タグ別アーカイブ: Roy Haynes

第28回 神戸ジャズサロン(20200223)②

February 26,2020

『ジャズの醍醐味「アドリブ」又は「編曲と技量の競い合い(アンサンブル)」』の2回目をご紹介します。

・T川氏

Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band:The “Carrot” Sessions
T川さんの解説によると、オーストラリア出身のバンジョー奏者 Jeff GilbertとBrian “Bee” Minter(英国トランペット奏者)が共同で1959年結成したジャズバンドです。
当時からロンドン在住のニューオーリンズジャズファンに人気があり、1964年 Jeff Gilberが帰国後もBrian “Bee” Minterがバンドを引き継ぎ録音も多く残しています。当日ご紹介された録音(1970〜1976年)は私家盤として発売されロンドンから通信販売で購入されたそうです。

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play ”Ti-Pi-Tin”.
London November 13,1970

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play “Rebecca”.
London November 13,1970

Here is Brian ‘Bee’ Minter’s Gothic Jazz Band play “Rambling Rose”.
London November 13,1970

当日ご持参されたGothic Jazz BandのCD(T川氏自作)です。

 

・F川氏

Peter Beets Trio:Our Love Is Here To Stay

本録音の詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

Here is Peter Beets Trio play “’S Wonderful”.

 

Ken Peplowski Quartet:Petite Fleur

本録音の詳細については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️

ご紹介された「So in Love」は提供出来ませんので、代替として別アルバムから1曲添付します。

Here is Ken Peplowski plays “Body and Soul”.

Ken Peplowski の公式HPを是非ご覧下さい。

こちら ▶️ 

Charlie Parker Big Band:Night and Day

Here is Charlie Parker Big Band play “What Is This Thing Called Love?”.
Jimmy Maxwell, Carl Poole, Al Porcino, Bernie Privin (tp) Bill Harris, Lou McGarity, Bart Varsalona (tb) Charlie Parker, Harry Terrill, Murray Williams (as) Flip Phillips, Hank Ross (ts) Danny Bank (bar) Oscar Peterson (p) Freddie Green (g) Ray Brown (b) Don Lamond (d) Joe Lippman (arr,cond)
New York, March 25, 1952

 

・M渡氏(神戸ジャズサロン主宰者)

1月13日開催された震災メモリアル「K.G. OB&OG JAZZ ALL DAY LONG」で2人のトロンボーン共演(向井滋春と五島健史)を聴き、J.J. Johnsonを3曲ご紹介されたました。

震災メモリアル「K.G. OB&OG JAZZ ALL DAY LONG」については下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️ 

五島健史さんについては下記サイトをご覧下さい。

こちら ▶️   

Here is J.J Johnson and Kai Winding play ”This Could Be The Start Of Something Big”.

J.J. Johnson, Kai Winding (tb) Bill Evans (p) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, October 3, 1960

Here is J.J Johnson and Kai Winding play ”Going, Going, Gong!”.

J.J. Johnson, Kai Winding (tb) Bill Evans (p) Tommy Williams (b) Art Taylor (d)
New York, November 4, 1960

Here is J.J.Johnson plays “Tune Up”.
Nat Adderley (cnt) J.J. Johnson (tb) Tommy Flanagan (p) Wilbur Little (b) Albert “Tootie” Heath (d)
New York, February 19, 1958

 

お気に入りの演奏家(Hank D’AmicoとMike LeDonne) をご紹介されました。

Hank’s Holiday: Hank D’Amico Quartet:
Hank D’Amico (cl) Bill Triglia (p) Milt Hinton (b) Charlie Smith (d)
New York, October 5-8, 1954

Here is Hank D’Amico Quartet play “Bernie’s Tune”.

Here is Hank D’Amico Quartet play ”The Nearness of You”.

Mike LeDonne
1980年代後半、ミルト・ジャクソンのグループに抜擢されハード・バップ系の新星ピアニストとして注目され、現在ではオルガン奏者としても活躍しています。

Here is Mike LeDonne plays ”Lined with a Groove”.

