タグ別アーカイブ: Victor Feldman

大阪ジャズ同好会 第31回例会『ジャズメン いい人わるい人』解説 竹村功氏

June 17.2018

先週の日曜日(2018年6月10日)開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。
『特集『ジャズメン いい人わるい人』(解説 竹村 功氏)

いろんなエピソードや印象などから、独断と偏見で「ジャズメンいい人わるい人」を選びました。さて、どんな演奏家を選んだのでしょうか。ご期待ください。なお、人柄と演奏とは、ほとんどあるいは全く(!?)関係ありません。ジャズメンいい人わるい人の名曲名演を楽しんでもらいます。(竹村氏談)

以下、当日ご紹介されたレコードと選曲を記載致しました。又、面白い映像も添付しました。

「いい人」

1. アート・ブレイキー
新人発掘の才能は抜群で親分肌、日本にジャズブームをおこした立役者。ウエイン・ショー ターを快くマイルスのバンドに参加させた心の広さには頭が下がります。

「Love For Sale」(Mar. 1955)
Hank Mobley(ts) Horace Silver(p) Doug Watkins(b) Art Blakey(ds)

Here is Art Blakey and his Jazz Messengers play “Caravan”. (1963)

2. アート・ファーマー
マイルスの自叙伝に、しばしばレコーディングの際に、アート・ファーマーのトランペットを借りたという逸話がでてきます。ステージ、ジャケット写真、演奏など温厚篤実そのものだ思います。映画「真夏の夜のジャズ」に出演したジェリーマリガンのグループでの演奏です。

「Blue Port」(July.1958)
Art Farmer(tp) Gerry Mulligun(bars) Bill Crow(b) Dave Baily(ds)

Here is THE ART FARMER QUARTET “Petite Belle” (1964) with Jim Hall (guitar)

3. ズート・シムズ
ビル・クロウの著書「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニーグッドドマンに好かれる(?)ズートは人柄が抜群なのでしょう。来日での印象も文句なしの紳士でした。ズートの亡くなる一年前の演奏です。

「Zoot」(Mar,1984)
Zoot Sims(ts) Mike Vofford(p) Chuck Berghofer(b) Nick Ceroli(ds) Victor Feldman(per)

Zoot Simsが死亡する4ヶ月前の1984年11月21日に撮影した貴重な映像を添付しました。

Here is ZOOT SIMS plays “In A Sentimental Mood 〜Gone With The Wind 〜Castle Blues 〜Sweet Lorraine 〜‘Tis Autumn 〜Autumn Leaves ”.
Zoot Sims(ts), Red Mitchell(b),Rune Gustafsson(b) Sweden, November 21 1984

4.ナット・キング・コール
「昭和が愛したニューラテンクォーター」山本信太郎著には、来日したナット・キング・コールの素晴らしい人柄が紹介されています。ナット・キング・コール トリオのスイス ューリッヒでのお馴染みの二曲を聴いてください。

「Sweet Lorraine」「Route66」(0ct .1950)
Nat King Cole(p/vo) Irving Ashby(g)Joe Comfort(ds)

Here is Nat King Cole sings “Sayonara”.

ライブ・アット・ニューラテンクォーターは販売されています。⇨こちら

5.エディ・コンドン
いわゆるシカゴ・ジャズの親分、エディ・コンドンは、「チンコロ小父さん」然とした風貌 でファンの好感を集めたそうです。
「AIL Of Me」(Ap.1964)
Buck Clayton(tp) Vic Dickenson(tb) Bud Freeman(ts) Pee Wee Russell(cl) Dick Cary(p) Eddie Condon(g) Jack Lesberg(b) Cliff Leeman(ds) Jimmy Rushing(vol)

Here is Eddie Condon’s Nightclub in New York(1946)

上記映像には前半2分弱は音声がありません。ご容赦下さい。
1946年Greenwich Village(NYC)にあったEddie Condon’s Nightclubの様子が撮影されています。

