タグ別アーカイブ: Stan Getz

大阪ジャズ同好会 第31回例会『ジャズメン いい人わるい人』解説 竹村功氏

June 17.2018

先週の日曜日(2018年6月10日)開催された大阪ジャズ同好会の概要をご紹介致します。
『特集『ジャズメン いい人わるい人』(解説 竹村 功氏)

いろんなエピソードや印象などから、独断と偏見で「ジャズメンいい人わるい人」を選びました。さて、どんな演奏家を選んだのでしょうか。ご期待ください。なお、人柄と演奏とは、ほとんどあるいは全く(!?)関係ありません。ジャズメンいい人わるい人の名曲名演を楽しんでもらいます。(竹村氏談)

以下、当日ご紹介されたレコードと選曲を記載致しました。又、面白い映像も添付しました。

「いい人」

1. アート・ブレイキー
新人発掘の才能は抜群で親分肌、日本にジャズブームをおこした立役者。ウエイン・ショー ターを快くマイルスのバンドに参加させた心の広さには頭が下がります。

「Love For Sale」(Mar. 1955)
Hank Mobley(ts) Horace Silver(p) Doug Watkins(b) Art Blakey(ds)

Here is Art Blakey and his Jazz Messengers play “Caravan”. (1963)

2. アート・ファーマー
マイルスの自叙伝に、しばしばレコーディングの際に、アート・ファーマーのトランペットを借りたという逸話がでてきます。ステージ、ジャケット写真、演奏など温厚篤実そのものだ思います。映画「真夏の夜のジャズ」に出演したジェリーマリガンのグループでの演奏です。

「Blue Port」(July.1958)
Art Farmer(tp) Gerry Mulligun(bars) Bill Crow(b) Dave Baily(ds)

Here is THE ART FARMER QUARTET “Petite Belle” (1964) with Jim Hall (guitar)

3. ズート・シムズ
ビル・クロウの著書「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニーグッドドマンに好かれる(?)ズートは人柄が抜群なのでしょう。来日での印象も文句なしの紳士でした。ズートの亡くなる一年前の演奏です。

「Zoot」(Mar,1984)
Zoot Sims(ts) Mike Vofford(p) Chuck Berghofer(b) Nick Ceroli(ds) Victor Feldman(per)

Zoot Simsが死亡する4ヶ月前の1984年11月21日に撮影した貴重な映像を添付しました。

Here is ZOOT SIMS plays “In A Sentimental Mood 〜Gone With The Wind 〜Castle Blues 〜Sweet Lorraine 〜‘Tis Autumn 〜Autumn Leaves ”.
Zoot Sims(ts), Red Mitchell(b),Rune Gustafsson(b) Sweden, November 21 1984

4.ナット・キング・コール
「昭和が愛したニューラテンクォーター」山本信太郎著には、来日したナット・キング・コールの素晴らしい人柄が紹介されています。ナット・キング・コール トリオのスイス ューリッヒでのお馴染みの二曲を聴いてください。

「Sweet Lorraine」「Route66」(0ct .1950)
Nat King Cole(p/vo) Irving Ashby(g)Joe Comfort(ds)

Here is Nat King Cole sings “Sayonara”.

ライブ・アット・ニューラテンクォーターは販売されています。⇨こちら

5.エディ・コンドン
いわゆるシカゴ・ジャズの親分、エディ・コンドンは、「チンコロ小父さん」然とした風貌 でファンの好感を集めたそうです。
「AIL Of Me」(Ap.1964)
Buck Clayton(tp) Vic Dickenson(tb) Bud Freeman(ts) Pee Wee Russell(cl) Dick Cary(p) Eddie Condon(g) Jack Lesberg(b) Cliff Leeman(ds) Jimmy Rushing(vol)

Here is Eddie Condon’s Nightclub in New York(1946)

上記映像には前半2分弱は音声がありません。ご容赦下さい。
1946年Greenwich Village(NYC)にあったEddie Condon’s Nightclubの様子が撮影されています。