Mike LeDonne のFacebookが面白いです。

こちら ▶️

昨年5月、ニューヨークの有名ジャズクラブでEric Alexanderと共演した演奏がYouTubeでアップされていました。

Here is Mike LeDonne’s Groover Quartet @Smoke Jazz Club
Mike LeDonne (org),Eric Alexander(ts),Paul Bollenback(g),Jason Tiemann(ds)
Smoke Jazz Club, NYC, May 28, 2019

・K氏
アート・ブレーキーのベルギー公演映像(1958年)をご紹介されました。
概要では全7曲が収録されたYouTubeを添付します。

Here is Art Blakey & the Jazz Messangers – Live in Belgium 1958

神戸ジャズ愛好会1月例会(2020年1月26日)③『コンボジャズの名演』後半

January 29,2020

特集テーマ『コンボジャズの名演』の後半は小生含め3人が持参した演奏をお楽しみ下さい。

・K氏

1960年クリード・テイラーが設立したインパルスレコードで制作された「The Great Kai & J.J」から「This Could Be The Start Of Something」「 Georgia On My Mind」をご紹介されました。
ブログ作成者も大好きなアルバムですのでお時間あれば全曲お聞き下さい。

Here is J.J Johnson and Kai Winding play “The Great Kai & J.J”.
1. This Could Be The Start Of Something Big (3:09)
2. Georgia On My Mind (3:48)
3. Blue Monk (4:28)
4. Judy (4:03)
5. Alone Together (3:33)
6. Side By Side (3:02)
7. I Concentrate On You (4:00)
8. Theme From Picnic (4:01)
9. Trixie (5:06)
10. Going, Going, Gong! (3:08)
11. Just For A Thrill (3:19)

ブログ作成者から名手二人による最後の共演「Aurex Jazz Festival ’82」からの映像を添付します。

Here is  J.J. Johnson & Kai Winding play ”It’s alright with me”.

本演奏の詳細は下記サイトをご覧下さい。
こちら ▶️

Photo above of Stanley Turrentine by Discogs

・寺本世話人
Stanley Turrentine の来日公演「The Live Iin ,Tokyo,July 30,1986」(司会青木誠)をご紹介されましたが音源は提供できません。代替として翌月に開催された「1986別府国際ジャズフェスティバル(大分県城島高原)」での映像を添付します。
Here is Stanley Turrentine Quintet play “Pieces of Dreams〜Gemini”.
Stanley Turrentine(ts) Tom Jones(p) Peter Brown(b) Greg Scaff(g)Ralph Peterson(ds)  August 1986

・平野

ジョン・カービーのコンボ作品を4曲ご紹介させて頂きました。

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Royal Garden Blues”.
Charlie Shavers (tp) Buster Bailey (cl) Russell Procope (as) Billy Kyle (p) John Kirby (b) O’Neil Spencer (ds)  New York, July 28, 1939

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Rose room”.
New York,August 10, 1939

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Double talk”.
New York, January 15, 1941

Here is John Kirby And His Onyx Club Boys play ”Charlie’s Prelude”.
New York, Transcription, 1940
ジェリー・マリガンがお好きな方でしたらご存知の曲だと思います。

神戸ジャズ愛好会11月例会(2019年11月24日)特集『私の好きなマイルス・デヴィスの演奏』①

November 27,2019

今月のテーマ『私の好きなマイルス・デヴィスの演奏』でしたが、参加者は13名で少なかったです。

・Y 瀬氏(当日配付されたレジュメの記載を編集せず転載しました)

名盤マイルス「BAGS GROOVE」の裏側
ご存じプレスティッジ1954年のこの名盤は実に様々な不思議を孕んでいます。看板に偽りありというか、冒頭のタイトル曲(2バージョン)を除けば、ピアノがホレス・シルバーで採ったたソニー・ロリンズを売り出すための盤というのが、同年6月に録音した5曲セッションの実態です。そこへ作曲者であるミル ト・ジャクソンのヴァイブとピアノのセロニアス・モンクを招き12月のクリスマイヴに採ったセッションを、無理やりにくっ付けたような形で構成したこのが1枚。12月に録音された他の曲は後に「マイルスとモダンジャズジャイアンツ」として、 プレスティッジから発売され、「ザ・マン・アイ・ラブ」でのマイルスとモンクの「喧嘩セッション」で知られましたし、ベースがパーシー・ヒース、ドラムスがケニー・クラークということで、同社ワインストック社長のジョン・ルイス嫌いも取りざたされました。1996年7月号
のスイング・ジャーナル誌に載ったミルトのインタビュー記事によると、この曲は1952年にブルーノート盤吹き込みの際に作曲。ミルト(あだ名BAG=がま蛙)に「乗ってるかい」と声をかけるケーニー・ク ラークの口ぐせから命名の由来。録音時にやって来た、アコーディオン奏者のマット・マシューズとウィマー出版にたった25ドルで版権すべてをだまし取られ、取り戻すために1万5000ドル使ったとか。曲名に「ニュー」を付けたり、苦労したそうで、版権料が最も多額だったのは日本だったそうです。

