タグ別アーカイブ: Stan Getz

大阪ジャズ同好会第38回例会(2019年8月11日) 「新譜紹介」

August 14,2019

猛暑にも拘わらず今回の例会には16人が参加されました。例会概要として「新譜紹介」からご紹介致します。

新譜紹介(古川 正孝氏)

1.『Stan Getz with European Friends』(CDSOL-45978)

上記アルバムと同じメンバーの映像を添付します。

Here is Stan Getz Quartet play “Ghost of A Chance”.(6:44迄)
Stan Getz (ts)Martial Solal (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Live, “Cannes Jazz Festival,” Cannes, France, July 12, 1958

 

2.『Karin Bachner/ Ella Forever』(CD-0932)

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Karin Bachner sings “A-Tisket, A-Tasket”.

Here is Karin Bachner sings “The Very Thought Of You”.

 

3.『大隅寿男/ キャラバン』(MYCJ-30663)(ジャズドラマー大隅寿男 活動50周年記念盤)

 

Here is 大隅寿男 plays “Caravan”.

大隅寿男のHPをご覧下さい。

こちら ▶️

4.『Calabria Foti / Prelude to A Kiss』(MOCO 23-06)

 

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介されました「On the Street Where You Live」は音源が提供出来ませんので、3年前の映像を添付します。

Here is Calabria Foti sings “On the Street Where You Live”.

Live at E-Spot Lounge April 17,2016

今月(8月7日)に行われたライブの案内も添付します。

こちら ▶️

(追記)古川氏が上記CDについて「ピアノがロジャー・キャラウェイ(ROGER KELLAWAY)であったので購入しました」とコメントされました。

 

5.『Jiro Yoshida / Red Line』(SICJ-10010)

本CDについては下記のサイトをご覧下さい。

こちら ▶️

吉田次郎のHPをご覧下さい。

こちら ▶️

当日ご紹介されました「Goodbye Pork Pie Hat」は音源が提供出来ませんので、大阪ロイヤルホース(ROYAL HORSE)でのライブの映像を添付します。

Here is Jiro Yoshida ”LIVE AT ROYAL HORSE”.

(追記)古川氏が上記CDを選択した理由として「川口千里さんのドラムを聞きたかったからです」とコメントされました。

来月、上記大阪ロイヤルホース(ROYAL HORSE)に川口千里さんが出演予定です。

 

 

 

 

 

 

 

第25回神戸ジャズサロン(2019年6月30日)②

July 02,2019

第25回神戸ジャズサロン「ビッグバンド(ラージ・アンサンブルの醍醐味を楽しみましょう)」に参加しました。今回は3人のベテラン会員による選曲をご紹介します。

・Y瀬氏
テッド・ヒース楽団(Ted Heath)

グレン・ミラーに憧れ全米ツアーも果たしたテッド・ヒース楽団を4曲ご紹介されました。

Here is Ted Heath And His Big Band play ”St. James Infirmary”.

Here is Ted Heath And His Big Band play ”Dark Eyes”.

Here is Ted Heath And His Big Band play ”Caravan”.

Here is Ted Heath And His Big Band play “High Society”.

尚、Y瀬氏は大阪ジャズ同好会8月例会で特集を担当されます。

日時:2019年8月11日(日)14時~17時
場所:ジャズ喫茶「ディアロード」
特集:「また暴挙ご容赦〜さまざまなSUMMERTINE で60分』

昨年2月の「ALL OF ME」に続いて1曲集中特集。今回は ガーシュインの 「サマータイム」です。ご存じの通り、1935年作曲のフォークオペラ「ポ ギーとベス」冒頭で歌われる子守唄。名手たちがそれぞれの思いを寄せ、アレンジを加えて奏で、歌い上げるその多彩さで、退屈さとは無縁だろうじていますが・・・。その際は「夏来たる」季節に免じてご容赦を。

・N瀬氏

ウディ・ハ ーマン楽団

今回ご紹介された「Woody’s Winners」のジャケットデザインが大好きで、自宅では額に入れて飾っておられるそうです。(Bill ChaseとDusko Goykovichが在籍していました)