「わるい人」

6. マイルス・デイヴィス
モダンジャズの帝王マイルスを、人柄のいい人と言う人は恐らく(?)いないでしょう。特 にステージマナーの悪さは有名です。

「Stera By Starlight」(May .1958)
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Bill Evans(p) Paul Chambers(b) Jimmy Cobb(ds)

Here is Miles Davis Quintet play “So What”. (Second Concert) (Live from Konserthuset, Stockholm)

Here is Miles Davis plays ”Ascenseur pour l’Echafaud’‘ . (Louis Malle 1958)

7. べニー・グッドマン
「さよならバードランド」で、バンドのメンバーに嫌われるベニー・グッドマンです。60 年代の米ソ冷戦下に、ビッグバンドを率いてモスクワに楽旅しました。クインテットでのメ ドレーを聴いて下さい。
「Avalon~Body And Soul~Rose Room~The World Is Waiting For Sunrise」
(July.1962) Benny Goodman(cl) Teddy Wilson(p) Tark Van Lake(g) Bill Crow(b) Mel Lewis(ds)

Here is Benny Goodman and His Orchestra play in USSR

8. スタン・ゲッツ
ご存知、悪名高いゲッツですがゲッツファンの私なりに弁護すれば、60年代の来日時は、 麻薬の影響と彼自身の音楽上の迷いがあったためと思います。70年代のフュージョンや、い ろんな実験を乗り越えて、ゲッツは80年代に見事にもう一度花を咲かせます。

「Easy Living」(Jun.1981)
Stan Getz(ts) Lou Levy(p) Monty Budwig(b) Victor Levis(ds)

Here is Stan Getz & Charlie Byrd on the Perry Como Show.

9. フランク・シナトラ
ハリウッドの帝王も「悪名」高いものがいろいろありました。
「AI The Way」(2(May.1957)

Here is Frank Sinatra sings “All The Way”. (1958)

 

【おまけ】(ブログ作成者から)
Stan Getzがランバンファッションショー (Lanvin Fashion Show)のバック演奏を行った時の映像です。Stan Getzの可愛い笑顔が観れる映像です。
Here is Stan Getz Playing Lanvin Fashion Show.
Stan Getz(ts) Stanley Cowell(p)Miroslav Vitous(b)Jack DeJohnette(d)
Paris, 1968

 

神戸ジャズ愛好会(2018年5月) 例会概要「Legends of Jazz Drumming」

May 28.2018

昨日参加した神戸ジャズ愛好会の概要を2回に分けて投稿させて頂きます。

(1)特集「私が好きなジャズのヒーロー」

(2)映像コーナー

(3)持ち寄りコーナー

本日は(2)と(3)について映像も添付して概要をご紹介致します。

(2)映像コーナー「Legends of Jazz Drumming」(例会世話人の寺本氏が上記写真のDVDより7人をご紹介)

Here is Louis Jordan & His Tympany Five play “Jumpin’ At The Jubilee”.

下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。

 

Here is WOODY HERMAN and Stan Getz-Shorty Rodgers and Don Lamond play “Caldonia and Northwest Passage”.

昨日紹介された「Northwest Passage」に前半の「Caldonia」もお楽しみ下さい。

 

Here is Max Roach plays “Solo performance”.

昨日の映像とは別ですが約10分のドラムソロ演奏の映像です。

 

Here is Shelly Manne Quintet play “Speak Low”.
Shelly Manne (ds), Conte Candoli (tp), Richie Kamuca (ts), Russ Freeman (p), Monty Budwig (b)
Jazz Scene USA(1962年)からの映像です。

Here is Shelly Manne Quintet play ”Fantan”.
Members of the recording are the same as above.

 

Here is Sonny Payne’s Drum solo performance(1962)

昨日ご紹介された映像と違います(ソロ中心の映像です)
冒頭にベイシー親分がピアノで「存分にやれよ」と指示しているようです。

 
下記の映像は昨日ご紹介された映像と同一です。
Here is Ray Bauduc with The Bobcats play “Who’s Sorry Now”.

Eddie Miller(ts),Billy Butterfield(tp),Warren Smith(tb),Jess Stacy(p),Matty” Matlock(cl),Ray Bauduc(ds),Bob Haggart(b),Nappy Lamare(g)

 

Here is Bob Haggart & Ray Bauduc play “Big Noise From Winnetka”.