 

 

Photo above of Mat Mathews by courtesy of Freshsound

 

Here is Miles Davis Quintet play ”Bag’s Groove (Take 1)” .
Miles Davis (tp) Milt Jackson (vib) Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Kenny Clarke (d) Hackensack, NJ., December 24, 1954

当日は1952年ブルーノート盤もご紹介されましたが、マイルスは参加しておりませんので省略致します。

・T川氏「トラッドジャズ専門ですのでマイルスはほとんど持っていません。数少ない手持ちから4曲選びました」
Here is Miles Davis All Stars play “Milestone”.
Miles Davis(tp) Charlie Parker(ts) John Lewis(p) Nelson Boyd(b) Max Roach(ds)
New York, August 14, 1947

Here is Miles Davis Sextet play “Whispering”.「レス・ポールの曲が好きで選曲しました」
Miles Davis (tp) Bennie Green (tb) Sonny Rollins (ts) John Lewis (p) Percy Heath (b) Roy Haynes (d) New York, January 17, 1951

Here is Sonny Rollins Quartet play “I Know”.「マイルスのピアノ演奏を聴いて下さい」
Sonny Rollins (ts) Miles Davis (p) Percy Heath (b) Roy Haynes (d) New York, January 17, 1951

Here is Miles Davis plays “My funny Valentine”.
Miles Davis (tp) Red Garland (p) Paul Chambers (b) Philly Joe Jones (d) Hackensack, NJ., October 26, 1956

・F川氏「4部作の内「Steamin'(May 11, 1956)」から2曲選曲しました」

Here is Miles Davis Quintet play ”Surrey With The Fringe On Top”.
Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Red Garland(p) Paul Chambers(b)
Philly Joe Jones(ds)

Here is Miles Davis plays ”When I Fall In Love”.
Miles Davis(tp) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds)

・S氏「アルバムではIn a Silent Wayが好きです」

Here is Miles Davis plays ”In a Silent Way〜It’s About That Time”.
Miles Davis (tp) Wayne Shorter (sop) Herbie Hancock, Chick Corea (el-p) Joe Zawinul (org) John McLaughlin (el-g) Dave Holland (b) Tony Williams (d)
New York, February 18, 1969

・寺本氏

「The Unissued Cafe Bohemia Broadcasts / Miles Davis Quintet with John Coltrane」より3曲

Miles Davis(tp) John Coltrane(ts) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Philly Joe Jones(ds) Broadcast, “Cafe Bohemia”, Greenwich Village New York
Here is Miles Davis Quintet play ”It Never Entered My Mind”.
September 15, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Stablemates”.
September 29, 1956

Here is Miles Davis Quintet play “Walkin'”.(All of Youが続きます)
April 13,1957

大阪ジャズ同好会(2015年6月14日) 特集『もう1人のバップトランペッター~ファッツ・ナヴァロ』

June 21,2019

Photo above of Fats Navarro by courtesy of Discogs

今回は4年前(2015年6月14日)の特集「もう1人のバップトランペッター~ファッツ・ナヴァロ」(解説 寺本 泰規氏)をブログとして作成しました。以下当日配付されたレジュメを編集せず記載いたします。

