タグ別アーカイブ: Zoot Sims

大阪ジャズ同好会 第31回例会『ジャズメン いい人わるい人』解説 竹村功氏

June 17.2018

先週の日曜日(2018年6月10日)開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。
『特集『ジャズメン いい人わるい人』(解説 竹村 功氏)

いろんなエピソードや印象などから、独断と偏見で「ジャズメンいい人わるい人」を選びました。さて、どんな演奏家を選んだのでしょうか。ご期待ください。なお、人柄と演奏とは、ほとんどあるいは全く(!?)関係ありません。ジャズメンいい人わるい人の名曲名演を楽しんでもらいます。(竹村氏談)

以下、当日ご紹介されたレコードと選曲を記載致しました。又、面白い映像も添付しました。

「いい人」

1. アート・ブレイキー
新人発掘の才能は抜群で親分肌、日本にジャズブームをおこした立役者。ウエイン・ショー ターを快くマイルスのバンドに参加させた心の広さには頭が下がります。

「Love For Sale」(Mar. 1955)
Hank Mobley(ts) Horace Silver(p) Doug Watkins(b) Art Blakey(ds)

Here is Art Blakey and his Jazz Messengers play “Caravan”. (1963)

2. アート・ファーマー
マイルスの自叙伝に、しばしばレコーディングの際に、アート・ファーマーのトランペットを借りたという逸話がでてきます。ステージ、ジャケット写真、演奏など温厚篤実そのものだ思います。映画「真夏の夜のジャズ」に出演したジェリーマリガンのグループでの演奏です。

「Blue Port」(July.1958)
Art Farmer(tp) Gerry Mulligun(bars) Bill Crow(b) Dave Baily(ds)

Here is THE ART FARMER QUARTET “Petite Belle” (1964) with Jim Hall (guitar)

3. ズート・シムズ
ビル・クロウの著書「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニーグッドドマンに好かれる(?)ズートは人柄が抜群なのでしょう。来日での印象も文句なしの紳士でした。ズートの亡くなる一年前の演奏です。

「Zoot」(Mar,1984)
Zoot Sims(ts) Mike Vofford(p) Chuck Berghofer(b) Nick Ceroli(ds) Victor Feldman(per)

Zoot Simsが死亡する4ヶ月前の1984年11月21日に撮影した貴重な映像を添付しました。

Here is ZOOT SIMS plays “In A Sentimental Mood 〜Gone With The Wind 〜Castle Blues 〜Sweet Lorraine 〜‘Tis Autumn 〜Autumn Leaves ”.
Zoot Sims(ts), Red Mitchell(b),Rune Gustafsson(b) Sweden, November 21 1984

4.ナット・キング・コール
「昭和が愛したニューラテンクォーター」山本信太郎著には、来日したナット・キング・コールの素晴らしい人柄が紹介されています。ナット・キング・コール トリオのスイス ューリッヒでのお馴染みの二曲を聴いてください。

「Sweet Lorraine」「Route66」(0ct .1950)
Nat King Cole(p/vo) Irving Ashby(g)Joe Comfort(ds)

Here is Nat King Cole sings “Sayonara”.

ライブ・アット・ニューラテンクォーターは販売されています。⇨こちら

5.エディ・コンドン
いわゆるシカゴ・ジャズの親分、エディ・コンドンは、「チンコロ小父さん」然とした風貌 でファンの好感を集めたそうです。
「AIL Of Me」(Ap.1964)
Buck Clayton(tp) Vic Dickenson(tb) Bud Freeman(ts) Pee Wee Russell(cl) Dick Cary(p) Eddie Condon(g) Jack Lesberg(b) Cliff Leeman(ds) Jimmy Rushing(vol)

Here is Eddie Condon’s Nightclub in New York(1946)

上記映像には前半2分弱は音声がありません。ご容赦下さい。
1946年Greenwich Village(NYC)にあったEddie Condon’s Nightclubの様子が撮影されています。

「わるい人」

6. マイルス・デイヴィス
モダンジャズの帝王マイルスを、人柄のいい人と言う人は恐らく(?)いないでしょう。特 にステージマナーの悪さは有名です。

「Stera By Starlight」(May .1958)
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “So What”. (Second Concert) (Live from Konserthuset, Stockholm)

