Buddy DeFranco and Dodo Marmarosa

December 14,2018

Photo by Wikipedia

Photo by Wikipedia

瀬谷さんのFBでピアノ奏者ドド・マーマローサ(Dodo Marmarosa)の名演が紹介されていました。(12月12日が誕生日でした)

1945年から1946年ごろの録音が16曲もアップされていました。是非お聞き下さい。

1曲だけ添付させて頂きました。

Here is Dodo Marmarosa Trio play ”Dodo’s Blues” .

Dodo’s Blues Dodo Marmarosa Trio Atomic A-226-A Dodo Marmarosa(p) Ray Brown(b) Jackie Mills(d) Los Angeles, January 11, 1946

ドド・マーマローサの録音デビューはジーン・クルーパ(Gene Krupa)楽団と記録されております。

今回ご紹介する録音は1944年5月4日のV-Discセッションです。

Here is Gene Krupa Jazz Trio play ”(spoken introduction by Gene Krupa) Liza 〜 Hodge podge”. 
Buddy DeFranco (cl) Dodo Marmarosa (p) Gene Krupa (d)
V-Disc recording session, Chicago, May 4, 1944

私がこの録音を知ったのはJazzWaxさんの下記ブログからです。

こちら ➡️

 

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(3)『渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演』

December 7,2018

12月例会特集(2018年12月2日)は平野が担当させて頂きました。

ジョージ・シアリング(George Shearing)については1946年末、渡米後に録音した「Lullaby of Birdlad(バードランドの子守唄)」や「September in the Rain(九月の雨)」等が有名です。
しかし、渡米前のジョージ・シアリングの演奏については語られることが少ないようです。今回の特集では第二次世界大戦終結を挟んだ期間に録音された演奏を紹介致しました。

今回の特集は「The Early Years」というCD5枚セットに収録された曲を中心に選曲しました。

先ず本CDで最も初期の録音から

「How come you do me like you do ?」  March 2, 1939
George Shearing (p), Carlo Krahmer (ds)

 How Come You Do Me Like You Do

「ブギ・ウギスタイル」での演奏も披露しています。

Blue Boogie

COMPTON, CA.-NOVEMBER 17: Jazz author and critic Leonard Feather at home on November 17, 1977. (Photo by Jon Sievert/Getty Images).

同日の録音ですが、レナードフェザーがピアノを担当しアコーディオンを演奏しています。

「Squeezin’ the blues」
George Shearing (accor) Leonard Feather (p) Carlo Krahmer (ds)

Squeezin’ The Blues

Photo above of Sid Phillips by Alamy

本CDには当時の名歌手Al Bowlly(出生地はモザンビーク)の伴奏を行った録音も収録されています。

次にSid Phillipsシッド・フィリップス(イギリスの初期に活躍したバンドリーダー)とのトリオ演奏をお聴き下さい。

「Amoresque」 May 5, 1940
Sid Phillips (cl) George Shearing (p) Barry Wicks (ds)

Amoresque

戦時中に録音されたStephane Grappelli(ステファン・グラッペリ)との共演は重要です。

*Stephane Grappelliとの共演について
1939年、Django Reinhardt(ジャンゴ・ラインハルト)はStephane Grappelli とBeryl Davis(ベリル・デイビス)を伴い英国ツアーを行なっていました。しかし第二次世界大戦勃発によりDjango Reinhardtはパリに帰りましたがStephane Grappelli とBeryl Davisはロンドンに残りました。
二人はArthur Young(アーサー・ヤング)率いるThe Hatchett Swingtetteで初共演しています 。

*Arthur Youngが演奏しているNovachord(ノヴァコード) について
Novachord(ノヴァコード) はハモンド社が1937年発表、1939年~1941年に製造された世界最初の減算合成型ポリフォニック・シンセサイザー製品(楽器)です。