バップ時代のトランペッターといえばまずディジー・ガレスピーの名前が挙がりますが、彼の影響を受けたハワード・マギーを師匠としたファッツ・ナヴァロ(Sep,24, 1923~July 7, 1950)はその実力に伴った評価・人気を受けているとは思えません。同時代に同じ楽器のプレイヤーがいれば当然比較されるわけですが、メトロノーム・オールスターによる演奏ではナヴァロは共演したガレスピーやケニー・ドーハムらと間違えられるなどの扱いを受けていますが、いまでは故大和明氏によってその間遅いは正されています。(と私は考えています。)アメリカの有名なジャズ評論家でさえ間違えるほど似通っているところはありますが、聞き込めばその違いは割と見極められると思います。今回の例会ではそんなファッツ・ナヴァロの演奏を聴いていただくことにより、彼のファンになっていただければと考えています。まず最初に聴いていただくのは師匠格に当たるハワード・マギーのプレイです。当時ナヴァロはアン ディ・カーク楽団に在団していましたが、ソロパートは与えられておらず、ソロは全てハワード・マギ ーです。

1. 「McGhee Special」(broadcast, NYC, circa 1944)
Andy Kirk & His Orchestra
Art Capehart, Harry Lawson, Howard McGhee, Fats Navarro(tp) Taswell Baird, Bob Murray, Wayman Richardson(tb) Reuben Phillips, Ben Smith(as) Jimmy Forrest, Joe Harrington(ts) Ed Loving(bs) John Young(p) Booker Collins(b) Ben Thigpen(ds)

当日ご紹介された1944年の音源(上記「Big bands of the “Savoy”」)は手元にございませんので、1942年の録音を代替として添付しました。
Here is Andy Kirk And His Twelve Clouds Of Joy play “McGhee Special”.
Johnny Burris, Harry Lawson (tp) Howard McGhee (tp,arr) Ted Donnelly, Milton Robinson (tb) John Harrington (cl,as) Ben Smith (as) Edward Inge (cl,ts) Al Sears (ts) Kenny Kersey (p,arr) Floyd Smith (g,el-g,vcl) Booker Collins (b) Ben Thigpen (d) June Richmond (vcl) Andy Kirk (dir)
New York, July 14, 1942

この演奏を良く頭に入れて次の演奏を聴いてみてください。彼のソロが最初に録音された演奏です。当時のビリー・エクスタイン楽団はバッパーを多く抱えており、ガレスピー楽団を凌駕するくらいモダンな演奏に終始していました。ここではジーン・アモンズのソロを始め、ナヴァロのメロディアスで歌心あふれるソロに注目です。

2. 「Love Me Or Leave Me」(AFRS Jubilee broadcast, LA, CA, Feb & Mar,1945)
Billy Eckstine & His Orchestra
Gail Brockman, Boonie Hazel,Shorty McConnell,Fats Navarro(tp) Joe Taswell Baird, Chippy Outcalt, Howard Scott, Gerald Valentine(tb) Bill Frazier, John Jackson(as) Gene Ammons(ts) Budd Johnson(ts, arr) Leo Parker (bs) Connie Wainwright(g) John Malachi(p) Tommy Potter(b) Art Blakey(ds) Billy Eckstine, Lena Horne, Sarah Vaughan (vo) Tadd Dameron, John Malachi, Jerry Valentine(arr)

いかがでしたか。彼自身はビッグバンドでの演奏は自由が無いということで嫌いだったようで、エクスタイン以後短期間のバンド在団を除くと、コンボにおける吹き込みが多くなっていきます。次は一時期モダンジャズメンとの共演を行ったホーキンスのコンボにおけるソロです。

3. 「Bean And The Boys」(SR1858-1)(NYC, Dec,1946)
Coleman Hawkins & His Orchestra
Fats Navarro(tp) J.J.Johnson(tb) Porter Kilbert(as) Coleman Hawkins(ts) Hank Jones(p) Curly Russell(b) Max Roach(ds)

ビッグバンドにおけるソロをもう一曲聴いていただきましょう。スイング~モダンジャズ時代に活躍 したイリノイ・ジャケー楽団での演奏です。

4.「Jivin’ With Jack The Bellboy」 (NR97-2)(NYC, January 7, 1947)
llinois Jacquet And His Orchestra
Miles Davis, Marion Hazel or Russell Jacquet, Fats Navarro, Joe Newman(tp) Gus Chapell, Ted Kelly, Fred Robinson, Dicky Wells(tb) Ray Perry, Jimmy Powell(as) Illinois Jacquet, Clay Nicholas or Budd Johnson(ts) Leo Parker(bs) Bull Doggett(p) Al Lucas(b) Shadow Wilson(ds)