Here is Miles Davis plays ”Ascenseur pour l’Echafaud’‘ . (Louis Malle 1958)

7. べニー・グッドマン
「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニー・グッドマンです。60 年代の米ソ冷戦下に、ビッグバンドを率いてモスクワに楽旅しました。クインテットでのメ ドレーを聴いて下さい。
「Avalon~Body And Soul~Rose Room~The World Is Waiting For Sunrise」
(July.1962) Benny Goodman(cl) Teddy Wilson(p) Tark Van Lake(g) Bill Crow(b) Mel Lewis(ds)

Here is Benny Goodman and His Orchestra play in USSR

8. スタン・ゲッツ
ご存知、悪名高いゲッツですがゲッツファンの私なりに弁護すれば、60年代の来日時は、 麻薬の影響と彼自身の音楽上の迷いがあったためと思います。70年代のフュージョンや、い ろんな実験を乗り越えて、ゲッツは80年代に見事にもう一度花を咲かせます。

「Easy Living」(Jun.1981)
Stan Getz(ts) Lou Levy(p) Monty Budwig(b) Victor Levis(ds)

Here is Stan Getz & Charlie Byrd on the Perry Como Show.

9. フランク・シナトラ
ハリウッドの帝王も「悪名」高いものがいろいろありました。
「AI The Way」(2(May.1957)

Here is Frank Sinatra sings “All The Way”. (1958)

 

【おまけ】(ブログ作成者から)
Stan Getzがランバンファッションショー (Lanvin Fashion Show)のバック演奏を行った時の映像です。Stan Getzの可愛い笑顔が観れる映像です。
Here is Stan Getz Playing Lanvin Fashion Show.
Stan Getz(ts) Stanley Cowell(p)Miroslav Vitous(b)Jack DeJohnette(d)
Paris, 1968

 

大阪ジャズ同好会特集『ボビー・ハケット大全集』

May 01.2018

Photo by courtesy of Swing DJ Resources

ボビー・ハケット大全集(2017年6月5日) 解説 寺本 泰規氏(同好会世話人)

ボビー・ハケットというミュージシャンをはたして何人の人がご存知でしょうか。リーダーアルバムもそれほど多いわけでもないのに、印象的なプレイを我々に残してくれました。

今日はボビー・ハケットの業績を残された数々の演奏からたどり、あらためて彼のプレイに注目してもらえれば幸いです。

さて彼のファーストレコーディングは何かということですが、それは1937年3月24日にDick Robert san & His Orchの一員として吹き込まれたものです。しかし彼が注目されるようになったのは、ベニー グッドマン・カーネギー・ホール・コンサートでジャズの歴史をたどるメドレーの中で、ビックス ・バイダーベックの名演を再現したときの演奏からだと思います。まず最初にその演奏を聴いていただきましょう。

1.「I’m Coming Virginia」(2:15)(Jan 16,1938)
Soloist Bobby Hackett(cor) Allan Reuss(g)

ハケットはビックスに似ていると言われることもありますが、ビックスのアタック鋭いサウンドは なく、中音域を主体とした柔らかい音が特徴です。また、後で紹介するヴォーカルのバックで吹くオブリガードのうまさは彼ならではのもので正に絶品と言えるでしょう。

次はユービー・ブレイクの名曲を聴いていただきましょう。ここでは彼の特徴である中音域を生か したソロが聴かれます。
2.「Memories Of You」(3:18)(July, 12,1938)
Bud Freeman & His Gang
Bobby Hackett(cor) Pee Wee Russell(cl) Dave Matthews(as) Bud Freeman(ts) Eddie Condon(g) Jess Stacy(p) Artie Shapiro(b) Dave Tough(ds)

Photo by Discogs

ハケットは1941年7月から1942年9月までグレン・ミラー楽団に在団しますが、元々は欠員となってい たギター奏者として雇われます。しかしコルネット奏者としても印象的なソロを残しています。ここではその代表的なソロを聴いていただきます。

3.「A Strings Of Pearls」(3:47)(Nov 8,1941)
Glenn Miller & His Orchestra Soloist Bobby Hackett(cor) Jerry Gray(arr)

