreI’m not sure, though. It’s pretty good, and I like the tune. The tenor is a little out of tune with the piano. This was played in quite good taste, I thought, but the tenor player could have moved a little bit more and played around the melody. Two-and-a-half stars.

8. Sam Price. Jonah Whales the Blues(Jazztone)

Jonah Jones, trumpet; Pete Brown, alto; Vic Dickenson,trombone; Price, piano. Well, I like the opening trumpet on this. I don’t know if it’s two different trumpet players or not, but with the plunger it sounded good. It’s not the greatest rhythm and blues record I’ve ever heard in my life. The trombone solo was good, but there was a bad backing on it – it was hard to distinguish it from the rigamarole behind it.
The piano made it all right-I don’t know who it was. There was a good, happy feeling on the record most of the way. Two-and-a-half stars … Oh, it was Pete Brown on alto. I used to listen to him a lot when I was younger, and it’s good to hear him again.

9. Jazz Giants ’56. Gigantic Blues(Norgran)

Lester Young, tenor; Teddy Wilson, piano; Vic Dickenson, trombone; Roy Eldridge, trumpet; Jo Jones, drums. That was a strange ending. I’ve heard much better Roy Eldridge than on this record. I like him when he plays simpler and doesn’t try to do so much. Pres sounded great at the beginning, but he seemed to get hung on some certain sound in the last chorus.
The piano killed me-sounded like Teddy Wilson. It was Jo Jones on drums-he always comes through. I’m not sure who it was on trombone-it didn’t sound like Vic Dickenson to me, but it could have been. He played very well. It was a swinging record-give it three stars.

10. Woody Herman. Mulligan  Tawny(Columbia)

Jerry Coker, Bill Perkins, Dick Hafer, terors; Dick Collins, trumpet; Bill Holman, arranger.Nice arrangement-I thought it was Shorty Rogers at first. The tenor solo was good, and I think it was Dick Collins on trumpet. He was very good -nice, tasty tone. It was a good, swinging tune by the old Woodchopper. I’ll give it 2.72 stars.

 

大阪ジャズ同好会第41回例会持ち寄り(2020年2月9日)『ジャム・セッションの名演』①

February 12,2020

『ジャム・セッションの名演』前半4人のお気に入りをご紹介します。

・竹村氏(短いコメントも転載しております)

1.Midnight At Minton’s

Here is Don Byas and Joe Guy and Thelonious Monk play “I Can’t Give You Anything But Love”.
Midnight At Minton’s:
Joe Guy (tp) ,Don Byas (ts) ,Thelonious Monk (p) unknown (b) Kenny Clarke (ds)
Live “Minton’s”, New York, 1941
ビバップ誕生の聖地、ミントンズ・クラブでの貴重な実況録音

2.Charlie Christian in Minneapolis

Here is Charlie Christian plays “ I got rhythm”.
Jerry Jerome (ts),Frankie Hines (p), Charlie Christian (g), Oscar Pettiford (b),
Live “Harlem Breakfast Club”, Minneapolis, MN, September 24, 1939
ミネアポリスのハーレム・ブレックファースト・クラブでの、アフターアワーズ・ジャムセッション。

3.Jazz from a Swinging Era

Here is Buck Clayton and his All Stars play “Into The Blues Bag”.
Buck Clayton, Roy Eldridge (tp), Vic Dickenson (tb), Earl Warren (as) ,Bud Freeman (ts), Sir Charles Thompson (p), Bill Pemberton (b), Oliver Jackson (ds)
Paris, March 12, 1967
バック・クレイトン・ジャムセッションの最後のオールスターズでのパリ公演。

・K氏

Buck Clayton Jam Session

Here is Buck Clayton All Stars play “All The Cats Join In”.
Buck Clayton, Ruby Braff, Billy Butterfield(tp), J.C.Higginbotham(tb),
Tyree Glenn(tb, vib), Coleman Hawkins, Julian Dash(ts), Kenny Kersay(p) ,Steve Jordan(g) ,Walter Page(b), Bobby Donaldson(ds) NYC March 5,1956
ソロの順番
Hawkins(ts)-Glenn(vib)-Braff(tp)-Higginbotham(tb)-Glenn(vib)-Braff(tp)- Higginbotham (tb)-Butterfield(tp) -Glenn(tb) -Clayton(tp)-Dash(ts)-Kersy(p)

当日、本録音は約2分短いバージョンもあると解説されました。以下添付します

・H氏

The Historic Mocambo Session ’54

Here is Shotaro Moriyasu plays ”I Want To Be Happy”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

植田紗加栄(著)
「そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯」をご紹介されました。

ブログ作成者もモカンボセッションをリストアップしておりました。1曲追加させて下さい。
Here is Shotaro Moriyasu plays ”Strike Up The Band”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

・Y瀬氏

Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars
2月の放出例会の持ち寄り、ジャムセッションとは無縁と思いこみ、「聴きに徹しようか」と思っていたのですが、実はジャズの目覚めは18歳を迎える昭和28年(1953年)の正月、一族の子らが集う席へ遠縁の大学生が持ち込んだSP2枚の表と裏の計4面にわたる「スターダスト」でした。すっかり魅了され、繰り返し聴いて長年の愛聴曲となったのですが、ハンプトンのイントロで始まり、ウイリー・スミス(as)、チャーリー・シェイバース(tp)、バーニー・ケッセル(g)ら初めて名を知る名手が音を紡ぎ、やがて圧倒的なハンプトンのソロに。これこそ、まさにジャムセッションだったのですね。

Here is Lionel Hamton All Stars play “Star Dust”.
Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars:
Charlie Shavers (tp) Willie Smith (as) Corky Corcoran (ts) Lionel Hampton (vib) Tommy Todd (p) Barney Kessel (g) Slam Stewart (b) Lee Young (d)
CA Civic Auditorium,Pasadena, August 4, 1947