Here is Woody Herman And His Orchestra play “Greasy Sack Blues”.
Bill Chase, Don Rader, Dusko Goykovich (tp,arr) Gerry Lamy, Bobby Shew (tp) Frank Tesinsky, Don Doane, Henry Southall (tb) Woody Herman (cl,as,ss,vcl) Sal Nistico, Gary Klein, Andy McGhee (ts) Tom Anastas (bar) Nat Pierce (p,arr) Tony Leonardi (b) Ronnie Zito (d)
Live “Basin Street West”, San Francisco, CA, June 28, 29 & 30, 1965

Greasy sack blues

Here is Woody Herman And His Orchestra play “Opus de Funk 〜Blue Flame”.
Members of the recording are the same as above.

Opus de funk〜Blue Flame

上記録音の翌月(ディスコグラフィーで確認)に撮影された映像を添付します。

Here is Woody Herman And His Orchestra ”Live In Antibes”(1965)
Ron Myers (tb) replaces Frank Tesinsky
“Jazz Festival”, Antibes, France, July 28, 1965

・T川氏

ウディ・ハ ーマン楽団

Here is Woody Herman And His Orchestra play ”Early Autumn”.
Woody Herman And His Orchestra:
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Red Rodney, Ernie Royal (tp) Shorty Rogers (tp) Bill Harris, Earl Swope, Ollie Wilson (tb) Bob Swift (b-tb) Woody Herman (cl,as,vcl) Sam Marowitz (as) Al Cohn, Zoot Sims (ts,arr) Stan Getz (ts) Serge Chaloff (bar) Terry Gibbs (vib,vcl,arr) Lou Levy (p) Chubby Jackson (b,vcl) Don Lamond (ds)Ralph Burns (arr) New York, December 30, 1948

アール・ハインズ楽団

Here is Earl Hines And His Orchestra play ”Sister Kate”.
Shirley Clay, George Mitchell (cnt) William Franklin (tb,vcl) Lester Boone (cl,as,bar) Toby Turner (cl,as) Cecil Irwin (ts,cl,arr) Earl Hines (p,vcl) Claude Roberts (bj,g) Hayes Alvis (tu,vcl,arr) Benny Washington (ds) Chicago, February 24, 1929

The Charleston Chasers

Here is The Charleston Chasers play “Basin Street blues”.
Ruby Weinstein, Charlie Teagarden (tp) Glenn Miller (tb) Jack Teagarden (tb,vcl) Benny Goodman (cl) Sid Stoneburn (as) Larry Binyon (ts) Arthur Schutt (p) Dick McDonough (g) Harry Goodman (b) Gene Krupa (ds) New York, February 9, 1931

上記“Basin Street blues”でのボーカル(Jack Teagarden)については、「ルイ・アームストロングの録音(1928年)に歌詞を付け加えた」というお話がございました。

Here is Louis Armstrong & His Hot Five play “Basin Street Blues”.
Louis Armstrong (tp,vcl) Fred Robinson (tb) Jimmy Strong (cl) Earl Hines (p) Mancy Carr (bj) Zutty Singleton (ds) Chicago, 4 December, 1928

ブログ作成者からレッド・ニコルス楽団での録音(Jack Teagardenボーカル)も追加させて頂きました。

Here is Louisiana Rhythm Kings play “Basin Street Blues”.
Red Nichols (cnt,) Jack Teagarden (tb,vcl) Pee Wee Russell (cl) Bud Freeman (ts) Joe Sullivan (p) Dave Tough (d) New York, June 11, 1929

The New Orleans Ragtime Orchestra

ブルック・シールズを一躍スターにした『プリティ・ベビー』(ルイ・マル監督/1978年制作)のサウンドトラックから「Heliotrope Bouquet」をご紹介されました。(音源は手元にございません)

ニューオーリンズの「ストーリーヴィル」を舞台とした映画『プリティ・ベビー』の予告編を添付します。こちら▶️

又、上記映画とは関係ありませんが、The New Orleans Ragtime Orchestraの映像も添付します。

Here is The New Orleans Ragtime Orchestra ”Live – 1970”.