1946年まではリーダーセッションはあったものの、リーダーアルバムはありませんでした。 SP時代に吹き込んだ曲をLP時代(10inchs)になりまとめたのが次のアルバムで、初めてのリーダーアルバム だと思います。

4.「With A Song In My Heart」(2:39) (Feb 5,1946)
Bobby Hackett(cor) Hank D’Amico(cl) Bil Stegmeyer, Johnny Pepper(as) Wolfe Tannenbaum, Hank Ross(ts) Johnny Guarnieri(p) Carl Kress(g) Bob Haggart(b)Cozy Cole(ds) Bill Challis(arr, cond)

さて、彼が本領を発揮するのはワンホーン・クインテットの時だと思いますが、下記の演奏は正に彼のソフトでメロウなトーンとエレガンスに満ちたフレイズが堪能できるものとなっています。

5.「What A Difference A Day Made」(3:08)(Sep 13,1950)
Bobby Hackett(tp) Charlie Queener(p) Danny Perri(g) Bob Casey (b) Cliff Leeman(ds)

同じクインテットでもストリングが入るとより彼のプレイが浮かび上がるのですが、次の曲ではミ ユートプレイが日本人好みのいわゆる「泣き」が入ったものとなっています。リズムセクションにモダン派も加えたこのレコードは、キャピトル最初のリーダーアルバムとなっ ています。

6.「You Turned The Tables on Me」(2:27) (lay 11,1953)
Bobby Hackett(tp) Lou Stein(p) Billy Bauer(g) Arnord Fishkind(b) Denzil Best(ds) with strings

キャピトルに移籍後、ムードミュージックで有名なジャッキー・グリースン楽団でソロイストとし てフューチャーされたアルバムを7枚ほど作りますが、それぞれ50万枚以上売り上げてゴールドディスクとなっています。その中から1曲お送ります。
7.「Yesterdays」(3:06)(1954)
Jackie Gleason & His Orchestra featuring Bobby Hackett(tp)

彼はキャピトルレーベルにおいてグリースン楽団だけではなく、自己のグループを率いてコンボで のレコーディングを残していますが、その中からジャケットのデザインが秀逸な「Rendezvous」から 一曲選んでみました。この曲はカーク・ダグラス主演の映画「Young man with a horn」(邦題「情熱 の狂想曲」)でドリス・ディが唄う場面が印象的でした。

8.「The Very Thought Of You」(2:35)(1956)
Bobby Hackett(tp) with Orchestra conducted by Glenn Osser

今度はライブ演奏を聴いていただきましょう。シャンソンの名曲でジャズでも取り上げられること の多い「枯葉」です。メンバーがモダンジャズメン3名、スイング時代からのベテラン2名の合わせて 5名が何の違和感もなく、一緒にプレイしているところがジャズのすごいところだと思います。
9.「Autumn Leaves」(6:34) Jan 31,191)
Dizzy Gillespie(tp) Bobby Hackett(tp) Mary Lou Williams(p) George Duvivier(b) Grady Tate(ds)

ハケットは唄伴でもその能力を最大限に発揮します。オブリガードのうまさは他のミュージシャン と比べても特筆すべきものがありますが、特にリー・ワイリーとは1950年12月に吹き込んだ名盤「Night In Manhattan」でも既に共演しており、実に22年ぶりの共演となりました。

10.「Moon River」(3:15) (June 5,1972)
Lee Wiley(vo) Bobby Hackett(cor) Teddy Wilson(p) Bucky Pizzarelli(g) George Duvivier (b) Don Lamond(ds)

続いてはテレサ・ブリュワーの唄に伴奏した時のものです。そのうち2曲目の「I’ve Got A Crush On You」は先ほどの「Night In Manhattan」でもワイリーと共演しており、興味のある人は比べてみるのも一興かと思います。
11.「If I Had To You~I’ve Got A Crush On You」(4:49)(1973)
Teresa Brewer(vo) Bobby Hackett(tp) Hank Jones(p) Art Ryerson(g) Richard Davis(b) Ted Sommer(ds) Johnny Mince, Hank Freeman, George Berg, Toots Mondello(sax) James Maxwell, Nax Kaminsky, Mel Davis(tp) Warren Covington, Vic Dickenson, Urbie Green(tb)

