タグ別アーカイブ: Miles Davis

神戸ジャズ愛好会7月例会(2019年7月28日)特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』①

2019年7月29日

神戸ジャズ愛好会7月例会の特集「白人ジャズメン・ジャズウィメンの名手は誰?』

今回は4人のベテラン会員がご紹介された演奏をお楽しみ下さい。尚、僭越ながらブログ作成者が追加した音源もございます。

Y瀬氏(8月度大阪ジャズ同好会で特集「また暴挙ご容赦〜さまざまなSUMMERTINE で60分』を担当されます)

「Gerry Mulligan」

(以下、当日配付されたレジュメのコメントを修正せず転載します)

マリガンにパリが大熱狂
ジャズを手ほどきしてくれた遠縁の従兄に影響され、ブルーベックにはまった私が、初めての冒険で大枚?をはたいたのがジェリー・マリガンのパリ・コンサート盤でLPの両面に各4曲。 三色旗のジャケが粋で、バリトンサックスの音が凄くて、何よりもピアノレスの編曲が素敵でした。そのマリガンとブルーベックが組んだ時代もありさらにCDの時代に入って全18曲収録盤まで現われました。ファン大熱狂の中でのメンバー紹介に続き、最も気に入りの曲と、拡大盤からの1曲を。

Here is Gerry Mulligan Quartet play ”Love me or Leave me”.
Bob Brookmeyer (valve tb), Gerry Mulligan (bs), Red Mitchell (b), Frank Isola (ds)
Paris June ,1,1954

Here is Gerry Mulligan Quartet play ”Bark for Barksdale”.
Members of the recording are the same as above.

下記はGerry Mulliganの公式HPです。(いつも参考にしています)

こちら ▶️

M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)

「 Tal Farlow」

Here is Tal Farlow Quartet play “These Foolish Things”.
Claude Williamson(p) Tal Farlow(g) Red Mitchell(b) Stan Levey(ds)
LA January 17,1955

Here is Tal Farlow Quartet play “I Remember You”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Tal Farlow Quartet play ”How Deep Is The Ocean”.
Members of the recording are the same as above.

Here is Tal Farlow Quartet play “Manhattan”.
Members of the recording are the same as above.

当日は上記の他に「Fascinating Rhythm」をご紹介されましたが、この曲に関しては映像を添付します。

Here is Tal Farlow Trio play “Fascinating Rhythm”.
Tommy Flanagan and Red Mitchell

下記写真はブログ作成者が大阪ジャズ同好会でご紹介したTal Farlowに関する名著です。

 

F川氏(大阪ジャズ同好会で新譜紹介をされています)

「Gene Dinovi(ジーン・ディノヴィ)」

当日は「Jordu」他1曲をご紹介されましたが、本ブログでは同じアルバムから 「I concentrate on you」を添付致します。

Here is Gene Dinovi Trio play “I concentrate on you”.
Gene Di Novi (p) Neil Swainson (b) Kazuaki Yokoyama (ds)
Yokohama, November 21, 2006

同じくマシュマロレコード制作でもう1曲添付しました。

Here is Gene DiNovi Trio play “So In Love”.

Gene DiNovi (p)Neil Swainson (b)Terry Clark (ds)
Canada March 2001

マシュマロレコードのHPで詳細をご確認願います。

こちら ▶️ HP右端のARTISTS(一番上)「GENE DINOVI」をクリックして下さい。

ブログ作成者からサイドメンとして参加した録音を1曲追加させて下さい。

Here is Lester Young And His Band play “The Sheik of Araby”.
Lester Young (ts) Gene Di Novi (p) Chuck Wayne (el-g) Curly Russell (b) Tiny Kahn (d)
New York, December 29, 1947

 

Photo by AllMusic

N瀬氏(サックスも吹かれるドクターです)