Lionel Ferbos(tp),Orange Kellin(cl),William Russell(violin)
Paul Crawford(tb), Lars Edegran(p),James Prevost(b),Josiah “Cie” Frazier(ds)

バイオリンはジャズ研究家のWilliam Russellです。

William Russellについては下記サイトを是非ご覧下さい。

こちら ▶️

神戸ジャズ愛好会3月例会(2019年3月21日) ③ 特集「あなたの好きなカウント・ベイシー」

March 27,2019

・寺本世話人
1954年に録音された「Count basie Live at Birdland」から4曲紹介されました。上記レコードにはベイシー楽団とスタン・ゲッツによる唯一の共演が3曲収録されています。

1. April in Paris
2. Little Pony(solo:Stan Getz)
3. Easy Living(solo:Stan Getz)
4. Nails(solo:Stan Getz)
Count Basie And His Orchestra
Wendell Culley, Reunald Jones, Thad Jones, Joe Newman(tp) Henry Coker, Bill Hughes, Benny Powell(tb) Marshall Royal(as,cl) Frank Foster, Stan Getz, Ernie Wilkins(ts) Charlie Fowl kes(bs) Count Basie(p) Freddie Green(g) Eddie Jones(b) Gus Johnson(ds)
“Birdland”, NYC, December 16, 1954)

以下スタン・ゲッツのソロ演奏を3曲メドレーでお楽しみ下さい。(司会はバードランドの名物司会者Pee Wee Marquetteでベイシーとの写真も下記に添付しました)

Here is Count Basie And His Orchestra with Stan Getz play “Little Pony〜Easy Living〜Nails”.

 

 

Count Basie and Stan Getz seated with two unknown men, in Musicians Club with band performing in background with bass and trumpet, Pittsburgh, Pennsylvania, 1950. (Photo by Charles ‘Teenie’ Harris/Carnegie Museum of Art/Getty Images)

Photo by courtesy of birdlandclub.com Pee Wee Marquette (Birdland MC) and Count Basie (Photo: Lee Friedlander)

名物司会者ピーウィー・マーケット(左)についてはINTERLUDE(オーバーシーズ寺井珠重さんのブログ)が参考になります。

こちら ▶️

・平野
カウント・ベイシー楽団と男性ボーカル(4人)をご紹介しました。

Photo by courtesy of JazzLives
ベイシー御大の肩越しに Earl Warren と Jimmy Rushing が立っています。

Here is Count Basie And His Orchestra with Earl Warren “Let Me Dream”.
Count Basie(p,dir) Buck Clayton, Ed Lewis, Bobby Hicks(tp) Eddie Durham(tb,g) Benny Morton, Dan Minor(tb) Earl Warren(as,vo) Jack Washington(as,bs) Herschel Evans, Lester Young(cl,ts) Freddie Green(g) Walter Page(b) Jo Jones(d)
New York, October 13, 1937

Here is Count Basie And His Orchestra with Jimmy Rushing play ”Blue Skies”.
Count Basie(p,dir) Joe Newman, Ed Lewis, Harry Edison, Al Killian(tp) Dickie Wells, Ted Donnelly, Eli Robinson, Louis Taylor(tb) Earl Warren, James Powell(as) Buddy Tate(ts) Rudy Rutherford(bs) Freddie Green(g) Rodney Richardson(b) Joe Jones(d)
Los Angeles, October 9, 1945

上記2曲の音源をお借りしているSP愛好家瀬谷徹氏が解説される24bit衛星デジタル音楽放送「ジャズSPタイム」のPRもさせて頂きました。

番組についてはこちら ▶️  

Here is Count Basie And His Orchestra with Billy Eckstine “Stormy Monday Blues”.
Wendell Culley, Thad Jones, Snooky Young, Joe Newman (tp) Henry Coker, Al Grey, Benny Powell (tb) Marshal Royal (as,cl) Frank Wess (as,fl) Frank Foster, Billy Mitchell (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Eddie Jones (b) Sonny Payne (d)
New York, May 23, 1959

Here is Count Basie And His Orchestra with Joe Williams play “I’m Beginning to See the Light”.
Thad Jones, Joe Newman, Wendell Culley, Reunald Jones (tp) Henry Coker, Benny Powell, Bill Hughes (tb) Marshal Royal (as,cl) Frank Wess (as,ts,fl) Bill Graham (as) Frank Foster (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Eddie Jones (b) Sonny Payne (d)
Los Angeles, April 28, 1956

Photo by Los Angeles Times
Joe Williams and Nancy Wilson sing a duet in 1999.

