タグ別アーカイブ: Gerry Mulligan

おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝(大阪ジャズ同好会特集)

May 4.2018

おやまぁあんたまで!!「歌いたがり屋」列伝  解説 吉瀬 拓雄氏 (2015年4月12日)

今回は「歌いたがり屋のジャズ奏者たちが大集合です。ジャズのレコード録音は1917年、白人バンドの0DJBが始まりと されますが、その前年に女性歌手マリオン・ハリス、さらに遡る1911年にラグタイム キングと呼ばれたジーン・グリーンが残した歌声もあるそうです。とはいえ、ヴォーカ ルをジャズの主要なパートに押し上げたのは1920年代半ばにホット5を結成したル イ・アームストロングの功績でしょう。その影響は、ビング・クロスビーら多くの歌手にとどまらず、器楽奏者たちにも歌う楽しさ(快感)を教えてしまったのでした。

まずは、ルイに刺激された調子のいいトランペッターたちの歌声を…

(1) HENRY RED ALLEN

ルイより5つ年下のニューオリンズ出身で、ルイス・ラッセル、キング・オリヴ アーらのバンを経て独立。当日はDark Eyes(1944)を選曲されましたが音源がありません。代替としてJ.C.Higginbotham(tb)達とコーラスしている映像を添付しました。

Here is Henry Red Allen sings “Drink Hearty”.(1946)

Photo by YouTube

(2) BUNNY BERIGAN
学生バンド時代にハル・ケンプに見出されて欧州ツアーに参加。ポール・ホワ イトマン、ベニー・グッドマン楽団にも所属し独立。36年のメトロノーム誌人 気投票で首位。40年にはトミー・ドーシー楽団に加わったが、33歳で早世。

Here is Bunny Berigan sings “Star dust” .

(3) ROY ELDRIDGE
1930年代半ばから活躍し、40年には白人ビッグバンド最初の黒人レギュラーと してジーン・クルーパ楽団に迎えられた。その後アーティー・ショウ楽団、JA TP、グッドマンの欧州ツアーにも参加。これは自己パンド時代の演奏で、メンパーにサヒブ・シーハブの名も。歌題は「恥ずかしくないかい?」でしょうか。

Here is Roy Eldridge sings “Ain’t that a Shame” (1946)

 

Photo above of  Charlie Shavers by Wikipedia

(4)CHARLIE SHAVERS
20歳前にジョン・カービー楽団に入り、大半の編曲を手がけたといわれる才人。 トミー・ドーシーやグッドマン楽団にも参加。多くの録音を残したレイ・ブライ アントトリオとのアルバム「Digs Dixie」から自作曲を。グリークスはペテンの俗語?

Here is Charlie Shavers sings “Daddy’s Got The Gleeks”.(1959)

 

5) DIZZY GILLESPIE
ビバップやラテンリズムの導入でモダンジャズの功績者と讃えられる一方、テ ディ・ヒル、キャブ・キャロウエイら所属楽団のボスや仲間と衝突を繰り返した という。MJQメンバーも彼の楽団にいた。クインテットの演奏で、ビル・グラハ ム(as)、ウイントン・ケリー(p)、ボニー・グリッグス(b), アル・ジョーンズ (d)。(他にナット・アダレイ、クラーク・テリーも歌っているようです)

Here is Dizzy Gillespie sings “Blue Skies”

トロンポーンはおなじみジャック・ティーガーデンを省略してこの人に…

Photo above of Tyree Glenn by AllMusic

 

(6) TYREE GLENN
べニー・カーター楽団などを経てキャブ・キャロウエイ、デューク・エリントン楽団へヴァイブ奏者との二足のわらじで活躍。歌の方もトロンボーンと同様、 楽しさがあふれます。クインテットのメンバーは、メリー・オズボーン(g)、トミー・フラナガン(p)、チャーリー・ポッター(b)、ジョー・ジョーンズ (d)。
歌うサックス奏者は少なく、他にソニー・スティット、トランバウアー、古谷充ぐらい