「The sheik of Araby」July 8, 1940
Arthur Young (novachord,dir) Bill Shakespeare (tp) Dennis Moonan (cl,ts) Stephane Grappelli (vln) George Shearing(p) Chappie d’Amato, Jack Llewellyn (g) George Senior (b) Tony Spurgin (ds)

The sheik of Araby

Stephane Grappelliをリーダーとするバンドに参加して以降、二人の親交は深くなっていきます。
5. 「Stephane’s tune」July 30, 1940
6.「After You’ve GoneI 」July 30, 1940
Stephane Grappelli, Stan Andrews (vln) Reg Conroy (vib) George Shearing (p) Jack
Llewellyn (g) Harry Chapman (harp) Hank Hobson (b) Al Philcock (d)

 Stephane’s Tune

 After You’ve Gone

Photo above of Beryl Davis by Gettyimages

「Star eyes」 October 6, 1943
Stephane Grappelli (vln) George Shearing (p) Alan Mindell(g), Joe Nussbaum(b), Dave Fullerton (ds), Beryl Davis (vcl)

 Star Eyes

Photo above of Harry Parry by YouTube

Harry Parry(ウエールズ出身)率いる小編成バンドから2曲お聞き下さい。

「Softly, as in a morning sunrise」 January 28, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Joe Deniz (g) Tommy Bromley
(b)Ben Edwards(ds)

 Softly As In A Morning Sunrise

「Parry Opus」May 3, 1941
Harry Parry (cl) Roy Marsh (vib) George Shearing (p) Frank Deniz (g) Sam Molyneaux(b) Ben Edwards (ds)

Parry Opus

「Guilty」 December 21.1943

George Shearingのピアノソロ演奏は素晴らしいです。

 Guilty

オーケストラ (George Evans Orchestra) の一員として戦時中の「戦意高揚」を目的としたような演奏にも参加していました。ピアのソロの部分までお聞きして下さい。

「Mean To Me」October 23,1944

Mean To Me

次は Harry Hayes ビッグバンドでKenny Bakerと共演しています。

「Five Flat Flurry」February 14, 1944
Kenny Baker (tp) Harry Hayes (as) Aubrey Franks (ts) George Shearing (p) Tommy
Bromley (b) Carlo Krahmer (ds)

 Five Flat Flurry

エリントンサウンドを醸し出すようなHarry Hayes楽団の演奏です。

「Blue charm」 October 7, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
hearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Billy Wiltshire (ds)

 Blue Charm

渡米後のシアリングでは聴けない演奏です。本録音後(翌年)、米国ジャズシーン(52st)にデビューしました。

「Rockin’ in rhythm」 December 13, 1946
Harry Hayes and His Band with George Shearing
Leo Wright (tp) Harry Hayes (as) Tommy Whittle (ts) Bill Lewington (bar) George
Shearing (p) Alan Ferguson (g) Bert Howard (b) Johnny Wise (ds)

Rockin’ in rhythm

最後に一番印象に残った録音で締めさせて下さい。

「Moonray」 April 28,1942

Moonray

尚、過去4回に分けて投稿した拙ブログも添付致しましたので、お時間あればご覧下さい。

(1)2018年7月6日

(2)2018年7月9日

(3)2018年7月12日

(4)2018年7月14日

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(2) 持ち寄り『放送録音の魅力』

December 6,2018

大阪ジャズ同好会世話人寺本氏のコメントから
「ラジオによるジャズのライブ放送は1930年代から行われていました。音質が悪いにもかかわらずその内容はスタジオ録音にはない臨場感にあふれ多くのファンを虜にしたものです。」

・T村氏
1.ハリウッドの「Streets Of Paris」からのラジオ放送、絶頂期のハワード・マギーです。

Here is Howard Mcghee plays “A Night in Tunisia”.
Howard Mcghee(tp), Teddy Edwards(ts) ,J.D.King(ts), Vernon Biddle(p), Bob Kesterson(b), Roy Porter(ds)  Dec.2,1945