Joe Williamsと昨年亡くなったNancy Wilsonとの共演映像を追加添付しました。

Here is Joe Williams and Nancy Wilson with Count Basie Orch. sing ”All right Okay You Win”.

大阪ジャズ同好会第35回例会概要(2)参加者持ち寄り「スイング時代のビッグバンド」①

February 14,2019

Photo by Pinterest Charlie Barnet, Tommy Dorsey, Benny Goodman , Louis Armstrong & Lionel Hampton in the 1948

2月例会「スイング時代のビッグバンド」については、2回に分け(前半は3人・計10曲)ご紹介させて頂きます。

・T村氏(レジュメに記載されたコメントは編集しておりません)
Here is Artie Shaw & His Orchestra play ”Begin The Beguine”.
John Best, Claude Bowen, Chuck Peterson (tp) George Arus, Ted Vesely (tb) Harry Rogers (tb,arr) Artie Shaw (cl,arr) Les Robinson, Hank Freeman (as,cl) Tony Pastor (ts,cl,vcl) ,Ronnie Perry (ts,cl) ,Les Burness (p) Al Avola (g,arr), Sid Weiss (b) Cliff Leeman (ds), Jerry Gray (arr) New York, July 24, 1938

「あまりにも有名な大ヒット曲」

 

当日ご持参されたCDを撮影

ご紹介されたThe Very Thought Of Youは上記CDの後半「BONUS PROGRAM (Rare Jazz Sides Of Kay Starr 1939 – 1947)」に収録されています。 こちら ▶️

「カリフォルニア州 Sacramentoの放送録音」

上記CDの音源は提供出来ませんので別の曲を添付します。

Here is Kay Starr with Charlie Barnet and His Orchestra from V-Disc 326.
Dec. 1944.

後年の映像(1950年代)も添付しました。

Here is Charlie Barnet & His Orchestra play ”Cherokee〜 Andy’s boogie〜 My Old Flame〜Skyliner〜Caravan”.

 

Photo by YouTube

Here is Gene Krupa Orchestra play “After You’ve Gone”.
Roy Eldridge (tp,vcl) Norman Murphy, Torg Halten, Graham Young (tp) John Grassi, Jay Kelliher, Babe Wagner (tb) Sam Musiker (cl,ts,arr) Clint Neagley, Mascagni “Musky” Ruffo (as) Walter Bates (ts) Bob Kitsis (p) Remo Biondi (g) Ovid “Biddy” Bastien (b) Gene Krupa (d) Howard Dulaney, Anita O’Day (vcl) Leroy Elton Hill, Jimmy Mundy, Fred Norman, Chappie Willett (arr)New York, June 5, 1941

「トランペットは、ロイ・エルドリッジ」

 

Photo by Discogs

Here is Count Basie and his Orchestra play ”Tickle-Toe”.

Count Basie and his Orchestra: Ed Lewis, Buck Clayton, Harry Edison, Al Killian (tp); Dicky Wells, Vic Dickenson, Dan Minor (tb); Earl Warren (as); Lester Young, Buddy Tate (ts); Jack Washington (bs,as); Count Basie (p); Freddie Green (g); Walter Page (b); Jo Jones (d) New York , March 19, 1940
「レスターヤングの名演」

 

Photo above of Charlie Christian and Benny Goodman by courtesy of Jazz Promo Service