二人の息がぴったりです。

 

Here is John Kirby’s little band with Big Sid Catlett play “Can’t Find a Word to Say”.

Charlie Shavers(tp),Buster Bailey(cl),Russell Procope(as),Billy Kyle(p),John Kirby(b),Big Sid Catlett(ds)

(3)持ち寄りコーナー

F川さん(大阪ジャズ同好会にも西明石から毎回参加されています)
「副題:私が紹介したミュージシャンのその後」

 

1.花岡詠二(神戸ジャズストリートに出演したクラリネット奏者としてご紹介)

花岡詠二インターナショナル・オールスターズ /名歌でスイング!! から1曲ご紹介されました。花岡詠二さんは先日開催された「Breda Jazz Festival 2018」に出演されています。
詳細は花岡さんのFacebookをご覧下さい。こちらをクリック

 

2.川口千里(天才女性ドラマーとして1月の例会でご紹介されました)
3月15日に Virtuosoレーベルよりリリースされた矢堀孝一の新作品trailer
Here is Koichi Yabori(矢堀孝一) and Kento Yokota(横田健斗) and Senri Kawaguchi(川口千里)   Live at Virtuoso

川口千里さんのHPをご覧下さい。こちらをクリック

I’m Glad There Is You (first published in 1941)

January 24.2018

“I’m Glad There Is You” is a song written by Jimmy Dorsey and Paul Madeira(Paul Mertz).

The song was recorded on featuring Bob Eberly on vocal,December 22, 1941.

Please listen to my favorite piece “I’m Glad There Is You”.

 

毎週日曜日の夜に聞いているジャズ番組「World Jazz Warehouse(FMCOCOLO765)」からブログのテーマを考えました。

今回の放送(1/21)ではFranco Ambrosetti(フランコ・アンブロゼッティ)がEnjaレーベルに昨年録音した「CHEERS」が紹介されました。

このアルバムから私の大好きな「I’m Glad There Is You」が選曲されました。

Bix and his Rhythm Jugglers in 1925. Left to right: Howdy Quicksell, Tom Gargano, Paul Mertz, Don Murray, Bix Beiderbecke, Tommy Dorsey. Courtesy Red Hot Jazz Archive.

この曲はご存知の通りJimmy DorseyとPaul Mertzの作品で1941年にBob Eberlyの歌唱でヒットしました。

私はFranco Ambrosettiについては全くの門外漢ですので、彼の経歴等を調べましたら1941年生まれと知りました。

「偶然の一致でしょうか、それともFranco Ambrosetti自身が生まれた1941年にヒットしたバラードを選曲したのでしょうか?」

詳しい方からの情報提供をお待ちします。

そんな訳で私のお気に入りの「I’m Glad There Is You」をブログに添付しました。

Here is Franco Ambrosetti play “I’m glad there is you”.
Franco Ambrosetti (tp), Kenny Barron (p), Buster Williams (b), Jack DeJohnette (ds)
January 24-25, 2017.Brooklyn NY

 

 

Photo above of Ray Eberly by courtesy of Hoosick Township Historical Society

Here is Jimmy Dorsey and His Orchestra with Bob Eberly play “I’m glad there is you”.
New York, December 22, 1941

 

Photo above of Dorothy Dandridge
by Pinterest

Here is Dorothy Dandridge with Oscar Peterson sings “I’m glad there is you”.
Dorothy Dandridge (vcl) Oscar Peterson (p,celeste) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (d) January 20, 1958

 

Here is Helen Carr sings “I’m glad there is you”.
Helen Carr (vcl) acc by Don Fagerquist (tp) Charlie Mariano (as) Donn Trenner (p) Max Bennett (b) Stan Levey (d)
Los Angeles, January 5, 1955

 

Here is Art Garfunkel sings “I’m Glad There Is You”.

 

Here is Jane Monheit sings “I’m Glad There Is You”.