「Gil Evans」

Here is Miles Davis With Gil Evans Orchestra play “Springville”.
Miles Davis – Flugelhorn
Gil Evans – Arranger, Conductor
Johnny Carisi, Bernie Glow, Taft Jordan, Louis Mucci,Ernie Royal(tp)
Lee Konitz(as)
Joe Bennett, Jimmy Cleveland, Frank Rehak(tb),Tom Mitchell(btb)
Edwin Caine,Sid Cooper,Romeo Penque -(flute, cl),Danny Bank(bcl)
Jim Buffington, Tony Miranda,Willie Ruff(French Horn),Bill Barber(tuba)
Paul Chambers(b),Art Taylor(ds)
NYC May 23,1957

ブログ作成者から1曲追加させて下さい。

上記傑作の4ヶ月後にGil Evansは最初の自己リーダー作を録音しています。

Here is Gil Evans And Ten play ”Remember”.
John Carisi, Jake Koven (tp) Jimmy Cleveland (tb) Bart Varsalona (b-tb) Willie Ruff (fhr) Lee Konitz (as) [as Zeke Tolin (as) ] Steve Lacy (sop) Dave Kurtzer (bassoon) Gil Evans (p,arr,cond) Paul Chambers (b) Jo Jones (d)
Hackensack, N.J., September 6, 1957

 

 

 

大阪ジャズ同好会(2015年6月14日) 特集『もう1人のバップトランペッター~ファッツ・ナヴァロ』

June 21,2019

Photo above of Fats Navarro by courtesy of Discogs

今回は4年前(2015年6月14日)の特集「もう1人のバップトランペッター~ファッツ・ナヴァロ」(解説 寺本 泰規氏)をブログとして作成しました。以下当日配付されたレジュメを編集せず記載いたします。

バップ時代のトランペッターといえばまずディジー・ガレスピーの名前が挙がりますが、彼の影響を受けたハワード・マギーを師匠としたファッツ・ナヴァロ(Sep,24, 1923~July 7, 1950)はその実力に伴った評価・人気を受けているとは思えません。同時代に同じ楽器のプレイヤーがいれば当然比較されるわけですが、メトロノーム・オールスターによる演奏ではナヴァロは共演したガレスピーやケニー・ドーハムらと間違えられるなどの扱いを受けていますが、いまでは故大和明氏によってその間遅いは正されています。(と私は考えています。)アメリカの有名なジャズ評論家でさえ間違えるほど似通っているところはありますが、聞き込めばその違いは割と見極められると思います。今回の例会ではそんなファッツ・ナヴァロの演奏を聴いていただくことにより、彼のファンになっていただければと考えています。まず最初に聴いていただくのは師匠格に当たるハワード・マギーのプレイです。当時ナヴァロはアン ディ・カーク楽団に在団していましたが、ソロパートは与えられておらず、ソロは全てハワード・マギ ーです。

1. 「McGhee Special」(broadcast, NYC, circa 1944)
Andy Kirk & His Orchestra
Art Capehart, Harry Lawson, Howard McGhee, Fats Navarro(tp) Taswell Baird, Bob Murray, Wayman Richardson(tb) Reuben Phillips, Ben Smith(as) Jimmy Forrest, Joe Harrington(ts) Ed Loving(bs) John Young(p) Booker Collins(b) Ben Thigpen(ds)

当日ご紹介された1944年の音源(上記「Big bands of the “Savoy”」)は手元にございませんので、1942年の録音を代替として添付しました。
Here is Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy play “McGhee Special”.
Johnny Burris, Harry Lawson (tp) Howard McGhee (tp,arr) Ted Donnelly, Milton Robinson (tb) John Harrington (cl,as) Ben Smith (as) Edward Inge (cl,ts) Al Sears (ts) Kenny Kersey (p,arr) Floyd Smith (g,el-g,vcl) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) June Richmond (vcl) Andy Kirk (dir)
New York, July 14, 1942

