Category Archives: jazz

The early recordings by Dave Brubeck(1)

July 26.2017

Photo above of Dave Brubeck, Cal Tjader, and Ron Crotty by courtesy of Tom King

I posted about Dave Brubeck last week.

This week I examined his early recording.

The Dave Brubeck Trio had been recordings on 78 RPM records for Coronet label.

Coronet label was established by the traditional trombonist Jack Sheedy in San Francisco.

Photo by courtesy of JAZZ RESEARCH – blogger

The two 78-rpm records included “INDIANA,” “LAURA,” “TEA FOR TWO” and “BLUE MOON.”

Below my writing is away from Dave Brubeck.

In the 1940s brothers Max and Sol Weiss owned a plastics molding plant in San Francisco’s South of Market District.

In 1948  they began pressing records under the name Circle Record Company.

Max and Sol Weiss began pressing records for Coronet.

In 1949 Coronet found itself unable to pay Circle for their pressings and the Weiss brothers took over the label.

Then Max and Sol Weiss founded a record company as Fantasy label.

So Dave ‘s recordings became the cornerstone of Fantasy label.

先週Dave Brubeckについて投稿しましたが、今週は彼の初期録音時のエピソードを調べてみました。

1949年9月Dave BrubeckはCoronetという会社で4曲レコーディングしました。
この会社は San Francisco在住のディキシートロンボーン奏者であったJack Sheedyが設立しました。

2枚のSPレコードには「Indiana」「Laura」「Tea for Two」「Blue Moon」が収録されています。

以下の文章はDave Brubeckの話題から離れますがご了承下さい。

1940年代にMax WeissとSol Weissという兄弟が San Franciscoの南の地区でプラスチック加工工場を営んでいました。

1948年、二人の兄弟はレコードプレス工場として「Circle Record Company」という名前の会社を立ち上げました。(戦後レコード産業が繁栄するという思惑があったらしいです)

そして二人の会社はJack SheedyからCoronet録音のプレス作業を引き受け始めました。

1949年、Jack Sheedyは資金繰りに困り制作費用を払うことが不可能になった結果、二人の兄弟がその代償としてCoronetレーベルを引き継ぐことになりました。

その後MaxとSol Weiss兄弟は本格的なレコード会社としてFantasyを立ち上げました。

上記の経過からDave Brubeck Trio による4曲はFantasyという会社の「礎」になったといっても過言ではないと思います。

Here is  Jack Sheedy’s Jazz Band play “Muskrat Ramble”.
Jack Minger(cor), Vince Cattolica(cl), Jack Sheedy(tb), Bill Erickson(p), Norman Bates(b),Cuz Cousineau(ds) January 1950 (by Jepsen)

Here is Dave Brubeck Trio play “Indiana”.
Dave Brubeck (p), Ron Crotty (b) ,Cal Tjader (ds)
San Francisco, CA, September, 1949

写真は「Take5(テイクファイブ)」と名付けられたウオッカベースのカクテル。 梅田のジャズバーのマスターが作るカクテルは格別です。

神戸ジャズ愛好会(2017年7月)

July 11.2017

Photo by Discogs

昨日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。
Harry James(1939年)からMiles Davis(Bitches Brew)まで幅広いジャズが楽しめました。お二人のベテラン会員の方がSidney Bechetの演奏を合計6曲も紹介されました。以下詳細を記載致します。

T氏の選曲
(1) Blackstick(American Rhythm)
(2)Mon Homme
Bill Coleman (tp); Sidney Bechet (ss) ;Big Boy Goodie (ts) ;Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, France, October 20, 1949
Sidney Bechet Dial LP 301 Blackstick With Sidney Bechet

(3)Nelly Gray
(4)Old Grey Bonnet
(5)Apex Blues
Marcel Bornstein (cor); Jean-Louis Durand (tb) ;Andre Reweliotty (cl); Sidney Bechet (ss); Yannick Singery (p); Zozo D’Halluin (b); Michel Pacout (ds-5),Wallace Bishop(ds-3.4) September 7, 1951. Paris
Sidney Bechet Dial 302 Sidney Bechet With Wally Bishop’s Orchestra

N氏の選曲
(6)Blues Final
Aime Barelli, Miles Davis, Hot Lips Page, Kenny Dorham, Bill Coleman (tp); Russell Moore, Big Chief(tb); Hubert Rostaing (cl); Sidney Bechet (ss)Pierre Braslavsky(ss); Charlie Parker (as); Don Byas ,James Moody (ts); Hazy Osterwald (vib); Toots Thielemans (g); Al Haig (p); Tommy Potter (b); Max Roach (ds)
May 15, 1949 .Paris

映像コーナーで下記ビデオが上映されました。
Here is Jam Session from the Timex All-Star Jazz Show(1959)
Coleman Hawkins, Roy Eldridge, Dizzy Gillespie, Louis Armstrong, Vic Dickenson, Jo Jones, Duke Ellington, George Shearing,Shelly Manne, among others.
January 7, 1959.