 

Here is Stan Getz And The Oscar Peterson Trio play “I’m glad there is you”.
Stan Getz (ts) Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b)
Los Angeles, CA, October 10, 1957

 

Here is Ralph Sharon Trio play “I’m glad there is you”.
Ralph Sharon (p) Jay Cave (b) Christy Febbo (d)
New York, 1956

 

Here is Duke Pearson Trio play “I’m glad there is you”.
Duke Pearson (p) Gene Taylor (b) Lex Humphries (d)
Englewood Cliffs, N.J., October 25, 1959

 

Here is Gus Mancuso Quartet play “I’m glad there is you”.
Gus Mancuso (bar-hrn) Gerald Wiggins (p) Eugene Wright (b) Bill Douglass (d) Hollywood, CA, June, 1956

The early Kai Winding(4)

July 11.2017

Kai Winding participated in some early bebop sessions such as Tadd Dameron’s recordings,and also recorded his leader sessions.

Today I will introduce his leader’s recordings from in 1946 to in 1953.

images

In January 1946 Kai and Stan Getz had recordings on Savoy label as “Kai’s Krazy Kats”.

2200

Photo by The Guardian

Recently these recordings reissued by Mosaic label as “Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49.”

In April 1949 Kai and Gerry Mulligan with George Wallington recorded  four tunes on Roost label.

They adopted “Wallington’s Godchild” by George Wallington.

miles-davis-nonet

Photo above of The Miles Davis nonet as ‘Birth of the Cool,’ from left, Bill Barber, Junior Collins, Kai Winding, Max Roach (obscured behid screen), Al Haig (at piano) by courtesy of All About Jazz

It was first performed by Miles Davis and His Orchestra in 1948 and was recorded “Birth of the Cool” by Miles Davis.

In May 1951 Kai and Brew Moore recorded again at Roost label.

77862430_o

We can hear these four tunes on Youtube,which are added previous Roost recordings(1949).

In March 1952 Kai recorded again four tunes at Savoy label.

Lou Stein(p), and (b), Tiny Kahn(ds), Al Young(bgs,timbales)

Unknown

As a matter of course these recordings are not included “Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49”.

In June 1953 Kai and Howard McGhee “Kai Winding and his Birdlanders” cut four tunes  at MGM label.

 

Photo by courtesy of Jazzinphoto(WordPress)

1940年代の後半、Kai Windingは Tadd Dameronによる初期のバップセッションに参加すると共に、自分をリーダーとする録音を行なっていました。

今日は1946年から1953年までのリーダ作品を順番に紹介していきたいと思います。

1946年1月Kai WindingとStan Getz はSavoyレコードに「 Kai’s Krazy Kats」の名前でレコーディングを行いました。

最近、これらの録音は別テイクを含め「 Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49」としてMosaicレーベルで発売されています。

1949年4月Kai WindingとGerry MulliganはGeorge Wallington と共にRoostレコードに4曲録音しました。
Gerry Mulliganの提案と推測しますがGeorge Wallingtonが作曲した「Wallington’s Godchild」を取り上げています。

この曲は1948年にMiles Davis and his Orchestraによって初めて演奏され「Birth of the Cool」の中で再演されています。

1951年5月Kai WindingはBrew Mooreと組み再びRoostに録音しました。
この時の4曲は1949年のRoost録音に追加される形で最近Youtubeにアップされました。正確な録音データを記載しておきます。(Youtubeの記載データには誤りがあります)

1952年3月Kai Windingは再びSavoyレコードに4曲録音しています。
音源を紹介できないですが参加メンバーを記載しておきます。
Lou Stein(p), and Eddie Safranski(b), Tiny Kahn(ds), Al Young(bgs,timbales)

当然ですがこれらは「Classic Savoy Be-Bop Sessions 1945-49」に収録されていません。

1953年6月Kai Windingは「Kai Winding and his Birdlanders」という名前で Howard McGheeと共演しています。リズム陣はMJQです。

Here is Kai Winding’s New Jazz Group play “Sweet Miss”.
Shorty Rogers(tp),  Kai Winding(tb), Stan Getz(ts),  Shorty Allen(p), Iggy Shevack(b), Shelly Manne(ds),  December 14, 1945

Here is Kai Winding Sextet plays “Wallington’s Godchild”.
Kai Winding (tb), Brew Moore (ts), Gerry Mulligan (bs), George Wallington (p), Curley Russell (b), Max Roach (d). NYC, April 1949.