「わるい人」

6. マイルス・デイヴィス
モダンジャズの帝王マイルスを、人柄のいい人と言う人は恐らく(?)いないでしょう。特 にステージマナーの悪さは有名です。

「Stera By Starlight」(May .1958)
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “So What”. (Second Concert) (Live from Konserthuset, Stockholm)

Here is Miles Davis plays ”Ascenseur pour l’Echafaud’‘ . (Louis Malle 1958)

7. べニー・グッドマン
「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニー・グッドマンです。60 年代の米ソ冷戦下に、ビッグバンドを率いてモスクワに楽旅しました。クインテットでのメ ドレーを聴いて下さい。
「Avalon~Body And Soul~Rose Room~The World Is Waiting For Sunrise」
(July.1962) Benny Goodman(cl) Teddy Wilson(p) Tark Van Lake(g) Bill Crow(b) Mel Lewis(ds)

Here is Benny Goodman and His Orchestra play in USSR

8. スタン・ゲッツ
ご存知、悪名高いゲッツですがゲッツファンの私なりに弁護すれば、60年代の来日時は、 麻薬の影響と彼自身の音楽上の迷いがあったためと思います。70年代のフュージョンや、い ろんな実験を乗り越えて、ゲッツは80年代に見事にもう一度花を咲かせます。

「Easy Living」(Jun.1981)
Stan Getz(ts) Lou Levy(p) Monty Budwig(b) Victor Levis(ds)

Here is Stan Getz & Charlie Byrd on the Perry Como Show.

9. フランク・シナトラ
ハリウッドの帝王も「悪名」高いものがいろいろありました。
「AI The Way」(2(May.1957)

Here is Frank Sinatra sings “All The Way”. (1958)

 

【おまけ】(ブログ作成者から)
Stan Getzがランバンファッションショー (Lanvin Fashion Show)のバック演奏を行った時の映像です。Stan Getzの可愛い笑顔が観れる映像です。
Here is Stan Getz Playing Lanvin Fashion Show.
Stan Getz(ts) Stanley Cowell(p)Miroslav Vitous(b)Jack DeJohnette(d)
Paris, 1968

 

Ralph Sharon(2)

September 26.2017

Photo above of The All Star Sextet (1948) by courtesy of henrybebop.co.uk
(Back row) Aubrey Frank, Alan Dean, Reg Arnold, Norman Burns, (Front): Ralph Sharon, Tommy Pollard, Jack Fallon

Ralph Sharon made his professional debut with Ted Heath in 1946.

Ted Heath’s band was one of the top English swing orchestras of the era.

A few years later, he also played piano with Frank Weir’s jazz orchestra.

The orchestra included George Shearing on accordion.

In 1947 he joined Melody Maker’s Jazz Rally.

“Melody Maker’s Jazz Rally”
Dave Wilkins (tp), Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Reggie Dare (ts), Ralph Sharon (p), Pete Chilver (g), Jack Fallon (b), Norman Burns (ds).

In 1948 he recorded with saxophonist Ronnie Scott’s Esquire Five for Esquire label.

This recordings is now considered to be the first British modern jazz session.

“The Esquire Five”
Ronnie Scott (ts), Pete Chilver (g), Ralph Sharon (p), Jack Fallon (b), Carlo Krahmer (ds)
London, England, January 13, 1948

Photo above of Ralph Sharon sextet by courtesy of henrybebop.co.uk
From left: Martin Aston, Victor Feldman, Bert Howard, Fred Perry, Roy Plummer, Ralph Sharon.

By 1948 he was also leading his own sextet, which included Victor Feldman who was known in England as “Kid Krupa”.