Y瀬氏はSPレコード2枚(表裏4面)を神戸ジャズサロン(2018年2月例会)にご持参されていました。当日撮影した写真を添付します。

大阪ジャズ同好会第41回(2020年2月9日) ②特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

February 11,2020

特集「中間派テナー、バディー・テイト、ドン・バイアス、ラッキー・トンプソンの名演』

担当 竹村 功氏

以下、当日配付されたレジュメに記載されたコメントを編集せず転載いたします。尚、録音データ並びに写真についてはブログ作成者が追加した項目もございます。

(1)ドン・バイアス(1912~1972)
オクラホマ州出身、1937年にニューヨークに進出し、各バンドを経て1940年にカウント・ベイシー楽団に入ります。その後、ミントンズ・プレイハウスでビバップの洗礼を受けます。1946年に、ドン・レッドマン楽団で渡欧した後、そのままパリに拠点を移します。ジャズメッセンジャ ーズの一員として来日経験があります。

1.「I Got Rhythm」
Don Byas (ts) , Slam Stewart (b)
Concert “Town Hall”, New York, June 9, 1945

タウンホールでの、ベースだけをバックにした歴史的な演奏です。

2.「I can’t Get Started」

Don Byas (ts), Fats Sadi (vib), Maurice Vander (p), Pierre Michelot (b), Benny Bennett (ds)
Paris, France, May 10, 1955

欧州では、たくさんの名演奏を残しています。

3. 「I Remember Clifford」
Don Byas (ts),Bud Powell(p) ,Pierre Michelot(b), Kenny Clarke(ds)
Paris, France, December 15, 1961

キャノンボール・アダレーが、プロデュースした名作。貴重なパウエルとの共演です。

4. 「All The Things You Are」
Don Byas (ts) Bent Axen (p) Niels-Henning Orsted Pedersen (b) William Schiopffe (d)
Live (!), Copenhagen, Denmark, January 13 & 14, 1963

ブラック・ライオンレーベルのワンホーンです。

Photo by Wikipedia

(2)ラッキー・トンプソン (1924~2005)
サウスカロライナ州出身、1943年にニューヨークに進出。カウントベイシー楽団に参加します。1946年のパーカーのダイアルセッションや、マイルスの「ウオーキン」、ミルト・ジャク ソンとのサヴォイ・セッションは有名。1956年に、パリに移住し、その後は、米国と行っ 来たりします。70年代にフュージョン系の作品を吹込みますが、やがて大学で指導するも音楽界から離れ、ホームレス生活やアルツハイマー病を患ったりします。全盛期は1950年代で、レスター ・ヤングとホーキンスのいい所を合わせたテナーだと思います。

1. 「I Can’t Give You Anything But Love」

Lucky Thompson (ts), Michel Hausser (vib), Martial Solal (p), Jean-Pierre Sasson (g), Pierre Michelot (b), Gerard Pochonet (ds)
Paris, France, March 24, 1956

2. 「Gone With The Wind」

Lucky Thompson (ts), Henri Renaud (p), Benoit Quersin (b), Roger Paraboschi (ds)
Paris, March 7, 1956

3. 「Where Or When」

Lucky Thompson (ts), Billy Taylor (p),Sidney Gross (g) ,Oscar Pettiford (b), Osie Johnson (ds)  New York, October, 1954

典型的な中間派の演奏です。

4. 「Blues’n’ Boogie」

Lucky Thompson (ts) ,Tete Montoliu (p), Eric Peter (b), Peer Wyboris (ds)
Barcelona, Spain, May 1 & 2, 1970

晩年の秀作だと思います。

Buddy Tate and Lester Young by Burt Goldblatt Collection

(3) バディー・テイト(1913~2001)
テキサス州出身、ハーシャル・エヴァンスが急逝した後、カウント・ペイシー楽団に1948年まで10年間在籍します。その後は、ハーレムのナイトクラブ「セレブリティ・クラブ」のホストバンドの仕事を1970年代初めまでつとめます。1960年代は少しかったるい吹込みもありましたが、1970年代から晩年まで、好調を持続して豪快なテナーを聴かせてくれました。

1.「One O’clock Jump」
Pat Jenkins (tp) Eli Robinson (tb) Ben Richardson (cl,as,bar) Buddy Tate (ts) Skip Hall (p) ,Carl “Flat Top” Wilson (b) Bobby Donaldson (d) Inez Washington (vcl)
New York, November 28, 1954

セレブリティ・クラブ・オーケストラで、お馴染みの曲です。

2.「I Surrender Dear」を選曲されましたが、音源の関係で「Body and soul」に差し替えさせて頂きます。

Buddy Tate (ts),Tete Montoliu (p), Bo Stief (b), Svend-Erik Norregaard (ds)
Live “La Fontaine”, Copenhagen, Denmark, September 24, 1975

デンマークのクラブでのワンホーン、後期の代表作。

3.「Jive At Five」

Doc Cheatham (tp), Vic Dickenson (tb), Buddy Tate (ts), Johnny Guarnieri (p),George Duvivier (b), Oliver Jackson (ds)  Antibes Jazz Festival, Antibes, France, July 23, 1975

中間派のオールスターズの演奏です。

4. 「Topsy」

Al Grey (tb), Buddy Tate (ts), Richard Wyands (p), Major Holley (b) Al Harewood (ds) N.J., April 28, 1984

僚友アル・グレイとの楽しい演奏です。

三人の共通項は、カウント・ベイシー楽団に所属していたこと。ヨーロッパで活躍したこと。スイ ング時代からモダンジャズにかけてのいわゆる「中間派」(ドン・バイアスは自分は違うぞと言うで しょうが)を代表する黒人のテナー奏者であること。今回、一括りで紹介するのは、時間的に無理がありましたが、楽しんでもらえれば幸いです。