この演奏を良く頭に入れて次の演奏を聴いてみてください。彼のソロが最初に録音された演奏です。当時のビリー・エクスタイン楽団はバッパーを多く抱えており、ガレスピー楽団を凌駕するくらいモダンな演奏に終始していました。ここではジーン・アモンズのソロを始め、ナヴァロのメロディアスで歌心あふれるソロに注目です。

2. 「Love Me Or Leave Me」(AFRS Jubilee broadcast, LA, CA, Feb & Mar,1945)
Billy Eckstine & His Orchestra
Gail Brockman, Boonie Hazel,Shorty McConnell,Fats Navarro(tp) Joe Taswell Baird, Chippy Outcalt, Howard Scott, Gerald Valentine(tb) Bill Frazier, John Jackson(as) Gene Ammons(ts) Budd Johnson(ts, arr) Leo Parker (bs) Connie Wainwright(g) John Malachi(p) Tommy Potter(b) Art Blakey(ds) Billy Eckstine, Lena Horne, Sarah Vaughan (vo) Tadd Dameron, John Malachi, Jerry Valentine(arr)

いかがでしたか。彼自身はビッグバンドでの演奏は自由が無いということで嫌いだったようで、エクスタイン以後短期間のバンド在団を除くと、コンボにおける吹き込みが多くなっていきます。次は一時期モダンジャズメンとの共演を行ったホーキンスのコンボにおけるソロです。

3. 「Bean And The Boys」(SR1858-1)(NYC, Dec,1946)
Coleman Hawkins & His Orchestra
Fats Navarro(tp) J.J.Johnson(tb) Porter Kilbert(as) Coleman Hawkins(ts) Hank Jones(p) Curly Russell(b) Max Roach(ds)

ビッグバンドにおけるソロをもう一曲聴いていただきましょう。スイング~モダンジャズ時代に活躍 したイリノイ・ジャケー楽団での演奏です。

4.「Jivin’ With Jack The Bellboy」 (NR97-2)(NYC, January 7, 1947)
llinois Jacquet And His Orchestra
Miles Davis, Marion Hazel or Russell Jacquet, Fats Navarro, Joe Newman(tp) Gus Chapell, Ted Kelly, Fred Robinson, Dicky Wells(tb) Ray Perry, Jimmy Powell(as) Illinois Jacquet, Clay Nicholas or Budd Johnson(ts) Leo Parker(bs) Bull Doggett(p) Al Lucas(b) Shadow Wilson(ds)

これより以後は全てコンボスタイルによる演奏です。次は「他の男のところでは働きたくないんだ」 と言わしめたタッド・ダメロンとの共演です。彼の真価を遺憾なく発揮した最初のグループと言えるでしょう。

Photo above of Tadd Dameron and Fats Navarro by courtesy of Wikipedia

5.「The Squirrel」 (BN305-1) (WOR Studios, NYC, Sept 26, 1947)
Tadd Dameron Sextet
Fats Navarro(tp) Ernie Henry(as) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b) Shadow Wilson(ds)

ナヴァロはパーカーとも何度か共演し録音を残していますが、その最初の記録がこの時の演奏です。 ただしこの曲に関しては終始ソロを取っており、彼の素晴らしいメロディックセンスを味わうことができます。

6. 「Fats Flats 」(broadcast. “Bands For Bonds* WOR Studios, NYC, Nov.8,1947)
Barry Ulanov And His All Star Metronome Jazzmen
Fats Navarro(tp) Charlie Parker(as) Lennie Tristano(p) Billy Bauer(g) Tommy Potter(b) Buddy Rich(ds) Bruce Elliott, Barry Ulanov(announcer)

珍しい演奏をご紹介したいと思います。後年クリフォード・ブラウンも参加していたハンプトン におけるものです。曲の途中から始まっていますが、劈頭のソロは紛れもなくナヴァロです。(当日ご紹介された録音は添付出来ないことを了解願います。)