Here is Benny Goodman Orchestra play ”Honeysuckle Rose”.
Ziggy Elman, Jimmy Maxwell, Johnny Martell (tp) Red Ballard, Vernon Brown, Ted Vesely (tb) Benny Goodman (cl) Toots Mondello, Buff Estes (as) Jerry Jerome, Bus Bassey (ts) Fletcher Henderson (p,arr) Charlie Christian (g) Artie Bernstein (b) Nick Fatool (d) Eddie Sauter (arr)New York, November 22, 1939
「ギターは、チャーリー・クリスチャン」

・H氏
「ベニーグッドマンのV-DiscにStan Getzの名前が載っています。そして、ウディ・ハーマン楽団でのStan Getzの名演を聴いて下さい」

Here is Benny Goodman And His Orchestra featuring Art Lund (vcl) play “It’s the talk of the town”.
Bernie Privin, Brody Schroff, Mannie Klein, John Best (tp) Lou McGarity, Hoyt Bohannon (tb) Benny Goodman (cl) Bill Shine, Gerald Sanfino (as) Stan Getz, Gish Gilbertson (ts) Danny Bank (bar) Mel Powell (p) Barney Spieler (b) Ralph Collier (d) Art Lund (vcl) Los Angeles, January 30, 1946

Photo by Pinterest Woody Herman’s band (top left to right), Stan Getz, Al Cohen, Herbie Stewart, Zoot Simms, and Serge Chaloff, the Royal Roost, New York, 1948

Here is Woody Herman And His Orchestra featuring Stan Getz play ”Summer Sequence Part 4”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal (tp) Shorty Rogers (tp) Earl Swope (tb) Ollie Wilson (tp) Bob Swift (btb) Woody Herman (cl,as) Sam Marowitz (as) Herbie Steward (as,ts) Stan Getz, Zoot Sims (ts) Serge Chaloff (bars) Fred Otis (p) Gene Sargent (g) Walter Yoder (b) Don Lamond (d) Ralph Burns(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

・K氏(次回の特集を担当されます)

「友人からお借りしたエリントンのCDから3曲」

Photo by courtesy of Ivie Anderson gallery from WordPress.com

Here is Duke Ellington and his Famous Orchestra play ”It Don’t Mean A Thing (If It Ain’t Got That Swing)”.
Ivie Anderson(vo) Duke Ellington(p,arr,dir) Arthur Whetsel, Freddy Jenkins, Cootie Williams(tp) Joe Nanton, Lawrence Brown(tb) Juan Tizol(v-tb) Johnny Hodges(cl,ss,as) Harry Carney(cl,as,bs) Barney Bigard(cl,ts) Fred Guy(bj) Wellman Braud(b) Sonny Greer(d) New York, February 2, 1932

ブログ作成者から二人の映像を添付しました。

Here is Ivie Anderson sings “I Got It Bad And That Ain’t Good”.

Here is Ivie Anderson sings ”Stormy Weather”.

Here is Bing Crosby with Duke Ellington and his Famous Orchestra play ”St. Louis Blues”.
Bing Crosby(vo),Duke Ellington(p,arr,dir) Arthur Whetsel, Freddy Jenkins, Cootie Williams(tp) Joe Nanton, Lawrence Brown(tb) Juan Tizol(v-tb) Johnny Hodges(cl,ss,as) Harry Carney(cl,as,bs) Barney Bigard(cl,ts) Fred Guy(bj) Wellman Braud(b) Sonny Greer(d) New York, February 11, 1932

Publicity still portrait of American jazz and pop singers The Mills Brothers, 1930. (Photo by John D. Kisch/Separate Cinema Archive/Getty Images)

Here is The Mills Brothers with Duke Ellington and his Famous Orchestra play ”Diga Diga Doo.”
Mills Brothers(vo),Duke Ellington(p,arr,dir) Arthur Whetsel, Freddy Jenkins, Cootie Williams(tp), Joe Nanton, Lawrence Brown(tb), Juan Tizol(v-tb),Johnny Hodges(cl,ss,as) Harry Carney(cl,as,bs) Barney Bigard(cl,ts),Otto Hardwicke(as,cl,bs), Fred Guy(bj), Wellman Braud(b), Sonny Greer(d)
New York, December 22, 1932