1946年Ralph SharonはTed Heath楽団でプロ奏者としてデビューしました。
Ted Heath楽団は英国において名門のオーケストラの1つでした。
数年後Frank Weirのジャズオーケストラに移籍しました。
その当時のFrank WeirバンドにはGeorge Shearingがアコーディオン奏者として在籍していました。
1947年「 Melody Maker’s Jazz Rally」というジャズコンボに参加しました。
バンドメンバーを下記に記載します。
Dave Wilkins (tp), Woolf Phillips (tb), Harry Parry (cl), Reggie Dare (ts), Ralph Sharon (p), Pete Chilver (g), Jack Fallon (b), Norman Burns (ds)
このメンバーの録音はSpotifyで聞くことが出来ました。

1948年サックス奏者のRonnie Scottが結成した「The Esquire Five」に参加しEsquire社にレコーディングしています。
現在ではこのレコーディングは英国において最初のモダンジャズセッションと位置付けられています。
バンドメンバーを下記に記載します
Ronnie Scott(ts),Pete Chilver(g),Ralph Sharon(p),Jack Fallon(b),Carlo Krahmer(ds)
このメンバーの録音もSpotifyで聞くことが出来ました。

1948年、その当時の英国ジャズ界で「Kid Krupa」として知られていたVictor Feldmanを擁した自己のグループを結成しました。

Here is Ralph Sharon Sextet play “The Very Thought Of You”.
Ralph Sharon(p),Jimmy Skidmore(ts),Viv Feldman(vib),Dave Goldberg(g),Jack Fellon(b),Martin ashton(ds)
August 29,1950  London

Jazz Mission to Moscow

July 18.2017

After Benny Goodman returned home and his members was dissolved ,Jack Lewis produced an album called Jazz Mission to Moscow.

Producer Jack Lewis had worked for Colpix, a new record label set up by Columbia Pictures.

Jack entrusted Al Cohn as arranger, and Al Cohn made this “ten-tette” sound like a true big band.

I think Al Cohn had done a terrific arrangements.

Interesting Al Cohn did’ t participate in the tour of Benny Goodman.

As one of reasons this recording is valuable,Eddie Costa had participated as pianist.

Photo above of Vinnie burke and Tal Farlow and Eddie Costa by courtesy of Pinterest.

Because Victor Feldman had flown home to California, and Teddy Wilson and John Bunch had stayed in Paris.

So producer Jack Lewis Costa called Eddie Costa on recording.

He played an engaging solo in “The Sochi Boatman”.

Unfortunately it was Eddie’s last recordings.

He died in a car accident two weeks later, in the early hours of July 28th, 1962.

I referred to the article by Fernando Ortiz de Urbina( June 27, 2011)

Photo by courtesy of Bill Crow
at the Jazz Mission to Moscow session

Benny Goodmanが帰国しバンドが解散された後に、Jack Lewisが「Jazz Mission to Moscow」というアルバムを製作しました。
Jack Lewisは映画会社のColumbia Picturesが設立したColpixレーベルでプロデューサーとして雇われていました。
アルバム制作に際しJack Lewisは編曲者としてAl Cohnを起用し、Al も10人編成ながらビッグバンドのような サウンドを作り上げ期待に応えました。
Al CohnはBenny Goodmanのツアーに参加しなかったにも拘らず、素晴らしい編曲を提供したと思います。
又、このレコーディングはEddie Costaの参加が価値を高めています。
何故ならVictor Feldman はCaliforniaの自宅に帰っておりTeddy WilsonとJohn BunchはParisで演奏していたからです。
そのためJack LewisはEddie Costaをピアニストに抜擢しレコーディングに臨みました。
Eddie Costaは「The Sochi Boatmanにおいて素晴らしいソロを披露しました。
残念なことですがこのレコーディングがEddie Costaにとって最後の演奏になりました。
彼は2週間後、1962年7月28日の早朝に自動車事故で死亡しました。
以上はFernando Ortiz de Urbina(2011年6月27日)の素晴らしい記事を一部引用しました。

Here is  The Sochi Boatman”.

Here is “Let’s Dance”.

Here is “Midnight In Moscow”.