先ほどのガレスピーとの共演と同じように、今度はモダンジャズの巨人ズート・シムズとの共演で す。それ以外のメンバーもモダンジャズメンで固められており、彼が如何に柔軟性のとんだプレイヤ ーであるかということを如実に示しています。モダンジャズメンの中にあっても彼の個性は決して理没することなく、しっかりと自己主張しており、彼らと対等に渡り合っています。
12. 「These Foolish Things」(5:50)(Aug. 3,1974)
Bobby Hackett(tp) Zoot Sims(ss) Hank Jones(p) Bucky Pizzarelli(g) Richard Davis(b) Mel Lewis (ds) Glenn Osser(arr)

この特集の締めくくりとして、多分彼のラストレコーディングと思われるアルバムから1曲お送りします。このアルバムは映画、ジャズ・クラシックびスタンダードから選曲されたきわめて彼らしいアルバム作りとなっています。その中から彼の得意とするディキシースタイルで「Tin Roof Blues」 を聴いてください。
13. 「Tin Roof Blues」(3:46)(1976)
Bobby Hackett(tp) Dave McKenna(p) Bob Daugherty(b) Ron Lundberg(ds)

皆さんいかがだったでしょうか。彼が如何に融通性に富み、リーダーアルバムにおいても、他の楽 団のソロイストにおいても、唄伴においても一流の演奏者であることがおわかりになったと思います。 これを機会にもっとハケットの演奏に興味を持っていただけたら幸いです。

[補足]Bobby Hackettの公式ファンクラブがFacebookで公開されています。

こちらをクリックして下さい。⇨Fans of Bobby Hackett(NOT BUDDY)

大阪ジャズ同好会10月例会 (前半特集)『Woody Herman楽団』

October 23,2017

大阪ジャズ同好会で特集を担当させて頂きました。(10/8)
前半は『Woody Herman楽団』でした。
以下概略を掲載します。

fullsizeoutput_a99

Photo from The Big Band by George T.Simon

1936年にWoody Hermanがボーカルとして参加していたIsham Jones楽団を引き継ぎWoody Herman楽団が創設されました。
1945年に新編成された『ファーストハード』はRalph Burnsの編曲や有能な新人を多数起用することによって超一流のバンドになっていきました。
1947年に再結成された『セカンドハード』はサックスアンサンブルを重視した編成で、本日お聞き頂く(5)(6)は『クール時代』の開幕を告げる作品として有名です。

igor-stravinsky-ebony-concerto-recorded-in-1946-igor-stravinsky-conducts-the-woody-herman-orchestra-in-the-ebony-concerto

Photo above of Igor Stravinsky – Ebony Concerto by courtesy of CLASSICAL20.COM

又、近代音楽のストラビンスキーも楽団に『Ebony Concerto』を提供しています。
今回はFirst HerdとSecond Herdの代表的な演奏を選曲致しました。
The First Herd時代
(1)Apple Honey(3:15)

(2)Laura(3:19)
1945年2月19日録音
1944年製作「ローラ殺人事件」主題歌(ビルボード誌 第4位)

(3)Caledonia(3:02)
1945年2月26日録音  上記3曲の編曲 Ralph Burns

(4)Woodchopper’s Ball(3:14)
1946年12月10日録音 編曲 Niel Hefti

The Second Herd時代

6a00e008dca1f088340153931d0126970b-500wi

(5)Summer Sequence(Part4)(1:00)
1947年12月27日録音(レコーディングスト直前)
StanGetzのソロ演奏部分をお聞き下さい。

(6)Early Autumn(3:09)
1948年12月30日録音(キャピトルに移籍)
上記の StanGetzのソロ演奏部分と聞き比べて下さい。

(7)Lemon Drop(2:55)
1948年12月30日録音

(8)Four Brothers(3:15)
1947年12月27日録音 (5)と同じ録音日です。
Stan Getz, Zoot Sims, Herbie Steward, Serge Chaloff