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)①

January 28,2019

1月例会の概要については「映像コーナー」「持ち寄りコーナー 」「その他」からご紹介致します。
特集「Riversideレーベルの名演」については明日以降に投稿する予定でございます。

・映像コーナー」
『モダンジャズメンの群像』 寺本泰規氏(世話人)解説

当日ご紹介された映像については詳細をお伝え出来ない事をご了解下さい。
それ故、昨日紹介された演奏者によるYouTube映像をお楽しみ下さい。

Here is Zoot Sims plays at San Remo ’83

Here is Zoot Sims Quartet Live at Donte’s, LA, 1970

Here is Kenny Dorham Live at the Golden Circle

Here is Eric Dolphy in Stockholm, September 5, 1961 (TV Broadcast)

Here is Stan Getz, Lou Levy & Ray Brown Live – Italy

Here is Chet Baker live at Rome 1956

Here is Nice jazz festival 2018 – Randy Weston

・持ち寄りコーナー(Y瀬氏)
以下、レジュメを転載します。

進駐軍EP、国連LPを初めて知りました。昭和20(1945)年から7年間、米・英兵を中心として日本を統治した連合国軍のPX(購買部=大阪では心斎橋そごう)だけで売られたコロムビアのEP(全4曲)から3曲。さらに1 970年の千里万博の際に企画された8インチLPの「国連レコード =日本の旅情(全6曲) 」から1曲をお聴きください。
1.「JAPANESE RUMBA」(ノーメン西本&ジョージ島袋の2世コンビ)
2. 「GOMEN NASA」(リチャード・パワーズ)
3.「SOBA SIC」(美空ひばり)
4.「さくら さくら」(イブ・モンタン)

Here is JAPANESE RUMBA”.

Here is “GOMEN NASAI”

Here isSOBA SIC”.

Here isさくら さくら”.

・その他
I氏が例会開催前日に亡くなった Michel Legrandを追悼した曲(Phil Woodsとの共演盤)をご紹介されました。

ライブでの共演映像を添付致しました。

Here is Michel Legrand & Phil Woods play ”You Must Believe In Spring” at 2001 Montreal.

Photo above of Michel Legrand and Yves Montand by courtesy of Michel Legrand’s official site

 

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(2) 持ち寄り『放送録音の魅力』

December 6,2018

大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメントから
「ラジオによるジャズのライブ放送は1930年代から行われていました。音質が悪いにもかかわらずその内容はスタジオ録音にはない臨場感にあふれ多くのファンを虜にしたものです。」

・T村氏
1.ハリウッドの「Streets Of Paris」からのラジオ放送、絶頂期のハワード・マギーです。

Here is Howard Mcghee plays “A Night in Tunisia”.
Howard Mcghee(tp), Teddy Edwards(ts) ,J.D.King(ts), Vernon Biddle(p), Bob Kesterson(b), Roy Porter(ds)  Dec.2,1945

2.「Every Tub」(Jan.14.1953)
ニューヨークの「BIRDLAND」からのカウント・ベイシー楽団のラジオ放送、この曲だけレスターヤングが加わりソロをとります。

Photo by courtesy of Pinterest

ブログではレスターヤングのソロ演奏が聴ける「Jumpin’ at the woodside」を添付しました。
Here is Count Basie And His Orchestra featuaring Lester Young play ”Jumpin’ at the woodside”.
Wendell Culley, Reunald Jones, Joe Newman, Paul Campbell (tp), Henry Coker, Benny Powell, Jimmy Wilkins (tb) Marshal Royal (as,cl) Ernie Wilkins (as,ts) Paul Quinichette (ts,arr) Eddie “Lockjaw” Davis (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Lester Young (ts) radio broadcast, “Birdland”, New York City, January 1, 1953

3.Hooray For Stan Getzから「Move」(Aug.12.1952)
Stan Getz(ts) Jimmy Raney (g) Duke Jordan(p) Gene Ramey (b) Phil Brown(ds)
ジャケットは最悪ですが、スタンゲッツの演奏は最高です。

上記録音は提供できませんので、代替として「Polish Radio Jazz Archives」からStan Getz and Andrzej Trzaskowski Trioによる録音を添付しました。

