タグ別アーカイブ: Willie Smith

大阪ジャズ同好会第41回例会持ち寄り(2020年2月9日)『ジャム・セッションの名演』①

February 12,2020

『ジャム・セッションの名演』前半4人のお気に入りをご紹介します。

・竹村氏(短いコメントも転載しております)

1.Midnight At Minton’s

Here is Don Byas and Joe Guy and Thelonious Monk play “I Can’t Give You Anything But Love”.
Midnight At Minton’s:
Joe Guy (tp) ,Don Byas (ts) ,Thelonious Monk (p) unknown (b) Kenny Clarke (ds)
Live “Minton’s”, New York, 1941
ビバップ誕生の聖地、ミントンズ・クラブでの貴重な実況録音

2.Charlie Christian in Minneapolis

Here is Charlie Christian plays “ I got rhythm”.
Jerry Jerome (ts),Frankie Hines (p), Charlie Christian (g), Oscar Pettiford (b),
Live “Harlem Breakfast Club”, Minneapolis, MN, September 24, 1939
ミネアポリスのハーレム・ブレックファースト・クラブでの、アフターアワーズ・ジャムセッション。

3.Jazz from a Swinging Era

Here is Buck Clayton and his All Stars play “Into The Blues Bag”.
Buck Clayton, Roy Eldridge (tp), Vic Dickenson (tb), Earl Warren (as) ,Bud Freeman (ts), Sir Charles Thompson (p), Bill Pemberton (b), Oliver Jackson (ds)
Paris, March 12, 1967
バック・クレイトン・ジャムセッションの最後のオールスターズでのパリ公演。

・K氏

Buck Clayton Jam Session

Here is Buck Clayton All Stars play “All The Cats Join In”.
Buck Clayton, Ruby Braff, Billy Butterfield(tp), J.C.Higginbotham(tb),
Tyree Glenn(tb, vib), Coleman Hawkins, Julian Dash(ts), Kenny Kersay(p) ,Steve Jordan(g) ,Walter Page(b), Bobby Donaldson(ds) NYC March 5,1956
ソロの順番
Hawkins(ts)-Glenn(vib)-Braff(tp)-Higginbotham(tb)-Glenn(vib)-Braff(tp)- Higginbotham (tb)-Butterfield(tp) -Glenn(tb) -Clayton(tp)-Dash(ts)-Kersy(p)

当日、本録音は約2分短いバージョンもあると解説されました。以下添付します

・H氏

The Historic Mocambo Session ’54

Here is Shotaro Moriyasu plays ”I Want To Be Happy”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

植田紗加栄(著)
「そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯」をご紹介されました。

ブログ作成者もモカンボセッションをリストアップしておりました。1曲追加させて下さい。
Here is Shotaro Moriyasu plays ”Strike Up The Band”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

・Y瀬氏

Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars
2月の放出例会の持ち寄り、ジャムセッションとは無縁と思いこみ、「聴きに徹しようか」と思っていたのですが、実はジャズの目覚めは18歳を迎える昭和28年(1953年)の正月、一族の子らが集う席へ遠縁の大学生が持ち込んだSP2枚の表と裏の計4面にわたる「スターダスト」でした。すっかり魅了され、繰り返し聴いて長年の愛聴曲となったのですが、ハンプトンのイントロで始まり、ウイリー・スミス(as)、チャーリー・シェイバース(tp)、バーニー・ケッセル(g)ら初めて名を知る名手が音を紡ぎ、やがて圧倒的なハンプトンのソロに。これこそ、まさにジャムセッションだったのですね。

Here is Lionel Hamton All Stars play “Star Dust”.
Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars:
Charlie Shavers (tp) Willie Smith (as) Corky Corcoran (ts) Lionel Hampton (vib) Tommy Todd (p) Barney Kessel (g) Slam Stewart (b) Lee Young (d)
CA Civic Auditorium,Pasadena, August 4, 1947

Y瀬氏はSPレコード2枚(表裏4面)を神戸ジャズサロン(2018年2月例会)にご持参されていました。当日撮影した写真を添付します。

Russell Jacquet(1)

June 9.2018

Russell Jacquet (tp) and Illinois Jacquet (ts) Photo by courtesy of Texas State Historical Association

Russell Jacquet was the elder brother of  Illinois Jacquet.