主役より脇役がめだつモダンジャズ

August 7. 2017

昨日参加した大阪ジャズ同好会の特集が面白かったです。

「主役より脇役がめだつモダンジャズ」担当 竹村氏

今回はリーダーより共演者の活躍によって名盤と評価された作品の特集でした。

個人的には過去に聞いたことのある録音でしたが、竹村氏の解説により自宅でもう一度聞きたくなりました。

全7曲の演奏と聞き所を復習を兼ねて記載いたしました。

Here is Jutta Hipp With Zoot Sims play “Too Close For Comfort”.
Jerry Lloyd (trumpet) Zoot Sims (tenor sax) Jutta Hipp (piano) Ahmed Abdul-Malik (bass) Ed Thigpen (drums)
Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, July 28, 1956
「Zoot Simsが思う存分にブローしています」

Here is Joe Morello with Art Pepper play “Straight Life.
Art Pepper (as), Gerald Wiggins (p) ,Ben Tucker (b) ,Joe Morello (ds)
United Western Recorders, Los Angeles, CA, January 3, 1957
「絶頂期のArt Pepperによる艶やかな音色 」

Here is Sarah Vaughan sings “Misty”.
Sarah Vaughan – vocals,Kirk Stuart – piano, vocals on “Misty”,Charles Williams – double bass,George Hughes – drums,Quincy Jones – producer  July 18,1963
「Piano奏者Kirk Stuartの歌唱力をお聞き下さい」

Here is Ella Fitzgerald and Duke Ellington play “It Don’t Mean A Thing If It Ain’t Got That Swing”.July 1966

「Ray Nance(tp)のボーカルが素敵です」

Here is Coleman Hawkins Quartet at the Village Gate play ” Josuha Fit the Battle of Jericho”.
Coleman Hawkins (ts), Tommy Flanagan (p), Major Holley (b), Eddie Locke (ds) August 1962
「Major Holleyがアルコソロで大活躍しています」

Here is Sonny Rollins and Coleman Hawkins Quintet play “All The Things You Are”.
Coleman Hawkins, Sonny Rollins (ts), Paul Bley (p), Bob Cranshaw (b) ,Roy McCurdy (ds) NYC,July 15, 1963
「後輩の前で頑張っているホーキンスに大拍手」

Here is Miles Davis Quintet play “Oleo”.
Miles Davis (tp) ,John Coltrane (ts) ,Wynton Kelly (p) ,Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds) Paris, France, March 21, 1960
「マイルスから独立したかったコルトレーンが御大を無視するかのような演奏に注目」

Benny Goodman in Moscow

July 17.2017

Last week I went to a Jazz bar in Umeda in Osaka city.

The master likes Russia and I heard an interesting story about Moscow from him.

Recently I saw the documentary film when Benny Goodman visited to Moscow.

So l would like to post about Benny Goodman’s tours in Moscow.

In 1956, the US State Department created the Jazz Ambassadors program, hiring

leading American Jazz musicians such as Louis Armstrong, Dizzy Gillespie,

Benny Goodman, and Duke Ellington to be “ambassadors” for the United States overseas.

Benny Goodman was probably the world’s best-known jazz musician.

So he traveled the world as Musical Ambassador of Good Will for the United States.

In those days The Times said that some people felt Duke Ellington should have been the first American jazz band to make an official tour of Russia.

In 1962, Benny Goodman embarked on a tour of the USSR with a top-notch big band.

He assembled many superior musicians as sideman.

Photo above of Sightseeing in the Soviet Union by courtesy of Bill Crow
Mel Lewis, Joe Newman, Jimmy Knepper,Willie Dennis, Bill Crow, Victor Feldman

Photo  by courtesy of Bill Crow
Jimmy Knepper,  Phil Woods ,  Turk Van Lake , Teddy Wilson

Joe Newman and Jimmy Maxwell on trumpets, Willie Dennis on trombone, Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims in the reed section, and a rhythm department comprising by John Bunch, Teddy Wilson, Victor Feldman, Bill Crow and Mel Lewis.

About Benny Goodman’s tour, please refer to this website. Go here

Tomorrow I would like to post about “Jazz mission to Moscow”.