これより以後は全てコンボスタイルによる演奏です。次は「他の男のところでは働きたくないんだ」 と言わしめたタッド・ダメロンとの共演です。彼の真価を遺憾なく発揮した最初のグループと言えるでしょう。

Photo above of Tadd Dameron and Fats Navarro by courtesy of Wikipedia

5.「The Squirrel」 (BN305-1) (WOR Studios, NYC, Sept 26, 1947)
Tadd Dameron Sextet
Fats Navarro(tp) Ernie Henry(as) Charlie Rouse(ts) Tadd Dameron(p) Nelson Boyd(b) Shadow Wilson(ds)

ナヴァロはパーカーとも何度か共演し録音を残していますが、その最初の記録がこの時の演奏です。 ただしこの曲に関しては終始ソロを取っており、彼の素晴らしいメロディックセンスを味わうことができます。

6. 「Fats Flats 」(broadcast. “Bands For Bonds* WOR Studios, NYC, Nov.8,1947)
Barry Ulanov And His All Star Metronome Jazzmen
Fats Navarro(tp) Charlie Parker(as) Lennie Tristano(p) Billy Bauer(g) Tommy Potter(b) Buddy Rich(ds) Bruce Elliott, Barry Ulanov(announcer)

珍しい演奏をご紹介したいと思います。後年クリフォード・ブラウンも参加していたハンプトン におけるものです。曲の途中から始まっていますが、劈頭のソロは紛れもなくナヴァロです。(当日ご紹介された録音は添付出来ないことを了解願います。)

7. 「Hot House」(broadcast,”Howard Theatre”, Washington, May 1,1948)
Lionel Hampton & His Orchestra
Teddy Buckner, Wendell Culley, Duke Garrette, Fats Navarro, Leo Shepherd (tp) Sonny Craven, Andrew Penn, Britt Woodman, Jimmy Wormick(tb) Ben Kynard, Bobby Plater(as) John Sparrow. Billy Williams(ts) Charlie Fowlkes (bs) Lionel Hampton(vi,p, ds, vo) Milt Buckner(p) Charlie Harris, Charles Mingus(b) Earl Waiker(ds)

再びダメロンとの演奏です。ミディアムテンポで軽快にソロを展開する彼の演奏は、ガレスピーに代 表されるようにハイノートに偏ること無く、暖かみにあふれたプレイとなっています。

8. 「Good Bait」 (broadcast, “Royal Roost”, NYC, August 29, 1948)
Tadd Dameron Sextet
Fats Navarro(tp) Rudy Williams(as) Allen Eager(ts) Tadd Dameron(p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(ds)

べニー・グッドマンも1948年から49年にかけて、なぜかモダンジャズメンをバンドに入れてモダンスタイルに変身したことがありました。残念ながらビッグバンドでのソロ演奏は残っていませんが、唯一コンボにおける演奏が1曲だけ残されています。ワーデル・グレイと共に彼のモダンなセンスが聴 かれる演奏となっています。(グッドマンだけがスイングスタイルの演奏を繰り広げており違和感はぬぐえません。)

9.「Stealin’ Apples」(2974-3)(NYC, September 9,1948)
Benny Goodman Septet
Fats Navarro(to) Benny Goodman(cl) Wardell Gray(ts) Gene Di Novi (p) Mundell Lowe(g) Clyde Lombardi (b) Mel Zelnick(ds)

さてナヴァロはわずかですが歌手の伴奏も録音しています。ここではダイアル盤に残された演奏から、パーカーの演奏で有名な「ヤードバード組曲」を聴いてください。オリジナルの演奏よりテンポを落としていますが、彼の趣味の良いフレーズが光ります。

10.「Yardbird Suite」(D1163-C)(NYC, November 29,1948)
Earl Coleman & His All Stars
Fats Navarro(tp) Don Lanphere(ts) Linton Garner(p) Al Casey(g) Jim Johnson(b) Max Roach(ds) Earl Coleman(vo)