7. 「Hot House」(broadcast,”Howard Theatre”, Washington, May 1,1948)
Lionel Hampton & His Orchestra
Teddy Buckner, Wendell Culley, Duke Garrette, Fats Navarro, Leo Shepherd (tp) Sonny Craven, Andrew Penn, Britt Woodman, Jimmy Wormick(tb) Ben Kynard, Bobby Plater(as) John Sparrow. Billy Williams(ts) Charlie Fowlkes (bs) Lionel Hampton(vi,p, ds, vo) Milt Buckner(p) Charlie Harris, Charles Mingus(b) Earl Waiker(ds)

再びダメロンとの演奏です。ミディアムテンポで軽快にソロを展開する彼の演奏は、ガレスピーに代 表されるようにハイノートに偏ること無く、暖かみにあふれたプレイとなっています。

8. 「Good Bait」 (broadcast, “Royal Roost”, NYC, August 29, 1948)
Tadd Dameron Sextet
Fats Navarro(tp) Rudy Williams(as) Allen Eager(ts) Tadd Dameron(p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(ds)

べニー・グッドマンも1948年から49年にかけて、なぜかモダンジャズメンをバンドに入れてモダンスタイルに変身したことがありました。残念ながらビッグバンドでのソロ演奏は残っていませんが、唯一コンボにおける演奏が1曲だけ残されています。ワーデル・グレイと共に彼のモダンなセンスが聴 かれる演奏となっています。(グッドマンだけがスイングスタイルの演奏を繰り広げており違和感はぬぐえません。)

9.「Stealin’ Apples」(2974-3)(NYC, September 9,1948)
Benny Goodman Septet
Fats Navarro(to) Benny Goodman(cl) Wardell Gray(ts) Gene Di Novi (p) Mundell Lowe(g) Clyde Lombardi (b) Mel Zelnick(ds)

さてナヴァロはわずかですが歌手の伴奏も録音しています。ここではダイアル盤に残された演奏から、パーカーの演奏で有名な「ヤードバード組曲」を聴いてください。オリジナルの演奏よりテンポを落としていますが、彼の趣味の良いフレーズが光ります。

10.「Yardbird Suite」(D1163-C)(NYC, November 29,1948)
Earl Coleman & His All Stars
Fats Navarro(tp) Don Lanphere(ts) Linton Garner(p) Al Casey(g) Jim Johnson(b) Max Roach(ds) Earl Coleman(vo)

昔、アメリカの雑誌メトロノームの主催によるジャズメンの人気投票があり、上位者によるオールス ターが編成され録音を行いました。次の演奏はビクターに吹き込まれたオールスターによるもので、当時の人気がうかがえる結果となっています。特に演奏の後半に繰り広げられる3人のトランペットの4小筋交換はデヴィス、ナヴァロ、ガレスピーと思われます。(故大和明氏の見解。一部デヴィスとガレ スピーが入れ替わっている。)

Photo by Metronome

11. 「Overtime(long version) (DOVC0021-2) (RCA Studios, NYC, January 3, 1949)
Metronome All-Star Bands
Miles Davis, Dizzy Gillespie, Fats Navarro(tp) J.J.Johnson, Kai Winding (tb) Buddy DeFranco(cl) Charlie Parker(as) Charlie Ventura(ts) Ernie Caceres(bs) Lennie Tristano(p) Billy Bauer(g) Eddie Safranski(b) Shelly Manne(ds)

再びダメロンとの共演です。この共演以後ダメロンとの演奏は残されていません。

12. 「Sid’s Delight」(3391-3E)(NYC, January 18,1949)
Tadd Dameron & His Orchestra
Fats Navarro(tp) Kai Winding(tb) Sahib Shihab(as) Dexter Gordon(ts) Cecil Payne(bs) Tadd Dameron (p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(as) Vidal Balado(congas) Diego Ibarra(bongos)

