タグ別アーカイブ: Barney Kessel

神戸ジャズ愛好会2017年5月例会概要『Verveレーベルの名演』

May 19,2020

2017年5月28日に開催された神戸ジャズ愛好会5月例会概要を作成しました。

・Y瀬氏

「私のVerveはピーターソン」
①ノーマン・グランツとオスカー・ピーターソンの関わりは1949年以降、Clet, Norgran, Verve を通じて長く続いたのはご存じの通りですが、まずエラと共に引き抜いてきた旦那のレイ・ブラ ウン(b)とデュオを組ませ、そこにギターのバーニー・ケッセルを加えて最初のトリオを結成したのは1951年です。
②翌1953年にギターがハーブ・エリスに交代。5年続いたこのトリオは、ドラムス(バディ・リッ チ、アルヴィンストーラー)を加えたカルテットでも演奏を残しております。
③1958年のエリス退団を機にドラマーとの新トリオ結成を決断して選んだのがエド・シグペン。作曲家単位の「ソングブック」シリーズがヒットし、不動の「ザ・トリオ」の座に。

①Here is Oscar Peterson Trio play “The man I Love”.
Oscar Peterson(p),Ray Brown(b),Barney Kessel(g) November 25, 1951

 

Here is Oscar Peterson Trio play “9:20 special”.
Oscar Peterson (p) Herb Ellis (g) Ray Brown (b) Buddy Rich (d)
LA, December 27, 1955

Here is Oscar Peterson Trio play “Summertime”.
Oscar Peterson((p),Ray Brown(b),Ed Thigpen(ds) October 12,1959

・I氏

Here is Jimmy Smith play “Cat”.
Ernie Royal, Bernie Glow, Snooky Young, Jimmy Maxwell, Marky Markowitz, Thad Jones (tp) Jimmy Cleveland, Urbie Green, Billy Byers (tb) Tony Studd (b-tb) Ray Alonge, Earl Chapin, Jimmy Buffington, Bill Correa (fhr) Don Butterfield (tu) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) George Duvivier (b) Grady Tate (d) Phil Kraus (perc) Lalo Schifrin (arr,dir) New York, April 27, 1964

Here is Herbie Hancock play “Scarborough Fair”.
Michael Brecker (ts,sop) Herbie Hancock (p,arr) John Scofield (g,el-g) Dave Holland (b) Jack DeJohnette (d,el-perc) Don Alias (perc) Bob Belden (arr) with: Lester Lovitt, Oscar Brashear (tp-1,flhrn-1) Maurice Spears (b-tb-1) Suzette Moriarty (frh-1) Sam Riney, William E. Green (fl-1,alto-fl-1) Gene Cipriano (oboe-1,eng-hrn-1) Gary Herbig (b-cl-1,fl-1) Lili R. Haydn, Margaret R. Wootn, Richard S. Greene (vln-2) Cameron L. Stone (cello-2) New York & West Hollywood, CA, 1995

・M渡氏


「The Interpretations Of Tal Farlow: Tal Farlow Quartet」より4曲

Here is Tal Farlow Quartet play  “These foolish things”.
Claude Williamson (p) Tal Farlow (g) Red Mitchell (b) Stan Levey (d)
Los Angeles, January 17, 1955

Here is Tal Farlow Quartet play “Manhattan”.

Here is Tal Farlow Quartet play “It’s You or No one”.

Here is Tal Farlow Quartet play “Just one of those things”.

・T川氏

Here is Lu Watters plays “Irish Black Bottom”.
Lu Watters(tp) Warren Smith(tb) Bob Helm(cl) Wally Rose(p) Pat Patton(bj)
Clancy Hayes(g) Dick Lammi(b) Bill Dart(ds)(June or July,1950

Here is Kid Ory play “Song Of The Wanderer”.
Kid Ory(tb) Marty Marsale(tp) Darnell Howard(cl) Cedric Haywood(p)
Frank Haggerty(g) Charles Cden(b) Earl Watkins(ds)  Aug 25,1957

Here is Lester Young Quartet play “All Of Me”.
Lester Young(ts) Teddy Wilson(p) Gene Ramey(b) Jo Jones(ds) Jan 13,1956

Here is Stan Getz Quartet play “The Way You Look Tonight”.
Stan Getz(ts) Duke Jordan(p) Jimmy Raney(g) Bill Crow(b) Frank Isola(ds) Dec 12,1952

・N瀬氏

Here is  Dizzy Gillespie/Sonny Stitt/Sonny Rollins play “The Eternal Triangle”.
Dizzy Gillespie (tp,vcl) Sonny Stitt, Sonny Rollins (ts) Ray Bryant (p) Tommy Bryant (b) Charlie Persip (d)  New York, December 19, 1957

・K氏

Here is Gerry Mulligan And The Concert Jazz Band play “Comerain or Come Shine”.
Don Ferrara, Clark Terry, Nick Travis(tp),  Willie Dennis(tb),  Alan Raph(btb), Bob Brookmeyer(vtb),Bob Donovan(as), Gene Quill(as,cl),  Jim Reider(ts), Gene Allen, Gerry Mulligan(bs,p),Bill Crow(b), Mel Lewis(ds)
“Village Vanguard”, NYC, December 11, 1960