昔、アメリカの雑誌メトロノームの主催によるジャズメンの人気投票があり、上位者によるオールス ターが編成され録音を行いました。次の演奏はビクターに吹き込まれたオールスターによるもので、当時の人気がうかがえる結果となっています。特に演奏の後半に繰り広げられる3人のトランペットの4小筋交換はデヴィス、ナヴァロ、ガレスピーと思われます。(故大和明氏の見解。一部デヴィスとガレ スピーが入れ替わっている。)

Photo by Metronome

11. 「Overtime(long version) (DOVC0021-2) (RCA Studios, NYC, January 3, 1949)
Metronome All-Star Bands
Miles Davis, Dizzy Gillespie, Fats Navarro(tp) J.J.Johnson, Kai Winding (tb) Buddy DeFranco(cl) Charlie Parker(as) Charlie Ventura(ts) Ernie Caceres(bs) Lennie Tristano(p) Billy Bauer(g) Eddie Safranski(b) Shelly Manne(ds)

再びダメロンとの共演です。この共演以後ダメロンとの演奏は残されていません。

12. 「Sid’s Delight」(3391-3E)(NYC, January 18,1949)
Tadd Dameron & His Orchestra
Fats Navarro(tp) Kai Winding(tb) Sahib Shihab(as) Dexter Gordon(ts) Cecil Payne(bs) Tadd Dameron (p) Curly Russell(b) Kenny Clarke(as) Vidal Balado(congas) Diego Ibarra(bongos)

今度の演奏はその存在は知られていたものの、2002年まで正式にリリースされなかったものと、今更ながらこんな素晴らしい演奏がなぜ公開されなかったのか不思議でなりません。彼の素晴らしいバラード演奏が聴かれます。

13. 「The Things We Did Last Summer」(“Carnegie Hall”,NYC, Nov 2,1949)
Jazz At The Philharmonic
Fats Navarro(tp) Hank Jones(p) Ray Brown(b) Shelly Manne(ds)

ブルーノートに彼はバド・パウェルと共に多くのテイクを吹き込んでいますが、ロリンズの初期の演奏が聴かれる「異教徒のダンス」を聴いてください。

14. 「Dance Of The Infidels」(BN362-1)(WOR Studios,NYC, August 9,1949)
Bud Powell’s Modernists
Fats Navarro(tp) Sonny Rollins(ts) Bud Powell(p) Tommy Potter(b) Roy Haynes(ds)

次の演奏は彼のレコーディング歴の中であまり注目を受けていませんが、4曲19テイクにわたって バップ・プレイヤーとは思えぬサトルなプレイに終始しており、早死にしなければ一流のモダンジャズ プレイヤーとしてもっと知られる存在になっていただろうと想像するにふさわしいものです。

15. 「Infatuation」(JRC37D)(NYC, September 20,1949)
Don Lanphere Quintet
Fats Navarro(tp) Don Lanphere(ts) Al Haig(p) Tommy Potter(b) Max Roach(ds)

最後はバードランドにおける3人のバップの巨人の共演です。ただしこの演奏ではパーカーのソロは ありません。

16. 「A Night In Tunisia」(broadcast,”Birdland”,NYC, May 15 & 16,1950)
Charlie Parker Quintet
Fats Navarro(tp) Chartie Parker(as) Bud Powell(p) Curly Russell(b) Art Blakey(ds)

本ブログでは「Ornithology」を添付しました。
Here is Chartie Parker Quintet play “Ornithology”.
Fats Navarro(tp) Chartie Parker(as) Bud Powell(p) Curly Russell(b) Art Blakey(ds)

彼の初期から最晩年の演奏までを聴いていただきましたが、その演奏から後年のクリフォード・ブラ ウンのプレイを感じるのは私だけではないと思います。これを機会に是非ナヴァロの演奏に親しみを持 っていただければと思います。