今度の演奏はその存在は知られていたものの、2002年まで正式にリリースされなかったものと、今更ながらこんな素晴らしい演奏がなぜ公開されなかったのか不思議でなりません。彼の素晴らしいバラード演奏が聴かれます。

13. 「The Things We Did Last Summer」(“Carnegie Hall”,NYC, Nov 2,1949)
Jazz At The Philharmonic
Fats Navarro(tp) Hank Jones(p) Ray Brown(b) Shelly Manne(ds)

ブルーノートに彼はバド・パウェルと共に多くのテイクを吹き込んでいますが、ロリンズの初期の演奏が聴かれる「異教徒のダンス」を聴いてください。

14. 「Dance Of The Infidels」(BN362-1)(WOR Studios,NYC, August 9,1949)
Bud Powell’s Modernists
Fats Navarro(tp) Sonny Rollins(ts) Bud Powell(p) Tommy Potter(b) Roy Haynes(ds)

次の演奏は彼のレコーディング歴の中であまり注目を受けていませんが、4曲19テイクにわたって バップ・プレイヤーとは思えぬサトルなプレイに終始しており、早死にしなければ一流のモダンジャズ プレイヤーとしてもっと知られる存在になっていただろうと想像するにふさわしいものです。

15. 「Infatuation」(JRC37D)(NYC, September 20,1949)
Don Lanphere Quintet
Fats Navarro(tp) Don Lanphere(ts) Al Haig(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)

最後はバードランドにおける3人のバップの巨人の共演です。ただしこの演奏ではパーカーのソロは ありません。

16. 「A Night In Tunisia」(broadcast,”Birdland”,NYC, May 15 & 16,1950)
Charlie Parker Quintet
Fats Navarro(tp) Chartie Parker(as) Bud Powell(p) Curly Russell(b) Art Blakey(ds)

本ブログでは「Ornithology」を添付しました。
Here is Chartie Parker Quintet play “Ornithology”.
Fats Navarro(tp) Chartie Parker(as) Bud Powell(p) Curly Russell(b) Art Blakey(ds)

彼の初期から最晩年の演奏までを聴いていただきましたが、その演奏から後年のクリフォード・ブラ ウンのプレイを感じるのは私だけではないと思います。これを機会に是非ナヴァロの演奏に親しみを持 っていただければと思います。

(使用音源)
1. 「Big bands of the “Savoy”」(Caracol CAR 424)(LP)
2.「Together / Billy Eckstine」(Spotlite 100)(LP)
3. 「Bean & The Boys / Coleman Hawkins」(Prestige PR 7824)(LP)
4.「The Complete Aladdin Sessions / Illinois Jacquet] (Aladdin 803) (LP)
5.「 The Fabulous Fats Navarro, Vol. 1」 (Blue Note BLP 1531) (LP)
6. 「Anthropology」 (Spotlite SPJ 108) (LP)
7. 「Lionel Hampton In Concert」 (Cicala Jazz Live (it) BLJ 8015) (LP)
8. 「Good Bait / Fats Navarro, Tadd Dameron」 (Riverside NW 2007)(LP)
9. 「Cool Clarinet 」(Capitol CR-8803) (LP)
10. 「Move! / Dexter Gordon」 (Spotlite SPJ 133) (LP)
11. 「From Swing To Be Bop」 (RCA RA-96-100) (LP)
12. 「Bebop Professors 」(Capitol CR-8812) (LP)
13. 「J.A.T.P. At Carnegie Halt 1949 / Jazz At The Philharmonic]」(Pablo PACD 5311-2)(CD)
14. 「The Amazing Bud Powell vol.1 / Bud Powell」 (Blue Note BLP 1503) (LP)
15. 「The Thin Man Meets Fat Boy vol.」 (Misterioso MLP 1982) (LP)
16. 「One Night In Birdland / Charlie Parker」 (Columbia JG 34808) (LP)

第18回例会特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

June 07.2019

6月の特集『ベーシストに注目してジャズを楽しむ』を担当されるのは浦谷敏行氏です。

浦谷氏は2016年4月(第18回例会)に特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』を担当されていました。