僭越ながら、ブログ作成者から映像等を追加させて頂きます。

「Don Byas in Paris, 1946-54」(JazzWax記事から)

こちら ▶️

「Texas Tenors Part Two – Buddy Tate」(KTRU JAZZから)

こちら ▶️

Lucky ThompsonがBobby Jasparと共演した映像

 

大阪ジャズ同好会第40回例会(2019年12月8日)「Best of Live & Broadcast Performances of Billie Holiday」

 

December 12,2019

Best of Live & Broadcast Performances of Billie Holiday

以下、解説された寺本泰規氏作成のレジュメを編集せず転載致しました。尚、文中の写真は寺本氏の解説に沿ってブログ作成者が添付致しました。

1.1930年代
ビリー・ホリデイ(Billie Holiday)ことエレオノーラ・フェイガン(Eleanora Fagan,1915年4月7日〜1959年7月17日)は1933年11月27日にコロンビアへ初録音を果たしますが、残されている放送録音で最も初期のものは1937年6月30日にCount Basie楽団の専属歌手として行われたものです。まず最初に聴いていただく歌唱は同じ年の11月に行われた放送録音です。オブリガードをつけるLester Youngが聞き物です

1.「I Can’t Get Started」(2:56)(Wednesday,November 3,1937)(Camel Caravan Radio Show)
(Cedar Grove(New Jersey),Meadowbrook Lounge,CBS Broadcast by WOR)
Count Basie and his Orchestra
Buck Clayton,Ed Lewis,Bobby Moore(tp) Eddie Durham,Benny Morton,Dan Minor(tb),Earle Warren(a) Jack Washington,(as,bs) Herschel Evans,Lester Young(ts),Count Basie(p), Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(ds) Billie Holiday(vo)

 

Photo by Billie Holiday Discography(CBS放送時に撮影)

次は2回目の放送録音であるBenny Goodmanとの共演です。この時の録音はもう一曲あり、後になって公開されました。同じ頃コモドアにも「Strange Fruit」で有名な録音を始めます。

2.「I Cried For You」(2:31)(Tuesday,January 17,1939)
(New York City,Camel Caravan Radio Show(Broadcast))
Benny Goodman and his Orchestra
Chris Griffin,Ziggy Elman,Irving Goodman,Cy Baker(tp) Red Ballard,Vernon Brown(tb),Hymie Schertzer,Noni Bernardi(as) Jerry Jerome,Art Rollini(ts) Benny Goodman(cl),Jess Stacy(p) Ben Heller(g) Harry Goodman(b) Buddy Schutz(ds) Billie Holiday(vo)

 

1938年暮れにオープンした「Café Society」に出演(1939年1月1日撮影)Photo by Billie Holiday Discography

コロンビア時代(1933〜1942年)は元気溌剌とした歌声とその楽器的唱法が最大限生かされた時代でした。名だたる共演者とも臆せず唄うその姿は、正にジャズヴォーカルそのものと言えるでしょう。

2.1940年代
40年代はコモドアに4セッションしたのとJATPコンサート以外は、ほとんどDeccaレーベル(1944〜50年)への録音となります。この時代はより情感を込めた歌い方となり、円熟した歌唱が多く全盛時代と行っても良い時代だと思います。しかし中にはDeccaでのストリング伴奏の評価が良くないとする人もいますが、ストリングスのアレンジの出来を除くと、彼女の唄そのものは30年代よりも素晴らしいものとなっているのは間違いないと思います。
さて1944年に入り彼女はコモドアへ残りの録音を行い、その後豪華メンバーをバックに次の放送録音を残しました。残念ながら共演者のソロはありません。

3.「Fine and Mellow」(3:50)(Sunday,June 25,1944)
(New York City,WMCA Broadcast New World a-coming # 17)
WMCA New World A’Coming – The Story Of Negro Music(narrated by Canada Lee)
Ben Webster(ts) Vic Dickenson,Benny Morten(tb) Edmond Hall(cl) Charlie Shavers,Roy Eldrige(tp) Art Tatum(p) Al Casey(g) Slam Stewart(b) Arthur Trappier(ds)

 

次のライブセッションは従来1946年4月22日エンパシー・シアターでの録音とされていましたが、後年下記の日時・場所に訂正されたものです。個人的にはコモドア盤よりも心に訴えかける歌唱だと思っています。

4.「Strange Fruit」(3:12)(Monday,February 12,1945)(accompanied by piano only)
(Los Angeles,Shrine Auditorium)
Jazz At The Philharmonic
Billie Holiday(vo) Wardell Gray,Illinois Jacquet(ts) Willie Smith(as)
Howard McGhee(tp) prob.Milt Raskin(p) prob.Dave Barbour(g) Charlie Mingus(b)
Davie Coleman(ds)

 

12月にはアポロ劇場から中継されたHot Lips Page and Orchestraのゲストとして出演します。その時の録音です。

5.「All of Me」(2:02)(Saturday,December 15,1945)
(Harlem(New York City),Apollo Theatre,253 West 125th Stree at 7th/8th Aves.)
(WMCA Broadcast )
Hot Lips Page and Orchestra
Hot Lips Page(tp) Joe Springer(p) unknown(b) unknown(ds)

 

次はカーネギー・ホールで最初に録音されたセッションです。

6.「He’s Funny That Way」(2:27)(Monday,May 27,1946)
(New York City,Carnegie Hall) Jazz At The Philharmonic
Billie Holiday(vo) Buck Clayton(tp) unknown(tb) Coleman Hawkins,Illinois Jacquet,Lester Young(ts) Ken Kersey(p) John Collins or Tiny Grimes(g)prob.Curly Russell(b) J.C.Heard(ds)

 

上記録音の5日後にDown Beat Clubの楽屋でWilliam Gottliebが撮影(1946年6月1日)Photo by Billie Holiday Discography

 