Here is Tyree Glenn sings “Yes Sir That’s My Baby” (1957)

 

(7) GERRY MULLIGAN
ピアノレスのカルテットなど、意欲的試みでウエストコーストから新風を吹か せたあのマリガンが歌ってます。フュージョンのデーヴ・グルーシンと組んだ 全曲自作のアルバム。ジェイ・レオンハート(b)、バディ・ウイリアムス (a)。

Here is Gerry Mulligan sings “I Never Was A Young Man”. (1980s)

ピアニストで歌っているのはホーギー・カーマイケル、マット・デニスといった作曲家系と弾き語りトリオの元祖ナット・キング・コールは割愛して、次の2人を

 

(8) OSCAR PETERSON
ナット・コールとの約束で歌を封印したと言われるピーターソンが、その前に 吹き込んだアルバム「Romance」の1曲。ナットの死後もリスペクト盤を1枚出しただけでした。バックはバーニー・ケッセル(g)と、レイ・ブラウン(b)。

Here is Oscar Peterson sings “I Can’t Give You Anything But Love”. (1953)

Photo by National Jazz Museum in Harlem
Happy Birthday Jay McShann

(9) JAY MCSHANN
カンザスシティ・ジャズ時代を知るベテランの復活第2弾。ジェリー・マリガ ン(bs)、ハービー・マン (fl)、ジョン・スコフィールド(g)、ジョー・モレ ロ(d)、ジャック・シックス(b)というメンバーを得て気持ちよく歌い、弾いて います。前に聴いてもらったマリガン 94年の同曲はこれの完成形でしょうか。

Here is Jay Mcshann sings “Georgia On My Mind”.(1978)

負けじとオルガンも、そしてドラムもベースもヴァイヴも

(10) JIMMY SMITH
Tell Me(1966)
ピアノ弾きが歌うなら俺だって、とジミー・スミスも歌います。バックのメ ンバーは不詳ですが、彼にはもう1枚ジョニー・ペイト楽団をバックにした歌入りアルバム「The Other Side Of Jimmy Smith」もあるそうです。当日選曲された「Tell Me」の音源の代替としてYouTube映像をご覧下さい。
Here is Jimmy Smith and Kenny Burrell play “Got my Mojo Workin’ “(1993)

 

( 11)BUDDY RICH
リッチ・ヴォイスといろアルバムのタイトル通り、なかなかのいい声でいい歌いっぷり。バックはハル・ムーニー楽団。もう1枚ある「Just Sing」では、 ベン・ウェブスターやハリー・エディソンらをバックに歌っています。
(ドラマーではグラディ・テイトも歌っているそうですが…)

Here is Buddy Rich sings “Me And My Shadow”(1959)

 

(12) RED MITCHEL
Love You Madly(1988)
1968年から長期にわたってスウェーデンに居を移し、これも現地にクラーク テリーを迎えてのデュオ録音。アルバムの約半数5曲がデューク・エリントンの作で、自作の詞をつけて彼に敬意を表しクラークも最後でハモります。
選曲された「Love You Madly」についても音源の代替として下記を添付します。

Here is Red Mitchell sings “When I’m Singing “.

Recorded:New York City, October 31, 1982

 

(13)LIONEL HAMPTON
RCAビクターは 1937年から4年間、ハンプトンにニューヨーク滞在中は自由に使ってくれと録音スタジオを開放していたそうです。その初期にあたるこの曲はバスター・ベイリー(cl)、ジョニー・ホッジス(as)、コジー・コール (d)らをバックに気持ちよく、そして後年に比べ極めて真摯に歌っています。

Here is Lionel Hampton sings “On The Sunny Side Of The Street”. (1937)

 