今回は3年前の特集で取り上げられた「モダンジャズの巨人」の映像をお楽しみ下さい。

レジュメの序文を転載します。

特集『モダンジャズの巨人をあらためて聴いてみよう(ただし自分流選曲)』

あらためて「モダン・ジャズ・ジャイアンツ」を取り上げた特集を企画してみました。
ただ、あまりにも有名な定番的名演を取り上げても「何を今さら・・・」みたいな感じになるので、個人的にお気に入りの演奏を選んでみました。
ソニー・ロリンズ、マイルス・デイビス、ジョン・コルトレーン、セロニアスモンクを取り上げます。(ナビゲーター浦谷敏行)

Sonny Rollins
50年代ロリンズの歌心あふれる演奏

1. On A Slow Boat To China
Sonny Rollins(ts),Kenny Drew(p),Percy Heath(b) ,Art Blakey(ds)
New York, December 17, 1951

2. It’s All Right With Me
Sonny Rollins(ts),Ray Bryant(p), George Morrow(b), Max Roach(ds)
Hackensack, N.J., December 2, 1955

1968年、デンマークでの演奏を添付します。
Here is Sonny Rollins Quartet play ”Improvising a solo introduction”.
Sonny Rollins(ts),Niels-Henning Ørsted Pedersen(b) ,Albert “Tootie” Heath(ds) Denmark in 1968

Miles Davis
しっとりとしたバラード、そしてあの名曲を電気マイルスがこんな風に料理しました。対 照的な2曲。

3. Something I Dreamed Last Night
Miles Davis (tp),John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Hackensack, NJ., May 11, 1956

4. Round About Midnight
Miles Davis (tp),Wayne Shorter(ts), Chick Corea(p), Dave Holland(b) ,Jack De Johnette(ds)
Jazz Festival, Juan-les-Pins, France, July 25, 1969

昨年YouTubeでアップされた映像を添付します。
Here is Miles Davis Quintet play ”Festiva De Juan Pins 1969”.

John Coltrane
ひとつの頂点に達した Coltrane の演奏。

5. Soul Eyes
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 11, 1962

6. Crescent 
John Coltrane (ts) McCoy Tyner (p) Jimmy Garrison (b) Elvin Jones (ds)
Englewood Cliffs, N.J., April 27, 1964

翌年に撮影された映像を添付します。
Here is John Coltrane Quartet play “Naima”.
Belgium in 1965

Thelonious Monk
世評芳しくない後期のモンクも聴いてみましょう。

7.Blue Monk
Thelonious Monk (p)
live in San Francisco, CA, October 20 and 21, 1959.

8. Misterioso 
Thelonious Monk (p) Charlie Rouse(ts) Larry Gales(b) Ben Riley(ds)
Live At The It Club October 31 and November 1, 1964

上記と同じメンバーでの映像を添付します。
Here is Thelonious Monk Quartet play “Lulu’s Back in Town 〜 Don’t Blame Me〜Epistrophy”.
Copenhague in 1966

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)⑥特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(4)」

May 31,2019

Photo by Pinterst

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の最終回です。寺本世話人と平野の選曲を紹介します。

寺本氏
「I Got Rhythm」

Here is Dickie Wells and his Orchestra play “I Got Rhythm”.
Bill Coleman(tp) Dicky Wells(tb) Lester Young(ts) Ellis Larkins(p) Freddie Green(g) Al Hall(b) Jo Jones(ds) New York, December 21, 1943

「Nice Work if You Can Get It」

Here is Bud Powell Trio play “Nice Work if You Can Get It”.
Bud Powell(p),Curly Russell(b), Max Roach(ds) New York January 10, 1947

「How Long Has This Been Going On?」

Here is June Christy and Stan Kenton sings “How Long Has This Been Going On?”.