From 1945 until 1953 he recorded occasionally as a band leader.

Russell Jacquet( イリノイ・ジャケーの兄)について2回に分けて投稿します。今回は2度目のレコーディング・ストライキまでの録音について調べました。

今回はRussell Jacquetによるリーダー作品から数曲を選んでブログに添付しました。(Illinois Jacqueのリーダー作品については 音声添付を省略しています)

Photo by courtesy of Jazzinphoto

ご存じの通りRussell Jacquet(ラッセル・ジャケー)のリーダー作にはデビュー間もないCharles Mingusが参加しています。

Here is Russell Jacquet octet play “Penny’s worth of boogie”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Calvin Boze (tp) Teddy Edwards, Maurice Simon (ts) Arthur Dennis (bar) Bill Davis (p) Charles Mingus (b) Chico Hamilton (d)  Los Angeles, 1944-45

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Here is Russell Jacquet octet play “Look what you’ve done to me”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Photo by courtesy of Jazzinphoto

次に弟Illinois Jacqueをリーダーとした録音です。以下、SPレーベルと録音データを記載しました。

Illinois Jacquet And His All Stars
Russell Jacquet (tp,vcl) Henry Coker (tb) Illinois Jacquet (ts) Arthur Dennis (bar) Sir Charles Thompson (p) Ulysses Livingston (g) Billy Hadnott (b) Johnny Otis (d)
“Uptown boogie”    Philo 102     Los Angeles, July, 1945      

R-1043186-1187401967.jpeg

Photo by Discogs

Illinois Jacquet with Wynonie Harris And His All Stars:
Wynonie Harris (vcl) acc by : Russell Jacquet (tp) John Brown (as) Illinois Jacquet (ts) Arthur Dennis (bar) Bill Doggett (p) Ulysses Livingston (g) Charles Mingus (b) Al “Cake” Wichard (d)
“Here comes the blues”     Apollo 363   Los Angeles, August 2, 1945

wynonie-blues-harris-shes-gone-with-the-wind-1945-2-78

Photo by Discogs

Illinois Jacquet Septet
Russell Jacquet (tp,vcl) John Brown (as) Illinois Jacquet (ts) Arthur Dennis (bar) Bill Doggett (p) Ulysses Livingston (g) Charles Mingus (b) Al “Cake” Wichard (d)
” What’s this ”    Apollo 758      Hollywood, CA, August 中旬頃, 1945

fullsizeoutput_fbe

Photo by Discogs

Illinois Jacquet Septet
Russell Jacquet (tp) Henry Coker (tb) Illinois Jacquet, Tom Archia (ts) Sir Charles Thompson (p) prob Ulysses Livingston (g) Charles Mingus (b) or John Simmons (b) Johnny Otis (d)
“Ladies lullaby”    ARA 144,   Los Angeles, August 28, 1945

fullsizeoutput_fbf

Photo by Discogs

リーダー第2作は「Russell Jacquet And His All Stars」と命名されたグループでベイシー楽団の主要メンバーと録音しています。Freddie Greenがジャケー兄弟を盛り立てているようにも聞こえます。

Here is Russell Jacquet And His All Stars play “Mean and evil old world”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Snooky Young, Harry “Sweets” Edison, Gerald Wilson, Harry Parr Jones (tp) Eli Robinson, J.J. Johnson, Ted Donnelly (tb) Willie Smith, Preston Love (as) Illinois Jacquet, Lucky Thompson (ts) Rudy Rutherford (bar) Bill Doggett (p) Freddie Green (g) Billy Hadnott (b) Al “Cake” Wichard (d)   Hollywood, c. 1946