Here is J.J.Johnson Quartet play “My favorite things”.
J.J. Johnson (tb) Hank Jones (p) Richard Davis (b) Walter Perkins (d)
New York, April 6, 1963

大阪ジャズ同好会第41回例会持ち寄り(2020年2月9日)『ジャム・セッションの名演』①

February 12,2020

『ジャム・セッションの名演』前半4人のお気に入りをご紹介します。

・竹村氏(短いコメントも転載しております)

1.Midnight At Minton’s

Here is Don Byas and Joe Guy and Thelonious Monk play “I Can’t Give You Anything But Love”.
Midnight At Minton’s:
Joe Guy (tp) ,Don Byas (ts) ,Thelonious Monk (p) unknown (b) Kenny Clarke (ds)
Live “Minton’s”, New York, 1941
ビバップ誕生の聖地、ミントンズ・クラブでの貴重な実況録音

2.Charlie Christian in Minneapolis

Here is Charlie Christian plays “ I got rhythm”.
Jerry Jerome (ts),Frankie Hines (p), Charlie Christian (g), Oscar Pettiford (b),
Live “Harlem Breakfast Club”, Minneapolis, MN, September 24, 1939
ミネアポリスのハーレム・ブレックファースト・クラブでの、アフターアワーズ・ジャムセッション。

3.Jazz from a Swinging Era

Here is Buck Clayton and his All Stars play “Into The Blues Bag”.
Buck Clayton, Roy Eldridge (tp), Vic Dickenson (tb), Earl Warren (as) ,Bud Freeman (ts), Sir Charles Thompson (p), Bill Pemberton (b), Oliver Jackson (ds)
Paris, March 12, 1967
バック・クレイトン・ジャムセッションの最後のオールスターズでのパリ公演。

・K氏

Buck Clayton Jam Session

Here is Buck Clayton All Stars play “All The Cats Join In”.
Buck Clayton, Ruby Braff, Billy Butterfield(tp), J.C.Higginbotham(tb),
Tyree Glenn(tb, vib), Coleman Hawkins, Julian Dash(ts), Kenny Kersay(p) ,Steve Jordan(g) ,Walter Page(b), Bobby Donaldson(ds) NYC March 5,1956
ソロの順番
Hawkins(ts)-Glenn(vib)-Braff(tp)-Higginbotham(tb)-Glenn(vib)-Braff(tp)- Higginbotham (tb)-Butterfield(tp) -Glenn(tb) -Clayton(tp)-Dash(ts)-Kersy(p)

当日、本録音は約2分短いバージョンもあると解説されました。以下添付します

・H氏

The Historic Mocambo Session ’54

Here is Shotaro Moriyasu plays ”I Want To Be Happy”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

植田紗加栄(著)
「そして、風が走りぬけて行った―天才ジャズピアニスト・守安祥太郎の生涯」をご紹介されました。

ブログ作成者もモカンボセッションをリストアップしておりました。1曲追加させて下さい。
Here is Shotaro Moriyasu plays ”Strike Up The Band”.
守安祥太郎(p),宮沢昭(ts),鈴木寿夫(b),清水 潤(ds)
July 27-28,1954

・Y瀬氏

Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars
2月の放出例会の持ち寄り、ジャムセッションとは無縁と思いこみ、「聴きに徹しようか」と思っていたのですが、実はジャズの目覚めは18歳を迎える昭和28年(1953年)の正月、一族の子らが集う席へ遠縁の大学生が持ち込んだSP2枚の表と裏の計4面にわたる「スターダスト」でした。すっかり魅了され、繰り返し聴いて長年の愛聴曲となったのですが、ハンプトンのイントロで始まり、ウイリー・スミス(as)、チャーリー・シェイバース(tp)、バーニー・ケッセル(g)ら初めて名を知る名手が音を紡ぎ、やがて圧倒的なハンプトンのソロに。これこそ、まさにジャムセッションだったのですね。

Here is Lionel Hamton All Stars play “Star Dust”.
Lionel Hampton And His Just Jazz All Stars:
Charlie Shavers (tp) Willie Smith (as) Corky Corcoran (ts) Lionel Hampton (vib) Tommy Todd (p) Barney Kessel (g) Slam Stewart (b) Lee Young (d)
CA Civic Auditorium,Pasadena, August 4, 1947

Y瀬氏はSPレコード2枚(表裏4面)を神戸ジャズサロン(2018年2月例会)にご持参されていました。当日撮影した写真を添付します。

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)⑤特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン(3)」

May 30,2019

Photo by courtesy of Classic FM

特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」の3回目です。

今回はY瀬氏とT川氏の選曲をお楽しみ下さい。

Y瀬氏(大阪ジャズ同好会ではいつも珍しい録音をご紹介頂いております)