「 I’ve got a crush on you」

当日はLaurie Holloway(p)と共演したアルバム(1983年)からのご紹介でしたが、YouTube映像(画質の悪さについてはご了承願います)を添付しました。
Here is Cleo Laine sings “ I’ve got a crush on you.”

平野
「Embraceable You」だけに限定しました。
1930年のミュージカル「Girl Crazy」の挿入曲として「But Not for Me」「I Got Rhythm」と共に名曲となりました。
手元の資料では896曲(2014年まで)録音されています。最初の録音(1930年10月23日)はRed Nichols(The Captivators)が録音しています。

【追悼】Doris Day

Here is Doris Day sings “Embraceable You” (1944)

「Bobby Hackett」

当日はSavoryコレクションから選曲しましたが、ブログでは著作権の関係もあり別の録音を添付します。

Here is Bobby Hackett And His Orchestra play “Embraceable you”.
Bobby Hackett (cnt,arr) Sterling Bose, Jack Thompson (tp) Brad Gowans (v-tb,arr) George Troup (tb) Pee Wee Russell (cl) Louis Colombo (as) Bernie Billings (ts) Ernie Caceres (bar) Dave Bowman (p) Eddie Condon (g) Sid Jacobs (b) Don Carter (ds) Buck Ram (arr) New York, April 13, 1939

「Charlie Parker」

二つのテイクを聴き比べ(ダイヤルセッション)して頂きました。
Miles Davis(tp) Charlie Parker(as) Duke Jordan(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)
New York, October 28, 1947

(D 1106-A)

(D-1106-B)

Photo above of Charlie Parker and Ross Russell by courtesy of Jazz Riffing on a Lost Worcester: Dial in the Birdie

 

1959:Jazz’s Vintage Year

May 12,2019

大阪ジャズ同好会次回例会の持ち寄りテーマは『1960年代のジャズ』

以下、寺本世話人の案内を記載します。
「この例会ではあまり取り上げる機会がなかった1960年代のジャズで お気に入りのものがあればご紹介ください。当時最新のモダンジャズでも結構ですし、古くからのジャズメンの当時の演奏でも結構です。」

個人的な感想ですが「1960年代のジャズ」を語るためには「1959年に発表された傑作アルバム」は重要であると思っています。

1959年に録音された作品については、小生がインターネットで聴取しているジャズ番組で特集されていました。

「1959:Jazz’s Vintage Year」2009年3月放送

番組はストリーミング放送(1時間)で下記のサイトから聴くことが可能です。

こちら ▶️

以下、放送された名曲だけをYouTube音源で添付致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが、1959年には3人のジャズの巨人が亡くなっている事も追記いたします。

3月15日 シドニーべシェ (パリで永眠)

5月14日 レスター・ヤング

7月17日 ビリー・ホリディ

(再)大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要④持ち寄り「『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』(後)

April 18,2019

参加者持ち寄り『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』「スイング時代のビッグバンド」の後半は寺本氏と平野が選曲した演奏をお楽しみ下さい。

・寺本氏

With Cannonball Adderley 「Somethin’ Else」 (Blue Note )より
「Autumn Leaves」 Alternate take(別テイク)
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), Hank Jones(p), Sam Jones(b), Art Blakey(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, March 9, 1958

別テイクについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介された音源の代替としてヨーロッパ公演(1964年)の映像を添付しました。(今回は1960年代以降の持ち寄りがございませんでした)

Here is Miles Davis Quintet play “Autumn leaves”.
Miles Davis(tp), Wayne Shorter(ts), Herbie Hancock(p), Ron Carter(b), Tony Williams(ds) October 11, 1964.