2回目のカーネギー・ホールです。ピアノのみの伴奏で情感を込めて唄っているのが良くわかります。

7.「There Is No Greater Love」(2:34)(Saturday,May 24,1947)
(New York City,Carnegie Hall)
Jazz At The Philharmonic
Billie Holiday(vo) Bobby Tucker(p)

 

ライオネル・ハンプトン楽団との初めてで最後の共演の記録ですが、楽器の音はベースを除きほとんど聞こえません。最後にアンサンブルがわずかに出てきます。この時の録音はFats Navarro(tp)のソロがある曲も録音されています。

8.「I Cover The Waterfront」(3:19)(Wednesday,July 7,1948)
(New York City,Geneva,Radio Broadcast)
Billie Holiday(vo) with Lionel Hampton and his Orchestra
including Wes Montgomery(g) Charlie Mingus(b)

 

3.1950年代
50年代の大部分(1952〜59年)をノーマン・グランツのVerveで過ごしますが、声は酒とドラッグでますますしゃがれたものになってきています。それでも彼女の唄からは彼女でしか表現し得ない恋心や人生の深みが感じられると私は思います。
まず最初はStan Getzが珍しく伴奏しているセッションです。ソロは取っていませんが、ヴォーカルにオブリガードする様子はまるで30年代のLester Youngを彷彿させてくれます。

9.「Ain’t Mobody’s Business If I Do」(2:19)(Sunday,October 28,1951)
(or Monday October 29,1951 on 「Lady Day’s Diary」)(Boston,Storyville Club,Copley Square Hotel)
Billie Holiday(vo) Stan Getz(ts) Buster Harding(p) John Fiels(b) Marquis Foster(ds)

 

写真の説明によると「出演料はスタン・ゲッツと50=50」だったそうです。Photo by Billie Holiday Discography

次はエリントンのバンド結成25周年を記念したコンサートにおけるライブです。この時は他にもStan Getz Quartet,Ahmad Jamal Trio,Charlie Parker with Strings,Dizzy Gillespie等が出演する一大コンサートでした。

10.「Lover Come Back To Me」(2:18)(Friday,November 14,1952)
(New York City,Carnegie Hall)
Duke Ellington 25th Anniversary – second concert(Carnegie Hall)
Clark Terry,Willie Cook,Cat Anderson,Ray Nance(tp) Britt Woodman,Quentin Jackson,Juan Tizol(tb) Harry Carney(cl,bar,b-cl) Russell Procope(cl, as)Jimmy Hamilton(cl,ts) Rick Henderson,Hilton Jefferson(as) Paul Gonsalves(ts),Duke Ellington(p) Wendell Marshall(b) Louis Bellson(ds) Billie Holiday(vo)

 

1953年になってGeorge JesselのTV Show「Comeback」に出演します。

11.「God Bless The Child」(2:34)(Friday,October 16,1953)
(New York City,The Comeback Story(ABC TV))
Carl Drinkard’s Trio
Billie Holiday(vo) Carl Drinkard(p) Jimmy Raney(g) Peter Litman(ds)

 

1954年1月10日、Jazz Club USAの一員としてビリーはCopenhagenに向けて楽旅に出発します。
1月12日から2月4日まで、およそ20日間ヨーロッパ各地で公演を行います。その時のライブから聴いて下さい。

12.「What A Little Moonlight Can Do」(2:51)(Friday,January 22,1954)
(Koln (Germany),Radio Broadcast,Deutz) Jazz Club USA Concert
Leonard Feather(mc) Billie Holiday(vo) Red Norvo(vib) Buddy DeFranco(cl)
Carl Drinkard(p) Jimmy Raney(g) Red Mitchell(b) Elaine Leighton(ds)

 

Photo by Billie Holiday Discography

次の1955年5月6日のコンサートもCount Basie Orch.,Budy Rich,Clifford Brown & Max Roach,
等の有名ミュージシャンが出演しました。その中からLester Youngを含むCount Basie Orch.の伴奏での唄です。(なおBrown & Roachの演奏はFresh SoundからCD化されています。)

13.「Stormy Weather」(3:29)(Friday,May 6,1955) New York City,Carnegie Hall
Count Basie and his Orchestra
Billie Holiday(vo) Buck Claytontp) Lester Young(ts) Count Basie(org)
prob.Bobby Tucker(p) unknown(b) unknown(ds)

 

Photo by Billie Holiday Discography

1956年8月13日は彼女にとっては忙しい日でした。というのはNorman Granzのレコーディングを行いながら、その合間を縫ってロスアンジェルスのテレビ局でBobby Troup司会の「Stars of Jazz」に出演したからです。その時の唄です。(この時の放送は映像で残されています。)

14.「Please,Don’t Talk About Me When I’m Gone」(2:01)(Monday,August 13,1956)
(Hollywood,Los Angeles,Stars of Jazz(TV)) Stars of Jazz(TV)
Billie Holiday(vo) Corky Hale(p) Jules bertaux(b) Bob Neel(ds)

 

1957年にカナダで行われたフェスティバルにおけるライブ・レコーディングからの1曲です。

15.「Nice Work If You Can Get It」(2:33)(Saturday,August 10,1957)
Stratford(Ontario,Canada),Stratford Shakespeare Festival
Stratford Shakespeare Festival
Billie Holiday(vo) Mal Waldron(p) Ernie Cosachuck(b) Archie Alleyne(ds)

 

2週間後の「New York Jazz Festival 」に出演Photo by Billie Holiday Discography

スタジオにおけるラスト・レコーディングを1958年2月21日に終えると、後はわずかに残されたライブと放送録音しか残っていません。多分最後の正式レコーディングがライブで残されています。それが次のセッションです。