Here is Kai Winding plays “Night On Bop Mountain”.
Jerry Lloyd(tp),Kai Winding(tb),Brew Moore(ts),Gerry Mulligan(bs), George Wallington(p), Curley Russell(b) Roy Haynes(ds),  August 23, 1949

Here is Kai Winding’s Band play “I’m Shooting High”.
Kai Winding(tb),Warne Marsh(ts),Billy Taylor(p),Jack Lesberg(b),Charlie Perry(ds),  April 27,1951

Here is Gerry Mulligan & Kai Winding All Stars ‎– Modern Jazz Spectacular
[SIDE ONE]“Wallington’s Godchild”“Bop City”“Sleepy Bop”“Crossing The Channel”.
Kai Winding (tb), Brew Moore (ts), Gerry Mulligan (bs), George Wallington (p), Curley Russell (b), Max Roach (d). NYC, April 1949.

[SIDE TWO]“Honey”“Someone To Watch Over Me”“Harem Buffet”“Cheek To Cheek”.
Kai Winding(tb), Brew Moore(ts),Lou Stein(p), Jack Lesberg(b), Don Lamond(ds) NYC, May 31,1951

Here is Kai Winding’s Birdlanders plays “That a Plenty”.
Kai Winding(tb), Howard McGhee(tp),Eddie Shu(ts),John Lewis (p),Percy Heath(b),Kenny Clarke(ds) NYC,June 1953,

The early Kai Winding(2)

July 7.2017

Photo by His Official Website

Kai Winding was born on May 18, 1922, in Denmark.

Then he emigrated to the U.S. with his family when he was 12.

By this time, Kai had picked up the accordion.

When he was in high school he started playing the trombone.

Photo above of Trummy Young by Allaboutjazz

photo above of Jack Teagarden by Discogs

He was influenced by Trummy Young and Jack Teagarden.

He was mainly self-taught in his two most meaningful areas: trombone and composition.

After a stint in the Coast Guard during World War II, the trombonist moved to New York.

In those days there were many sessions going on New York and a new kind of jazz had been growing such as BeBop.

[Portrait of Thelonious Monk, Howard McGhee, Roy Eldridge, and Teddy Hill, Minton’s Playhouse, New York, N.Y., ca. Sept. 1947] | Library of Congress

Kai would sit in with a lot of these sessions at Minton’s Playhouse.

Benny Goodman at that time went into BeBop and asked Kai to join his orchestra in October.

Coincidentally, Stan Getz and Kai joined the orchestra on the same day.

Photo by courtesy of Bob Willoughby

I will confirm kai’s first recording by his official website.

Benny Goodman, “1945-1946 Magic Carpet Selection”, (1946).[78 rpm]
Participation by Kai Winding as trombonist.

MAGIC CARPET SELECTIONS features recordings of Benny Goodman’s sextet and orchestra for AFRS’ Magic Carpet radio program.

Recorded between November 1945 and November 1946.

The Armed Forces Radio Service (AFRS) started to produce a series of edited big band commercial network sustaining broadcasts during 1945.

It was named “Magic Carpet” and programs were 15 minutes.

“Magic Carpet” and “One Night Stand” are completely different programs.

Please refer to the websiteM and O are completely different programs.