最後になりましたが、小生は「1940年代のジャズ」というテーマに沿って下記のレコードをご紹介しました。再生時にはオーディオパークのCDで聞いて頂きました。

(1)Opening~stopmpin’ at The Savoy(1:25)
(2)Swedish Pastry(3:47)
Benny Goodman, Stan Hasselgard (cl); Wardell Gray (ts); Red Rodney(tp);Wardell gray(ts);Mary Lou Williams (p); Billy Bauer (g); Clyde Lombardi (b); Mel Zelnick (ds); Glen Adams (mc).
Broadcast, WNEW “The Benny Goodman Show” broadcast,
NYC, June 26, July 3,1948

(3)Fat Girl (2:19)
Fats Navarro(tp); Leo Parker(bs);Tadd Dameron(p); Gene Ramey(b); Denzil Best(ds)
NYC January 29, 1947

(4)Progression(3:02)
Lennie Tristano(p);Lee Konitz(a) ;Billy Bauer(g); Arnold Fishkin(b); Shelly Manne(ds)
NYC, January 11, 1949

The Real Ambassadors

July 22.2017

Dave Brubeck was an outspoken advocate of racial harmony through his musical activity.

There was an impressive story about his activity.

He once canceled 23 of 25 concerts in the South when local officials would not allow his African American bass player, Eugene Wright, to appear with the rest of the group.

He had recognized the importance of charitable activities by the music and willingly participated the Jazz Ambassadors program.

Dave and Iola in 1942 by University of the Pacific

Then Dave Brubeck and his wife Iola produced a jazz musical.

It was made a formal request for spreading American culture and music around the world by the U.S. Department of State.

This musical was titled The Real Ambassadors.

Photo above of Louis Armstrong, Carmen McRae, and Iola Brubeck by courtesy of University of Pacific

Photo above of Dave Lambert, Jon Hendricks, and Annie Ross by All Music

Photo above of Miles Davis and Teo Marcero

The Brubecks and Louis Armstrong acted as unofficial ambassadors for their countries.

Louis Armstrong led Lambert, Hendricks & Ross and Carmen McRae.

Teo Macero produced the musical’s soundtrack album in 1961.

Also the musical was performed at the Monterey Jazz Festival in 1962.

Dave Brubeckは音楽活動を通じあらゆる人種が調和すべきであると主張していました。彼の生き方について興味深い話があります。
南部でのコンサートでアフリカ系のベーシストEugene Wrightを出演させない主催者に抗議して、25回予定されていたコンサートの内23回をキャンセルしたという事実もあります。彼は音楽による慈善活動の重要性を認識し「The Jazz Ambassadors program」にも積極的に参加しました。
その後Dave Brubeckと妻Iolaは彼らの主張に沿ったジャズミュージカルを制作しました。
このミュージカルは米国国務省からの要請で、世界中にアメリカの文化や音楽を広めることを目的として製作され「The Real Ambassadors」と題されました。Dave Brubeck並びにメンバー達とLouis Armstrong率いるボーカル陣はアフリカの架空の国を舞台にミュージカルを演じました。
Louis Armstrong はLambert, Hendricks & Ross(ボーカルグループ)と Carmen McRaeを率いました。
1961年、Teo Maceroはこのミュージカルをレコーディングしました。
又、1962年の Monterey Jazz Festival で演奏されました。

Here is ”THE REAL AMBASSADORS”.

“The Real Ambassadors” (3:08)
Dave Brubeck (piano) Gene Wright (bass) Joe Morello (drums) Louis Armstrong, Lambert, Hendricks And Ross (vocals)
NYC, September 12, 1961

“I Didn’t Know Until You Told Me” (2:58)
Dave Brubeck (piano) Gene Wright (bass) Joe Morello (drums) Louis Armstrong, Carmen McRae (vocals)
NYC, September 13, 1961

“Easy As You Go” (2:32)
Dave Brubeck (piano) Gene Wright (bass) Joe Morello (drums) Carmen McRae (vocals)
NYC, September 20, 1961

The Dave Brubeck Quartet in Europe

July 20.2017

MUS-157

Louis Armstrong and Dizzy Gillespie had made earlier tours as the Jazz Ambassadors.