・平野

「FM東京アスペクトインジャズ」から
「The Man I Love (Alternate take)(油井正一解説付)」
Miles Davis And The Modern Jazz Giants (Prestige PRLP 7150)
Miles Davis(tp), Milt Jackson(vib), Thelonious Monk(p), Percy Heath(b),Kenny Clarke(ds) NJ, December 24, 1954

 

上記解説は「あどりぶ寄席(アドリブ創刊号)」に詳述されております。
例会当日に回覧したページを添付致します。アドリブ創刊号242ページ〜245ページ)

 

Photo above of Juliette Greco & Miles Davis by courtesy of Pinterest

大阪ジャズ同好会第36回例会(2019年4月14日) 概要③持ち寄り「『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』(前)

April 17,2019

Jeanne Moreau and Miles Davis during the recording of the music for Louis Malle’s film “Elevator to the Gallows,” in December, 1957.Photograph by AGIP / RDA / Everett

4月例会の持ち寄り『マイ・ベスト・マイルス・デヴィス』については、2回に分け(前半は4人)ご紹介させて頂きます。

・Y瀬氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

学生のころにいた森小路に近い千林商店街のレコード店で「来月出るのが凄いらしいよ」 と教えられたのが1957(昭和32)年3月発売の「ラウンド・ミッドナイト」です。マイルスのメジャー・レーベル移籍第1弾で、それまでマイルスを聴いたことは無かったのですが、その音盤以上に衝撃を受けたのは翌58年9月に公開された映画「死刑台のエレベータ ー」でした。そのサウンドトラックと、後年に完全版として追加されたテストテイクを合わせて、マイルスとルイ・マル、そしてジャンヌ・モローの輝きをご堪能ください。
1.「テーマ(GENERIQUE)」
2.「ドライブウェーのスリル」
3.「プティバックの酒場にて」
(以上サウンドトラック)
4.「シャンゼリゼの夜(テーマ)」
(テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4)

本ブログでは映画の予告編を添付しました。

ご紹介された「テイク1-3 冒頭各0:30+テイク4」を本ブログで再現しました。

 

・T村氏(レジュメに記載されたコメントを編集せず転載致しました)

マイルス デヴィスの持ち味が最もよく表れた演奏が、プレスティジのマラソンセッ ションです。バラードのワンホーンを二曲聴いてください。
1.「When I Fall In Love」
2.「It Never Entered My Mind」(May 11,1956)
Miles Davis(tp) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) John Coltrane(ts)が加わっての演奏です。
3.「Airegin」(Oct.26,1956)
個人的には、ジョン コルトレーンを帯同した1960年の3月のJATPの欧州ツア ーでのマイルスが一番好きですが、マイルスがかすむくらいコルトレーンが凄すぎて、今 回は取り上げるのを遠慮(?)しました。マイルスは、私の最初のアイドルであり、特別な存在です。1960年代の末に二度目の来日公演が、トニー ウイリアムスの麻薬が原因で中止になった時ほど失望したことはありません。

Here is Miles Davis Quartet play “When I Fall in Love”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quartet play “It Never Entered My Mind”.
Miles Davis(tp), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, May 11, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Airegin”.
Miles Davis(tp), John Coltrane(ts), Red Garland(p), Paul Chambers(b), Philly Joe Jones(ds)
Van Gelder Studio, Hackensack, NJ, October 26, 1956

 

・K氏(今回の特集を担当されました)
Another Tracks Of Kind Of Blueより「Blue In Green」
Here is Miles Davis Quintet play “Blue In Green”.
Miles Davis(tp), Cannonball Adderley(as), John Coltrane(ts), Bill Evans(p), Paul Chambers(b), Jimmy Cobb(ds)
Columbia 30th Street Studios, NYC, March 2, 1959

 

・N瀬氏(神戸ジャズ愛好会のベテラン会員)
Miles Davis European Tour ’56より「How High The Moon」
Here is Miles Davis and Lester Young play “How High The Moon”.
Miles Davis(tp) Lester Young(ts) John Lewis(p) Milt Jackson(vi) Percy Heath(b) Connie Kay(ds)
Germany,Nov.12,1956

UNSPECIFIED – CIRCA 1970: Photo of Lester Young Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images