Here is Stan Getz & Andrzej Trzaskowski Trio play “You Go To My Head”.
National Philharmonic Concert Hall, Warsaw, Poland on 27 October 1960

・Y濑氏
2006年まで50年眠っていた1956年シアトルでの JATP音源から
1.ノーマン・グランツのMCに続きで「GROOVING HIGH」
2.ピーターソン・トリオでをバックにエラの「JUST ONE OF THOSE THI MG」
3.「AIR MAIL APECIAL」

下記に添付したWEBで司会も兼ねていたノーマン・グランツが「タバコ吸わんとちゃんと聴いてくれ!」と言っています。

こちら ➡️

上記の3曲は提供できませんが、同じ日のノーマン・グランツのMCとジーン・クルーパグループの録音を添付しました。
Here is Gene Krupa Quartet play ”Bernie’s Tune” and “My one and only Love” “Drum Boogie”.
Gene Krupa(ds),Eddie Shu(ts,as), Dave McKenna(p), John Drew(b)
Jazz at the Philharmonic, Seattle 1956

・H氏(今回もクラリネットの名演をご紹介されました)

Here is Benny Goodman Septet play ”Swedish Pasty”.
Benny Goodman(cl),Stan Hasselgard(cl), Wardell Gray(ts), Teddy Wilson(p),Billy Bauer(g), Arnord Fishkind(b),Mel Zeinik(ds)
(1948年5月27日 CBS Brodcast)

ブログ作成者から30分番組を追加しました。上記録音の3日前(5/24)の放送録音で「Patti Page 」が参加しています。
Here is Benny Goodman Septet play “Limehouse Blues 〜The man I love 〜Back home again in Indiana (Donna Lee)〜Confess”.
Broadcast, “Click Restaurant”, Philadelphia, May 24, 1948

・K氏(西明石から参加)

1.Charlie Parker「At The Finale Club」より、
Here is Charlie Parker plays “Ornithology〜Billie’s Bounce〜 Ornithology〜All the Things You Are 〜Blue ‘n’ Boogie 〜Anthropology”.

Charlie Parker(as) Miles Davis(tp) Joe Albany(p) Addison Farmer(b)Chuck Thompson(ds)  Los Angeles Broadcast,1946

2.Chet Baker「Live At The Paris Festival放送」
Here is Chet Baker Quartet play ”For Minors Only”.
Chet Baker(tp) Rene Urtreger(p) Pierre Michelot(b) Aldo Romano(ds)  Radio France,1981

・寺本氏(同好会世話人)
Bunny Berigan「Leader & Sideman」(Through The Years)より
放送録音の魅力は契約の関係上共演することが不可能なメンバーとの共演を聞くこと 出来る事ではないで しょうか。そういった意味で大スターが集まった次のセッションは正 に夢のセッションと言えるでしょう。
Here is Bunny Berigan and others play “Blues”.
Roy Eldrigde, Bunny Berigan, Harry James(tp) Tommy Dorsey, Jack Jenny(tb) Coleman Hawkins(ts) Count Basie(p) John Kirby(b) Gene Krupa(ds)
“Martin Block’s Make Believe Ballroom Jam Session” in Savoy Ballroom,June 14,1940

大阪ジャズ同好会第33回例会概要(3)持ち寄り『40年代のジャズ』①

October 11,2018

「40年代は30年代から続くスイングジャズと新しいムーブメントであるビバップとが同居していたジャズにとって特異な時代でした。素晴らしい演奏が多く残された時代でもあります。この時代への思いを残された演奏(もしくは歌)と共に語ってください。」(大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメント)

竹村功 氏

1.「Stompin’ At The Savoy」(Jue.15 1944)
Teddy Wilson(p) Emmett Berry(tp) Benny Morton(tb) Edmond Hall(cl)Slam Stewart(b) Big Sid Catlett(ds)
メンバーも最高、スウィング時代を代表する名曲名演です。

 

