カテゴリー別アーカイブ: jazz

神戸ジャズ愛好会3月特集関連

20200402

神戸ジャズ愛好会3月例会は中止となりました。中止連絡前に「Facebookグループサイト」に投稿していたブログを添付しました。(各ブログの写真をクリックして下さい)

神戸ジャズ愛好会関連(1)

神戸ジャズ愛好会関連(2)

神戸ジャズ愛好会関連(3)

 

神戸ジャズ愛好会3月例会(3月29日)は中止となりました。

20200331

特集:「Deccaレーベルの名演」
当日ご紹介する予定であったアルバム「Cross Section」

こちら ▶️

 

 

大阪ジャズ同好会次回例会(4月12日)は中止となりました。

20200331

最近は「note」(ブログサービス)でも投稿しています。昨日投稿したブログをこちらで読めるようにしました。

又、本ブログは大阪ジャズ同好会(Facebookグループサイト)で公開しております。

『ジャズ・トロンボーンの名手達:Rita Payes』(2020年3月30日)

こちら ▶️

 

 

 

 

 

10インチシリーズ(4) Dixieland from New Orleans/The Basin Street Six

 

March 04,2020

新型コロナウイルスの影響で楽しみにしていた「ニューオーリンズ ジャズ・ツアー2020」をキャンセルしました。
そんな訳でニューオーリンズ生まれのピート・ファウンテンが参加したThe Basin Street Sixの10インチレコードを久し振りに聞いています。
以下アルバムに収録された順に全8曲添付します。音源は瀬谷徹さんによる「Hot Jazz 78rpms(瀬谷徹さん提供)」からお借りしました。

Here is The Basin Street Six play “South Rampart Street Parade”.

George Girard(tp) Joe Rotis(tb) Pete Fountain(cl) Roy Zimmerman(p) Bunny Franks(b) Charlie Duke(d) New Orleans, August 2 & November 3, 1950

Here is The Basin Street Six play “High Society”.

Here is The Basin Street Six play “Margie”.

Here is The Basin Street Six play “That’s A Plenty”.

Here is The Basin Street Six play “Jazz Me Blues”.

Here is The Basin Street Six play “Lazy River”.

Here is The Basin Street Six play “I Am Going Home”.

Here is The Basin Street Six play “Farewell Blues”.

1959年の映像です(YouTubeから)
Here is Pete Fountain plays “High Society”
The Lawrence Welk Show,February 4, 1959

 

GREAT JAZZ SOLOS(Skylark LP 17)

 

March 01,2020

このレコードは1950年代初期にSkylark社で録音された音源から、Robert Scherman(オーナー)が気に入ったソロ部分を切り取り発売した10インチ盤です。詳細は記載されていませんので、添付の音源をお聞きになってご教示頂ければ幸いです。(Track 5は確認しました)

Robert Scherman
1951年にSkylarkを創立し、1955年に立ち上げたTampaレーベルは日本でも有名です。
Track 5「Nash Maez (ts)」はスタジオ録音でSkylark EP107から収録されたと推測します。

手持ちの資料を添付します。(Tom Lord Discography)

Jam Session:Skylark 11
Maynard Ferguson (tp) Bob Cooper (ts) Abe Most (cl) Paul Nero (vln) Paul Smith (p) Tony Rizzi (g) Stan Fletcher (b) Irv Cottler (d) 1952

英文ですが下記サイトも参考になりました。

こちら ▶️

Track1「Maynard Ferguson (tp) 」 (Skylark 11からと推測)  

Track2「 Tony Rizzi (g) 」(Skylark 11からと推測)

Track3「Bob Cooper (ts) 」(Skylark 11からと推測)

Track4「Paul Smith (p) 」(Skylark 11からと推測)

Track 5「Nash Maez (ts)」Bob Tulley Quintet play “Imagination”.
Bob Tulley (tp) Nash Maez (ts) Hunky Page (p) Paul Binnings (b) Hank Milo (d)
Hollywood, 1950’sSkylark EP107

Track6「Abe Most (cl) 」(Skylark 11からと推測)