2.「Every Tub」(Jan.14.1953)
ニューヨークの「BIRDLAND」からのカウント・ベイシー楽団のラジオ放送、この曲だけレスターヤングが加わりソロをとります。

Photo by courtesy of Pinterest

ブログではレスターヤングのソロ演奏が聴ける「Jumpin’ at the woodside」を添付しました。
Here is Count Basie And His Orchestra featuaring Lester Young play ”Jumpin’ at the woodside”.
Wendell Culley, Reunald Jones, Joe Newman, Paul Campbell (tp), Henry Coker, Benny Powell, Jimmy Wilkins (tb) Marshal Royal (as,cl) Ernie Wilkins (as,ts) Paul Quinichette (ts,arr) Eddie “Lockjaw” Davis (ts) Charlie Fowlkes (bar) Count Basie (p) Freddie Green (g) Gene Ramey (b) Gus Johnson (d) Lester Young (ts) radio broadcast, “Birdland”, New York City, January 1, 1953

3.Hooray For Stan Getzから「Move」(Aug.12.1952)
Stan Getz(ts) Jimmy Raney (g) Duke Jordan(p) Gene Ramey (b) Phil Brown(ds)
ジャケットは最悪ですが、スタンゲッツの演奏は最高です。

上記録音は提供できませんので、代替として「Polish Radio Jazz Archives」からStan Getz and Andrzej Trzaskowski Trioによる録音を添付しました。

Here is Stan Getz & Andrzej Trzaskowski Trio play “You Go To My Head”.
National Philharmonic Concert Hall, Warsaw, Poland on 27 October 1960

・Y濑氏
2006年まで50年眠っていた1956年シアトルでの JATP音源から
1.ノーマン・グランツのMCに続きで「GROOVING HIGH」
2.ピーターソン・トリオでをバックにエラの「JUST ONE OF THOSE THI MG」
3.「AIR MAIL APECIAL」

下記に添付したWEBで司会も兼ねていたノーマン・グランツが「タバコ吸わんとちゃんと聴いてくれ!」と言っています。

こちら ➡️

上記の3曲は提供できませんが、同じ日のノーマン・グランツのMCとジーン・クルーパグループの録音を添付しました。
Here is Gene Krupa Quartet play ”Bernie’s Tune” and “My one and only Love” “Drum Boogie”.
Gene Krupa(ds),Eddie Shu(ts,as), Dave McKenna(p), John Drew(b)
Jazz at the Philharmonic, Seattle 1956

・H氏(今回もクラリネットの名演をご紹介されました)

Here is Benny Goodman Septet play ”Swedish Pasty”.
Benny Goodman(cl),Stan Hasselgard(cl), Wardell Gray(ts), Teddy Wilson(p),Billy Bauer(g), Arnord Fishkind(b),Mel Zeinik(ds)
(1948年5月27日 CBS Brodcast)

ブログ作成者から30分番組を追加しました。上記録音の3日前(5/24)の放送録音で「Patti Page 」が参加しています。
Here is Benny Goodman Septet play “Limehouse Blues 〜The man I love 〜Back home again in Indiana (Donna Lee)〜Confess”.
Broadcast, “Click Restaurant”, Philadelphia, May 24, 1948

・K氏(西明石から参加)

1.Charlie Parker「At The Finale Club」より、
Here is Charlie Parker plays “Ornithology〜Billie’s Bounce〜 Ornithology〜All the Things You Are 〜Blue ‘n’ Boogie 〜Anthropology”.