From March to May in 1958, the Dave Brubeck Quartet embarked on an ambitious tour of Europe and Asia that was sponsored by the U.S. State Department.

This tour was part of a “cultural ambassador” program in which the U.S. government sent prominent American musicians abroad to promote American arts and culture during the Cold War.

DaveBrubeckQuartet_web

ajaxhelper-2

Photo above of Joe Morello, Dave Brubeck, and Eugene Wright being greeted at the Iraq Baghdad airport(イラクバクダッド空港) by courtesy of Holt-atherton Special Collections, University Of The Pacific Library.

They had a concert tour in Iran, Iraq, Afghanistan, Pakistan, Turkey and Sri Lanka, among other countries.

Then he got tickets and visas for his quartet to travel through East Germany to Poland.

In Poland, they were among the first U.S. jazz musicians to perform behind the Iron Curtain.

No one from the State Department was there to help him.

Peter Hayes

Photo above of The Dave Brubeck Quartet in Poland(1958) by courtesy of Holt-atherton Special Collections, University Of The Pacific Library.

fullsizeoutput_990

The Dave Brubeck Quartet in Europe is a live album  in 1958 in Copenhagen, Denmark.

I think “Tangerine” by Paul Desmond is best performance.

Also there is special memory for me in this record.

About 30 years ago I purchased this record from a man named Nick Sedelnik at NY ‘s free market.

Nick was a really nice guy and his name was stamped on the bottom right of the commentary.

If someone knows Nick Sedelnik, please contact me.

fullsizeoutput_98f

Louis ArmstrongやDizzy Gillespieは早い時期から米国国務省による音楽大使を務めていました。
Dave Brubeck Quartetも1958年3月から5月までの間に国務省後援によるヨーロッパとアジア方面への音楽ツアーを行なっています。
このツアーは米ソ冷戦時代に有名音楽家を海外に「音楽大使」として派遣しアメリカの芸術と文化の良さを紹介することが目的として国務省が企画しました。
イラン、イラク、アフガニスタン、パキスタン、トルコ、スリランカなどの国々でコンサートが開催されました。
その後、 Dave Brubeckは東ドイツを経由してポーランド行きの「鉄道切符と入国ビザ」を手に入れました。
その結果、 Dave Brubeckは「鉄のカーテンで西側諸国と分断されていたポーランド」で演奏した最初の米国ジャズミュージシャンの一人となりました。
不慮の出来事があった場合に彼を助けるべき国務省の関係者はいなかったそうです。
写真は1958年にデンマークのコペンハーゲンでのライブレコーディングアルバムです。
Paul Desmondによる「Tangerine」が素晴らしい演奏であると思います。
本題から離れますが、個人的にこのレコードには特別な思い出があります。
約30年前、このレコードをNYのフリーマーケットで「5ドル」で購入しました。
Nick Sedelnikという男性が駐車場の壁に多くのレコードを並べて販売していました。
Nickの 名前は裏面の解説文の末尾にスタンプで記載されています。
Nick Sedelnikさんをご存知の方は差し支えなければご連絡ください。

Here is Dave Brubeck talks “Poland tour in 1958.”

Here is THE Dave Brubeck Quartet play “Tangerine”.


Paul Desmond (as) ;Dave Brubeck (p); Gene Wright (b); Joe Morello (ds)
Copenhagen, Denmark, March 5, 1958

Jazz Mission to Moscow

July 18.2017

After Benny Goodman returned home and his members was dissolved ,Jack Lewis produced an album called Jazz Mission to Moscow.

Producer Jack Lewis had worked for Colpix, a new record label set up by Columbia Pictures.

Jack entrusted Al Cohn as arranger, and Al Cohn made this “ten-tette” sound like a true big band.

I think Al Cohn had done a terrific arrangements.

Interesting Al Cohn did’ t participate in the tour of Benny Goodman.

As one of reasons this recording is valuable,Eddie Costa had participated as pianist.

Photo above of Vinnie burke and Tal Farlow and Eddie Costa by courtesy of Pinterest.

Because Victor Feldman had flown home to California, and Teddy Wilson and John Bunch had stayed in Paris.

So producer Jack Lewis Costa called Eddie Costa on recording.

He played an engaging solo in “The Sochi Boatman”.

Unfortunately it was Eddie’s last recordings.

