タグ別アーカイブ: Woody Herman

神戸ジャズ愛好会(2018年5月) 例会概要「Legends of Jazz Drumming」

May 28.2018

昨日参加した神戸ジャズ愛好会の概要を2回に分けて投稿させて頂きます。

(1)特集「私が好きなジャズのヒーロー」

(2)映像コーナー

(3)持ち寄りコーナー

本日は(2)と(3)について映像も添付して概要をご紹介致します。

(2)映像コーナー「Legends of Jazz Drumming」(例会世話人の寺本氏が上記写真のDVDより7人をご紹介)

Here is Louis Jordan & His Tympany Five play “Jumpin’ At The Jubilee”.

下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。

 

Here is WOODY HERMAN and Stan Getz-Shorty Rodgers and Don Lamond play “Caldonia and Northwest Passage”.

昨日紹介された「Northwest Passage」に前半の「Caldonia」もお楽しみ下さい。

 

Here is Max Roach plays “Solo performance”.

昨日の映像とは別ですが約10分のドラムソロ演奏の映像です。

 

Here is Shelly Manne Quintet play “Speak Low”.
Shelly Manne (ds), Conte Candoli (tp), Richie Kamuca (ts), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b)
Jazz Scene USA(1962年)からの映像です。

Here is Shelly Manne Quintet play ”Fantan”.
Members of the recording are the same as above.

 

Here is Sonny Payne’s Drum solo performance(1962)

昨日ご紹介された映像と違います(ソロ中心の映像です)
冒頭にベイシー親分がピアノで「存分にやれよ」と指示しているようです。

 
下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。
Here is Ray Bauduc with The Bobcats play “Who’s Sorry Now”.

Eddie Miller(ts),Billy Butterfield(tp),Warren Smith(tb),Jess Stacy(p),Matty” Matlock(cl),Ray Bauduc(ds),Bob Haggart(b),Nappy Lamare(g)

 

Here is Bob Haggart & Ray Bauduc play “Big Noise From Winnetka”.

二人の息がぴったりです。

 

Here is John Kirby’s little band with Big Sid Catlett play “Can’t Find a Word to Say”.

Charlie Shavers(tp),Buster Bailey(cl),Russell Procope(as),Billy Kyle(p),John Kirby(b),Big Sid Catlett(ds)

(3)持ち寄りコーナー

F川さん(大阪ジャズ同好会にも西明石から毎回参加されています)
「副題:私が紹介したミュージシャンのその後」

 

1.花岡詠二(神戸ジャズストリートに出演したクラリネット奏者としてご紹介)

花岡詠二インターナショナル・オールスターズ /名歌でスイング!! から1曲ご紹介されました。花岡詠二さんは先日開催された「Breda Jazz Festival 2018」に出演されています。
詳細は花岡さんのFacebookをご覧下さい。こちらをクリック

 

2.川口千里(天才女性ドラマーとして1月の例会でご紹介されました)
3月15日に Virtuosoレーベルよりリリースされた矢堀孝一の新作品trailer
Here is Koichi Yabori(矢堀孝一) and Kento Yokota(横田健斗) and Senri Kawaguchi(川口千里)   Live at Virtuoso

川口千里さんのHPをご覧下さい。こちらをクリック

神戸ジャズサロン(2018年4月例会)「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」

May 2.2018

Photo by YouTube

先週の日曜日神戸ジャズサロンに参加しました。テーマは「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」でした。

自宅に帰ってから資料の順にYouTube映像を観て楽しんでいます。

今回もベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

小生にとって「Andrea Motis,Nicki Parrott,Esperanza Spalding」については馴染みがありませんでしたがバラエティに富んだ内容だったと思います。

以下、当日ご紹介されたミュージシャンをYouTube映像でお楽しみ下さい。

1.T川さん(トラッド愛好家)

Here is Jack Teagarden & Louis Armstrong sing “Old Rockin’ Chair”.
New York,on December 30, 1957

Here is Fats Waller sings “Ain’t Misbehavin’” and “Stormy Weather” (1943).

2.Tさん

Here is Les McCann & Eddie Harris play “Compared To What”.
Eddie Harris(ts),Les McCann(p, vo),c(tp),Leroy Vinnegar(b),Donald Dean(ds)
June 21, 1969  at The Montreux Jazz Festival

3.Fさん(大阪ジャズ同好会で新譜紹介を担当されています)

Here is Nicki Parrott with Les Paul Trio play “I’ll Be Your Baby Tonight”.