About Magic Carpet,please refer to this website. Go here

Photo above of Trummy Young by Allaboutjazz

Kai Windingは1922年5月18日、デンマークで生まれました。
彼が12歳になった時に家族と共にアメリカに移住しました。
この時までに初めての楽器としてアコーディオンを手に取っていました。
(Websiteから貴重な写真をお借りします)
アメリカに移住し高校時代にトロンボーンを演奏し始めました。
当時影響を受けたトロンボーン奏者としてTrummy YoungとJack Teagardenの名前をあげています。
又、トロンボーンと作曲に関しては独学で習熟したそうです。
第二次世界大戦中には沿岸警備隊に配属され、除隊した後ニューヨークに移りました。
当時、ニューヨークでは多くのセッションが行われており、BeBopのような新しいジャズが誕生していました。
Kai WindingはMinton’s Playhouseで行われていたセッションによく通ったそうです。
当時Benny GoodmanもBeBopに熱中していました。
1945年10月、Kai WindingはBenny Goodmanの新しいバンドに加入しました。
Stan GetzもKai Windingと同じ日に加入しています。
公式Websiteで彼のソロ演奏が初めて聞くことが出来る録音を確認します。
Benny Goodman楽団はAFRSの要請で「Magic Carpet」と名付けられた放送に出演しました、
この録音でKai Windingのソロ演奏が聞けるそうです。
申し訳ないですが音源が確認出来ませんでした。
本題から離れますが「Magic Carpet」について改めて調べてみました。
1945年、AFRSはビッグバンドを中心とした放送を開始しました。
この放送は「Magic Carpet」と呼ばれ放送時間は15分でした。
同時期に放送されていた「One Night Stand」は全く異なるプログラムです。
「Magic Carpet」についての詳細はこちらをクリックして下さい。

Photo above by courtesy of 45 worlds

その次はColeman Hawkins & His All-Stars の一員として録音しています。
この演奏は添付ビデオで聞くことができます。

Here is Coleman Hawkins & His All-Stars play ”Bean-A-Re-Bop”.
Coleman Hawkins All Stars four tunes on Aladdin label.
Miles Davis (tp); Kai Winding (tb); Howard Johnson (as); Hank Jones (p);
Curley Russell (b); Max Roach (d)
New York, June 1947

Stan Getz and Allen Eager on Savoy(4)

January 06.2017

Photo above of Kai Winding

Photo above of Kai Winding

When Stan Getz was 18 years old ,Savoy’s producer Teddy Reig first hired him as sideman of Kai Winding.

Today I want to post about the recording before his leader’s work in Savoy Records.

In December 12. and 14.1945 Teddy Reig produced Kai Winding’s leader work.

Kai named his band “Kai’s Crazy Cats” and The members were Stan Getz(ts) ,Shorty Allen (p), Iggy Shevack (b) ,Shelly Manne (ds).

loaded-savoy

They recorded four tunes ,”Sweet Miss”“Loaded”“Grab Your Axe, Max”“Always”.

Stan played superb performance at “Grab Your Axe, Max”.

Fortunately we can hear their recordings(including alternate takes) on YouTube.

Recently All recordings were uploaded to YouTube.

Here is Kai Winding Quartet and Stan Getz play “Sweet Miss”.

Here is “Sweet Miss (alternate take)”.

Here is Kai Winding Quartet and Stan Getz play “Loaded”.

Here is “Loaded (alternate take)”.

Here is Kai Winding Quartet and Stan Getz play “Grab Your Axe Max”.

Here is “Grab Your Axe Max (alternate take)”.

Here is Kai Winding Quartet and Stan Getz play “Always”.

Stan Getz and Allen Eager on Savoy(2)

January 04.2017

getzsavoy10

Stan Getz and Allen Eager were born the same year in 1927.

Interestingly there were many things they had in common.

Their first instrument was not a tenor saxophone.

Secondly they were wearing the bad habits at the age of 15.

Stan Getz took smoking cigarettes, and discovered that alcohol helped lower his anxiety.

Allen Eager took heroin for the first time while playing with Woody Herman band.

375px-52nd_street_new_york_city_ny_0001_original

In 1945 Stan joined Benny Goodman’s band at the age of 18.

In those days Benny’s band was based in a Newark, N.J. nightspot.

Stan regularly went into New York and hung out at the Spotlite Club on 52nd Street to hear Charlie Parker perform.

Also he met Beverly Byrne who was a sister of the then famous vocalist Buddy Stewart.

Finally Teddy Reig noticed Stan and made a contract with him.

So Stan formed a “Swing Bop Quartet” for his gig as a leader.

Happily Stan and Beverly were married on Nov. 7, 1946 in LA.

fullsizeoutput_880

Here is Stan Getz and Swing Bop Quartet play “And The Angels Swing”.

Here is Allen Eager Quartet play “Booby Hatch”.

Here is Buddy Stewart sings “We’ll Gather Lilacs “ (orchestra directed by Gene Krupa)