Charlie Parker(as) Miles Davis(tp) Joe Albany(p) Addison Farmer(b)Chuck Thompson(ds)  Los Angeles Broadcast,1946

2.Chet Baker「Live At The Paris Festival放送」
Here is Chet Baker Quartet play ”For Minors Only”.
Chet Baker(tp) Rene Urtreger(p) Pierre Michelot(b) Aldo Romano(ds)  Radio France,1981

・寺本氏(同好会世話人)
Bunny Berigan「Leader & Sideman」(Through The Years)より
放送録音の魅力は契約の関係上共演することが不可能なメンバーとの共演を聞くこと 出来る事ではないで しょうか。そういった意味で大スターが集まった次のセッションは正 に夢のセッションと言えるでしょう。
Here is Bunny Berigan and others play “Blues”.
Roy Eldrigde, Bunny Berigan, Harry James(tp) Tommy Dorsey, Jack Jenny(tb) Coleman Hawkins(ts) Count Basie(p) John Kirby(b) Gene Krupa(ds)
“Martin Block’s Make Believe Ballroom Jam Session” in Savoy Ballroom,June 14,1940

大阪ジャズ同好会第34回例会概要(1)「新譜紹介」「その他」

December 4,2018

12月例会(2018年12月2日)の概要については「2.新譜紹介」「4.その他」からご紹介致します。特集「渡米前に録音されたジョージ・シアリングの名演」並びに「持ち寄り」については明日以降順次ご紹介する予定でございます。

2.新譜紹介(古川正孝氏)

(1)The Ken Peplowski (ケン・ペプロウスキー) Big Band 「Sunrise」(ARCD19458)より

詳細はこちら ▶️

Here is Ken Peplowski and His Big Band play ”All I Need Is The girl”.

(2)小川理子(p.vo) 「Baluchon」(ウルトラアートレコード UA1002)より
2025年大阪開催が決まった「万博」の最終プレゼンテーションにも登場した小川理子(みちこ)  さんの新譜です

詳細はこちら  ▶️

当日は「 In a sentimental mood」を選曲されましたが、音源の関係で出身大学の同窓会映像を添付します。

Here is Riko Ogawa plays “George Gershwin Medley” at 127mitakai.st.kansai.

(3)The Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart

「All About That Basie」(CJA -00109)より「April In Paris」をご紹介されましたが、本ブログではBlueNote Tokyo(2017年2月公演)の映像を添付します。

Here is Count Basie Orchestra directed by Scotty Barnhart at BlueNote Tokyo

(4)畑ひろし(Hiroshi Hata) Trio Live! featuring Louis Nash」(COMK -004)

「日本のチャーリー・クリスチャン」と異名を持つ畑ひろしが盟友ルイス・ナッシュ(ds)荒玉哲郎(b)とで録音した新作。
「East of The Sun」畑さんのHPをご覧下さい。 こちら▶️

上記はご紹介できませんので、下記の映像をお楽しみ下さい。

Here is Hiroshi Hata Quintet play Solo Flight(Dedicate to Charlie Christian).
Tomotaka Matui(G) ,Nobumasa Takada(Mandolin),Kenjiro Ando(Clarinet)Takashi Nakayama(G),Kouichi Tsutsumishita(Bass)

4.その他

・S氏
神戸のジャズ例会ではいつも楽しいお話をされます。大阪ジャズ同好会でも「ブログでは書けない話」を披露され面白かったです。
「花岡詠二ホット・ジャズ・オーケストラ プレイ・ライオネル・ハンプトン」から2曲ご紹介されました。
花岡詠二(cl,ts,ss)鈴木直樹(cl,as,ts)下間哲(tp)高浜和英(p)ブルックス・テグラー(ds)松岡優慈(tb)佐久間和(g)小林真人(b)出口辰治(vib)
「Whoa Babe」「Hey Ba-Ba-Re-Bop 」(1999年10月13日録音)より

詳細はこちら ▶️

上記はご紹介できませんので、本家ライオネル・ハンプトン楽団による「Hey Ba-Ba-Re-Bop」をお聞き下さい。

Here is Lionel Hampton & his Orchestra (vocal by Hamp) play ”Hey Ba-Ba-Re-Bop”.