16.「Lover Man (Oh,Where Can You Be?)」(2:55)(Friday,September 26,1958)
(Wallingford(Connecticut),Oakdale Musical Theater)
Seven Ages of Jazz Festival Concert
Billie Holiday(vo) Buck Clayton(tp) Mal Waldron(p) Milt Hinton(b) Don Lamond(ds)

 

9月9日、プラザホテルでマイルスと共演(Billie with Miles Davis)Photo by Billie Holiday Discography

先の録音以降は放送録音しかなく、次のセッションがおそらく記録されている最後のセッションかと思われます。

17.「Too Marvelous For Words」(2:35)(Wednesday,April 15,1959)
(or Monday April 20,1959 on 「Lady Day’s Diary」)
(Boston,Storyville Club,Copley Square Hotel)
Billie Holiday and Trio
Billie Holiday(vo) Mal Waldron(p) Champ Jones(b) Roy Haynes(ds)

 

上記録音から3週間後に自宅で撮影された写真(5月1日)Photo by Billie Holiday Discography

30年代から死の直前までの録音をたどってきましたが、スタジオ録音では聴かれないリラックスしたビリーの唄も聴くことが出来たのではないでしょうか。ビリーの唄はその初録音からラストレコーディングまで全てを聴く価値がある希有な歌手だと私は思っています。是非その一部でも良いのでもう一度聞き直す機会を設けていただけたら幸いです。

(使用音源)
1.「Basic Basie Aircheck from The Golden Count Basie Years:1937-38」
(Phontastic NOST 7640)(LP)
2.「BG,his Stars and his Guests」(Queen Q 1016)(LP)
3.「Billie Holiday “On The Air”」(TOTEM 1037)(LP)
4.「The complete Billie Hokuday on Verve 1945-1959」(Ver.314 513 860-869)(CD)
5.「Hot Lips Page “Play The Blues In ‘B'”」(Jazz Archives JA-17)(LP)
6.「The complete Billie Hokuday on Verve 1945-1959」(Ver.314 513 860-869)(CD)
7.「The complete Billie Hokuday on Verve 1945-1959」(Ver.314 513 860-869)(CD)
8.「Saint Louis Blues / unissued and rare performances」(Durium BLJ8001)(LP)
9.「Billie Holiday at Storyville」(Storyville K18P 9350)(LP)
10.「Billie Holiday / 1953-56 Radio & TV Broadcasts vol.2」(ESP 3003)(LP)
11.「Billie Holiday / 1953-56 Radio & TV Broadcasts vol.2」(ESP 3003)(LP)
12.「Jazz Club U.S.A. In Europe」(White Label)(LP)
13.「Billie Holiday / 1953-56 Radio & TV Broadcasts vol.2」(ESP 3003)(LP)
14.「Banned From New York City – Live 1948-1957」(Uptown UPCD27.81/27.82)(CD)
15.「Billie Holiday at Stratford ’57」(Baldwin Street Music BJH-308)(CD)
16.「Seven Age Of Jazz」(MGM MMZ 8105/6)(LP)
17.「Giants 3 / Ellington,Holiday,Armstrong」(Giants of Jazz GOJ-1008)(LP)

(ブログ作成者からの補足)

上記に添付した写真等は「Billie Holiday Discography(Photos)」から添付致しました。WEBサイトは下記を参照願います。

こちら ▶️

大阪ジャズ同好会第40回例会持ち寄り(2019年12月8日)「今年聴いた私の中でのベスト・ジャズ・アルバム」

December 11,2019

持ち寄り「今年聴いた私の中でのベスト・ジャズ・アルバム」

・T村氏(的確なコメントにも注目願います)

1.Here is Richie Kamuca Quartet play “Just Friends”.
Richie Kamuca(ts),Carl Perkins(p),Leroy Vinnegar(b),Stan Levey(ds)
Hollywood CA, June, 1957

「繰り返し再発されたモード・レーベルの目玉で、リッチー・カミューカの処女作にして代表作」

2.Here is Gerry Wiggins Trio play “The Lady Is A Tramp”.
Gerry Wiggins(p),Major Holley(b) Oliver Jackson(ds)Feb.1977

「隠れた名手ジェリー・ウィギンスの晩年の代表作」

3.Here is Nice All Stars play “I Never Knew I Could Love Anybody”.
Wallece Davenport(tp), Vic Dickenson(tb), Buddy Tate(ts) ,Claude Hopkins(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)July.1974

「ニース・ジャズ・フェスティバルに出演した中間派のオールスターズ」

・Y瀬氏(レジュメのコメントを編集せず転載しました)

秘かに愛聴していたクラリネット奏者が逝きました。Sol Yaged(ソル・エイジド)と言い、 1966年の映画「ベニーグッドマン物語」で音楽監修も務めた根っからのグッドマン信奉者で、主にNYのナイトクラブで活躍した人です。1993年に初めて渡米した際に買ったシェイバー ス名義CDの「WE DIG COLE」、が出会いでした。その後、アメリカの通販サイト「DISCOGS」 でSolのLP音源を見つけ、今年になって何枚かを入手。そんな中での訃報でした。アメリ カは広いな、知られざる名手も多いのだろうなというのが実感です。ちなみに、彼の晩年のバンドで歌っていたという日本人女性からは、彼の名を「サル・イヤーゴ」と呼んでいたと教えられたこともありますが…。

Y瀬氏手作りのCD

1.Here is Charlie Shavers with Sol Yaged play “I Love Paris”.
Charlie Shavers (tp), Urbie Green (tb), Sol Yaged (cl), Sam Taylor (ts), Buddy Weed (p), Barry Galbraith (g),Bob Haggart (b), Cozy Cole (ds), Larry Clinton (arr)

2.Here is Sol Yaged plays “It Might As Well Be Swing”.
Sol Yaged (cl) Harry Sheppard (vib) Kenny Kersey (p) Mort Herbert (b) Mickey Sheen (d) New York, 1956

・H氏
Takky meets Dorothy『Jazz at 周』をご紹介されました。

CD販売サイト(下記に添付)からお借りしました。

Jimin Park(世界中で活躍中のジャズピアニスト)とのセッションを滝川雅弘氏(大阪在住のクラリネット奏者)が制作されました。(2019年5月24日録音)
本CDの販売サイトを添付させて頂きます。

こちら ▶️

当日ご紹介された「Boogie Woogie Stomp」はNew Suntory 5 (大阪梅田) での映像を添付します。(2019年5月26日)

1.Here is Jimin plays “Boogie Woogie Stomp”.