Here is Andrea Motis and Joan Chamorro Quintet with Scott Hamilton play “Lullaby of Birdland”.

4.Y瀬さん(いつもおしゃれな選曲をされます)

Here is Gerry Mulligan Sings “I Never Was A Young Man”.

5.Iさん

Here is Esperanza Spalding sings “Little Fly” .

6.Kさん

Here is 「小川理子」Riko Ogawa Swinging’ Stride Jazz Band play “How Long Has This Been Goin’ On”.
小川理子(P.Vo) 佐久間 和(G) 小林真人(B) 木村純士(Ds) ODJC 2017.11.19(島之内教会)

7.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

Here is Frank Sinatra and Louis Armstrong sing “Birth of the Blues”.

8.平野

Here is Joe Bushkin with Axel Stordahl and orchestra singss “I Love A Piano” (1951 TV)

Here is Woody Herman Orchestra play “Doctor Jazz” 1939

最後に番外編として最近気に入っている映像を添付致します。

Here is Louis Armstrong, Jack Teagarden, Barney Bigard & Earl Hines
Jack Teagarden(tb,vo), Barney Bigard(cl), Earl Hines(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)  December 26, 1950, L.A. “THE STRIP”

Boyd Raeburn and Ginnie Powell(1)

December 19. 2017

Photo by Courtesy of Library of Congress
Portrait of Boyd Raeburn, Ginnie Powell, vocalist Johnson, Irv Kluger, Pete Candoli, Wes Hensel, Gordon Boswell, Hy Mandell, Randy Bellerjeau

Photo above of Bruce Raeburn by courtesy of The Hearing Review

Last week I introduced Bruce Raeburn who is the curator of the Hogan Jazz Archive.

This week I would like to post about his father Boyd Raeburn.

Also I will introduce Ginnie powell who was the singer of his band.

Stan Kenton orchestra and June Christy at the Palladium. 1946. Photographer: Gene Lester.

Boyd Raeburn band is not as popular as Stan Kenton and Woody Herman.

Many years ago a wonderful album of Boyd Raeburn was on sale in Japan.

I have owned “The progressive Big Band.”

Please listen to the first tune included in this record first.

Photo above of Igor Stravinsky – Ebony Concerto by courtesy of CLASSICAL20.COM

先週、Hogan Jazz Archiveの学芸員であるBruce Raeburn氏を紹介しました。

今週は彼の父であるBoyd Raeburnについて投稿したいと思います。

又、Boyd Raeburn楽団に所属していた歌手Ginnie Powell(母)の歌唱も紹介します。

日本ではBoyd Raeburn楽団はStan Kenton楽団や Woody Herman楽団ほど人気がありません。

かなり以前になりますがBoyd Raeburn楽団の素晴らしいアルバムが日本で販売されていました。

このレコード「 The progressive Big Band」は未だ処分していませんでした。

まずはこのレコードに収録されている最初の曲をお聞き下さい。

Here is Boyd Raeburn and his Orchestra play “Interrude(Night In Tunisia)”.
Dizzy Gillespie, Stan Fishelson, Tommy Allison, Benny Harris (tp) Trummy Young (tb)Walter Robertson (tp,tb) Ollie Wilson, Jack Carman (tb) Johnny Bothwell, Hal McKusick (as) Al Cohn, Joe Megro (ts) Serge Chaloff (bar) Boyd Raeburn (sop,ts,bassax) Ike Carpenter (p) Steve Jordan (g) Oscar Pettiford (b) Shelly Manne (d)Dizzy Gillespie(arr)
AG542-2 New York, January 26, 1945

Gordon Jenkins’ works(3) “P.S. I Love You”

November 09.2017

“P.S. I Love You” was written by Gordon Jenkins, the lyrics by Johnny Mercer in 1934.

The original hit version in the 1930s was recorded by Rudy Vallée and was revived in the 1950s by The Hilltoppers

Some famous recordings include Billie Holiday, Frank Sinatra, Mel Tormé, Rosemary Clooney, Bing Crosby,Bette Midler.

Today I will not introduce these famous singing.

「P.S. I Love You」は作詞Johnny Mercer、作曲Gordon Jenkinsにより1934年に出版されました。

発売当初はRudyValléeのレコードが好評を博し、1950年代にThe Hilltoppersによってリバイバルヒットしました。

この曲においてはBillie Holiday、Frank Sinatra、MelTormé、Rosemary Clooney、Bing Crosby、Bette Midler等有名な録音が多くあります。

しかし、今日のブログにおいては上記の有名な歌唱はご紹介致しません。

Here is Gordon Jenkins and his Orchestra play “P.S. I Love You”.