・M氏(神戸ジャズサロン主宰者)
最近聴かれたNHKFM番組をご紹介されました。詳細はこちら ▶️
当日ご紹介された音源は著作権の関係で添付出来ませんので、代替として”The Making of Miles Ahead”と題された映像を添付しました。

Here is Miles Davis & Gil Evans ”The Making of Miles Ahead”(May 10, 1957 NYC)

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』②        

November 22,2018

前回は、兵庫県西宮市・芦屋市・神戸市・西明石市に在住されている4人がご紹介された演奏をご紹介致しました。

今回は、大阪府茨木市並びに大阪市在住の2人が持参した録音をご紹介致します。

・寺本氏(神戸ジャズ愛好会世話人)

Here is Jo Jones Trio play ”Jive At Five”.
Ray Bryant(p) Tom Bryant(b) Jo Jones(ds)
NYC March, 1959

Here is Tommy Flanagan play “Little Rock”.
Tommy Flanagan(p) Wilbur Little(b) Elvin Jones(ds)
Stockholm Sweden August. 15, 1957

Here is Sonny Rollins Quartet play “Strode Rode”.
Sonny Rollins(ts) Tommy Flanagan(p) Doug Watkins(b) Max Roach(ds)
NJ June 22, 1956

上記 “Strode Rode”については『サキソフォン・コロッサスに押された「怒りの刻印」/ソニー・ロリンズ』が参考になります。FB友人寺井珠重さん(Jazz Club OverSeas奥方)の「ジャズクラブの片隅から…」を添付します。▶︎ こちら

 

・平野
ケニー・クラーク(Kenny Clarke)の演奏を4曲ご紹介しました。

(1)スイング時代の花形セッションに参加しています。
Here is Mildred Bailey sings ”Tennessee fish fry”.
Mildred Bailey (vcl),Roy Eldridge (tp) Jimmy Carroll, Robert Burns (cl,as), Irving Horowitz (b-cl) ,Mitch Miller (oboe,eng-hrn), Eddie Powell (fl) ,Teddy Wilson (p), John Collins (g) ,Pete Peterson (b) ,Kenny Clarke (ds) ,Eddie Sauter (arr)
NYC, May 15, 1940

Tennessee fish fry

Photo by Wikipedia

(2)パリでシドニー・べシェと録音しています。
Here is Sidney Bechet Quartet play ”Out of nowhere”.
Sidney Bechet (sop sax) Charlie Lewis (p) Pierre Michelot (b) Kenny Clarke (ds)
Paris, October 20, 1949(オーディオパーク復刻盤シリーズ Sidney Bechet 1944~1950から)

Out Of Nowhere

(3)アニー・ロスの珍しい録音です。(是非お聞き下さい)
Here is Annie Ross sings “I’m Beginning To Think You Care For Me”.
Annie Ross(vo),Milt Jackson(vib),Blossom Dearie(p), Percy Heath(p), Kenny Clarke(ds)
NYC, April 1, 1952

_I_m Beginning To Think You Care For Me_

上記録音当時アニー・ロスはケニー・クラークと同棲中に授かった子供の養育に悩んでいたそうです。詳細については拙ブログをご覧下さい。▶︎ こちら

(4)最後にケニー・クラークのリーダー作(Klook’s Clique)から大好きな曲を
Here is Kenny Clarke Quintet play ”Play, Fiddle, Play”.
Donald Byrd (tp) John LaPorta (as) Ronnie Ball (p) Wendell Marshall (b) Kenny Clarke (ds)
NYC, February 6, 1956

Play, Fiddle, Play

 

神戸ジャズ愛好会11月例会『ドラムの名手達』①        

November 21,2018

先日、神戸ジャズ愛好会に参加しました。例会の案内をご覧下さい。

前回は台風のため中止としたため久しぶりの例会です。
特集:「ドラムの名手達」
ドラムは重要なリズム楽器として現在に至るまで発展を遂げてきていますが、ジャズの歴史の中で誰しも好きなドラマーが一人はいると思います。そのドラマーの演奏をご紹介ください。(必ずしもドラム奏者がリーダーである必要ではありません。)(一人15分以内でお願いします。)