2.「Street Beat」(Sep.4 1945)
Charlie Parker(as) Buck Clayton(tp) Dexter Gordon(ts)Sir Charles Thompson(p) Danny Baker(g) Jimmy Butts(5) J.C. Heard(ds)
アポロ音源、スウィング派とビ・バップ派との交流、好調なバード、デクスターがビ、バ ップの躍動を表しています。

 

Photo above of Charlie Rouse and Tadd Dameron and Fats Navarro

3.「Barry’s Bop」(Dec.5 1947)
Fats Navaro(tp) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b)Art Blakey(ds)
典型的なビ・バップ演奏です。

 

Photo of Jackie Cain and Charlie Ventura in 1948,Boots Mussulli, Conte Candoli, Jackie Cain, Charlie Ventura, Roy Kral, Courtesy of Jeff Austin

4.「I’m Forever Blowing Bubbles」(May.9 1949)
Charlie Ventura(ts) Conte Candoli(tp) Benny Green(tb) Boots Mussulli (as)Roy Kral(p) Kenny O’Brien(b) Ed Shaughnessy (ds) Jackie Cain(vo)
スウィング・ジャズと違い、難解とされていたビバップを「Bop For the People」を大衆に広めたヴェンチュラ・グループの果たした功績を見直したいものです。

 

Photo by courtesy of Bob Willough by Wikipedia

5.「Crazy Chords」(Jun.21 1949)
Stan Getz(ts) AI Haig(p) Gene Ramey(b) Stan Levey(ds)
クールなゲッツは、50年代初頭、若きみなぎるホットなゲッツも最高です。

 

H氏

Burgandy Street Blues」(1944) (George Lewis 1943-45] (AM VC-7007)
George Lewis(cl) Lawrence Marrero(bi) Alcid(Slow Drag) Pavageau(b)

H氏からニューオーリンズジャズリバイバルの中心人物であったビル・ラッセル(Bill Russell)についての説明を頂きました。
「Burgundy Street Blues」をバックにビル・ラッセルの姿を撮らえているYouTube映像をお楽しみください下さい。

51ruYARSGKL._SS500

又、ジョージルイス(George Lewis)が「ザ・ジャズレコード誌」(1946年1月号)に寄稿した”Play number nine” を 菊池 ハルカさんがブログに掲載されています。
➡️ こちら

 

寺本氏

1948年に実施されたレコーディングストの間に行われた放送録音(ライブ録音含む)には 貴重な録音が多くあります。今日はその中から3つのセッションを聞いてください。
1. 「Four Brothers」(3:40) (Hollywood, Palladium Ballroom, March 7, 1948)
Woody Herman’s 2nd Herd(Solo:Sims, Chaloff, Cohn, Gets, Herman, Sims, Chaloff,Cohn, Gets, Herman(as), Chaloff)

2. 「Lover Man」(2:06) (Chicago, Illinois, Pershing Ballroom)
(possibly Aug. or Fall, 1948) Charlie Parker with Dizzy Gillespie Big Band

3. 「How High The Moon ~ Malaguena」(5:22) (Royal Roost, NYC) (Sep.25, 1948)
Anita O’Day(vo) with County Basie & His Orchestra」

*上記3曲は音源が提供できません。代替として下記に代表的な演奏を添付致します。

Here is Woody Herman and his Orchestra play “Four Brothers”.
Stan Fishelson, Bernie Glow, Marky Markowitz, Ernie Royal, Shorty Rogers(tp) Earl Swope(tb) Ollie Wilson(tb?) Bob Swift(b-tb) Woody Herman(cl,as,ldr) Sam Marowitz(as) Herbie Steward(as,ts) Stan Getz, Zoot Sims(ts) Serge Chaloff(bs) Fred Otis(p) Gene Sargent(g) Walt Yoder(b) Don Lamond(d) Jimmy Giuffre(arr) Hollywood, December 27, 1947

 

Here is Charlie Parker plays “Lover Man”.
Howard McGhee(tp) Charlie Parker(as) Jimmy Bunn(p) Bob Kesterson(b) Roy Porter(d) C.P. MacGregor Studios, Los Angeles, CA., February 29, 1947

 

Here is Anita O’Day with Ralph Burns and his Orchestra sing “Malagueña”.(1947)