  • Alto Saxophone, Clarinet – Phil Woods
  • Alto Saxophone, Flute – Jerry Dodgion
  • Arranged By, Conductor – Al Cohn
  • Baritone Saxophone – Gene Allen
  • Bass – Bill Crow
  • Drums – Mel Lewis
  • Engineer – Ed Begley
  • Piano – Eddie Costa
  • Tenor Saxophone – Zoot Sims
  • Trombone – Willie Dennis
  • Trumpet – Jimmy Maxwell, Markie Markowitz
  • July 12, 1962 at Webster Hall, New York.

Benny Goodman in Moscow

July 17.2017

Last week I went to a Jazz bar in Umeda in Osaka city.

The master likes Russia and I heard an interesting story about Moscow from him.

Recently I saw the documentary film when Benny Goodman visited to Moscow.

So l would like to post about Benny Goodman’s tours in Moscow.

In 1956, the US State Department created the Jazz Ambassadors program, hiring

leading American Jazz musicians such as Louis Armstrong, Dizzy Gillespie,

Benny Goodman, and Duke Ellington to be “ambassadors” for the United States overseas.

Benny Goodman was probably the world’s best-known jazz musician.

So he traveled the world as Musical Ambassador of Good Will for the United States.

In those days The Times said that some people felt Duke Ellington should have been the first American jazz band to make an official tour of Russia.

In 1962, Benny Goodman embarked on a tour of the USSR with a top-notch big band.

He assembled many superior musicians as sideman.

Photo above of Sightseeing in the Soviet Union by courtesy of Bill Crow
Mel Lewis, Joe Newman, Jimmy Knepper,Willie Dennis, Bill Crow, Victor Feldman

Photo  by courtesy of Bill Crow
Jimmy Knepper,  Phil Woods ,  Turk Van Lake , Teddy Wilson

Joe Newman and Jimmy Maxwell on trumpets, Willie Dennis on trombone, Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims in the reed section, and a rhythm department comprising by John Bunch, Teddy Wilson, Victor Feldman, Bill Crow and Mel Lewis.

About Benny Goodman’s tour, please refer to this website. Go here

Tomorrow I would like to post about “Jazz mission to Moscow”.

先週の金曜日、大阪梅田にある有名なJazz Barに行きました。(ライブ演奏は一切ありません)
マスターはロシアが大好きで、過日行かれたモスクワでの興味深いお話をお聞きしました。又、日本では珍しいウオッカも飲ませて頂きました。(写真)

最近、YoutubeでBenny Goodmanが1962年にモスクワを訪問した時に撮影されたドキュメンタリーフィルム(旧ソ連製作)を観て面白いなと思いました。
そんな訳で1962年にBenny Goodmanがモスクワを訪問したことにつ
いて投稿したいと思います。
1956年、米国国務省は有名ジャズ音楽家のよる外交推進を目的として 「The Jazz Ambassadors program」を創設しました。
Louis Armstrong, Dizzy Gillespie, Benny Goodman, Duke Ellington が「音楽親善大使」として選ばれました。
第二次世界大戦後でもBenny Goodmanは世界で最も有名なジャズミュージシャンでした。それ故、Benny Goodmanは音楽の親善大使として世界中を旅していました。
一方、政府によるソビエトへの公式ツアーがBenny Goodman楽団と決定された時、ニュース雑誌のTimesは最初に訪問すべき音楽家としてはDuke Ellingtonの方がふさわしいとの見解も示していました。
1962年に、Benny Goodmanはモスクワへのツアー準備を開始しました。
サイドマンとして多くの優れたミュージシャンが集められました。

Joe Newman and Jimmy Maxwell(tp)Willie Dennis (tb), , Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims(reed section), John Bunch, Teddy Wilson,Victor Feldman(p), Bill Crow (b) Mel Lewis.(ds)

Benny Goodmanツアーの詳細についてはこのウェブサイトを参照してください。こちらをこクリックして下さい。

明日は名盤「Jazz mission to Moscow」について投稿する予定です。

Here is Benny Goodman in USSR by documentary film.(演奏場面は少ないです。)

Here is Benny Goodman and His Orchestra 1962 “Benny introduced his members”.Moscow, May 1962

Here is Benny Goodman and His Orchestra play “Bugle Call Rag”.