同じ日の演奏です。

2.Here is Jimin plays “Misty”.

New Suntory 5 (大阪梅田)のHPもご覧下さい。

こちら ▶️

Photo by Discogs

・K氏

Joshua Redman & Brooklyn Rider 「Sun on Sand」

本CDについては下記サイトを参照願います。

こちら ▶️

1.Here is Joshua Redman & Brooklyn with Scott Colley & Satoshi Takeishi play “Through Mist.”

Hely 「Borderland」

Photo by Hely’s HP

スイスのチューリッヒを拠点として活動しているピアノとドラムのデュオグループによる新作をご紹介されました。Helyの詳細については下記サイトを参照願います。

こちら ▶️

2.Here is HELY plays “BORDERLAND”.
Lucca Fries(p),Jonas Ruther(ds)

神戸ジャズサロン2月例会(2019年)「オルガンの名演・好演・お気に入りの盤」③

February 27.2019

神戸ジャズサロン2月例会では主宰者のM氏がジャズライブ映像を提供されました。今回はM氏が選曲したオルガンの名演と映像をお楽しみ下さい。

・M氏(神戸ジャズサロン主宰者)
「爽やかな風に乗せた音楽の響きは耳に心地良さを感じますがオルガンの音色は正にそれです。」

Ethel Smith

Here is Ethel Smith play “Tico Tico”.

映像も添付しました。
Here is Ethel Smith play “The Breeze And I”.

Buddy Cole

Photo above of Buddy Cole by YouTube

Here is Rosemary Clooney with Buddy Cole Trio play ”Deed I Do”.

Barbara Dennerlein

Photo above of Barbara Dennerlein from her HP

Here is Barbara Dennerlein play ”Hot House”.
Roy Hargrove (tp) Ray Anderson (tb) Mike Sim (sax) Joe Locke (vib) Barbara Dennerlein (org,p) Mitch Watkins (g) Lonnie Plaxico (b) Dennis Chambers (d) Don Alias (perc) New York, February 19-25, 1995

Roy Hargroveが参加しています。

Photo above of Roy Hargrove by courtesy RR Jones(2014)

映像も添付しました。
Here is Barbara Dennerlein plays ”Jimmy’s Walk”.

Count Basie

Here is Count Basie plays ”Song of the islands”.
Count Basie (org) Ray Brown (b) Louie Bellson (ds)
Los Angeles, May 22, 1974

映像コーナー

自宅に帰って調べましたが、1958年にフランスのカンヌで開催されたジャズフェフティバルを収録した映像でした。

こちらの資料を参考にしました。  こちら ▶️

次の2曲のドラムはRoy Eldridgeです。
Here is Sidney Bechet and others plays ”Once In A While”.
Teddy Buckner (tp) Vic Dickenson (tb) Sidney Bechet (cl,ss) Sammy Price (p) Arwell Shaw (b) Roy Eldridge (ds) July 10,1958, Cannes Jazz festival

映像が劣りますがご容赦願います。
Here is Sidney Bechet and others play ”Sweet Georgia Brown”.
Members of the recording are the same as above.

Roy Eldridgeの本職をお楽しみ下さい。

Here is Roy Eldridge and Coleman Hawkins, play ”Undecided”.

Roy Eldridge (tp) Vic Dickenson (tb) Hubert Rostaing (cl) Coleman Hawkins (ts) Michel de Villers (as,bs) Lou Levy (p) Arvell Shaw (b) J.C. Heard (ds)
July 8,1958, Cannes Jazz festival

大阪ジャズ同好会(2018年8月例会) 『私が選んだ隠れ名盤』①

August 16,2018

2018年8月12(日)に開催された大阪ジャズ同好会での参加者持ち寄り『私が選んだ隠れ名盤』を2回に分けてご紹介します。当日配付されたレジュメのコメントもお楽しみ下さい。

T村氏

1.『The Ralph Sharon Trio』ラルフ・シャロ ン(Ralph Sharon)(Bethlehem盤)
「You Stepped Out Of A Dream(夢から醒めて)」
トニー・ベネット(Tony Benett)の専属ビアニストに、とどまらない実力を発揮した快作。

Here is The Ralph Sharon Trio play “You Stepped Out Of A Dream”.
Ralph Sharon (p) Jay Cave (b) Christy Febbo (d) New York, 1956

You Stepped Out Of A Dream

2.『Nobody Knows You When You’re Down and Out』ハワード・マギー(Howard McGhee)(United Artists盤)
「Lonely Town」
麻薬禍から何回か復帰したハワード・マ ギーのワンホーン・アルバム。

Here is Howard McGhee Quartet play ”Lonely Town”.
Howard McGhee (tp) Phil Porter (org) Larry Ridley (b) Dave Bailey (d)
New York, late 1962

Lonely Town

3.『Gentleman of The Trombone』ヴィッ ク・ディッケンソン(Vic Dickenson)(Storyville盤)
「Just Too Late」
南仏で録音された、ディッケンソンのリラックスしたワンホーン・アルバム。ピアノに、往年の名人ジョニー・ガルニエリをむかえました。

Here is Vic Dickenson and His Band play “Just Too Late”.
Vic Dickenson (tb,vcl) ,Johnny Guarnieri (p) Bill Pemberton (b), Oliver Jackson (d) Antibes, France, July 25, 1975