(使用音源)
1. 「Big bands of the “Savoy”」(Caracol CAR 424)(LP)
2.「Together / Billy Eckstine」(Spotlite 100)(LP)
3. 「Bean & The Boys / Coleman Hawkins」(Prestige PR 7824)(LP)
4.「The Complete Aladdin Sessions / Illinois Jacquet] (Aladdin 803) (LP)
5.「 The Fabulous Fats Navarro, Vol. 1」 (Blue Note BLP 1531) (LP)
6. 「Anthropology」 (Spotlite SPJ 108) (LP)
7. 「Lionel Hampton In Concert」 (Cicala Jazz Live (it) BLJ 8015) (LP)
8. 「Good Bait / Fats Navarro, Tadd Dameron」 (Riverside NW 2007)(LP)
9. 「Cool Clarinet 」(Capitol CR-8803) (LP)
10. 「Move! / Dexter Gordon」 (Spotlite SPJ 133) (LP)
11. 「From Swing To Be Bop」 (RCA RA-96-100) (LP)
12. 「Bebop Professors 」(Capitol CR-8812) (LP)
13. 「J.A.T.P. At Carnegie Halt 1949 / Jazz At The Philharmonic]」(Pablo PACD 5311-2)(CD)
14. 「The Amazing Bud Powell vol.1 / Bud Powell」 (Blue Note BLP 1503) (LP)
15. 「The Thin Man Meets Fat Boy vol.」 (Misterioso MLP 1982) (LP)
16. 「One Night In Birdland / Charlie Parker」 (Columbia JG 34808) (LP)

神戸ジャズ愛好会1月例会(2019年1月)②特集「Riversideレーベルの名演」

Photo above of Orrin Keepnews by WikiPedia

January 29,2019

1月例会の特集「Riversideレーベルの名演」については、8人の会員が計21曲を選曲しました。

今回は4人の会員がご紹介された演奏(計11曲)をお楽しみ下さい。

・K氏
Here is Blue Mitchell Quartet play ”I’ll Close My Eyes”.
Blue Mitchell (cnt) Wynton Kelly (p) Sam Jones (b) Roy Brooks (d)
New York, August 25, 1960

Here is Sonny Red Quintet play “The Mode”.
Sonny Red (as) Barry Harris (p) Grant Green (g) George Tucker (b) Jimmy Cobb (ds)
New York, December 14, 1961

・I氏
Here is Johnny Griffin Quartet play “Hush-A-Bye”.
Johnny Griffin (ts) Barry Harris (p) Ron Carter (b) Ben Riley (d)
New York, December 21, 1961

Here is Chet Baker plays ”You and the Night and the Music”.
Chet Baker(tp),Herbie Mann(fl),Pepper Adams(bs), Bill Evans(p), Kenny Burrell(g), Paul Chambers(b),Philly Joe Jones(ds)
NYC, January 19, 1959

Here is Bill Evans Trio “Nardis”.
Bill Evans,(p),Scott LaFaro(b),Paul Motian,(ds)
NYC, February 2, 1961

・T川氏

Here is Charles A. Matson’s Creole Serenaders plays “Taint Nobody’s business if I Do.”
unknown cnt, tb, cl/as, as, ts, Charles Matson (p,arr) unknown bj, tu and d.
New York, July 30, 1923
Ed 51222, Riverside RLP1005(10インチ)

Here is Scott Joplin plays “The Entertainer”.
Scott Joplin, piano roll.
December 29, 1902
Ragtime piano Rolls Vol.1,RLP1006(10インチ)

Here is Thelonious Monk plays “Blue Monk”.
Thelonious Monk (p)
Concert “Fugazi Hall”, San Francisco, CA, October 21, 1959

Here is Sonny Rollins Trio play “The Last Time I Saw Paris”.
Sonny Rollins (ts) Paul Chambers (b) Roy Haynes (d)
New York, June 19, 1957

Here is George Lewis Ragtime Band play “In the Sweet Bye and Bye”.
Kid Howard(tp), Jim Robinson(tb), George Lewis(cl), Alton Purnell(p),Lawrence Marrero(bj),Alcide “Slow Drag” Pavageau,(b),Joe Watkins(ds)
Trinity Episcopal Church, Oxford, OH, February 21, 1954

・N氏
Here is Thelonious Monk Septet play ”Well You Needn’t ”.
Ray Copeland (tp) Gigi Gryce (as) Coleman Hawkins, John Coltrane (ts) Thelonious Monk (p) Wilbur Ware (b) Art Blakey (d)
New York, June 26, 1957