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Here is Russell Jacquet And His All Stars play ”Blues”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Russell Jacquet And His Yellow JacquetsというバンドではDexter Gordonの参加が注目されます。

Russell Jacquet And His Yellow Jacquets play “Wake up old maid”.
Russell Jacquet (tp,vcl) Gus Evans (as) Dexter Gordon (ts) Arthur Dennis (bar) Jimmy Bunn (p) Leo Blevins (g) Herman Washington (b) Chico Hamilton (d) Numa Lee Davis (vcl)
Hollywood, CA, September 21, 1946

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Russell Jacquet And His Yellow Jacquets play “Blues la Russ”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

Russell Jacquet And His Yellow Jacquets play  “Side saddle blues”.
Members of the recording are the same as above.

上記の曲はこちらをクリックしてお聞き下さい。

 

 

 

Sugarfootstomp

2018年5月30日

Photo above of Johnny Dodds by NOLA Jazz Museum

特集は「私が好きなジャズのヒーロー」でした。最初にトラッド愛好家のT川さんがJohnny Doddsをご紹介されました。ご紹介された内容は配付されたレジュメに詳しく記載されています。

Here is New Orleans Wanderers play “Perdido Street blues”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 13, 1926
_Perdido Street blues

Here is Johnny Dodds’ Washboard Band play “Bull fiddle blues”.
Natty Dominique (cnt) Honore Dutrey (tb) Johnny Dodds (cl) Charlie Alexander (p) Bill Johnson (b) Baby Dodds (wbd)  Chicago, July 6, 1928
Bull fiddle blues

Here is Johnny Dodds Trio play  “Clarinet wobble”.
Johnny Dodds (cl) Lil Armstrong (p) Bud Scott (g)  Chicago, April 21, 1927
Clarinet wobble

Here is New Orleans Bootblacks play “I can’t say”.
George Mitchell (cnt) Kid Ory (tb) Johnny Dodds (cl) Joe Clark (as) Lil Armstrong (p) Johnny St. Cyr (bj)  Chicago, July 14, 1926
I can’t say

Here is Johnny Dodds And His Orchestra play “Red onion blues”.
Natty Dominique (cnt) Preston Jackson (tb) Johnny Dodds (cl) Richard M. Jones (p) Lonnie Johnson (g) John Lindsay (b) Baby Dodds (d)  Chicago, June 5, 1940
Red onion blues

○瀬さん

Here is Dave Brubeck (solo) plays Lili Marleen.

ウォルター・クロンカイト(Walter Cronkite)が進行役を務めた「The Jazz of Dave Brubeck」(テレビ番組)をご覧下さい。1961年12月31日放送

Here is The Jazz of Dave Brubeck by Walter Cronkite.

ウォルター・クロンカイトについては、Wikipediaを参照しました。こちらをクリック

○○田さん(大阪同好会にも西明石から参加されています)

上記パンフレット(加古川でのライブコンサート)と同じメンバーでの映像です。

Here is Ray Brown Trio play “If I Loved You.

Ray Brown(b), Gene Harris(p), Jeff Hamilton(ds)

富士通コンコードジャズ・フェスティバル 1988.12.11

寺本氏(世話人)

1946年のJATPご紹介されました。(寺本氏のメールアドレスからもパーカー好きが理解できます)

Here is Jazz At The Philharmonic play “Oh,Lady Be Good”.(1946)

Al Killan, Howard McGhee (tp) Charlie Parker, Willie Smith (as) Lester Young (ts) Arnold Ross (p) Billy Hadnott (b) Lee Young (d) “Philharmonic Auditorium”, Los Angeles, CA, January 28, 1946

平野

上記の書籍は「なか見検索(amazon)」ができます。こちらをクリック

昨年発売されたTBMの本を持参し、若い時のお恥ずかしい話を一席させて頂きました。

『40年以上前、TBM大阪営業所(大阪市同心町)に訪問し「学内で日本ジャズメンを特集したコンサートを企画したのでレコード貸してもらえませんか」とアポ無し訪問。事務所にあったかなりの数のレコードを貸して頂きましたが、今考えると礼儀をわきまえない行動でお恥ずかしい話です。』

神戸ジャズ愛好会(2018年3月)「魅惑のアルトサックス」(1)

March 26.2018

Yesterday, I went to the jazz regular meeting in Kobe.