特集には6人の会員がお気に入りの録音盤を持ち寄りました。今回は4人がご紹介された演奏家をお楽しみ下さい。

・T川氏
1. Yoichi Kimura(New Orleans Rascals) (SAM CD003)
「Silver Threads Among The Gold」
2.Cie Frazier(Kid Howard Band)(Icon LP-8))
「Willie The Weeper」
3.Sammy Penn(Kid Thomas Band)(Icon LP-3)
「Just A Closer Walk With Thee」
4. Baby Dodds(solo) (LI M8/ALP241)
「Spooky Drums No,1」
5.ドラマー不明(Country Brass Band) (Folkways LP FA2650)
「Just Over In The Gloryland」

T川さんが木村陽一さんから直接お聞きされたお話を引用します。
「ニューオーリンズで修行した時にベイビー・ドッズよりもシー・フレイザーにドラム奏法をよく教わった」

Yoshimasa Kasai 笠井義正(cl) and Yoichi (Yo )Kimura 木村陽一(ds) 写真はFB友人笠井正氏のYouTube映像からお借りしました。

Here is New Orleans Rascals play ”When You Wore A Tulip”
河合良一(Cl) 川合純一(Bj) 木村陽一(Ds) 石野美惠子(P) 村橋 健(B)
田村浩一(Tp) 秋定 暢(Tb)
OSAKA BIG RIVER JAZZ FESTIVAL 2018.5.5

Photo above of Josiah “Cie” Frazier by courtesy of Tulane University

Here is Kid Howard with Cie Frazier play ”Willie the weeper”.
Kid Howard (tp,vcl) Eddie Summers (tb) Israel Gorman (cl) Emanuel Sayles (bj) Louis James (b) Josiah “Cie” Frazier (d)
New Orleans, August 31, 1961

Photo above of Sammy Penn by courtesy of Flicker

Here is Kid Thomas with Sammy Penn play ”Just a closer walk with thee”.
Kid Thomas (tp) Louis Nelson (tb) Paul Barnes (cl) Emanuel Paul (ts) Joe James (p,vcl) George Guesnon (bj,vcl) Alcide “Slow Drag” Pavageau (b) Sammy Penn (d,vcl)
New Orleans, LA, July 3, 1960

Here is Baby Dodds play “NEW ORLEANS DRUMMING”.

Here is Country Brass Bands play ”Just Over in the Gloryland”.

 

スヰングジャーナル 1952年6月号

・Y瀬 氏「ドラマーブームのころ」(下記は当日配付されたレジュメの内容を修正せず記載しました)

特集「ドラムの名手達」に、いわば「懐メロ」で参加させてください。ジャスの存在さえ知らずに少年期を過ごした後、戦後7年の1952年に突如来日したジーン・クルーパ
(1909~73)トリオは衝撃で した。 SP 2枚組4面にわたるハンプトンの「スターダスト」でジャズに目さめたのとほぼ同時期。EPで3曲(LPでは7曲)の演奏にしびれました。これに刺激され、ジョージ川口(1927.6.15~2003.11.1)、ジミー竹内 (1930.6.29~2009.12.29)、白木秀雄(1933.1.1~ 1972.8.22)のドラマー三羽鳥時代が来るのですが、ここでは演奏時間も短めにして日米各1人を披露。
1.「荒城の月」(1952)(ジーン・クルーパ・トリオ)
チャーリー・ヴェンチュラ(ts) テディ・ナポレオン(0)

2.「ホワイト・ジャケット」(1953)(ジョージ川口&ビッグフォー)
松本英彦(ts)小野満(b)中村八大(p)

3.映画「男と女」の例の「シャバダバダ」と、ヒット中の1967年にフランス公演したMJQがご当地サービスで演奏したレア音源(8:00)
*Y瀬氏から「コニー・ケイの躍動したドラミングをお聞き下さい」とのコメントでした。