Just Too Late

4.『Holiday in Braff』ルビー・ブラフ(Ruby Braff)(Bethlehem盤)
「When You’re Smiling」
ビリー・ホリデイに捧げるトリビュート作品。曲の途中のサックス・ユニゾンは、レスター・ヤングの有名なアドリブを再現しています。

Here is Ruby Braff And His Orchestra play “When You’re Smiling”.
Ruby Braff (tp) Hymie Schertzer (as) Al Klink, Bob Wilber, Boomie Richman (ts) Sol Schlinger (bar) Ellis Larkins (p) Mundell Lowe (g) or Art Ryerson (g) Walter Page (b) Bobby Donaldson (d) New York, March 17 & 18, 1955

When You’re Smiling

Y瀬氏

◆変わりダネの魅力
ブルーベックとMJQにハマり、執念深く音源を追う中でも、生来の新しい物好き、ゲテモノ趣味を交えていろいろ浮気しました。そんな昭和30 (1955) 年前後の変わりダネをお聴きください。名盤と言い切る自信は無いのですが、私にとっての”隠れヒーロー”による”隠れ名演”ではあります。


1.『 Pretty Just For You』ジミー・スミス(Jimmy Smith))(Blue Note盤)

今はない神戸・元町のヤマハで売れ残っていたLPを買い「ブクブク、ボコボコ」と鳴るオルガンジャズの楽しさに覚醒。それは片面2曲で各10分超の長尺なので、次に買ったこれを。

Here is Jimmy Smith Trio Plays ”East Of The Sun”.
Jimmy Smith (org) Eddie McFadden (g) Donald “Duck” Bailey (d)
New York, May 8, 1957

East of the sun

2.「The Things We Did Last Summer」ハービー・マン(Herbie Mann)(Bethlehem盤)

大阪・千林のレコード店で買った東芝レーベルEP(4曲)のうち表面の2曲目。後に全11曲の12インチLPで再発。ハービーがどんどん変な方向に走ったので追跡は断念。

Here is Herbie Mann Quartet play ”The Things We Did Last Summer”.
Herbie Mann (fl) Benny Weeks (g) Keith Hodgson (b) Lee Rockey (d)
New York, December, 1954

The Things We Did Last Summer

3.『Man Bites Harmonica』ツーツ・シールマンス(Toots Thielmans)(Riverside盤)
実は、ハマったのは彼が晩年になってから。フランスムードや、ラテン物を楽しみ、ジョージ・シェアリング5加入前の Jean 名義のこれにも行きつきました。2006年に大阪ビルボードへ聴きに行き、休み時間にCDを差し出すと上機嫌でサインをしてくれました。

Here is Toots Thielemans Quintet play ”Fundamental Frequency”.
Toots Thielemans (g,hca) Pepper Adams (bar) Kenny Drew (p) Wilbur Ware (b) Art Taylor (d) New York, December 30, 1957

Fundamental Frequency

神戸ジャズ愛好会2018年7月例会(1)『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』              

July 18.2018

Photo by Discogs

今月のテーマ『ジャズスタンダード名曲集(第3回)~アーヴィング・バーリン』

寺本氏(愛好家世話人)からの案内メールから名曲をご確認下さい。

作曲家シリーズの第3弾です。(例)「Alexander’s Ragtime Band」「Always」「Blue Skies」「CHeek To Cheek」「Heat Wave」「How Deep Is The Ocean」「I’ve Got My Love To Keep Me Warm」「Let’s Face the Music and Dance」「Marie」「Puttin’ on The Ritz」「Russian Lullaby」「There’s No Business Like Show Business」「They Say It’s Wonderful」「This Year’s Kisses」「Top Hat」etc.

・Y瀬氏
1.「AIL By Myself」
Jimmy Rushing with Dave Brubeck Quartet(1960)から
バーリン33歳の1921年にレビュー用に書いた曲。あまりヒットしなかったそうですが、ポッ プスのボビー ダーリンがいい味を出している盤もあります。
Here is Dave Brubeck Quartet, Jimmy Rushing sings ”All By Myself”.

2.「The Song is Ended」
Gerry Mulligan With strings(1955)
1950年代中期以降、エラの歌やピーターソンのピアノ、そしてナット・コール、シナトラた ちの歌も残されていますが、ここでは野太いマリガンサウンドに弦を添わせて。
申し訳ないですが音源が提供出来ません。

3.「Soft Lights & Sweet Music」
Gerry Mulligan & Scott Hamilton(1986)から
パーシー・フェイスやメラクリーノ・ストリングスやコルトレーンやレイ・チャー ルスの歌もあるようですが、マリガンとハミルトンの2管でしっとりと。
Here is Scott Hamilton & Gerry Mulligan play ”Soft Lights & Sweet Music”.
最初の曲だけで終了して下さい。(Full Albumでアップされています)

4.「White Christmas」
Tony Bennett(1998)から
真夏の白雪。場違いも極まった感じですが、バーリンのディスコグラフィーには欠かせない 1曲かと…。
Here is Tony Bennett sings ”White Christmas”.

 

・I谷氏

7666ecf3-s
1. 「Russian Lullaby」
Vladimir Shafranov Trio(2003)から
Vladimir Shafranov(p) Pekka Sarmanto(b) Jukkis lotila(ds)
Here is Vladimir Shafranov Trio play “Russian Lullaby”.

 

2.「Cheek to Cheek」
Janet Seidel「Little Jazz Bird」(1992)から
Janet Seidel(vo) lan Date(g) Tom Baker(ts) Bobby Gabert(p) David Seidel(b)
John Morrison(ds)

Here is Janet Seidel sings “Cheek to Cheek”

3.「They say it’s wonderful」
John Coltrane & Johnny Hartman(1963)から
Johnny Hartman(vo) John Coltrane(ts) McCoy Tyner(p)Jimmy Garrison(b) Elvin Jones(ds)
Here is John Coltrane & Johnny Hartman play “They Say It’s Wonderful”.