 

Photo above of Ruddy Vallee by Wikimedia

Here is Rudy Vallée and his Connecticut Yankees, with vocal by Rudy Vallée on 9 September 1934

 

Here is Woody Herman & his Orchestra play “P.S. I Love You”.
vo:Mary Ann McCall 1948.

 

Here is The Hilltoppers sings “P.S. I Love You”.

 

 

Here is Arnett Cobb with Red Garland Trio play “P.S. I Love You”.
Arnett Cobb(ts), Red Garland(p) George Duvivier(b) J.C.Herad(ds) Red Garland(p)
November 13.1960. N.J.

 

 

Here is Andre Previn plays “P.S. I Love You”.

 

 

Here is Joe Temperley play “P.S. I Love You”.
Joe Temperley (soprano & baritone sax), Andy Farber(as,ts), Ryan Kisor(tp), John Allred (tb), James Chirillo (g), Dan Nimmer (p), John Webber (b), Leroy Williams (ds) NY,2008.

Here is Lee Morgan and Hank Mobley Quintet “P.S. I Love You”.
Lee Morgan (tp),Hank Mobley (ts),Hank Jones (p),Doug Watkins (b),Art Taylor (ds)
5 November 1956.N.J.

Gordon Jenkins’ works (1) Blue Prelude

November 07.2017

Photo above of Gordon Jenkins by courtesy of playisteve.com

Last month I posted that Gordon Jenkins had arranged for the Isham Jones band.

Gordon Jenkins was involved in “Blue Prelude.”

Please listen to the famous song “Blue Prelude”.

Photo from The Big Band by George T.Simon

Gordon Jenkins was hired by the Isham Jones Orchestra in 1932 as staff arranger.

In those days Saxophonist Joe Bishop had written a composition entitled “Blue Prelude”.

Also Joe Bishop and Woody Herman composed “Woodchopper’s Ball” .

The Casa Loma Orchestra first recorded “Blue Prelude” in early 1933.

Isham Jones was not happy that another band had found success with a tune written by one of his sidemen.

So Isham Jones quickly decided to record his own version and instructed Gordon Jenkins to supplement “Blue Prelude”.

Then “Blue Prelude” has become a standard piece of popular music.

先月Gordon Jenkinsが Isham Jones Bandで編曲者としての才能を開花したと投稿しました。

その当時Gordon Jenkinsは「Blue Prelude」という名曲に携わってました。

今日は名曲「Blue Prelude」の聴き比べをお楽しみ下さい。

Gordon Jenkinsが Isham Jones に雇われた1932年頃、バンドメンバーであった Joe Bishopが「Blue Prelude」を作曲しました。

補足ですが Joe BishopはWoody Herman と共に「Woodchopper’s Ball」を作曲しています。

1933年1月The Casa Loma Orchestraが録音した「Blue Prelude」が最初にヒットしました。

当然ながらIsham JonesはライバルであるThe Casa Loma Orchestraが自分のサイドマン(Joe Bishop)によって書かれた曲で成功を収めたことをよく思いませんでした。

それ故、Isham Jonesは競合作を録音するに際し、Gordon Jenkinsに「Blue Prelude」の決定版と言えるような構成(作詞を含め)をするよう指示したそうです。

その後「Blue Prelude」はポピュラー音楽界でもスタンダード曲となっています。


Here is Glen Gray and THE Casa Loma Orchestra play “Blue Prelude”.
Glen Gray(as, dir)Gene Gifford(bj, g, arr) New York, January 31, 1933.
B-13000A Br 6513,


Here is Isham Jones and his Orchestra play “Blue Prelude”.
Isham Jones (ts, dir),Joe Bishop(fh), Gordon Jenkins(arr)
New York, April 6, 1933. 75736-1 Vic 24298.


Here is Woody Herman play “Blue Prelude”.
Woody Hermancl, as, vo, dir): Steady Nelson,(ts, vo),Bob Price, Clarence Willard(tp), Neal Reid, Toby Tyler(tb),Joe Bishop(fh,arr),Joe Denton, Ray Hopfner(as),Saxie Mansfield, Ronnie Perry(ts), Tommy Linehan(p), Hy White,(g),Walter Yoder(b),Frank Carlson(d),Elsa Harris(vo). New York, February 5, 1940. 67155

Here is Nina Simone sings “Blue Prelude”.