(14) MILT JACKSON
全曲歌入りのアルバムもある無類の歌いたがり屋さん。ビリー・ホリデーや シナトラの歌唱で知られる「アイム・ア・フール・トゥ・ウォント・ユー」まであるのですが、パリでエンリコ・イントラ・グループと歌ったこの曲を。契約の関係か、ヴァイブを叩かず、歌に徹しています。ピアノは彼かも…。

Here is Milt Jackson sings “Autumn Leaves” (1964 )

以上 14 曲、「楽器で歌う」ことに専念する多くのミュージシャンには失礼な企画ではありましたが、1曲でも気に入ってもらえる物があったなら幸いです。

神戸ジャズサロン(2018年4月例会)「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」

May 2.2018

Photo by YouTube

先週の日曜日神戸ジャズサロンに参加しました。テーマは「楽器も、歌も聴かせるミュージシャン」でした。

自宅に帰ってから資料の順にYouTube映像を観て楽しんでいます。

今回もベテラン会員の方から面白い話が聞けとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

小生にとって「Andrea Motis,Nicki Parrott,Esperanza Spalding」については馴染みがありませんでしたがバラエティに富んだ内容だったと思います。

以下、当日ご紹介されたミュージシャンをYouTube映像でお楽しみ下さい。

1.T川さん(トラッド愛好家)

Here is Jack Teagarden & Louis Armstrong sing “Old Rockin’ Chair”.
New York,on December 30, 1957

Here is Fats Waller sings “Ain’t Misbehavin’” and “Stormy Weather” (1943).

2.Tさん

Here is Les McCann & Eddie Harris play “Compared To What”.
Eddie Harris(ts),Les McCann(p, vo),c(tp),Leroy Vinnegar(b),Donald Dean(ds)
June 21, 1969  at The Montreux Jazz Festival

3.Fさん(大阪ジャズ同好会で新譜紹介を担当されています)

Here is Nicki Parrott with Les Paul Trio play “I’ll Be Your Baby Tonight”.

Here is Andrea Motis and Joan Chamorro Quintet with Scott Hamilton play “Lullaby of Birdland”.

4.Y瀬さん(いつもおしゃれな選曲をされます)

Here is Gerry Mulligan Sings “I Never Was A Young Man”.

5.Iさん

Here is Esperanza Spalding sings “Little Fly” .

6.Kさん

Here is 「小川理子」Riko Ogawa Swinging’ Stride Jazz Band play “How Long Has This Been Goin’ On”.
小川理子(P.Vo) 佐久間 和(G) 小林真人(B) 木村純士(Ds) ODJC 2017.11.19(島之内教会)

7.M氏(神戸ジャズサロン主宰者)

Here is Frank Sinatra and Louis Armstrong sing “Birth of the Blues”.

8.平野

Here is Joe Bushkin with Axel Stordahl and orchestra singss “I Love A Piano” (1951 TV)

Here is Woody Herman Orchestra play “Doctor Jazz” 1939

最後に番外編として最近気に入っている映像を添付致します。

Here is Louis Armstrong, Jack Teagarden, Barney Bigard & Earl Hines
Jack Teagarden(tb,vo), Barney Bigard(cl), Earl Hines(p), Arvell Shaw(b), Cozy Cole(ds)  December 26, 1950, L.A. “THE STRIP”

The early Kai Winding(4)

July 11.2017

Kai Winding participated in some early bebop sessions such as Tadd Dameron’s recordings,and also recorded his leader sessions.

Today I will introduce his leader’s recordings from in 1946 to in 1953.

images

In January 1946 Kai and Stan Getz had recordings on Savoy label as “Kai’s Krazy Kats”.

2200

Photo by The Guardian

Recently these recordings reissued by Mosaic label as “Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49.”

In April 1949 Kai and Gerry Mulligan with George Wallington recorded  four tunes on Roost label.

They adopted “Wallington’s Godchild” by George Wallington.

miles-davis-nonet

Photo above of The Miles Davis nonet as ‘Birth of the Cool,’ from left, Bill Barber, Junior Collins, Kai Winding, Max Roach (obscured behid screen), Al Haig (at piano) by courtesy of All About Jazz

It was first performed by Miles Davis and His Orchestra in 1948 and was recorded “Birth of the Cool” by Miles Davis.