先週の金曜日、大阪梅田にある有名なJazz Barに行きました。(ライブ演奏は一切ありません)
マスターはロシアが大好きで、過日行かれたモスクワでの興味深いお話をお聞きしました。又、日本では珍しいウオッカも飲ませて頂きました。(写真)

最近、YoutubeでBenny Goodmanが1962年にモスクワを訪問した時に撮影されたドキュメンタリーフィルム(旧ソ連製作)を観て面白いなと思いました。
そんな訳で1962年にBenny Goodmanがモスクワを訪問したことにつ
いて投稿したいと思います。
1956年、米国国務省は有名ジャズ音楽家のよる外交推進を目的として 「The Jazz Ambassadors program」を創設しました。
Louis Armstrong, Dizzy Gillespie, Benny Goodman, Duke Ellington が「音楽親善大使」として選ばれました。
第二次世界大戦後でもBenny Goodmanは世界で最も有名なジャズミュージシャンでした。それ故、Benny Goodmanは音楽の親善大使として世界中を旅していました。
一方、政府によるソビエトへの公式ツアーがBenny Goodman楽団と決定された時、ニュース雑誌のTimesは最初に訪問すべき音楽家としてはDuke Ellingtonの方がふさわしいとの見解も示していました。
1962年に、Benny Goodmanはモスクワへのツアー準備を開始しました。
サイドマンとして多くの優れたミュージシャンが集められました。

Joe Newman and Jimmy Maxwell(tp)Willie Dennis (tb), , Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims(reed section), John Bunch, Teddy Wilson,Victor Feldman(p), Bill Crow (b) Mel Lewis.(ds)

Benny Goodmanツアーの詳細についてはこのウェブサイトを参照してください。こちらをこクリックして下さい。

明日は名盤「Jazz mission to Moscow」について投稿する予定です。

Here is Benny Goodman in USSR by documentary film.(演奏場面は少ないです。)

Here is Benny Goodman and His Orchestra 1962 “Benny introduced his members”.Moscow, May 1962

Here is Benny Goodman and His Orchestra play “Bugle Call Rag”.

Jazz violinist(5)〜Joe Venuti

November 20. 2016

hqdefault

Four violinists were famous in the 20’s to 30’s,Stephan Grappelli, Joe Venuti, Eddie South, Stuff Smith.

Three people except Stephane Grappelli are Americans.

Joe Venuti was an immigrant from Italy.

He played lightly from salon style to aggressive solos, based on classical techniques.

He pioneered the use of string instruments in jazz along with the guitarist Eddie Lang, a friend since childhood.

He became extremely popular in New York in the the late 1920s and early 1930s.

r-5292248-1389783382-8773-jpeg

He worked with Benny Goodman, Adrian Rollini, the Dorsey Brothers, Bing Crosby, Bix Beiderbecke, Jack Teagarden and others.

Unfortunately, after Eddie Lang’s death in 1933, Venuti’s career began to wane.

However by the violin’s revival boom of the 1960s he was reevaluated.

He recorded many albums until his death in 1978, and he was active in lifelong.

sim

Whereas Grappelli was playing which was conscious of soft tone,Venuti’s improvisation was played at the center of treble.

His timbre is totally solid, and it gets a very sharp impression with a tight attack.

He suffered from alcoholism in his middle age, throughout the 1950s and early 1960s.

He died on August 14, 1978 in Seattle.

Here is Eddie Lang and Joe Venuti and their All Star Orchestra play “After You’ve Gone”. (1931)

Here is their rare clip:Joe Venuti and Eddie Lang play “Wild Cat”.

Here is Joe Venuti and Newport All Stars play “Sweet Georgia Brown”.(1969)

Here is Joe Venuti and George Barnes play “What Are You Doing The Rest Of Your Life?”.

Here is Joe Venuti and Bucky Pizzarelli & Zoot Sims “Blue Four 1974 Jazz FULL ALBUM”

Joe Venuti And Zoot Sims(1~4)
Zoot Sims (ts) Joe Venuti (violin) Dick Hyman (p) Bucky Pizzarelli (g) Milt Hinton (b) Spencer Clark (bass sax) Cliff Leeman (ds)
NYC, May, 1974
(1)My Honey’s Lovin’ Arms
(2)Deep Night
(3)Remember
(4)I Got Rhythm