Here is Helen Humes sings “Blue Prelude”.

Here is Peggy Lee sings “Blue Prelude”.

Here is Monica Zetterlund sings “Blue Prelude”.

Here is Svend Asmussen with quartet play ”Blue Prelude”.
Svend Asmussen (violin) Derek Smith (p)Bucky Pizzarelli (g) Milt Hinton (b)
Oliver Jackson Jr (ds) New York City August 1983


Here is Linda Ronstadt sings “Blue Prelude”.

大阪ジャズ同好会10月例会 (前半特集)『Woody Herman楽団』

October 23,2017

大阪ジャズ同好会で特集を担当させて頂きました。(10/8)
前半は『Woody Herman楽団』でした。
以下概略を掲載します。

fullsizeoutput_a99

Photo from The Big Band by George T.Simon

1936年にWoody Hermanがボーカルとして参加していたIsham Jones楽団を引き継ぎWoody Herman楽団が創設されました。
1945年に新編成された『ファーストハード』はRalph Burnsの編曲や有能な新人を多数起用することによって超一流のバンドになっていきました。
1947年に再結成された『セカンドハード』はサックスアンサンブルを重視した編成で、本日お聞き頂く(5)(6)は『クール時代』の開幕を告げる作品として有名です。

igor-stravinsky-ebony-concerto-recorded-in-1946-igor-stravinsky-conducts-the-woody-herman-orchestra-in-the-ebony-concerto

Photo above of Igor Stravinsky – Ebony Concerto by courtesy of CLASSICAL20.COM

又、近代音楽のストラビンスキーも楽団に『Ebony Concerto』を提供しています。
今回はFirst HerdとSecond Herdの代表的な演奏を選曲致しました。
The First Herd時代
(1)Apple Honey(3:15)

(2)Laura(3:19)
1945年2月19日録音
1944年製作「ローラ殺人事件」主題歌(ビルボード誌 第4位)

(3)Caledonia(3:02)
1945年2月26日録音  上記3曲の編曲 Ralph Burns

(4)Woodchopper’s Ball(3:14)
1946年12月10日録音 編曲 Niel Hefti

The Second Herd時代

6a00e008dca1f088340153931d0126970b-500wi

(5)Summer Sequence(Part4)(1:00)
1947年12月27日録音(レコーディングスト直前)
StanGetzのソロ演奏部分をお聞き下さい。

(6)Early Autumn(3:09)
1948年12月30日録音(キャピトルに移籍)
上記の StanGetzのソロ演奏部分と聞き比べて下さい。

(7)Lemon Drop(2:55)
1948年12月30日録音

(8)Four Brothers(3:15)
1947年12月27日録音 (5)と同じ録音日です。
Stan Getz, Zoot Sims, Herbie Steward, Serge Chaloff

Isham Jones’ compositions(2) “There Is No Greater Love”

October 04,2017

Isham Jones led one of the finest dance bands of all time for some seventeen years from 1919 to 1936.

“There Is No Greater Love” lyrics by Marty Symes was the last hit before the bandleader turned over to Woody Herman in 1936.

「There Is No Greater Love」(作詞 Marty Symes)は1936年に作曲されました。

この曲はWoody Hermanがバンドリーダーを引継ぐ直前のヒット作品でした。

本日紹介する中でAmy Winehouseは異色の存在だと思います。

Here is Dinah Washington & Clifford Brown play “There Is No Greater Love”.
Dinah Washington(vo),Clifford Brown(tp),Harold Land(ts),Richie Powell(p),George Morrow(b)Max Roach(ds)  Rec 1954

Here is Andy Kirk & His Twelve Clouds of Joy.play “There Is No Greater Love”.(with Mary Lou Williams) NYC. June 25, 1940

Here is Etta James sings “There Is No Greater Love”.(2001)

Here is Amy Winehouse sings “There Is No Greater Love”(2003)

Here is Nat King Cole sings “There Is No Greater Love”.

Here is Dizzy Gillespie Quintet play “There Is No Greater Love”.
Dizzy Gillespie (tp), Junior Mance (p), Les Spann (g), Sam Jones (b), Lex Humphries (ds)
Recorded:New York City, February 17, 1959

Here is The four freshmen sing “There Is No Greater Love”.