In May 1951 Kai and Brew Moore recorded again at Roost label.

77862430_o

We can hear these four tunes on Youtube,which are added previous Roost recordings(1949).

In March 1952 Kai recorded again four tunes at Savoy label.

Lou Stein(p), and (b), Tiny Kahn(ds), Al Young(bgs,timbales)

Unknown

As a matter of course these recordings are not included “Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49”.

In June 1953 Kai and Howard McGhee “Kai Winding and his Birdlanders” cut four tunes  at MGM label.

 

Photo by courtesy of Jazzinphoto(WordPress)

1940年代の後半、Kai Windingは Tadd Dameronによる初期のバップセッションに参加すると共に、自分をリーダーとする録音を行なっていました。

今日は1946年から1953年までのリーダ作品を順番に紹介していきたいと思います。

1946年1月Kai WindingとStan Getz はSavoyレコードに「 Kai’s Krazy Kats」の名前でレコーディングを行いました。

最近、これらの録音は別テイクを含め「 Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49」としてMosaicレーベルで発売されています。

1949年4月Kai WindingとGerry MulliganはGeorge Wallington と共にRoostレコードに4曲録音しました。
Gerry Mulliganの提案と推測しますがGeorge Wallingtonが作曲した「Wallington’s Godchild」を取り上げています。

この曲は1948年にMiles Davis and his Orchestraによって初めて演奏され「Birth of the Cool」の中で再演されています。

1951年5月Kai WindingはBrew Mooreと組み再びRoostに録音しました。
この時の4曲は1949年のRoost録音に追加される形で最近Youtubeにアップされました。正確な録音データを記載しておきます。(Youtubeの記載データには誤りがあります)

1952年3月Kai Windingは再びSavoyレコードに4曲録音しています。
音源を紹介できないですが参加メンバーを記載しておきます。
Lou Stein(p), and Eddie Safranski(b), Tiny Kahn(ds), Al Young(bgs,timbales)

当然ですがこれらは「Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49」に収録されていません。

1953年6月Kai Windingは「Kai Winding and his Birdlanders」という名前で Howard McGheeと共演しています。リズム陣はMJQです。

Here is Kai Winding’s New Jazz Group play “Sweet Miss”.
Shorty Rogers(tp),  Kai Winding(tb), Stan Getz(ts),  Shorty Allen(p), Iggy Shevack(b), Shelly Manne(ds),  December 14, 1945

Here is Kai Winding Sextet plays “Wallington’s Godchild”.
Kai Winding (tb), Brew Moore (ts), Gerry Mulligan (bs), George Wallington (p), Curley Russell (b), Max Roach (d). NYC, April 1949.

Here is Kai Winding plays “Night On Bop Mountain”.
Jerry Lloyd(tp),Kai Winding(tb),Brew Moore(ts),Gerry Mulligan(bs), George Wallington(p), Curley Russell(b) Roy Haynes(ds),  August 23, 1949

Here is Kai Winding’s Band play “I’m Shooting High”.
Kai Winding(tb),Warne Marsh(ts),Billy Taylor(p),Jack Lesberg(b),Charlie Perry(ds),  April 27,1951

Here is Gerry Mulligan & Kai Winding All Stars ‎– Modern Jazz Spectacular
[SIDE ONE]“Wallington’s Godchild”“Bop City”“Sleepy Bop”“Crossing The Channel”.
Kai Winding (tb), Brew Moore (ts), Gerry Mulligan (bs), George Wallington (p), Curley Russell (b), Max Roach (d). NYC, April 1949.