第28回 神戸ジャズサロン(20200223)②

February 26,2020

『ジャズの醍醐味「アドリブ」又は「編曲と技量の競い合い(アンサンブル)」』の2回目をご紹介します。

・T川氏

Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band:The “Carrot” Sessions
T川さんの解説によると、オーストラリア出身のバンジョー奏者 Jeff GilbertとBrian “Bee” Minter(英国トランペット奏者)が共同で1959年結成したジャズバンドです。
当時からロンドン在住のニューオーリンズジャズファンに人気があり、1964年 Jeff Gilberが帰国後もBrian “Bee” Minterがバンドを引き継ぎ録音も多く残しています。当日ご紹介された録音(1970〜1976年)は私家盤として発売されロンドンから通信販売で購入されたそうです。

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play ”Ti-Pi-Tin”.
London November 13,1970

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play “Rebecca”.
London November 13,1970

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play “Rambling Rose”.
London November 13,1970

当日ご持参されたGothic Jazz BandのCD(T川氏自作)です。

 

・F川氏

Peter Beets Trio:Our Love Is Here To Stay

本録音の詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Peter Beets Trio play “’S Wonderful”.

 

Ken Peplowski Quartet:Petite Fleur

本録音の詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

ご紹介された「So in Love」は提供出来ませんので、代替として別アルバムから1曲添付します。

Here is Ken Peplowski plays “Body and Soul”.

Ken Peplowski の公式HPを是非ご覧下さい。

こちら ▶️ 

Charlie Parker Big Band:Night and Day

Here is Charlie Parker Big Band play “What Is This Thing Called Love?”.
Jimmy Maxwell, Carl Poole, Al Porcino, Bernie Privin (tp) Bill Harris, Lou McGarity, Bart Varsalona (tb) Charlie Parker, Harry Terrill, Murray Williams (as) Flip Phillips, Hank Ross (ts) Danny Bank (bar) Oscar Peterson (p) Freddie Green (g) Ray Brown (b) Don Lamond (d) Joe Lippman (arr,cond)
New York, March 25, 1952

 

・M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)

1月13日開催された震災メモリアル「K.G. OB&OG JAZZ ALL DAY LONG」で2人のトロンボーン共演(向井滋春と五島健史)を聴き、J.J. Johnsonを3曲ご紹介されたました。

震災メモリアル「K.G. OB&OG JAZZ ALL DAY LONG」については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️ 

五島健史さんについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️   

Here is J.J Johnson and Kai Winding play ”This Could Be The Start Of Something Big”.

J.J. Johnson, Kai Winding (tb) Bill Evans (p) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, October 3, 1960

Here is J.J Johnson and Kai Winding play ”Going, Going, Gong!”.

J.J. Johnson, Kai Winding (tb) Bill Evans (p) Tommy Williams (b) Art Taylor (d)
New York, November 4, 1960

Here is J.J.Johnson plays “Tune Up”.
Nat Adderley (cnt) J.J. Johnson (tb) Tommy Flanagan (p) Wilbur Little (b) Albert “Tootie” Heath (d)
New York, February 19, 1958

 

お気に入りの演奏家(Hank D’AmicoとMike LeDonne) をご紹介されました。

Hank’s Holiday: Hank D’Amico Quartet:
Hank D’Amico (cl) Bill Triglia (p) Milt Hinton (b) Charlie Smith (d)
New York, October 5-8, 1954

Here is Hank D’Amico Quartet play “Bernie’s Tune”.

Here is Hank D’Amico Quartet play ”The Nearness of You”.

Mike LeDonne
1980年代後半、ミルト・ジャクソンのグループに抜擢されハード・バップ系の新星ピアニストとして注目され、現在ではオルガン奏者としても活躍しています。

Here is Mike LeDonne plays ”Lined with a Groove”.