He died in a car accident two weeks later, in the early hours of July 28th, 1962.

I referred to the article by Fernando Ortiz de Urbina( June 27, 2011)

Photo by courtesy of Bill Crow
at the Jazz Mission to Moscow session

Benny Goodmanが帰国しバンドが解散された後に、Jack Lewisが「Jazz Mission to Moscow」というアルバムを製作しました。
Jack Lewisは映画会社のColumbia Picturesが設立したColpixレーベルでプロデューサーとして雇われていました。
アルバム制作に際しJack Lewisは編曲者としてAl Cohnを起用し、Al も10人編成ながらビッグバンドのような サウンドを作り上げ期待に応えました。
Al CohnはBenny Goodmanのツアーに参加しなかったにも拘らず、素晴らしい編曲を提供したと思います。
又、このレコーディングはEddie Costaの参加が価値を高めています。
何故ならVictor Feldman はCaliforniaの自宅に帰っておりTeddy WilsonとJohn BunchはParisで演奏していたからです。
そのためJack LewisはEddie Costaをピアニストに抜擢しレコーディングに臨みました。
Eddie Costaは「The Sochi Boatmanにおいて素晴らしいソロを披露しました。
残念なことですがこのレコーディングがEddie Costaにとって最後の演奏になりました。
彼は2週間後、1962年7月28日の早朝に自動車事故で死亡しました。
以上はFernando Ortiz de Urbina(2011年6月27日)の素晴らしい記事を一部引用しました。

Here is  The Sochi Boatman”.

Here is “Let’s Dance”.

Here is “Midnight In Moscow”.

  • Alto Saxophone, Clarinet – Phil Woods
  • Alto Saxophone, Flute – Jerry Dodgion
  • Arranged By, Conductor – Al Cohn
  • Baritone Saxophone – Gene Allen
  • Bass – Bill Crow
  • Drums – Mel Lewis
  • Engineer – Ed Begley
  • Piano – Eddie Costa
  • Tenor Saxophone – Zoot Sims
  • Trombone – Willie Dennis
  • Trumpet – Jimmy Maxwell, Markie Markowitz
  • July 12, 1962 at Webster Hall, New York.

Benny Goodman in Moscow

July 17.2017

Last week I went to a Jazz bar in Umeda in Osaka city.

The master likes Russia and I heard an interesting story about Moscow from him.

Recently I saw the documentary film when Benny Goodman visited to Moscow.

So l would like to post about Benny Goodman’s tours in Moscow.

In 1956, the US State Department created the Jazz Ambassadors program, hiring

leading American Jazz musicians such as Louis Armstrong, Dizzy Gillespie,

Benny Goodman, and Duke Ellington to be “ambassadors” for the United States overseas.

Benny Goodman was probably the world’s best-known jazz musician.

So he traveled the world as Musical Ambassador of Good Will for the United States.

In those days The Times said that some people felt Duke Ellington should have been the first American jazz band to make an official tour of Russia.

In 1962, Benny Goodman embarked on a tour of the USSR with a top-notch big band.

He assembled many superior musicians as sideman.

Photo above of Sightseeing in the Soviet Union by courtesy of Bill Crow
Mel Lewis, Joe Newman, Jimmy Knepper,Willie Dennis, Bill Crow, Victor Feldman

Photo  by courtesy of Bill Crow
Jimmy Knepper,  Phil Woods ,  Turk Van Lake , Teddy Wilson

Joe Newman and Jimmy Maxwell on trumpets, Willie Dennis on trombone, Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims in the reed section, and a rhythm department comprising by John Bunch, Teddy Wilson, Victor Feldman, Bill Crow and Mel Lewis.

About Benny Goodman’s tour, please refer to this website. Go here

Tomorrow I would like to post about “Jazz mission to Moscow”.

先週の金曜日、大阪梅田にある有名なJazz Barに行きました。(ライブ演奏は一切ありません)
マスターはロシアが大好きで、過日行かれたモスクワでの興味深いお話をお聞きしました。又、日本では珍しいウオッカも飲ませて頂きました。(写真)