[SIDE TWO]“Honey”“Someone To Watch Over Me”“Harem Buffet”“Cheek To Cheek”.
Kai Winding(tb), Brew Moore(ts),Lou Stein(p), Jack Lesberg(b), Don Lamond(ds) NYC, May 31,1951

Here is Kai Winding’s Birdlanders plays “That a Plenty”.
Kai Winding(tb), Howard McGhee(tp),Eddie Shu(ts),John Lewis (p),Percy Heath(b),Kenny Clarke(ds) NYC,June 1953,

Chubby Jackson(5)

May 26.2017

Photo above of Woody Herman, Chubby Jackson, and Abraham Rosen by courtesy of Library of Congress(Gottlieb, William P. collection)

Chubby Jackson had continued the New York version of The Little Rascals for 13 years.

In 1978 and 1979, he and Woody Herman toured with Lionel Hampton’s band.

So he visited to Japan at the Aurex Jazz Festival in 1981.

He joined as the special guest with Lionel Hampton and Woody Herman.

He passed away October 1, 2003 in Bernardo, California at the age of 84.

Fortunately his children have been active in the music world.

His son Duffy Jackson became a jazz drummer, and toured with the Count Basie Orchestra.Go here

His daughter Jaijai Jackson created the entertainment world entitled The Jazz Network Worldwide. Go here

Photo above of Chubby and Duffy Jackson by courtesy of the Only Father-and-Son Bass and Drum Team in Jazz

Chubby Jackson はThe Little Rascals(ニューヨーク編)を13年間続けました。
晩年はジャズ界の大御所たちと世界中のツアーに参加しています。
1978年と1979年、Woody Hermanと共にLionel Hampton楽団に加わりツアーを行いました。
1981年にはAurex Jazz Festivalの特別ゲストとしてLionel HamptonとWoody Hermanらと日本に来日しました。
2003年10月1日、カリフォルニア州ベルナルドで亡くなりました。享年84歳の人生でした。
幸いにも彼の子供たちは音楽界で活躍しています。
息子のDuffy Jacksonはジャズドラマーになり、Count Basie楽団に入団しました。
こちらをクリックして下さい。(父の思い出話がwebにありました)
彼の娘Jaijai Jacksonは、『The Jazz Network Worldwide』というwebsiteを運営しています。
こちらをクリックして下さい。(サイトの左下に父についてのコメントがあります)

Here is Coleman Hawkins with  Chubby Jackson play “Summertime”.
Henry “Red” Allen (tp), Earl Warren (cl), Coleman Hawkins (ts), Marty Napoleon(p),Chubby Jackson (b), George Wettling (ds)   New York, August 7, 1958

Here is Red Rodney’s Be-Boppers play “Elevation”.
Red Rodney(tp), Allen Eager(ts), Serge Chaloff(bs) –
Al Haig (p), Chubby Jackson(b), Tiny Kahn(ds)
NY January 29, 1947

Here is Chubby Jackson All Star Band with Gerry Mulligan play “Sax Appeal”.
Howard McGhee, Al Porcino, Don Ferrara (tp), J.J.Johnson, Kai Winding (tb), Charlie Kennedy (as), Georgie Auld, Zoot Sims (ts), Gerry Mulligan (bars, arr*), Tony Aless (p), Chubby Jackson (b), Don Lamond (dm)
N.Y., March 15, 1950

Here is Lionel Hampton and Duffy Jackson play “DRUM BATTLE”.

The RCA Victor Jazz Workshop(3)

December 07. 2016

hal_mckusick

Photo above of Hal McKusick(photo from 27East.com)

“The Jazz Workshop (RCA Victor LPM-1366)” について、大阪梅田の兎我野町にあったジャズ喫茶「JOJO」のマスターが連載されているブログの一部を引用します。日本のブログで私が最も参考にしているブログです。

original-jazzville/jojoのブログ Go here

2014年02月11日

A面1曲目”Tommy Hawk” アレンジはジョニー・マンデル。これに先立つ、1954年9月に録音されている、Chet Baker “Sextet” Pasific Jazz で、同じアレンジが使用されていた。
A面3曲目”Blues For Pablo”は、1957年5月のMiles Davis “Miles Ahead” で再演されておりマキュージック盤が前哨戦かの様だ。

Hal McKusick was born in Medford Massachusetts, June 1924.