Mike LeDonne のFacebookが面白いです。

こちら ▶️

昨年5月、ニューヨークの有名ジャズクラブでEric Alexanderと共演した演奏がYouTubeでアップされていました。

Here is Mike LeDonne’s Groover Quartet @Smoke Jazz Club
Mike LeDonne (org),Eric Alexander(ts),Paul Bollenback(g),Jason Tiemann(ds)
Smoke Jazz Club, NYC, May 28, 2019

・K氏
アート・ブレーキーのベルギー公演映像(1958年)をご紹介されました。
概要では全7曲が収録されたYouTubeを添付します。

Here is Art Blakey & the Jazz Messangers – Live in Belgium 1958

第28回 神戸ジャズサロン(20200223)①

February 25,2020

2月23日「神戸ジャズサロン」に参加しました。テーマは『ジャズの醍醐味「アドリブ」又は「編曲と技量の競い合い(アンサンブル)」』でした。(参加16人)

概要の前半として4人の会員がご紹介された演奏をお楽しみ下さい。

・H氏
生演奏を初めてお聴きになったのがSuper Sax来日公演だったそうです。(高校1年生か2年生の冬) 当日は4曲(Lover Man 〜Groovin’ High〜Embraceable You〜Just Friends)ご紹介されました。

Here is Supersax plays “Lover Man”.

Conte Candoli (tp) Carl Fontana (tb) Med Flory, Joe Lopes (as) Warne Marsh, Jay Migliori (ts) Jack Nimitz (bar)Lou Levy (p) Buddy Clark (b) Jake Hanna (d)
Los Angeles, 1974

Here is Supersax plays “Groovin’ High”.

Conte Candoli (tp) Carl Fontana (tb) Med Flory, Joe Lopes (as) Warne Marsh, Jay Migliori (ts) Jack Nimitz (bar) Walter Bishop Jr. (p) Buddy Clark (b) Jake Hanna (d)
Los Angeles, 1974

Here is Supersax plays “Embraceable You”.

Conte Candoli (tp) Carl Fontana (tb) Med Flory, Joe Lopes (as) Warne Marsh, Jay Migliori (ts) Jack Nimitz (bar) Ronnell Bright (p) Buddy Clark (b) Jake Hanna (d)
Los Angeles, 1974

(映像を添付します)

Here is Supersax plays “Just Friends”.

Super Saxについては下記のサイト(英文)が面白いです。

こちら ▶️

・M氏
当日配付されたレジュメを添付します。

「Further Definitions」
Benny Carter (as,arr) Phil Woods (as) Coleman Hawkins, Charlie Rouse (ts) Dick Katz (p) John Collins (g) Jimmy Garrison (b) Jo Jones (d) New York, November 13, 1961

Here is Benny Carter and His Orchestra play “Honeysuckle Rose”.

Here is Benny Carter and His Orchestra play “The Midnight Sun Will Never Set”.

続編として制作された「Addition To Further Definitions」全曲を添付しておきます。

Here is Benny Carter and His Orchestra play ”Addition To Further Definitions”.

「前田憲男 ミーツ 5 Saxphone」の音源は提供出来ませんので、代替として前田憲男「ウインドブレイカーズの神髄」から1曲添付します。

Here is 前田憲男 Norio Maeda & Wind Breakers play “Sophisticated Lady”

(別のアルバムから)

Here is 前田憲男(Norio Maeda) & Wind-Breakers play “ I’ll Remember April”.

M氏は「前田憲男ファイブ・サクソフォーン(1967年録音)」を探し求めているそうです。詳細はタクト・ジャズ・シリーズ JAZZ-15(下記サイトを参照願います)

こちら ▶️

・Ch氏

2X2: Ruby and Ellis Play Rodgers and Hartから3曲ご紹介されました。

Ruby Braff (tp) Ellis Larkins (p) New York, October 14, 1955

Here is Ellis Larkins and Ruby Braff play ”Thou Swell”.

Here is Ellis Larkins and Ruby Braff play “I Could Write A Book”.

 

Here is Ellis Larkins and Ruby Braff play “Blue Moon”. 

 

・T氏

当日配付されたレジュメを添付します。

Bud Shank And The Sax Section:
Bud Shank, Bill Perkins (as) Bob Hardaway, Bob Cooper (ts) Jack Nimitz, John Lowe (bar) Dennis Budimir (g) Ray Brown (b) Larry Bunker (d) Bob Florence (arr,cond) LA, December, 1966

Here is Bud Shank And The Sax Section play “Take Five”.

音源の関係から「The sidewinder 」を添付させて下さい。

Here is Bud Shank And The Sax Section play “The sidewinder ”.