・T川氏
1. 「I’ve Last Hart In Dixieland」
Original Dixieland Jazz Band(LP SH220)から
Here is Original Dixieland Jazz Band play “I Lost My Heart In Dixie Land” .

2.「When I Leave The World Behind」
Chris Tylis Silver Leaf Jazz Band (stom off 1258)から
音源がありませんでした。代わりにT川さんがよくご存知の木村陽一さんのボーカルでお楽しみください下さい。
Here is Yo Kimura and New Orleans 4T’s play “When I Leave The World Behind “.

3.「Easter Parade」
Acker Bilk (Reprise R-6031)から
Here is Acker Bilk play ”Easter Parade”.

4.「White Christmas」
Chris Barber’s Jazzmen(Lake LACD 222)から
Here is Chris Barber’s Jazz Band play ”White Christmas”.

・F川氏
「Russian Lullaby」
Vic Dickenson Showcaseから
Here is Vic Dickenson Septet play ”Russian Lullaby”.
Vic Dickenson(tb) Edmond Hall(cl) Ruby Braff(tp) Steve Jordan(g) Walter Page(b)
Sir Charles Thompson(p) Les Erskine(ds)

・K田氏
1.「There’s No Business Like Show Business」
Sonny Rollins「Work Time」から
Sonny Rollins(ts) Ray Bryant(p) George Morrow(b) Max Roach(ds)
Here is Sonny Rollins play “There’s no business like show business”.

2.「Always」
Harry Nilsson「A touch more SCHMILSSON in the night」から
Here is Harry Nilsson with Gordon Jenkins(arr&condct) sings “Always”.

3.「Supper Time」
Nancy Wilson「Just One of Those Things」から
Here is Nancy Wilson sings “Suppertime”.
Nancy Wilson(vo) Hank Jones(p) Ron Carter(b) Gino Bertachini(g) Grady Tate(ds)

4.「The Song ls Ended」
Nat King Cole with Billy May Orchestra から
Here is Nat King Cole sings “The Song Is Ended”.

神戸ジャズサロン(2018年2月例会)

February 26.2018

神戸ジャズサロン会場 神戸居留地 高砂ビル 5階 「音楽サロン」

昨日「神戸ジャズサロン」(神戸ジャズ愛好会と会員は同じ)に参加しました。

今回のテーマは「昔、ジャズに惹き込まれたアルバム(演奏)」でした。ベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

以下、ベテラン会員の方がお持ちになったレコード.CDをご紹介します。

1.Y瀬氏(大阪ジャズ同好会でいつも素敵な選曲をされます)

Lionel Hampton All Stars ‎– The “Original” Star Dust
昭和29年、ご親戚の家でこの演奏をお聞きになったそうです。
いつもはCDしかお持ちにならないのですが、今回は「ご購入された4枚のSP」(上記写真)、「10インチ」「12インチ」をご持参されました。
曲が流れると「僕もこれ買ったで」とか「ラジオでよう聞いたな」と皆さん盛り上がってました。

2.Fさん

音楽クラブの顧問を故油井正一さんにお願いされていたことから、油井さんの思い出話をされました。
ご紹介されたCDは「THE AMAZING SHOICHI YUI VOLUME 2」 じ・あめいじんぐ油井正一 Vol.2
Kさんが配付された曲リストも上記に添付しました。

3.Tさん(トラッド愛好家で私が神戸の例会に参加して以降懇意にさせて頂いています)
日本コロンビアのHistory Of Jazz Vol.1を自作CDにされていました。(写真)
尚、昭和25年に発売されたSPも購入されていたそうですが、最初の赴任地を離れる際に捨てられたということです。

(1)King Oliver’s Jazz Band: High Society Rag Okeh 4933
June 22, 1923

又、神戸ACC(アメリカ文化センター)でのジャズレコードコンサート(解説故末廣光夫さん)の思い出話を披露され、印象に残った3曲を紹介されました。
(2)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Original jelly roll blues
(3)Jelly Roll Morton’s Red Hot Peppers: Doctor Jazz
December 16, 1926

(4)Louis Armstrong And His Hot Five: Muskrat ramble
February 26, 1926

「末廣さんは須磨の放送局(現在のラジオ関西)での生放送の直後に多くのレコードを風呂敷に包んで、市電(現在は廃線)に乗ってアメリカ文化センターに来られていた」

4.Mさん(本例会の主宰者)
末廣さんのお兄さんに貸したまま、長い間返却されなかった「Vic Dickenson Showcase」
(1)Jeepers creepers
(2) Russian lullaby
Ruby Braff (tp) Vic Dickenson (tb) Edmond Hall (cl) Sir Charles Thompson (p) Steve Jordan (g) Walter Page (b) Les Erskine (d)
New York, December 29, 1953

Photo by KobeJazz Jp.

Mさんは若い頃からレコードコンサートの主宰をしたかったそうですが、その当時故末廣光夫さんから「レコードコンサートなんか止めとけ」と言われたそうです。
その後、Mさんが開始された例会には末廣さんは解説をされていました。

昭和29年12月12日 東京 日本テレビにて。
右から、鳥居則達(Vo)、大越泰三(Tb)、福井康平(Banjo)、小曽根実(p)、右近雅夫(Tp)、油井良光(Cl)、鈴木敏夫、?さん
Photo by courtesy of Kobejazz.jp

休憩中に最近お亡くなりになった小曽根実さんの写真をご覧になったTさんが「このクラ、油井さんの弟やで」と教えて頂きました。

最後に故油井正一氏がミュージックライフ(音楽誌)に故末廣光夫氏を紹介された記事を添付します。番組のテーマ音楽を聴きながらお読み下さい。