最近、YoutubeでBenny Goodmanが1962年にモスクワを訪問した時に撮影されたドキュメンタリーフィルム(旧ソ連製作)を観て面白いなと思いました。
そんな訳で1962年にBenny Goodmanがモスクワを訪問したことにつ
いて投稿したいと思います。
1956年、米国国務省は有名ジャズ音楽家のよる外交推進を目的として 「The Jazz Ambassadors program」を創設しました。
Louis Armstrong, Dizzy Gillespie, Benny Goodman, Duke Ellington が「音楽親善大使」として選ばれました。
第二次世界大戦後でもBenny Goodmanは世界で最も有名なジャズミュージシャンでした。それ故、Benny Goodmanは音楽の親善大使として世界中を旅していました。
一方、政府によるソビエトへの公式ツアーがBenny Goodman楽団と決定された時、ニュース雑誌のTimesは最初に訪問すべき音楽家としてはDuke Ellingtonの方がふさわしいとの見解も示していました。
1962年に、Benny Goodmanはモスクワへのツアー準備を開始しました。
サイドマンとして多くの優れたミュージシャンが集められました。

Joe Newman and Jimmy Maxwell(tp)Willie Dennis (tb), , Phil Woods, Jerry Dodgion, and Zoot Sims(reed section), John Bunch, Teddy Wilson,Victor Feldman(p), Bill Crow (b) Mel Lewis.(ds)

Benny Goodmanツアーの詳細についてはこのウェブサイトを参照してください。こちらをこクリックして下さい。

明日は名盤「Jazz mission to Moscow」について投稿する予定です。

Here is Benny Goodman in USSR by documentary film.(演奏場面は少ないです。)

Here is Benny Goodman and His Orchestra 1962 “Benny introduced his members”.Moscow, May 1962

Here is Benny Goodman and His Orchestra play “Bugle Call Rag”.

The early Kai Winding(5)

July 13.2017

Photo by courtesy of Jazz Profiles “Lament”

Finally, I would like to write about forming a double-headed group with J.J.Johnson.

In early 1946, he began appearing on 52nd Street with the small circle of bebop innovators.

In June ’46, after several years of recording as a big band sideman, he made his first session as a leader.

Unfortunately he lost his cabaret card – the New York musician’s indispensable passport to employment.  The revocation of his card meant the loss of his ability to work in the city’s nightclubs.

Then he was invited by Miles Davis and Gil Evans to participate in the nonet sessions,”Birth of the Cool”.

By this time, Johnson had established his reputation as the preeminent trombonist in modern jazz.

Also Kai Winding was always to an extent overshadowed by J.J. Johnson

In those days the trombone was considered an unusual instrument to lead a combo.

In 1954, producer Ozzie Cadena proposed the marriage of two trombones “ .

Photo above of Ozzie Cadena

The session of Winding and Johnson was Cadena’s first session as a producer for Savoy.

I posted about Ozzie Cadena last year.Go here 

So the two leaders became a hugely popular club attraction and critical favorite.

ブログの最後としてJ.J.Johnsonと双頭バンドを結成した経由を書きたいと思います。
1946年初め頃、J.J.Johnsonはビバップ革命の中心地であったNYの52番街に登場してきました。
BigBandのメンバーとしてレコーデングに参加した後に、46年6月最初のリーダー作を録音しています。
残念なことに軽犯罪の罪によりニューヨークのジャズクラブで働くために必要なキャバレーカードを取り消されてしまいます。即ちニューヨークのジャズクラブで働けなくなった時期もありました。
その後、Miles DavisとGil Evansによる「クールの誕生」の演奏陣として参加しています。
1949年時点ではJ.J.Johnsonはモダンジャズトロンボーン奏者における第一人者としての地位を確立していました。
一方Kai Windingは常にJ.J.Johnsonsの後塵を拝すことになりました。
当時、一般的にはモダンジャズコンボの編成においてトロンボーンはリード楽器としては珍しい存在と考えられていました。
1954年、プロデューサーのOzzie Cadenaは2人のトロンボーンによる合奏を提案しました。
Kai WindingとJ.J.Johnsonによる双頭バンドのレコーディングは、Ozzie CadenaのSavoyでの最初の仕事になりました
昨年、Ozzie Cadenaについて投稿しています。
時間があればこちらをクリックして下さい。
その後、2人の双頭バンドはジャズクラブで人気を博し、「J&K」として今日でもジャズファンには親しまれています。

Here is J J Johnson & Kai Winding Quintet play “Lament”.(1954)
J.J. Johnson, Kai Winding (tb), Billy Bauer (g), Charles Mingus (b), Kenny Clarke (ds)

Here is Chris Connor sings “I Concentrate On You”.
Chris Connor(vo)J.J.Johnson,Kai Winding(tb)Herbie Mann(fl,ts)
Ralph Sharon(p)Joe Puma(g)Milt Hinton(b)Osie Johnson(ds)
April,1955