1.「Somebody Loves Me」by Oscar Peterson

Here is Oscar Peterson Trio play “Somebody Loves Me”.
Oscar Peterson (p), Barney Kessel(g), Ray Brown(b) December 1952  LA

2.「The Man I Love」by Erroll Garner

Here is Erroll Garner Trio play “The Man I Love”.
Erroll Garner(p),Al Hall(b), Specs Powell(ds) June 7,1956  NYC

T川氏(古くからの「O.D.J.C」会員です)

1.「Liza」by Benny Goodman

Benny Goodman  Live In the Sixties
1960年から1963年の間に「シカゴ・クリーブランド・ニューヨーク・ワシントン」で行われた公演を収録したレコードです。本ブログでは上記公演後(1963年8月)に録音された「Liza」を添付しました。

Here is Benny Goodman Quartet play “Liza”.
Benny Goodman(cl),Gene Krupa(ds), Lionel Hampton(vin), Teddy Wilson(p) August 27,1963

2.「A Foggy Day」by George Chisholm

Here is George Chisholm’s Gentleman of Jazz play “A Foggy Day”.

 

3.「Summertime」by Acker Bilk

Here is Acker Bilk plays “Summertime”.

次の演奏家は全く知らない人ですし、ご紹介された曲もガーシュウィン作品である事を知りませんでした。ご存知の方おられましたら教えて下さい。
詳細資料は写真をご覧下さい。

T川氏の自作CD

4.「Nashville Tennessee」by Golden Gate Orchestra

Here is Golden Gate Orchestra play ”Nashville Tennessee”.

神戸ジャズ愛好会5月例会(2019年)③特集「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」

May 28,2019

American composer George Gershwin (1989 – 1937) works on a score at the piano in his 72nd Street apartment, New York, New York, 1934. (Photo by PhotoQuest/Getty Images)

特集は「ジャズスタンダード名曲集~ジョージ・ガーシュウィン」でした。

例会には小生含め8人の会員がお気に入りの演奏を紹介しました。

本日は西明石から毎回参加されている2人のお気に入りをご紹介します。

最後に添付した映像は是非ご覧になって下さい。

K氏(大阪ジャズ同好会の4月特集を担当されました)

1.「Sweet And Low Down」

Here is Jackie & Roy sing “Sweet And Low Down”.
Jackie Cain (vcl) acc by Anthony Ortega (as,fl) Larry Bunker (vib) Roy Kral (p,vcl) Barney Kessel (g) Al McKibbon (b) Frank Butler (ds)
Los Angeles, February 23, 1960

2.「They Can’t Take That Away From Me」

Here is Fred Astaire sings “They Can’t Take That Away From Me”.
Fred Astaire (vcl) acc by Charlie Shavers (tp) Flip Phillips (ts) Oscar Peterson (p) Barney Kessel (g) Ray Brown (b) Alvin Stoller (ds)
Los Angeles, December 1952

1937年製作の映画「Shall We Dance 」におけるアステアの歌唱シーンとGinger Rogersとのダンスシーンの映像を添付しました。

Here is Fred Astaire and Ginger Rogers ”They Can’t Take That Away From Me” from “Shall We Dance 1937”.

F川氏(大阪ジャズ同好会創立以来、新譜紹介を担当されています)

1.「A Foggy Day」
オーストラリア出身のコンラッド・パシュクデュスキ(Konrad Paszkudzki)によるジョージ・ガーシュイン曲集「Fascinating Rhythm.George Gershwin Song Book」から

当日はご紹介された「A Foggy Day」は本ブログでは紹介出来ませんので、代替として 「I’ve Got A Crush On You」を添付します。

Here is Konrad Paszkudzki Trio play “ I’ve Got A Crush On You” Live at Dizzy’s .

2.「Lady, Be Good!」
オランダを代表するピアニストであるピーター・ビーツ(Peter Beets)によるジョージ・ガーシュイン名曲集から

Here is Peter Beets Trio play ”Lady, Be Good!”.

尚、本アルバム『Our Love Is Here To Stay』は大阪ジャズ同好会4月新譜紹介でF川氏が解説されておられます。

大阪ジャズ同好会例会概要(新譜紹介) こちら ▶️

Photo by courtesy’s of 89.7 Eastside FM

3.「They Can’t Take That Away From Me」

F川氏お気に入りのジャネット・サイデル(Janet Seidel)による歌唱です。
本ブログ作成日「5月28日」はジャネット・サイデルの誕生日です。(1955年生まれ)

2017年8月7日、シドニーの病院で逝去されました。享年62歳。
初来日(2000年)から彼女をよく知っているF川さんが語る「仮題:ジャネット・サイデル想い出話」をお願いしておきます。

Here is Janet Seidel sings “They Can’t Take That Away From Me”.

ジャネット・サイデルは2016年末からジョージ・ガーシュウィンのトリビュート・コンサートを開始しておりました。ニュー・アルバム(ジョージ・ガーシュウィン曲集と想像します)は幻の作品となりました。

下記の映像はトリビュート・コンサートのPR映像であると推測します。

Here is ”JANET SEIDEL GERSHWIN EVENT AT ORPHEUM”.