Jay Cameron in Paris

September 11,2018

前回「ジャズ喫茶ノート」の記録(1977年6月18日)からジャズ喫茶オアシス土曜会の特集を振り返りました。

今回添付した「ジャズ喫茶ノート」は1977年1月6日の記録です。

最近ご紹介した「バリトンサックスの名手」では名前が挙がらなかったジェイ・キャメロン(Jay Cameron)のリーダー作品を記録していました。実際はラーシュ・グリン(Lars Gullin)をリクエストして、B面のジェイ・キャメロン(Jay Cameron)を聴いていたと記憶しております。

Jay Cameron ( 1928年9月14日〜2001年3月20日)は1947年頃までアイク・ カーペンター(Ike Carpenter)楽団に所属した後、渡欧し下記録音等に参加しています。

1956年に帰米するまでヨーロッパでの録音は「トム・ロード・ディスコグラフィ」では確認出来ませんでした。

今回は初録音から自己名義のJay Cameron’s International Sax Bandまでを久し振りに聴きました。

ビル・コールマン(Bill Coleman)楽団で「アルトサックス奏者」として録音デビューしましたがソロはないようです。
Here is Bill Coleman And His Orchestra play ”I’m comin’, Virginia”.
Bill Coleman (tp), Bill Tamper (tb, arr), Jay Cameron (as), William Boucaya (bars), Art Simmons (p), Jean-Pierre Sasson (g), Guy DeFatto (b), Gerard “Dave” Pochonet (ds) Paris, November 9, 1951

サラ・ヴォーンと渡欧していたロイ・ヘインズの貴重な録音に参加しています。(バルネ・ウィランの初録音としても有名盤)

Here is Roy Haynes Modern Group play “Laffin’ and cryin’ “.
Barney Wilen (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Jimmy Gourley (g) Joe Benjamin (b) Roy Haynes (ds) Paris, October 26, 1954
Laffin’ and cryin’

Here is Roy Haynes Modern Group play “Minor encamp [Jordu]”.
Members of the recording are the same as above.
Minor encamp [Jordu]

Swingレコード(仏)がJay Cameron’s International Sax Bandの名義で録音しています。

その後「東宝レコード」がVogueシリーズとして発売した本盤を購入しました。尚、大阪での例会ではA面からラーシュ・グリン(Lars Gullin)の演奏を選曲しています。

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Blue note”.
Bobby Jaspar, Barney Wilen, Jean-Louis Chautemps (ts) Jay Cameron (bars) Henri Renaud (p) Benoit Quersin (b) Andre Baptiste “Mac Kac” Reilles (ds)
Paris, France, January 10, 1955
_Blue note

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Give me the simple life”.
Members of the recording are the same as above.
Give me the simple life

Here is Jay Cameron’s International Sax Band play ”Static test”.
Members of the recording are the same as above.
Static Test

1963年のテレビ放送からの映像ですが、同年以降は演奏記録が残されていません。

Here is Paul Winter Sextet fea.Jay Cameron on TV’s Jazz Casual
Paul Winter (as), Richard Whitsell (tp), Jay Cameron (bars), Warren Bernhardt (p), Arthur Harper, Jr. (b), Ben Riley (ds). March 1, 1963

Phineas Newborn Jr.(2)

October 19, 2016

Phineas Newborn, Jr. recorded steadily as a leader and sideman throughout the 1950s and into the 1960s.

In 1952 in Memphis, Count Basie heard Newborn’s playing.

Basie brought him to the legendary producer John Hammond.

Then he moved to the East Coast by Hammond’s encouragement.

From 1956 he began to perform in New York City, making his first album as a leader in that year.

here_is_phineas

“Here Is Phineas” was the debut album which recorded in 1956 and released on the Atlantic label.

He was transferred to RCA Victor label from his second work.

Unfortunately RCA Victor recordings were a complete failure.

So he went to work as a solo pianist in Stockholm and Rome.

we_three_album

In 1958 he joined a legend recording Roy Haynes’ “We Three”.

Here is Phineas Newborn Jr. plays “Barbados” (1956) 

Here is Phineas Newborn Jr Quartet play “Overtime”(1956).

Here is Phineas Newborn Jr. plays “My Ship” in Stockholm(1958) .

Here is Roy Haynes plays “Reflection” with Phineas Newborn Jr. and Paul Chambers(1958).