I heard many recordings by alto saxophone players.

I would like to post a summary of the meeting.

昨日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の概要を2回に分けて記載させて頂きます。

特集のテーマ「魅惑のアルトサックス」

以下、当日の選曲一部と印象的なコメントを記載致します。

・Tさん(トラッド愛好家)
スウィング期の3大アルト奏者 Johnny Hodges, Benny Carter, Willie Smith

JPシリーズ(上記)は西宮のタイヘイ・レコードから「グランツ・レコード」として発売されました。残念ながら購入したSPは行方不明になったそうです。

 

Here is Charlie Parker Quintet play “My Melancholy Baby”.(JP-1015)
Dizzy Gillespie(tp); Charlie Parker(as); Thelonious Monk(p); Curly Russell(b); Buddy Rich(ds). NYC. June 6,1950

Capt. John Handy(キャプテン・ジョン・ハンディ)
モダンの「John Handy」と混同される人が多いので注意して下さいと私の方を見てコメントされました。

Here is John Handy And His New Orleans Stompers play “Hindustan”.
Kid Thomas (tp) Jim Robinson (tb) Sammy Rimington (cl) Capt. John Handy (as) Bill Sinclair (p) Dick Griffith (bj) “Mouldy” Dick McCarthy (b) Sammy Penn (d) Live “Motor Inn”, West Haven, CT, December 6, 1965

・Y瀬さん(大阪ジャズ同好会にも参加されています)
Paul Desmond(ポール・デスモンド)
「ブルーベックの『ガンガン・ピアノ』に辟易していたのか、親分への忠誠を示すためか、グループを離れた時はピアノレスに徹した。」(唯一の例外はMJQとの共演)

Here is Dave Brubeck Quartet play “Georgia on my mind”.
Paul Desmond (as) Dave Brubeck (p) Eugene Wright (b) Joe Morello (d) April 22, 1959

Here is Paul Desmond Quartet play “East of the sun”.
Paul Desmond (as) Jim Hall (g) Percy Heath (b) Connie Kay (d)
New York, September 5, 6 & 7, 1959

・Mさん(神戸ジャズサロン主宰者)
Sonny Criss(ソニー・クリス)
1977年の日本公演直前の自殺について「ジャズメン死亡診断書(小川隆夫著)」を引用しながらコメントされました。寺本氏は公演チケットを購入していたそうです。

Here is Sonny Criss Quintet play “Easy to Love”.
Sonny Criss (as) Larry Bunker (vib) Sonny Clark (p) Buddy Clark(b), Lawrence Marable(d).Los Angeles, CA, October 3, 1956

Here is Sonny Criss Quintet play “In The Still Of The Night”.
Members of the recording are the same as above.

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)
Art Pepper,Julian”Cannonball Adderley”,Eddy House(初めて聞く名前です)
Art Pepper(アルトが白人でピアノが黒人)
誰も事前にリストアップしなかったので選択されました。Carl Perkins(カール・パーキンス)の演奏が素晴らしいです。

Here is Art Pepper Quartet play “Summertime”
Art Pepper (as) Carl Perkins (p) Ben Tucker (b) Chuck Flores (d) Hollywood, CA, April 1, 1957

C.Adderley(アルトが黒人でピアノが白人)

Here is Cannonball Adderley With Bill Evans play “Waltz for Debby”.
Cannonball Adderley (as) Bill Evans (p) Percy Heath (b) Connie Kay (d) New York, March 13, 1961