He became a saxophone player in several big bands in the 1940s and and early 1950s in bands like Boyd Raeburn, Claude Thornhill and Elliot Lawrence.

Also his close colleagues were George Russell, Art Farmer, Bill Evans and Jimmy Guiffre.

In 1955 he formed his own quartet, featuring himself on the alto saxophone, Barry Galbraith on guitar, Milt Hinton on bass and Osie Johnson on drums.

He recorded four albums at his own quartet.

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

(1)Hal McKusick Quartet (Bethlehem BCP-16 Feb.17,1955)

(2)In A Twentieth-Century Drawing Room (RCA Victor LPM-1164 Sep.13/14/29, 1955)

(3)The Jazz Workshop (RCA Victor LPM-1366 March 3,April 3/4,Dec.31,1956)

(4)Jazz On The Academy(Coral CRL-57116 Nov. 3, 1956)

These recordings were important because he experimented with a quartet without a piano.

Their sound was like Gerry Mulligan’s pianoless quartet.

In addition he adopted a proficient arrangers like Manny Albam or Al Cohn.

About his achievement I recomend reading JazzWax’s terrific intervew. Go here

Here is Hal McKusick Octet play “Tommyhawk”

Here is Chet Baker Sextet play “Tommyhawk”.

Here is Hal McKusick  plays “Blues for Pablo”.

Here is Miles with Gil Evance play “Blues For Pablo”.

The early Swedish Jazz(5)

Unknown

Today I want to post about my most favorite Swedish musician.

Swedish musicians were touring around the Europe in 1950s.

In 1954 Lars Gullin made great success in the audience.

Lars Gullin was born 4 May, 1928.

He first began playing the accordion as a young boy.

In 1947 he also learned to play the piano and clarinet.

He joined the Seymour Österwall’s band for playing alto saxophone.

At that time he was offered the position of baritonesax in the group.

As a matter of course when he started playing baritonesax , he was obviously influenced by Gerry Mulligan.

49cool

Photo above: The Miles Davis Nonet

In 1949 he discovered two 78-records of the Miles Davis Nonet.

He was very impressed with Mulligan’s soft playing and laid back style.

Then his tone became richness and depth, warmth, light and shadow, like a cello.

He was noted in the American favorite polls.

Also he was the Down Beat Poll Winner of New Star for baritonesax.

On May 17, 1976, he died of a heart attack at 48 years old.

He left a legacy of more than 120 compositions and 450 recorded melodies.

In addition he left hundreds of hours of fabulous private and radio/TV recordings.

Here is Lars Gullin’s “DANNY’S DREAM”  in 1954.

Here is Lars Gullin’s All-Stars playing “Stella By Starlight” in 1962.

Here is Lars Gullin’s All-Stars playing “Milestones” in 1962.

 

 

 

 

Elliot Lawrence(4)

May 20.2016

279914

About Gerry Mulligan, I’m not going to write.

However, JazzWax posted last conversation with Mulligan.

Elliot Lawrence said:
”In the mid-1990s, my phone rang at 3 a.m. My wife answered it, nudged me and said, “It’s Gerry.” By then, Gerry had liver cancer and his wife had tried everything to get him cured. She even took him to South America to seek care. I got on the phone, and Gerry said, “Elliot, I just wanted to tell you one thing. The happiest time in my life was when I was 17 with you and we were working together on your band.”

From 1946–1954 The Elliot Lawrence Band became a traveling band performing at dances, concerts, college proms and headline gigs.

The band was recording many albums for Decca, Columbia, RCA, Fantasy records.

Then two members of his band were taking a home movies.

These films have been exposes on YouTube.

About their tour, please refer to the JazzWax.

http://www.jazzwax.com/2015/08/elliot-lawrence-on-the-road.html