Here is Gene Krupa Trio play 「荒城の月」and「銀座なストムプ」

Here is ジョージ川口ビッグフォー 映画「青春ジャズ娘」(1953年制作)
ジョージ川口(d),松本英彦(ts),中村八大(p),小野満(b)

Photo by Discos

Y瀬さんがご紹介された音源は提供できませんので、ブログ作成者のお気に入りを添付しました。

Here is Andre Condouant Quartet play “Brother Meeting”.
Andre Condouant (g),Percy Heath (b),Connie Kay (ds),Eddy Louiss (p)

・K氏「ブログ作成時にはAnita O’Dayの映像でお願いしますとのリクエストがございました」
Here is Dave Bailey Sextet play ”Osmosis”.
Kenny Dorham(tp), Curtis Fuller(tb), Frank Haynes(ts), Tommy Flanagan(p),Ben Tucker(b),Dave Bailey(ds)NYC, October 1, 1961

Here is Anita O’DAY and Roy Eldridge with Gene Krupa Orchestra play ”Let Me Off Uptown”.

photo by Wikipedia

・N氏「インパルス盤を是非聞いて下さい」
Here is Chico Hamilton and Charles Lloyd play “Forest Flower: Sunrise/Sunset”.
Chico Hamilton(ds),Charles Lloyd(ts), Gabor Szabo(g), Albert Stinson(b)
New Jersey,December 11, 1963

The Red Heads(4)

November 16,2018

「THESAURUS OF CLASSIC JAZZ」に収録された曲目をもう一度ご覧下さい。 ▶️こちら

「The Red Heads(Volume IV)」に1曲だけ”Meadow Lark” by Cliff Edwards And His Hot Combinationが収録されています。

Photo above of Cliff Edwards ‘Ukulele Ike’ by courtesy of Pinterst

Cliff Edwards(クリフ・エドワーズ)はウクレレ奏者兼歌手としてデビューし、1929年に”Singin ‘in the Rain”をヒットさせ後年「ピノキオ」の挿入歌『星に願いを』で歴史に残る歌手となっています。

過去に下記のブログを投稿した時にFB友人長谷川光氏からCliff Edwardsの名前を教えて頂きました。

Isham Jones’ compositions(3) “I’ll See You in My Dreams”      ▶️こちら 

今後機会があればPhil Napoleonとの初録音(1922年)以降Cliff Edwards And His Hot CombinationやAdrian Rolliniと共演した録音はぜひ聞いてみたいと思っております。

Cliff Edwardsの録音についてはこちらを参照願います。 ▶️こちら

Here is Cliff Edwards And His Hot Combination play ”Meadow Lark”.
Cliff Edwards (vcl,uke),Red Nichols(cor), Miff Mole(tb),Jimmy Dorsey (cl,as),Arthur Schutt (p),Dick McDonough(bj),Vic Berton or Ray Bauduc(d)
New York, November, 1926

Meadowlark

Cliff Edwards And His Hot Combination名義で1曲追加添付しました。

Here is Cliff Edwards And His Hot Combination play “Oh ! lovey, be mine”.
Cliff Edwards (vcl,uke),Red Nichols(cor), Miff Mole(tb), Bobby Davis(as),Arthur Schutt or Irving Brodsky(p), Dick McDonough(bj),Joe Tarto(b・tu),Vic Berton(d)
New York, October, 1925

Oh ! lovey, be mine

最後にRed Nichols And His Five Pennies名義での録音を1曲添付させて頂きました。

Here is Red Nichols And His Five Pennies play ”Washboard blues”.
Red Nichols (cor),Jimmy Dorsey (cl,as), Arthur Schutt (p), Eddie Lang (g), Vic Berton (d)
New York, December 8, 1926

Washboard Blues

Phot by courtesy of last.fm